がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    09 | 2004/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    月とスッポン
     私事ですが、父が「ANCA関連血管炎」という聞いたことも無い病気に罹り5月末から入院しています。入院時は、急変するたびに担当医から「今回は覚悟してください」と言われるものの、現在も父の世話の病院通いが続いています。家族は「憎まれっ子…」だと、病院から呼び出されては回復するたびに言っているくらいで、この5ヶ月の間にすっかり覚悟ができてしまった家族親戚一同は、日増しに深刻度が薄らいできたようです。
     実家の父母は、4人の子供を育て上げそれぞれ独立してからというものは、二人っきりもあってかケンカをするか、特別用事がなければ会話もしない冷めた老夫婦です。4年程前、そんな年中木枯らしが吹いている老夫婦に、ある日突然シーズー犬がやって来ました。そもそもは姪の彼氏が隠れて飼っていたのがバレて、行き場がなくなり千葉から仙台の木枯らし夫婦が引き取ったのです。私の家から実家まで車で15分位なのですが、もともと実家嫌いの私は顔も出さず、母から電話で「生きてんのかぁ?」と言われるほどの親不孝娘で、「便りが無いのが無事な証拠さ~」と返事をするのが定着してる親子の会話です。そんな調子なので犬を飼い始めたのも知らないでいたので、何かの話の中で「おらい(うちの)の犬がさぁ~…」と母が言うので、「えっ?」と聞き直して、事の経緯を知ったのです。
     「チャーリー」と名づけられたオスのシーズー犬は、木枯らし夫婦には“カスガイ”となったようで、犬の話題で会話も多少復活したようです。シーズーは覚えも早く、トイレの躾も苦労もせず、おまけにほとんど吠える事もなく、人懐っこい性格もあってか老夫婦は我が子より可愛くて仕方ないと言ってました。
     いつもどこへ行くのも父か母と一緒だったチャーリーは、今は毎日家で留守番の日々です。あまり意識が無くともチャーリーの名前を聞くと病床の父は反応し、少し具合が良いと母に「チャーリー待ってっから、早く帰れ」と言うほど留守番させてるのが気になっているようです。家族には全く気にもかける父ではないのですが、犬だけは特別扱いです。
     チャーリーは、母が支度をすると出掛けるのが分かるようで、ベッタリして側から離れようとしません。そして母が出掛けてからは、道路が一番見える出窓に座ってずーっと待っている姿は健気過ぎて、まるで「忠犬ハチ公」そのものです。病人の付き添いで母が病院に泊り込んだりすると食餌もせずに、一晩中出窓で外を眺めては今か今かと母の帰りをひたすら待っているのです。
     それに比べて我が家の「めかぶ」は、そんな事もあって3~4時間留守番しただけでサークルが『し尿処理場』と化して、荷物を置くと同時に浴室直行することが最近多くなりました。最近の私達の行動に「めかぶ」なりに不安があるのかも知れませんが、チャーリーの我慢に比べたら比較になりません。そんな母は「いいなぁ!めかちゃんはいつも誰かと一緒で…」と、同じ犬ながらチャーリーは境遇が違うのが堪らなく可哀相なのでしょう。そんな健気なチャーリーを見てると、母には泊り込みの看病はさせられなくて、地元に住んでる兄二人と私と夫が交代で病院に泊まっています。こうしてみると犬の存在がいかに大きいか改めて知らされたようです。

    スポンサーサイト
    【2004/10/20 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    点とコンマ
     「めかぶ」の散歩は、必ず私と夫が一緒でないとなかなか出だし好調とはいきません。いつも私達が両隣にいないとどうもダメなようで、歩きながら右(私)・左(夫)を確認して「“みぎ”よ~し、“ひだり”よ~し」と納得しながら歩く「めかぶ」なのです。そのさまは『1.1』を二人と一匹とが実写しているみたいですが、小数点役の「めかぶ」は落ち着きが全く無いので数字役はとても大変です。
