がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    11 | 2004/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    どっど・ド・怒涛…

     今日、初めて「めかぶ」は“プレートディナー”を堪能しました。予定では昨日のイブの晩ゴハンだったのですが、都合で変更になってしまいました。最近の「めかぶ」は、あんなに夢中で食べていたドライフードも段々とノリが悪くなって、ここ数日はヨーグルトをかけても少し残すようになってしまいました。父が死んでから、ほとんど毎晩実家へお線香をつけに行き、何かしらオヤツを食べて帰って来ていたので、仕方ないのかもしれません。朝は朝で、私達が起きるまで寝ているためか、朝ゴハンの時間になっても胃袋が活動していないようです。おまけに、運動不足も加わって悪循環そのものです。でも今日は、違いました、違いすぎます。「めかぶ」の日頃のグータラを徹底的に改善するためにも、午前中に小一時間程散歩をして、お昼寝も最小限に留め、午後から少しだけ実家へ顔を出して、夕方少しだけ寝ていました。私は、夕方から『めかぶ・スペシャル』の準備をすると、ニオイに鋭く反応した「めかぶ」は、昼寝どころではなくなり台所から離れません。犬用のゴハンなんてほとんど作り方を知らないので、タブーな食材にだけ気をつけて「めかぶ」の好物だけを、簡単に皿へ盛り付けてみました。
     「めかぶ」が我が家へ来てスグに、父が入院した為に今までどこにも連れて行った事がありませんでした。食餌もドッグフードだけで何も手を加える事も出来ず、私の中ではとても歯痒くて仕方がありませんでした。犬に対して媚びる事は不必要なのはわかっているのですが、今日は今までの『罪滅ぼし』ということで、「めかぶ」の一番好きな食べ物で挽回です。自分の食べ物に関しては、“野生の勘”以上の勘が働く「めかぶ」は、初めて見る皿でも「自分のだ!」と分かるらしく、盛り付けているとコーフンがマックスに達して異常な騒ぎようです。写真に撮る間も、抱っこしていてもブルブルと震えるほどで、病院の診察台に上がる以上に震えています。そして「お座り→待て→よし」が全く出来無いほど、目の前に置かれたお皿のゴハンに五感が奪われた「めかぶ」でした。私と夫はどれから食べるのか予想をしながらも、ただただ美味しそうに食べているのを見ていました。夢中で食べている姿は何とも一途で、それがまた可笑しいのと可愛いのがミックスされてはいるものの、その姿は「“食”道・家元」になれそうです。ほんの2、3分で完食した「めかぶ」の食べっぷりは竜巻のような凄さで、『風の又三郎』なんてものじゃありませんでした。
     動物は好物から食べるといいますが、今回の「家元・めかぶ」が食した順序は、ゴハンとおかず(2種)とを、交互にバランス良く食べ、最後にキチンとデザートでフィニッシュでした。さすが家元!ちゃんと食のマナーをワキマエておられました。
     明日からの「通常ゴハン」に戻ったら、どう反応するか予測が出来るので私は憂鬱です。

    スポンサーサイト
    【2004/12/25 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    めりーくりすます
     きょうは“くりすます・でぶ”なのだと、よおこさんがおしえてくれました。そして「あしたがホントの“くりすます”なんだがんね!」とも、いっていました。「でぶ」がつくのと、つかないのでは、どこがちがうか、アタチにはわかりません。そして「きょうは、“ゴチソー”にするからね!」といっていました。あっ、そーか!「きょうは“ゴチソー”をたべて『でぶ』になる、じゅんびのひ」のことだったんだぁ!そして、あしたになったらホントの『でぶ』になってるんだぁ~! ひえぇぇぇ~!やめてほしいです。もう、アタチのからだは「ぱっつんぱっつん」に太っているらしいので、きょうの“ゴチソー”をたべたら、しばらくはさんぽとか、かわらでランニングさせられるぅぅぅ~!でも“ゴチソー”っていうのも、たべたいし…。もしかして、これがちまたでよくきく「なやめる・おとめゴコロ」ってゆーの?アタチこれいじょう「でぶる」のは、イヤです。よおこさんも、じゅうぶん「でぶ」になってますけど…、どこへむかっているのですか?それとも「じんせい」ってゆーのを、すててしまったんですか?
