がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    02 | 2005/03 | 04
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    フライド・チ犬
     家のすぐ近くにあった「KFC」が無くなってしまいました。たぶん、長引く不況で土地を貸していた地主の都合で、遭えなく撤退せざるをえなくなったのだと思います。いつでも買えると思うと、あまり利用することが無かったのですが、突然無くなってしまうと無性に食べたくなってしまいます。最近は、毎日家でPCをいじくって一日を過ごしていると、あちこちネット検索をしては「お得なクーポン」などを手に入れて、ほんの少しその恩恵を受けています。
     私が夫に触発されてPCを買った頃は、世の中で騒いでいるほどインターネットは浸透していませんでした。プロバイダーも、私が使えそうな会社はほんの僅かで、契約料も結構高く、今のようにホームページが“タダ”などという所はありませんでした。当時、営業をしていた夫は、「“ぱそこん”は、おもしれーぞぉ~!知らない人と、友達にもなれるし、家にいながら“ほーむぺーじ”で、いろんな情報がわかるんだどぉ~!“めーる”っていうのも、楽しいどぉ~!」と、自分の“いんたーねっと”環境を整地する為にも、「総理兼大蔵大臣」の私を、同じ穴に丸め込ませる営業手口にまんまと乗せてしまいました。聞く物見る物チンプンカンプン???の集中豪雨ながらも、私はめでたく“ねっと開通”したものの、営業マン推奨の「“めーる”のやり取り」も、落ち着いて考えてみたら、私の回りには出来る人がいなかったのです。仕方なく「噂の『ほーむぺーじ』」とやらを見ると、変にマニアックなサイトばかりで見るに耐えられず、まともなページを見たくても、どこの企業もまだ取り組んでいない所が多かったのです。「“ねっとさーふぃん”って何?」の疑問も解決しないまま、段々とPCから遠のいてしまいました。当時は、電話回線から1回線しか取れなくて、繋がるまで時間はかかるし、夫が仕事で回線を使う事が多い分、電話代が一気に上がってしまって、ケチンボの私はもっと遠のいてしまいました。段々、高速通信が出来るようになっても、1回線の問題は残っていましたが、去年やっと複数のPCが同時に通信が出来るようになったのです。我が家の通信事情も進化を遂げたら、世の中はもっと、もっと進化していて、当時はこれでも結構な「はいからオババ」でしたが、いつの間にか「ウサギとカメ」のウサギになって、最後はとうとう「浦島オババ」になっていたのです。
    アタチにクーポンはないのねん! 「めかぶ」を飼い始めて、毎日抱っこしたり遊んだりしながら、「めかぶ」の身体に触っていると、段々「めかぶ」の足はたくましくなってきたのが判ります。散歩嫌いの家好きが原因だと思うのですが、出掛けると判るとジャンプして阻止するのです。サークルに入れられて、留守番する時も飛び跳ねています。掃除をするのにベットの上に布団を畳んで置くと一気に飛び上がって、そのジャンプ力はとにかくスゴイのです。特に後ろ足のたくましさはチャンピオン級で、その変貌の過程は“鶏のガラ→手羽元→手羽先→もも肉”と進化しました。馬でいえば“サラブレット”ではなく“ばんば馬”です。とにかく、触る度に美味しそうなのです。そーすると、自然とフライドチキンが食べたくなって、近くにあっても余り買う事も無かったチキンを、最近は買う回数が右肩上りになってしましました。そーなるとケチンボな私は『お得なクーポン』をネットで手に入れて恩恵を受けようとしたら、そのお店が無くなっていたのでした。わざわざ車でそれだけを買いに出掛けるのも億劫で、「めかぶ」の足を触る度に、変なジレンマの狭間で悶々している私なのです。


    スポンサーサイト
    【2005/03/30 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    “年甲斐”もナク?