     夜は夜で、すっかり私達と一緒に寝るのが“至福のヨロコビ”になってしまった「めかぶ」は、私達がチョットでも寝室へ行くと「ワーイ!」と猛ダッシュで走って来ます。一目散にベットに上がっては「寝る」事を、ひたすら期待してたのに「な~んだ、寝るんじゃないのか」と分かると、裏切られたと思うのか逆ギレして「んがんが・がるるるっ」とやり場の無さを私達にブツケてきます。全く勝手に思い込んで勝手に怒るなんて言語道断もはなはだしい「ジコチュー犬」です。そんな「めかぶ」でも、自分一人ではベットに上がって寝ることはないので、キチンと自分の中で線を引いているのだろうな、と思わせる所があるのです。
    寝るのは大好き、ゴハンの次に。 今度こそは「寝る」のを確信すると、本日の定位置を確保して毛づくろいが始まります。大抵は、私の足元がお決まりの場所です。「あっ、地震だ!」と思って私が飛び起きると、実はノンキに耳を掻いている「めかぶ」の振動で、それに毎日驚く私はどうも「めかぶ」同様、学習能力が無いようです。ひと通りのお手入れが終わると、今度は私の足元を拠点に安定の地をジプシーのように彷徨い求める「めかぶ」は、私の寝相の『“大”の字』を基本に、身体を丸くして“点”となっては『犬』『太』『木』『本』『夫』の字を無意識にパフォーマンスしているのだそうです(夫談)。私に事実を諭したいのか、私にケンカを売っているのか、ほとんどが『太』の字になっているのが気にはなるのですが…。
     「めかぶ」が爆睡してるのかと思っていても、夫が冷蔵庫のドアを開けたり、何か袋を開ける音にスバヤク反応して、ガバッと起きると同時に「ダッー!」と走って行くあの本能にはまったく敬服してしまいます。でも「チッ、な~んだ、アタチのおやつじゃないや!」とわかると、またベットに戻ってきて、今度は私の手を舐めながら「ねぇ、アタチもおやつぅ~!アタチにも何かちょーだい!!」と催促してるみたいです。起きて欲しい時は顔を舐めるので、「手」を舐める時は何か食べ物をねだっているのではないかと私なりに勝手に解釈しています。夜の飲食は『太』の原因だと言い聞かせては「めかぶ」にも私の我慢を強要させています。おまけに時々“点”から“ボール”に勝手に私に変化された「めかぶ」は私の足蹴りの犠牲に度々遭っているのです。


    【2004/10/14 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    走れめかぶ

     「めかぶ」は激怒した。今日のゴハンにヨーグルトが混ざっていない事に…
    と言うのはフィクションで、太宰治を少し真似てみました。 いつの間にか散歩にも慣れてきたのか、ストライキをするのが無駄な事に気づいたのか平気で歩くようになりました。初めの頃から横断歩道は少し走り気味にしていたので、今はあのゼブラ模様を見ると必ず走り出すようになってしまいました。散歩中に少し一緒になって走るのですが、中年の身体には走る行動はキツくなってきたせいか、少し走ってはゼーゼーする運動不足の鈍った身体は、もしかしたら道端で倒れる可能性も否定できません。狭い家の中を走るのも限界があってか、たまには思う存分走らせたいなと思うようになってきました。近郊のドッグラン施設も調べてはみたものの、散歩しててもよその犬が近づいてきただけで、シッポを巻いて私の後ろに隠れるほどで、まして自由勝手にノーリードで走るドッグランにいっても、わざわざ入場料を払って怯えに行くだけなので諦めました。
     どこか適当な場所はないかなぁ?と考えてたら、車で5分の所に河川公園があるのを思い出し、早朝リサーチがてら散歩しに行ってみました。行ってみると朝から、草野球やゲートボール、ジョギングやウォーキングなどをしている人が結構いて、公園だけは時間が早ければ早いほどにぎわっています。公園には1周1キロの特殊素材で出来たウォーキングやランニングコースがあって、当然犬の散歩をしている人もいて、飼い主同士のちょっとした社交場になっているようです。私達も初日にもかかわらず、よその犬とすれ違うたびに挨拶をしてはちょっと立ち話をしては、「めかぶ」を犬社会に慣れさせようとするのですが、怖がってすぐにシッポをまいて隠れてしまうのです。誰に聞いても「こればっかりは“慣れ”ですよ」と言われ、一度や二度ではどうも「めかぶ」の友達は簡単には出来そうにないようです。