    だけど「たのしーひ」なのだそーです。よおこさんは、「ぷれぜんと」ってゆーのさえあれば、ほかのことは“しょーりゃく”してもイイ!とも、いってました。“しょーりゃく”って、どーゆーいみなの? ニンゲンって、わかんなーい!

     それとこのあいだ「れぷりか・めかちゃん」っていうのを、かってきたみたいですが、それってアタチのおもちゃなんですか?それともよおこさんが、じぶんでつかうものをだだアタチに見せただけなんですか?アタチ、あれを、おもいっきりカミカミしてふりまわして、あそびたいんですけど…。いっかい、かしてください。
     なんだか、よくわからないけど、“めりーくりすます!!”
    「めかぶ」より



    【2004/12/24 12:00】 「めかぶ」のお便り | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    肉球とソラマメ
     「めかぶ」の散歩の有無は、飼い主の都合や気分次第で決まるので、根っからの散歩好きではない彼女にとっては、願ったり叶ったりのようです。こちら側としても、散歩好きでなくて良かったと願ったり叶ったりと思うのは否めません。「めかぶ」の場合、散歩はひたすら歩くだけの事で、途中でお友達に会うとか散歩で排泄させるとかの必要事項はなくて、単純に運動のみです。極たまぁーに外でウンチョをするのですが、決まって家を出てすぐの公園の角にしゃがみこんで用を足します。その角はちょうど公園のトイレの場所で、「めかぶ」もトイレに入った気分でいるのかも知れません。
    うんちょ取り紙 うちの場合、以前散歩の時はトイレットペーパーを持ち歩いていたのですが、何故か外でするウンチョはソフトタイプな為に、家に着く頃にはビニール袋の中で「紙と本体」がある種の「化学反応」をおこしてしまってスゴイ事になっています。なので、今は三日月がシンボルの会社の『トイレ用の掃除シート』をミシン目で半分にしたものを、持ち歩いています。そのままトイレに流せるのと、丈夫で厚手な為「化学反応」がおこらないので、犬のウンチには勿体無いのですが、後の処理が楽なのでオススメです。
     できれば三日月のメーカーに、同素材で犬のお尻にも安心な「お散歩シート」をお手頃価格で開発して欲しいくらいです。
     家に着くと今度は濡れタオルで念入りに足拭き作業に入り、肉球の間も隅々まで拭くので時間がかかります。でもそれが終わるまで床に降ろしてもらえないのが分かっているようで、じっとオトナシくされるがまま状態で解放を待つ「めかぶ」なのですが、どーも「めかぶ」の足を拭くとどこからともなく『そら豆』のニオイがしてくるのです。もともと『そら豆臭』の要素はあるのですが、中途半端に湿ったせいでニオイが倍増されます。あまり頻繁に足を濡らすのも良くないと聞いていたので、散歩の後は拭くだけにして、余程ヒドイ時だけ足だけをシャンプーで洗います。まぁ、もともと毎日は散歩もしないので、あまり汚れる事もないんですけど…。
    ソラ豆臭発生! 一緒に寝ていると、よく「めかぶ」の足が私の顔にパンチをしたり肉球が鼻先にあったりして、いつも夢の中には『そら豆臭』が漂い、私は夢から覚めるのです。私の偏見かも知れませんが、仙台市民はあまり「そら豆」は食べないような気がします。その分「枝豆」の消費は全国でも上位の方だと思うんですが…。ビールのおつまみはモチロン、仙台名物「ずんだ餅」とかがあるので馴染み深い豆なので、私はオトナになるまで「そら豆」は食べた事がありませんでした。初めて「そら豆」を食べた時、アノ独特なニオイが苦手でそれからは食べてなかったのですが、ニオイの記憶だけは私のノーミソに残っていたようです。もう二度と食べる事の無い「そら豆」と、こんな形で付き合うとは思ってもいませんでした。


    【2004/12/22 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    “困った奴め”ウナギ
     弟や妹が生まれると、“赤ちゃん返り”するっていうのはよく聞きますが、犬や夫はどーなんでしょう?だからといって、私が子供を生んだという訳ではありませんが…。