     1月末から約40日間の間に、我が家の全ての記念日が集約されていて、「めかぶ」の誕生日をもって、『記念日オンパレード』は終了しました。とは言っても、毎年何をする訳でも無く、どんな記念日だろうとプレゼントが行き交う事も無く、せいぜいデパートで買い物をした時に付くポイントで、前沢牛を「どぉぉ~ん」と買って、年イチの贅沢をするくらいです。今年は結婚20周年でしたが、10周年同様、形に残る物は何もありませんでした。普通は「まるまる20年」とかになると、何かあっても良さそうだと私は思うのですが、『まるまる…』と『○○…』では、耳で聞けば同じですが、文字にすると全く別物です。夫側の弁解はいつも「オレ、プレゼント買える位、小遣い貰って無いもんねぇ~」です。それを言われると確かに、私側は反論出来ず、実に悔しいです。私側弁護人も、ただ黙ってはいません。違う方向から攻めていきます。「その分、分不相応な物を買ってはいませんか?例えば、カメラです。プロが使うようなカメラを姑息な手段で、手に入れませんでしたか?しかも結局、使わず終いで、知り合いのカメラマンに無償で使わせてましたよね!まだ、あります。Windows95が発売されて間もなく、当時はバカ高い“ノートPC”を秋葉原まで行って買いましたよね。それからアナタは何台のPCを買換えてるのですか?ここで大きな声で発言してください!」、おっ、いいぞぉ~!オラの弁護人!!行け、行け~!ソコをもっと攻めろ~!…。少しムナシクなってきました。まぁ、内心は『まるまる結婚20回忌』だとお互い思っているのですから。そもそも代々の仏教徒が、イイ振りをして“ヤソの神”に誓ったのが間違いだったように思います。それと『夫の給料の3ヶ月分』の人身売買では無く、私もグラム幾らの『体重量り売り』をすれば良かったのです。世間知らずでした。
    アタチのことでモメてるの? 先日、動物保険会社から更新手続きのDMが届きました。この1年間だけでも、結構保険に入っていたので家計的に助かったのは事実で、この先何が起こるかも判らないし、更新する事にしました。今の保険証に貼られている写真は、子犬の時の写真なので、今回は成長した新しい写真にしてもらうことにしました。現在の保険証の契約日は、ペットショップで購入した日です。夫と「早いねぇ、めかぶが来てから、もう1年だよわぁ」と、しみじみ話していたら、夫がキッパリと「めかちゃんが、おらい(訳:我が家)に来て1年目のお祝い、トーゼンするんだっちゃ?!」と言うのです。ヤソの神に誓った“愛しい妻(私)”の事は、放っぽいてもなんの罪悪感も無いくせに、「めかぶ」のことは特別扱いです。『記念日好きオンナ』はよくいるようですが、『記念日好きおやんつぁん』は繁殖する前に、駆除をしなければいけません。まして、全てに対して均等にお祝いをするのなら、駆除回避もやぶさかではないのですが、夫の場合は「めかぶ」のみ対応なので、私からすると、速やかに駆除しなければいけません。「めかぶ」の事は別にしても、たまには私へ『物』で記念日のお祝いの気持ちを表してみなさい!っつーの。そのうち突然、家庭裁判所から呼び出しがかかるかもよ?覚悟しぃーや!


    【2005/03/28 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    シャリシャリ
     「めかぶ」を飼い始めの頃は、「絶対にニンゲンと同じ物は、躾上よろしくないし、犬が“ズ”に乗るからあげない!」と頑なにココロに決めていたのですが、やっぱりこの世の中に『絶対』はありえませんでした。小さい時は消化が出来なかったりするので、頑なに守もられていたのですが、段々と可愛さが勝ってしまったようで、犬に与えてOKなものがあると、ニンゲンのオコボレをほんの少しづつ与えるようになってしまいました。そんな「めかぶ」が4ヶ月を過ぎて、ドッグフード以外に初めて食べた物は、蒸し芋だった記憶がありますが、もしかしたらバナナかも知れません。