    【クリックしてね】  今回の目的は「めかぶ」を思いっきり走らせる事なので、周囲に人がいないのを確かめて私と夫は20メートルほど離れて、「めかぶ」のリードを手から離してみました。「めかぶ」は前方にいる私達どちらかに向かって、脇目も振らず一心不乱に走って来る顔は、初めて見る真剣な中にもどうもお笑いの要素が含まれているようで変な顔です。「めかぶ」も生まれて初めて思いっきり走ったのが楽しいらしく、「めかちゃ~ん」と反対側で呼ぶとまた向こう側へ一心不乱に走って行きます。リードを離しても脱走することもなく、私達の間だけをひたすら行ったり来たりを繰り返している姿は何とも健気で、思わず目頭が熱くなりそうです。少し歩いては適当な直線コースになると、また二手に分かれて「めかぶ」を走らせては変な顔に爆笑してまうので、段々「めかぶ」も不機嫌になってしまいました。それでも初めてのランニングに、満足そうな「めかぶ」なのでした。


    【2004/10/07 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    えっ、ウッソぉ~!
     私が住む仙台は近い将来、かなりの高い確率で大地震が起こると、気象台や大学の地震予知連が“自信”を持って発表しています。私は何よりも地震が嫌いで、今すぐにでも地震の無い所へ移住したいと思っているのですが、貯金も無いのでここらで一発「宝くじ」を当ててやろうと日々考えています。たぶん地震が先に来る確率のほうがダントツに高いですけど…。
     高額宝くじが当たるよりも、信じられない事が「めかぶ」にこの夏の終わりに起こりました。今年の夏は空梅雨のうえ猛暑が続いた東北ですが、そんな事はお構いなしで毎日元気に「食う・寝る・出す」を繰り返す「めかぶ」でした。ところが、日中はまだ暑くても朝夕が涼しくなってきたある日、急に食餌を食べなくなりました。遊ぶ時は「がるるるっ」が炸裂するのですが、すぐにクタァ~となって爆睡してしまうのです。それまでは「ゴハン」と聞いただけで、シッポがブンブンの“食べること一直線”の「めかぶ」でしたが、全く動じる事無く『三年寝太郎』状態で、「アンタ、誰?」と聞きたくなるくらいに変貌してしまった「めかぶ」でした。
     ボウルにフードを入れてサークルに置いても、お義理で一粒か二粒を食べるくらいであとはニオイを嗅いでフンッとしてまた寝太郎になってしまうのです。具合が悪そうでも無いのですが、いつもと違う「めかぶ」に戸惑う中年ジジ・ババは、フードを変えてみたりトッピングをしてみたり好物を与えたりと、試行錯誤の日々が始まりました。ドライフードは全く食べる気配もなく、少しウェットタイプの物を絡めるとその部分だけを器用に食べ、すっかり気分屋のワガママお嬢になってしまい毎回、食餌にかなり苦労したのです。ちょうど犬歯を抜いた時で (Vol.40参照)、この事を獣医さんに聞いたところ「幼犬から成犬に変わる時期にあるのと、多少の夏疲れが出てきたかな?」と言われ、「今まで3回の食餌を2回に減らすチャンスですよ。」と更に教えられました。食餌は食べたくなったら食べるだろうと思い好きにさせて、少し体重増加傾向の「めかぶ」には絶好のダイエット強化期間になりました。
    何、食べたのぉ?なに、何? 少しは痩せるだろうと期待していたのですが、フードに混ぜたトッピング作戦が成功し過ぎて、すぐに「めかぶ」の食欲が戻ってしまいました。ウェットタイプのフードはそこだけを食べるので与えるのをやめて、他に試しに豆腐やヨーグルトをドライに絡めて与えたら全部平らげるようになってきました。ドライの成犬用を少しづつ混ぜて食べさせるようにしましたが、ドライだけではまた器用に成犬用を残すので、今はすっかりヨーグルトが必須食品になってしまいました。