     私はここ1ヶ月程、持病の貧血がひどくなり歩くのもシンドくなってどーにもならなくなって、嫌々ながら掛り付けの女医さんの所で診察を受けてきました。当分出掛けるのは極力控えて家の中で過ごすようにしていました。
    アタチがルールなのっ! そーすると必然的に「めかぶ」と一緒に居る時間が増えたのですが、マイペース的スタンスを決して崩さない「めかぶはめかぶ」で、移動する陽だまりと共に移動して寝ています。陽だまりが無くなると、今度は私にくっ付いてまた寝ています。夫が家にいれば膝元でやっぱり寝ています。フワフワの毛布を置くとスグサマその上で寝て、私がベットで寝てると便乗して当然寝ます。とにかく寝てます。なので突然「散歩に行くよ!」と言って散歩の用意をすると、いきなり“真空飛び足蹴り”で反抗して自分の安眠の続行を守るのです。そんな理由で結構最近には珍しい位、寝太郎「めかぶ」と一緒にいたせいなのか、少しでも私が家を空けると騒ぐようになってしまいました。
     「めかぶ」にとって留守番は、最大の“ヤメテ~!”なので、出掛ける前に私がバッグの中身を確認すると、もう大変で吠える噛む飛び掛るで、ケータイをお尻のポケットに入れると吠えながらまた“真空とび足蹴り”を食らわせられます。それを無視して家を出るとしばらくは吠えながら、家に残っている夫と玄関を行ったり来たりして、「何で一緒に行かないのぉ~、早くしないと行っちゃうよぉ~、早く追っかけなよぉ~」と夫に直訴しているそうで、しばらくは落ち着くまで大変なのだそうです。が、夫が出掛ける時はいつもと何ら変わらず、私の隣で夫の方を向いてお座りをしています。
     吠えません。
     とび足蹴りもしません。
     寒いので玄関にすら行きません。
     すぐ寝ます。
    …なので「めかぶ」に扱われ方が『段違い平行棒』並みに違うのが面白くないようで、不満タラタラの夫はイイ歳こいてムツケて(訳:気分を害してソッポを向く事。陰気ないじけ。)しまいました。「チッ!どーせオラはさ…。順位はさ、一番下だしさ…。別にさ、居なくてもさ、イイみたいだしさ。」と、手まり歌♪あんたがたどこさ?風にイジケています。夫は何とか名誉挽回にアノ手コノ手で「めかぶ・ココロの奪還」を図り、せめて自分も出掛けた時くらいは「めかぶ」に気にかけてもらえるように、私と張り合っていますが、どーも空回りのようです。いつまでも「めかぶ」の好き勝手にもさせられないので、またこれからイチから「留守番の練習」のやり直しです。そして「めかぶ」の実年齢が精神年齢を超えられた夫の躾対策も何か考えなくてはなりません。犬の場合は飼育書とかインターネットとか獣医さんに聞けば解決策はあるのですが、人間の場合はお昼に“みのもんた”に電話で相談するしか方法はないのでしょーか?
    「止まれ」って書いてあるからさぁ

    【2004/12/19 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    お泊りと乳がん(後編)
     あまり症例の無い難病に罹った父の亡骸を病院の霊安室に残して、母と家に戻ってきました。死因に至った脳内出血の解剖をさせて欲しいという、病院側からの要望を承諾したためすぐには父は家には戻れません。かなり周囲に迷惑ばかりかけていた父なので、最後くらいは役に立って欲しいと家族一同の意見でした。実家に母を下ろしてそのまま私は自宅へ戻り、玄関の鍵を開ける直前から私の気配を感じたのか、激しく吠える声が聞こえています。部屋に入ると勢いよく飛びつき、がるるるっしては身体中で喜怒哀楽を訴えてくるので、私は身動きがとれません。5分程でやっと落ち着きを戻した「めかぶ」は、安心したのか昨夜の食餌が消化されてないままの状態で嘔吐してしまいました。いつもは胃液だけの嘔吐物なのですが、今回は「めかぶ」にかなりのストレスを与えてしまったようです。家に残っていた夫に状況を話し、午前中に打ち合わせに出掛ける夫が家を出る前に、私は実家から頼まれた買い物を済ませ、私の用事と家事を終わらせて夕方までは「めかぶ」と眠ることにしました。「めかぶ」もかなり疲れているようで、「くーぴーくーぴー」と寝息を立てて私にピッタリとくっ付いて眠っています。