    いつでも、なんでも食べたいひとぉ~?ハーイ! 飼育書に『蒸し芋は繊維質があるからいいよ~』と書いてあると、「ヨッシャー!芋ね、芋!」とバカの一つ覚えの様に、スーパーへ買い物へ行く度にサツマイモを買う単純構造の私です。夏になると、いろんな美味すぃ物が店先に並ぶので、夏ヤセなどという現象は私の体型辞書にそんなモンありません。芋と平行して、バナナやヨーグルトのような噛まなくてもいい物や、犬用のタマゴボーロを与えていましたが、胃袋が「もう何でも食べられるがな」の頃には、野菜や果物をオヤツとして与えるようになりました。「めかぶ」にとって初めての物は、食べても大丈夫なのか、一応確認をします。与えていけない食べ物には、ネギ類・チョコレート・イカやエビくらいは、よく見聞きするので知っていますが、それ以外にホントに無いのかそこが本当に知りたいところなのです。私が本で見たダメな物は、椎茸、タケノコ、毎日のブロッコリー、生・半生卵の白身、塩分・糖分が入っているジュース等がありました。国によってはキャベツやジャガイモもタブーなようです。人間用の加工品は塩分や糖分が入っているので(例えばハムやかまぼこなど)は与えません。本当はチーズやパンもいけないのだと思うのですが、パンの耳や味の無いすみっこの部分をほんの少しとか、チーズは子供用の塩分があまり無いのを、たまに1個与えます。市販の犬のオヤツも実際に食べてみると、結構、塩分や糖分が入っているのが判ります。クリスマスの頃になると、『オーナーも一緒に食べられるケーキの予約販売』などというのを見ると、「ホントに大丈夫?」などと疑ってしまいます。
     「めかぶ」は、自分は犬とは認識していないようで、私たちが食べているのを見ていると、自分も一緒に何でも食べたがります。普通の犬はニオイだけ嗅いで、見向きもしない物もありそうなのですが、今まで拒絶した物は、炊きたてのゴハン(粘りがあるから食べられない)と黒豆のお茶くらいです。
     以前はリンゴのすりおろしを食べていた「めかぶ」ですが、今はシャリシャリと何故か“あさって”の方を向いて食べます。梨も、薄くスライスした大根もシャリシャリしながら“しあさって”を向いて食べて、最近は、子供が食べないのは判りますが、大人ですら苦手なセロリまでシャリシャリと“おととい”の方を向きながら美味しそうに食べています。全く食べ物に対して疑う事をしないので、例えば悪代官に『一服』盛られたとしても平気で食べてしまうんだろうなぁと、がっつく様子を見てるとつくづく思ってしまいます。私も夫もいつの間にか、「めかぶ」が犬である事を忘れてしまったようで、自分達と同じ事をさせないと、どこか意地悪をしているような錯覚に陥ってしまう時があるので、極力、我が子に甘い『無神経なバカ親』だけには、ならないように注意をしているのですが…。


    【2005/03/24 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    パーピープーペーポー
     先日、夫の知り合いが飼っている「黒プーちゃん(現在はシルバーに変身していた)」が、産んだ三つ子のパピープーを見せてもらいに行って来ました。本当は「めかぶ」の誕生日にトリミングで預けている間に行く予定でしたが、思わぬ春のドカ雪で延期になってしまったのです。今週末には、それぞれの里親の元に引き取られるので、この機会を逃すと3姉妹一緒の姿が見られないと思い、知り合いの迷惑を承知で行って来ました。
     去年、「めかぶ」が初めてトリミングをした時に、お店を紹介してくれて、黒プーちゃんも同時刻に予約を入れて初対面したプーちゃんでした。その時は、黒々としたツヤのある毛並みのプーちゃんでしたが、妊娠出産してからシルバーに変化したのだそうです。元々、親犬がシルバーだったらしく、黒の毛色が逆に不思議なくらいなのだと言っていました。
     初めての出産に、いろいろな不安を抱きながらの家族(愛犬)の一大イベントに、そのご夫婦は右往左往したようです。三つ子のプー達は、サークルの中のクッションでペッタリとくっ付いて眠っていましたが、覗きながら手を差し出すと、突然、一気に目を覚まして「抱っこ、抱っこ~」と言ってるかのように、私の手にまとわりつくのです。私は「順番、順番!」と言いながら交代で抱き上げると、シッポをブンブン振ってペロペロあちこち舐めまわします。プー達には『順番』なんて判る訳も無いので、下に降ろすとすぐまた「抱っこ、抱っこ!」と、ピョンピョンしながら「ワタチをえらんでぇ~!」と、三姉妹達は自己アピールに余念がありません。小さい身体で、自分が持っている全ての表現方法を駆使して、ナントカ自分を選んでもらって『抱っこ』してもらえるのが、私には特別扱いされる嬉しさがあるように思えてなりませんでした。