     あの「一過性」の食欲不振の「めかぶ」は、もうどこにもいませんが、ワガママお嬢だけが居残っています。


    【2004/10/04 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    続・乳歯騒動(犬歯の巻)
     人間の「歯」の抜け替わりは、犬とは違って結構おマヌケな顔になるので、つい笑ってしまいます。特に前歯が一本抜けた顔は、真面目な顔をするほど真剣さが無くなってしまうので、姪や甥をよくからかっていました。自分が抜けた時は新しい歯が生えて来るまで結構ナーバスになっていたのですが、他人の場合はつい、からかいたくなるのです。子供の場合はおおっぴらに笑えますが、前歯が一本抜けたオトナの人と真面目な話をする時は、ホント困ります。イイ歳こいて、たまに海苔を前歯に貼り付けては「ニッ!」と笑って遊んではいますが…。
     犬は抜け始めると、次から次へと抜けては生え替わる速さは「あっ」という間で、まるで竹の子のようです。「めかぶ」の歯も竹の子同様で、たぶん今(7ヶ月)はほとんどが生え替わったと思います。犬歯以外は前回 (Vol.31参照) に書きましたが、さすがに犬のシンボルの「犬歯」は、ちょっとやそっとでは抜けなくて大変です。
     「めかぶ」の犬歯の永久歯が生えてきた頃、いつもの耳の治療へ行った時についでに犬歯を診て貰いました。乳歯の犬歯は抜ける気配も無く、乳歯と永久歯が両方あるといろんな意味で悪影響があるとの事なので、「一週間か10日のうちには抜歯しましょう」となりました。犬の場合は全身麻酔を使用しての抜歯になるらしく、獣医さんを信頼してはいるのですが、やはり麻酔は100%安全なものでは無いとの説明を受けて少し不安になり、「極力負担を軽くして抜歯をしますから」と言われても、正直心配は残りました。そもそも私自身が歯医者嫌いで、何度治療中に言い訳をしては麻酔注射から逃れてきたとこか…。おそらく私の場合の治療期間は、人の何倍もかかっていると思うので完治には程遠いのです。
    今日も、がるるる全開だぜ! それから数日後の夕方遅く、私は夕飯の支度をしていました。「めかぶ」と精神年齢が犬と一緒の夫は、『意味不明・がるるるっ一本勝負』を繰り広げており、「やめろ~めかぶぅ!」「んが、んが、がるるるっ」と精神年齢10歳程度限定デスマッチをお互い本気で戦っています。私は「いい加減にしときなよ~!」と言ってたのですが、子供は本気になるとすぐには止められない性分のようで困ってしまいます。その途端、夫の「あっ!」という声が聞こえ、「何?」と聞くと「めかぶの犬歯が折れたみたいだぁ!」と言うのです。よく見てみると確かに「めかぶ」の犬歯がグラグラしてるので、無理矢理抜こうとしても根っこが深くて抜けそうもありません。「めかぶ」自身も“いずい”(訳:違和感があって気持ちがわるい事。例・靴を左右逆に履いた感じ)らしく、自分で噛み取ろうと首を振っては抜こうとしていますが噛めるはずはありません。もう病院も診察時間が終わる頃でしたが、電話で事情を話したら「すぐに来てください」と言われてスグに家を出ました。
     先生に「なんだぁ、めかぶぅ、自分で抜いたかぁ?一本手間が省けたな」と言われ、すぐに処置をしてもらいました。診察時間も過ぎていた事もあってか、全身麻酔は使用せず吸入麻酔だけで先生は、チョチョイのチョイと抜歯をし最後に化膿止めの注射を打ってもらって、ほんの10分程度で全て終了です。記念に「犬歯」は頂きました。折れた時はショックを受けた「めかぶ」でしたが、家に着いた途端「がるるるっマッチ」の続きをやりたがる懲りない「めかぶ」なのです。精神年齢の低い夫はさすがに懲りたようですが…。


    【2004/10/02 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。