    大好きなくつちたのオモチャ 夫が打ち合わせから戻るのを待って、「めかぶ」を連れて実家へ向いました。チャーリーはすでに近所のホテルに預けており、問題は明日からの「めかぶ」の受け入れ先です。今までほんの4,5時間の留守番しかしたことの無い「めかぶ」を、丸一日以上ホテルに預けても大丈夫なのかとても不安です。ただでさえストレスを感じている「めかぶ」が、少しでも不安がらずに居られる方法をアレコレと私と夫は考えました。罹り付けの動物病院でもホテルもやっているのですが、入院中の動物の中に置くのも可哀相だし、病院嫌いになられても困るし、何もする事のない実家で私は明日・明後日の「めかぶ」の心配だけをしていました。結局、翌日の昼から1泊でいつもトリミングをお願いしているショップに預ける事にして、寂しい気持ちを紛らすためにも迎えに行く時間までトリミングをお願いしました。私は午前中に2食分のフードや飲み薬の指示を書いたりと、初めてお泊りをする「めかぶ」の準備をしながらも心配でなりません。私が準備をしている側で、「めかぶ」お気に入りの私の靴下で遊んでいるのを見て私はそれを持たせる事にしましたが、いくら何でも靴下そのままではビンボー過ぎるので、少しアレンジをして簡単なオモチャに変身です。お昼にショップへ連れて行き、後ろ髪を引かれる思いで実家へ向いました。
     涙よりも笑いが起こる通夜と葬儀・法要を済ませて、やっと「めかぶ」を迎えに行けると思うと気持ちは逸り、ショップへ今から迎えに行く連絡をした時に昨夜の様子を聞くと、私達が心配した程では無かったようで一安心です。ショップへ着くと「めかぶ」は最後の仕上げの段階でその様子がモニターに映っており、嬉ションを懸念して持参した紙オムツをつけてもらう「めかぶ」の様子は家と同じように、トリマーさんにお尻を向けて待っているのを見てつい笑ってしまいました。
     担当のトリマーさんに連れて来られた「めかぶ」は、一瞬「?」と変な“間”がありましたが、我に返ったのかいつもの「がるるるっ」が始まり、舐める噛むを繰り返して怒っているようでした。
     やっと落ち着いた時に、担当のトリマーさんからとてもショッキングな事を教えられました。「めかぶちゃんの前足の付け根に少し大きい“シコリ”がありますから、専門の先生に一度診てもらった方がいいと思いますよ」と言うのです。初ヒートが来てから今まで分からなかったオッパイも急に大きくなり、私も両前足に変な“シコリ”は気付いていましたが、「まさか…」と半信半疑でしたが私達より沢山の犬を扱っているトリマーさんの言うことなので、「やっぱり、そーなのかな?」とショックを受けました。「何も葬儀の日に…」と思いながら夫と車に乗り、その足で罹り付けの病院へ「めかぶ」を連れて行きました。何も分からない「めかぶ」は相変わらず思い出したように「がるるるっ」と舐め噛みを繰り返しています。父が死んでも涙一つ流さない『冷血娘(私)』ですが、「めかぶ」の最悪な結果が出たらどーなってしまうか想像もつきません。ドキドキしながら診察を受けると先生は「これは乳腺ですよ」と診断されました。犬はオッパイの数が決まっていないので、知らないと“シコリ”と間違う事も多いと言っていました。「めかぶ」は少し早熟なのか乳腺の発達が早いようで、「想像妊娠してる可能性もあるかもしれない」とも言ってました。「もし心配な時は月イチに耳の治療をする時に診ますから大丈夫ですよ」と言われて、やっと私と夫は安心しました。そのまま、もう一度実家へ向いお線香をつけて早めに自宅へ戻り、ここ数日の慌しさの疲れでこの日は一家で早々と就寝となりました。


    【2004/12/14 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    お泊りと乳がん(前編)
     今から30年前、私が中学3年の時、後の席に12月8日が誕生日だというビートルズ好きな男子がいました。いつも私の椅子の底を蹴って呼ぶのですが、ちょうど私の肛門あたりにヒットするので困っていました。ある日社会の授業で“真珠湾攻撃”が出てきたときに「オレの誕生日だ!」と、また椅子を蹴ってコソッと言ってきたので、「ふーん」と返事を返し特別気にもしていませんでした。それから数年後の12月8日に、私の肛門を授業中に“アタック オン パールハーバー”していたその男子と、その日銃弾に倒れたジョン・レノンの追悼番組を彼の車のラジオで聴いていたのです。