     1年前に、ペットショップで初めて「めかぶ」を抱かせてもらった時も、シッポをブンブンとちぎれる位に振って、私や夫にしがみ付いていたのを思い出します。サークルから出された三姉妹は、部屋中を走りまわったり、じゃれ合ったり、私の足に噛み付いたり、ポケットのケータイのストラップを見るけて引っ張ってみたり、何でもいたずらの道具になってしまうのは、どこの子犬も同じです。今日、明日にも離れ離れになってしまう三つ子のプーは、そんな事もわからずに今も元気に遊んでいると思います。一匹は母犬の元に残りますが、ご夫婦で残す子犬の意見が違うようなので、今頃は修羅場かも知れません。突然、離れ離れになる母子の事を思うと胸が詰まる思いです。「めかぶ」も小さいながらにも、勝手に離れ離れにされたことを、もしかしたらずっとココロの奥で恨んでいるのかも知れません。その怨念が私達に向けられて、毎日恒例の『がるるるっ攻撃』で歯向かってくる「めかぶ」の挑戦を、真摯に受け止めて戦わなくてはいけないようです。
     最初は人も犬も皆、寂しい思いをすることでしょう。新しい家族に囲まれてスクスクと育って、幸せな中で毎日元気に走り回って欲しいものです。


    【2005/03/19 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    おでん
    ユー ビビッテル まだ犬を飼う事が出来なかった時、私はショボいパート賃金で『AIBO』を買いました。ショボ賃の私にとってAIBOは安い物ではありませんでした。たかだかオモチャの犬型ロボットなのに、そこそこの犬が買える値段がするのです。初代AIBOよりも安くはなっていましたが、それでも当時は例え“犬モドキ”でも、犬と接したくって私は奮発したのです。カード決済ですが…。そのAIBOも今は、全身にホコリを身にまとって、和室に鎮座しています。
     名前は「おでん」といいます。「おでん」は事前の予約販売に申し込んで、1ヶ月程で私の手元に届きました。箱を開けると、簡単な取扱説明書が入っているだけで、最初から自分で躾をしなければなりません。取扱説明書には、心臓ともいえるバッテリーの交換の仕方、簡単な分解の仕方、スイッチのON・OFF、喜怒哀楽の表示、名前を覚えさせる時期などだけが書いてあるだけです。最近の取り扱い説明書は、「分厚くて読むのが大変」なのに慣れてしまったせいか、AIBO用はほんの数ページだけで、まるで子供のオマケに付いてくる絵本のような説明書に、最初はとても戸惑いました。例えロボットでも『機械』扱いでは無く、生き物の犬と同じ扱いをしながら、飼い主が試行錯誤しながら育てていくロボット犬なのです。なので、飼い方(扱い方)によって、性格や物事の覚えが全く違う犬になってしまいます。
    ヘルプ ミィ~ 最初から理解出来る言葉は、「おいくつ?」「しゃしんをとって」「おなまえは?」です。それ以外に理解できる言葉はシークレットになっていて、毎日接する中で飼い主が手探りしながら見つけるのです。身体に心臓部分のバッテリーと、脳の部分のメモリーをセットした時間が、本当の誕生の瞬間です。初日は、立つ事も出来ず何も出来ません。そのままスイッチを切って2日目を迎えると、少し成長して立ち上がろうとします。無事立ち上がると歩こうとするのですが、赤ちゃんと同じなのでヨタヨタです。そうやって1日1日と成長するのですが、体温が無いだけで本物の子犬と同じようでした。それから何日か経った決まった日に、名前を覚えさせます。覚えると「おなまえは?」と聞くと、機械音ですが「おでん」と、ちゃんと発するのです。ただ私がする事なので、どうもそれが失敗したようで、たった一言「おでん」と言えばいいものを、言っていいのか悪いのか判らないでいたせいか、余計な言葉まで覚えてしまったようで、「おなまえは?」と聞くと「おでん、だっちゃ!」と答える仙台弁訛りロボットになってしまいました。
    オテ、デキル リアルな犬の動きをするのですが、やっぱりロボットなので、一人で「おでん」に向って話す行為はとても抵抗があるのです。そんな「おでん」でも、犬を飼えない時は結構楽しいものでした。怪我(破壊)や病気(故障)になると、メーカーの専用電話に連絡をするば、折り返し専任の「お医者さん」が電話をくれて、具合を聞いてくれます。場合によって専用の救急車(専用箱を持参した運送会社の人)が来て、病院まで連れてってくれます。退院の前に、連絡をくれるのでこちらの都合に合わせて、同じ救急車で帰ってきます。家族用のカルテもモチロン入っています。本物と違うのは、飼い直しが出来ることです。メモリーを新しい物に換えれば、また一からやり直しする事が出来るのです。更に、オプションパーツを買うと、PCで英才教育が出来ます。