    まだ帰って来ないよぉ そして今年。「そろそろ年賀状の準備もしなきゃな…」と思っているのですが、今年5月末から入院している父親の事もあってなかなか着手出来ないでいました。かなり“口だけ”は元気になっていたのですが治る事はないので、万が一の事態も考えられる為いっそ早めに作って出してしまうか、それともギリギリまで待つかと決め兼ねていました。そんな時、真珠湾の彼が夢に出てきて懐かしいなぁと思っていたら、その日は12月8日で「そっかぁ、今日はジョンレノンの命日かぁ」と更に懐かしくなりました。そのとき一瞬「父親の命日ってのも追加されたりして…」と脳裏をかすめていたら、その日の「父の昼食世話当番」の義姉から呼び出しがかかり、私はすぐ病院へ向う用意をしていました。「めかぶ」はそんな異変に気付いたようで、落ち着きがなくなりソワソワしています。夫に後の事は頼んで家を出る頃には、吠えまくって異常なほど興奮している「めかぶ」でした。病院に着き先に来ていた母から父の具合の様子を聞くと「脳内出血を起こしていて危ない」と言い、まだはっきりとした診断はされていないようでした。
    遅いよー。どこ行ったの? 急いで家を出てきた母は、家の事も犬の事も気になるようで、父の具合も気にしながらも夕方に私と一度実家に戻りました。何も分らないチャーリーは散歩に行くものと喜んでいて、母のそばで「早く早く」と催促しています。母も「後でね、チャーリー!」と言いながら急いで病院へ戻ると、連絡で駆けつけた兄達も母が戻るのを待っていました。家族が揃った時点で担当医から説明を受け、現在はとても厳しい状態である事と、最期は無理な延命処置は行わず静かに看取るようにしましょう、と言う話でした。小康状態なので母と叔母を残して私は一度家に戻ると、「めかぶ」は騒ぐは吠えるはでとても大変で、なかなか興奮状態から抜けれないでいました。夫から話を聞くと、私が出掛けてから吠えまくってゴハン以外はずっと玄関を向いたまま眠る事もなかったたのだと言っていました。「そっかぁ~、オマエは待っててくれたのかぁ」としばらくの間、抱っこして寝かせていると、母から「更に急変した」と連絡が入りまた急いで病院へと向う支度をしていると、「めかぶ」には時間は関係なく真夜中にもかかわらず、更に興奮して吠えまくってしまいました。「めかぶ」なりにこの異変に不安を感じてしまったようです。そして父は8日を越えて9日の早朝人生の最期を迎えました。
     いろいろ後片付けなどをしていたら、いつの間にか外は明るくなっていてとても朝焼けのキレイな12月とは思えない暖かい朝でした。
    後編に続く…


    【2004/12/12 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    おぉ!ブレネリ
     とうとう「めかぶ様」は別荘を手に入れました。飼い主は住宅ローンに追われているというのに…。
     1ヶ月前に近くのホームセンターへ、「めかぶ」の洋服ダンスに相応しい代用品を探しに行きました。通販のカタログにあるタンスは、値段が高く、外装が少しどれもファンシーで私の好みではないため、何か適当なものないかなぁ、と店内を見回していました。妥協品を買うのもどこか納得出来なかったので、帰る前にちょっととばかりペットコーナーへと移動したのです。特別買い物も無かったのですが、どうもペットコーナーを素通りしては帰れません。すると愛用のペットシーツが超特売をしており、私は「ラッキー!」とばかりカートに積んで、更に売り場を物色していました。そろそろ本格的に冬対策も考えなければならず、今ではすっかり寝室で一緒に寝るものだと信じている「めかぶ」の一番の問題はトイレなのです。暖房をすればリビングのドアを開けっ放しにする事も出来ず、閉めればトイレが出来ません。ここは「めかぶ」にガンバッてトイレのスキルアップに挑戦してもらう事にしたのですが、一体どうやって覚えさせるかが大きな課題なのです。寝室にトイレを置いて躾をさせても戸惑うだけで、まして寝室はカーペット張りなので汚されるのも困るし…。そんな理由で無駄を覚悟でもう1棟サークルを寝室に置こうと思い、売り場を見ていました。できれば軽くて解体が簡単な物が、安くなってないかなぁと思っていたら、目の前に梱包されたサークルに破格の値札が付いていたのです。見本完成品が無かったのですが、売値の半額以下のサークルに目が眩んで即座に買って帰ってきました。
    浮動産王だーい! 家に着くと、スグに着工に入り30分後に完成した「めかぶ」のサークルは“別荘”と名付けれ、“ハウス”に置いてあるトイレと同じトイレを中に入れて、ただでさえ狭いリビングの隙間に別荘は置かれました。とにかく“別荘”を認識させるために、おやつで釣っては50cm離れたお隣の“ハウス”と行ったり来たりを繰り返させました。食べ物が絡むとあっという間に“ハウス”と“別荘”を聞き分け、おやつ欲しさに1時間後には問題のトイレが無我夢中で成功したのです。
     しばらくはとても狭いリビングでしたが、「めかぶ」のスキルアップの為にはこちらも我慢しなければなりません。先日予定通りの寝室へ“別荘”を搬送し、トイレの認識も出来たようです。夜中に一人で“別荘トイレ”に入り用を足しているようで、昨日はかりん糖が2個置いてありました。ただ律儀にリビングにいても寝室まで行ってトイレをしに行くので、“ハウストイレ”も忘れられると困るので併用させなければなりません。
     初代サークルの“ハウス”と寝室サークルの“別荘”と私の枕の隣にあるクッションハウス“おうち”を所有する「めかぶ」をみてると、♪オォ~めかーぶぅ!あなーたのお家はどこぉ~?♪と、つい口ずさんでしまうのです。


    【2004/12/06 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    “キャッシュ”な奴
     犬は人間が考えるほどグルメではなく、食べる事は好きでもこだわりは皆無なのだそうです。私達が毎日同じ物を食べると必ず飽きてしまいますが、犬にはそーゆー心配は無いのだと聞きました。ただニオイで食い付きが悪かったりするそうですが、すんなりと食べられれば毎日でも問題は無いのだと聞いたのですが…。
     「めかぶ」の食餌はドライフードが基本で、同じメーカーの2種類を混ぜています。最近「ゴハン」と言うと、どーしたものか中途半端に喜ぶようになってしまいました。あの以前のような「バカ踊り・ヨロコビの舞い」をしなくなったのです。ボウルに「本日定量」のフードを入れると、「日本古来の舞い」の“ノリ”でサークルに入り、何口か食べてヤメテしまいます。私の憶測ですが、少し前に食欲が無くなった時に、レトルトフードやヨーグルトを混ぜて食べさせていたのが、成功し過ぎてその味を覚えてしまったのではないかと思っています。何もトッピングされていないと、「あのぉ、何かお忘れじゃないですか?」と言いた気に、こちらを見ながら目が訴えています。余程、空腹な時は何も入れなくても完食するのですが、特に朝は食欲が目覚めていないせいか、何か混ぜないと完食とはいきません。そのくせ、少し朝ゴハンのタイミングが遅くなると、空腹による嘔吐をするので厄介です。
     やはり「めかぶ」には完食してもらいたい親心から、残したフードにヨーグルトを少し混ぜた途端、「バカ踊り・ヨロコビの舞い」が復活するのが憎たらしくてなりません。「まったく、オマエはキャッシュ(現金)な奴よ!」と思いながら、5分前とは打って変って一心不乱で食べる姿を見てると可愛さと憎たらしさが交差して複雑な気持ちです。まぁヨーグルトは、身体にいいから「ヨシ!」としますけど…。
    寒いから、キムチ鍋とかカレーライスが食べたいのねん! 段々と冬に近づき、グータラな私でもシチューや煮物を作るようになり、ついでに「めかぶ用」のゴハンを作ってみました。初めて食餌としてミルクシチューを食べた「めかぶ」は、今までにないくらいにコーフンし、あっという間に完食です。ドライフードは食い付きが悪い時があるのに、手作りゴハンは何の疑いも無く食べてしまう「めかぶ」は、やっぱり“キャッシュな奴”です。その後「めかぶ」は“鶏のトマト煮”“鶏とカブのごはん煮”を堪能し、またいつものドライフードに戻ると、私の顔をチラチラ見ながら「日本古来の舞い」の速度になって食べています。グータラな私でも、犬のゴハンを作る時は最初に「めかぶ用」の材料の下ごしらえをします。万が一、厳禁食材が混ざると大変ですから…。


    【2004/12/01 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。