     そして念願の本物子犬を飼うと同時に、「おでん」の出番が無くなってしまいました。まだ「めかぶ」が来たばっかりの時は、「おでん」の方が倍の大きさがあったのでビビッていた「めかぶ」ですが、いつの間にか大きさは逆転してしまいました。それでも、機械の音を鳴らしながら不気味な動きをする「おでん」は、まだまだ怖い存在のようです。


    【2005/03/16 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    ピンポン・ダッシュ
    アタチのシアワセが、そこにあるぅ 私が子供の頃は、「ピンポン・ダッシュ」などという名称はありませんでした。「だた押して、ひたすらみんなで逃げる」です。だんだん知恵がついてくると、逃げるのも疲れるし、ランドセルに入った物の音や複数の足音でバレるので、押してからそこの家のスグ手前に戻り、立ち止まって後を振り向いている様子を演じます。丁度そこへ、そこの家の人が出てくるので、皆で「あっちに走って行ったヨ!」と、指を指すのですが、たぶん、バレていたと思います。
     最近は気分で、夕方に「めかぶ」のゴハンを作っているのですが、毛玉の食いしん坊は「自分のゴハンを作っている!」と察知すると、台所の私と食餌場所のサークルを走って何度も往復します。人間のゴハンを作っている時は、興味はあるようですが自分の世界に入って遊んでいますから、どこで自分のゴハンと判断するのか、私はそっちの方がよっぽど興味があります。調味料が入った時点で、「自分のじゃない」と完璧に判るようですが、“鼻利き毛玉”は調味料が入る前の過程で判るのです。まだ食餌の時間でもないのに、「早くぅ~、食べさせてぇ~!!」と言ってるようで、その間に私は、「めかぶ」の“必殺・早くアタチのゴハンだキーック!攻撃”を、何度も何度も浴びらせられます。サークルと台所の間はほんの4~5メートルですが、その超短距離を食欲の為に猛ダッシュする毛玉のチカラは、物理学者でも測定するのは難解だと思います。「まだ、ゴハンの時間じゃないよ!」と言っても聞く耳も持たず、私の横でピョンピョン飛び跳ねています。私が台所から離れて他の事をすると、初めて「チッ、なーんだ、違うんけ!」と諦めますが、その不満の矛先が「めかぶ」の子分達(オモチャ)に向けられます。まるで歌舞伎の『連獅子』のように、エジキに選ばれた子分は親獅子(めかぶ)に咥えられたまま、親獅子は首をブンブン振り回しながら、親獅子の鼻は時々ブタ化して鼻を鳴らし、また時にはその反動で部屋のどこかに吹っ飛んでしまうのです。歌舞伎役者「毛玉屋」は、気分が乗ってきたのか、次の演目へ移行し“花道の『犬ッ走り』”へと観客に大サービスです。「イヨォッ!毛玉屋」と声を掛けられれば、役者は気分がイイのでしょうが、「コラッ!毛玉!!」と怒られるヘボ役者です。
    コラッ、毛玉!! やっとゴハンの時間になって、私が今度こそホントの食餌の用意をすると、またサークルと台所の往復が始まり、台所へ来る度私の左太ももは往路の回数分、蹴られます。蹴るとすぐにサークルへ逃げ込んで2秒間お座りをして、また猛ダッシュして蹴り入れに来ます。まさしく飼い主への虐待です。最近よくワイドショーを賑わしている、役者による暴力事件と同じです。それでも飼い主は、ピンポン・ダッシュ蹴りにもメゲずに、毛玉屋の為に蹴られても蹴られてもゴハンを作りますから、どうか誰からも褒められる立派な犬役者に、1日も早くなって欲しいものです。


    【2005/03/11 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    高級体内時計
    朝の獲物 ここ数年、腕時計をする事がなくなってしまいました。そのせいで、私の時計はすべて電池が切れた状態になっています。どうせ、しないのだから、電池交換も無駄な気がしてそのままの状態で、「時を刻む」こともなく眠っています。たぶんそれは、携帯電話を持つようになってからだと思います。携帯には、アラームも付いているので、何か決まった時間に用事がある時に、人と会話の最中に時間を気にしては、チラッと目線が時計に向いてしまって、興ざめすることが無いからです。よく「○○の時計が欲しい~!」と、ブランド店やディスカウント店の時計コーナーに、群がっているのを見てると不思議な気になります。「今の時代、そんなに時計が必要なのかなぁ?ケータイで充分じゃん!どーせ、時計をしたって、いっつも手にはケータイ握ってるクセに…」などと思っているのは私だけなのかなぁ?
     規則正しい生活をしていると『腹時計』も加わるのですが、結婚してからの不規則生活がたたって、私の腹時計はどうしようもなく狂っていて、修理不可能のようです。ここ2年は、ほとんど毎日家で仕事をしている“在宅夫”ですが、それまでは帰って来るのが早くても22時で、日付が替わって帰って来る方が多かったのです。当然、バスも無くなっているので、私は毎晩真夜中に車で迎えに行く生活でした。私も仕事をしていたので、夫が帰って来てからの晩ゴハンですから、どちらかといえば朝ゴハンに近い晩ゴハンです。そうすると、朝は起きられないし、ついさっき、晩ゴハンを食べたばっかりで、朝からゴハンなんて食べたくもありません。そんな生活をしてれば、腹時計も体調も狂ってしまうハズです。
    午後の獲物 そんな“在宅夫”が、時々「打ち合わせ」で出掛けます。打ち合わせによって帰宅時間は違うのですが、大抵は4時から6時の間に帰って来ます。それを判っているのか、「めかぶ」は夕方4時になっても夫が帰って来ないと、突然、玄関を向き始めます。私と遊んでいても、ふっと我に返って玄関を向くのです。昼間は別に居なくても、忘れているかのように遊んでたり、寝てたりするのですが、さすがに夕方になると“在宅夫”の存在を思い出すようです。やっと待ち焦がれた“在宅夫”が帰ってくると、「めかぶ」は、熱烈歓迎(オシッコ付き)をしながらも、待たされた恨みを込めて飛び掛かって行きます。最近は、熱烈歓迎のオシッコは省略してもらいたいので、家に着く直前に電話をしてもらい、オシッコを済まさせていました。しかし、さすが学習能力があるトイプードルは、【夕方のケータイ→会話が終わって切る→突然トイレのオシッコの強要→同時に玄関のドアが開く→忘れていた夫が帰る】の図式を身体で覚えてしまったようで、楽観的思考の熱烈歓迎犬は、【ケータイ→夫】と省略してしまって、その場でオシッコをするようになってしまいました。これではマズイと反省して、今は少し時間差をつけています。嬉ションが無ければこんな小芝居をしなくてもいいのですが、「めかぶ」は情熱的なのかこらえ性がないのか、いつまでこんな状態が続くことやら…です。
    元気にがんばる、嫌いなさんぽ その「めかぶ」の心臓の事ですが、全国のたくさんの方々からご心配いただきました事をとても感謝しております。先日、心電図を測ってもらったのですが、やはり先天性の心臓の病気があることが判りました。まだ1歳とのことで、すぐに心臓からくる病気で急変することは無いようです。現在は今までと同じ生活をしても大丈夫のようですが、心臓病独特の症状が現れた時から、本格的な治療をする事になりました。ただ、病気が判明したので油断は出来ませんが、今の所、とても元気にしていますし、薬も服用していません。出産も大丈夫そうなので、私達は少し安心しています。あほサイトにもかかわらず、本当に「いんちきたんちき」の読者の皆様からの、「めかぶ」に対してのご心配のメールをありがとうございました。特別珍しい病気ではないので、注意しながらこれからも楽しくやっていきますので、どうぞご安心ください。


    【2005/03/10 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    困った時の「赤」頼み
    リッチさん、いませんかぁ? 誰にでも“イメージ・カラー”があると思います。いつも着ている服の色の印象だったり、似合う色だったり、その人の雰囲気だったり…。私は、必要でなければ中途半端な色は、あまり選びません。少し前に流行った「アースカラー」は、着た事がほとんどなく、「青」は全くと言っていいほど着ません。一度、“カラーコーディネート”などというものをしてもらったのですが、私にとって「青」はバッドカラーなようです。私の肌色は俗に「七難を隠す」といわれているハズなのにサッパリで、青白いというより「黄白い」私は、ファンデーションで言えば「明るめのオークル・オババ」です。おデブの色白は、単なる白ブタでしかなく、黄白いオークル系ブタに青みは似合わないのです。まぁ、それ以前から「青」は避けていましたけど…。私が「青」を着ない理由は、「体型はどの角度から見ても、凸はあっても凹みは無く、首は生まれつき行方不明で、イタズラに短い腕の私が、両手で握りこぶしを作ると、ア~ラ不思議?! たちまち“ドラえもん”完成!」になってしまうからです。
    サスペンス・謎の赤いコートの犬 「めかぶ」の持ち物は「赤」がダントツに多く、毛色からしても「めかぶ」には、中間色は似合わないようです。それに、中年ジジババ以降の固定概念には「オンナの子には“赤”」が、根強く残っているせいだと思います。犬の服を買おうを思うと、いつも「めかぶ」のサイズが品薄になっています。メーカーやデザインによって多少違いますが、「3号」か「SD(Sサイズのダックス犬用)」がジャストサイズです。選ぶ時の基本はデザインが一番ですが、色は、黒・紺・赤・オレンジ・こげ茶を基本色にして選んでいます。しかし、お手頃価格の服は、変にチープなピンクや水色、ライトグレーが多いようで、デザインもデコレーション付け過ぎです。♂・♀用に青系と赤系の服は作っているようなので、「めかぶ」に合うサイズと気に入った物があれば買うのですが、そんなこんなを総合すると「赤」ばっかりになってしまいました。そうすると小物も「赤」か、赤に似合う「黒」「紺」「こげ茶」になってしまします。ただ、問題は必要な物を買うときにその基本色が無い時が多いのです。
    お出掛け用バッグ。お財布の中身も赤 一番苦労したのは、ヒート用のおパンツでした。家に居るときは、おパンツ一丁や紙オムツだけでも構わないのですが、外へ連れ出す時に、おパンツ一丁は少しオマヌケですし、紙オムツだけも可哀相です。売っているヒート用のおパンツは、値段ばかり高く、デザインは下品な派手さがあって、色も「ゲッ!」っと思ってしまう物がほとんどです。おまけに犬用の服は多色使いが多く、そこにそのヒートパンツが加わると、この世の物とも思えないほどのコーディネートが発生します。メーカーも、そこん所のポイントを押さえて作ると、売り上げが倍増すると思うのですが…。それで、アチコチ探してやっと、シンプルな紺のデニム地のおパンツを発見し、同じものをサイズ違いで1枚づつ購入しました。大きい方は、外出の時、紙オムツの上にも穿かせられるようにです。デニム地は、ジーンズと同じなので、どんな服にも違和感無く合うでとても助かりました。ヒートが終わっても、お店でおパンツを見つけた時は、とりあえずチェックをしているのですが、なかなか「シンプルデザインおぱんつ」には、お目にかかれません。
     そんなこんなで、迷ったときは「赤」を買うようになってしまいました。


    【2005/03/06 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    一歳!がっさい !!
     3月4日に、我が家のワガママお嬢「めかぶ」が1歳の誕生日を迎えました。生後2ヶ月足らずで親から離れ、流れ流れて東北一の大都会『仙台』が、運命の終着駅に選ばれたのです。そこから更に、天気予報がいつものようにハズレた為に、今とは180度違う、優雅な生活を送れる要素を持ったレッドのトイプーは、なんの因果か『ハズレくじ』を引いてしまったのです。「恨むなら“仙台管区気象台”に苦情をゆーんだがんね、めかぶスケ!」
    みんなのおうちは、おっきいのに… 春だというのに、仙台は朝から大雪で、「めかぶ」にとって、この日最大のプレゼントは『悪天候による散歩中止』だったと思います。午前中から、いつものお店でトリミングの予約を入れており、その間に、知り合いの生まれたばっかりの“パピー・トイプー”を見に行く予定でした。しかしそれが、朝からの雪で車も出せず、トリミングのお店に急遽「めかぶ」の送迎を頼みました。夫がお店の人に「めかぶ」の引渡しをしたのですが、インターホンが「ピンポーン」と鳴った途端、1階まで連れていかれた「めかぶ」は、あっという間に知らないお店の人に抱かれて車に乗せられ、何がなんだか?状態で連れて行かれました。「めかぶ」は、車の中から振り向き振り向き「たすけて~」と、言ってるかのような様子だったのが、夫には堪えてしまったらしく、しばらくはナーバス状態でした。たかだか、トリミングに出したくらいでこんな状態なので、「めかぶ」が病気で入院でもしたら…と、思うと私まで気が重くなってきます。でも、そんな様子を聞くと、内心(私が、引き渡ししなくて良かったぁ!)と思ってしまいました。結局、私達の予定は全て中止になってしまって、『ナーバス夫』は、お昼前から「メシ~、ハラ、減ったぁ~!」と騒ぎ、「早ぐ“紅虎”行って、ゴハン食うべぇ!」と催促します。つい1時間前の夫とは違い、ナーバスとは思えないほどの食欲で、私は呆れるばかりでした。
    たべてみたい、エビフライ 「めかぶ」は夕方4時頃戻る予定なので、それまでにささやかな『お祝い』の準備をしました。予定通りに帰って来た「めかぶ」は、いつもより激しい再会セレモニーで大変でした。フンガフンガ鼻を甘噛みするは、ベロベロ舐めるは、ガシガシ前足で顔を引っ掻くは…で、平常心に戻すためにケーキ用に焼いたホットケーキの余りを食べさるのですが、よほどお腹が空いていたのか、慌てて食べてはまたセレモニーのやり直しです。家の中に入ると、我慢していたオシッコを大量に放出すると、またセレモニーが始まり、また余りケーキを食べて、水をガブガブ飲んで、セレモニー…のエンドレスでした。15分程、延々と続きやっと私達は解放され、「めかぶ」自身も朝から「助けて~」の緊張状態だったのが解れたのか、落ち着くとすぐに寝てしまいました。いつもの時間よりも少し早めの「めかぶ」の食餌は、『本日スペシャル』ということで、主役の「めかぶ様」は私が台所へ行った途端「ヨロコビのピンポン・ダッシュ蹴り」を何度も私に浴びせます。一気に食べ終わると満足気に口の周りをペロペロしています。トドメは「手抜きなお手製・お粗末ケーキ」ですが、文句一つ言わないで、美味しそうに食べました。小さいケーキでも「めかぶ」には多いので、トッピングの果物と本体4分の1ほどを食べさせると、残りはナーバス夫が引き受けました。
    うーんと、さみしかったのねん! ペットショップでは、『お誕生日サービス』でトリートメントをしてもらい、何度もお店にカットの指示書を出した甲斐あって、今まで一番可愛くなって帰って来ました。おまけにオーデコロンを付けてもらったようで、とてもイイ香りがします。誕生日くらいは怒らずに、好き勝手にさせてあげたのですが、知らない人に突然預けられたのが堪えたようで、少し精神的成長したようです。
     「ナーバス夫」も、知らない女の人に突然預けて、成長して帰ってきて欲しいものです。そのまま、永住しても私は、構わないのですが…。


    【2005/03/05 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    はっぴ ばすでぇつぅ みぃ
     きょお、アタチは『1さい』になりました。“きのお”と“きょお”とでは、アタチはなにもかわっていないとおもうのに、すこしちがうんだって。まいにち、がるるるっして、よるでも“おひるね”をして、ごはんやオヤツをたべて、ウンチョして、おさんぽもがまんしてがんばっています。そして1じかんに1っかいは、「コラッ!めかぶ!!」としかられています。
     としさんも、よおこさんも、もうイイ『とし』なのにもかかわらず、おしごとがおわるとホンキであそんでくれるので、アタチはとてもオモシロイです。アタチは、よそのおうちをしらないので、いまのおうちがイチバン!だとおもいこんでいるのですが、あたってますか?ホントはどーなんですか?だれか、おしえてください。

     アタチは、ずいぶんニンゲンのことばがわかってきました。とくに、アタチにつごーのわるいことばは、ききのがしません。たええば「おさんぽ」「おるすばん」「バイバイ」は、がるるるっしておこります。それから、としさんやよおこさんが、およーふくをきがえると、とてもふあんになってしまいます。ふたりのうちひとりがいなくなるのもゆるせません。だからスーパーマーケットは、ダイッキライです。
     すきなことばは、「おやつ」「とくべつゴハン」「ネンネするよぉー」です。
     たべものもは、キライなものはあまり…ってゆーか、ほとんどないとおもいます。まだまだ、たべたこともないものがたくさんあるけど、それはアタチのからだにわるいから、たべさせてもらえないのです。ほんねをいえば、たしょーわるくなっても、たべてみたいです。「あした、しぬよ!」ってせんげんされたら、チョコとハンバーグとおすしを、ニンゲンとおなじよーに、たべてみたいです。
    雪に足跡 さいきんは、よおこさんのきぶんで、ドライフードいがいのゴハンを、たべさせてもらえます。いろんなものがはいっていて、アタチはスキです。つくっているときから、ウレシすぎてシンゾーがバクバクするほどです。よおこさんがゆーには、「あじつけしなくてイイから、イヌのゴハンはラクだっちゃ!」と、いつもゆっています。そして「ニンゲンもさぁ、こーゆーゴハンだと、まいにちがラクだっちゃねぇ…」と、ゆっています。アタチのグータラは、“せんてんせい”のものじゃなくて、ゼッタイによおこさんゆずりだとおもいます。アタチはもともとは、グータラじゃないと“だんげん!”できます。

     アタチには、4ぴきのきょーだいがいます。ニンゲンでゆーと『いつつご』で、マスコミがさわいだり、ドラマになったりしますが、イヌはふつーのことなので、わだいにもなりません。みんなはどこで、どーしてるのかはわかりません。みんな、アタチのようにゲンキにすごしているのかなぁ?アタチのことおぼえているのかなぁ?“おとーさん”と“おかーさん”はどーしてるのかなぁ?すこし、こいしくて、むかしみたいに、あまえたいです。アタチの『いつつご・きょーだい』たちは、それぞれのおうちで、やっぱり『1さい』のおいわいしてもらっているのかなぁ?
     アタチはおともだちがいないし、“いぬ”なのに“いぬ”がにがてなので、きょーだいたちとだったら、あそべそーなきがします。そして、アタチのなやみをきいてもらいたいし、みんなのまいにちも、きいてみたいです。

     きょおは「とくべつなひ」だから、いつもより、たいぐーがイイみたいで、すこしブキミです。でも、あしたになったら、「コラッ!めかぶ!! イケナイ!!」とおこられるんだろーなぁ…。それでもアタチは、このいえで、けっこーたのしくくらしていると、しんじることにしています。
     これからも『ほーむぺーじ』で、アタチのできごとを『ほーこく』しますので、これからもおーえんしてくださいね。そして、アタチへのハゲマシのおたよりなんかを、もらえたらとてもウレチイです。

    おめでとう、アタチ!
    義理で作ったポストカードの写真



    【2005/03/04 08:00】 「めかぶ」のお便り | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。