がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    09 | 2005/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    “真偽”はどっち?
    オヤツはいくら食べても満タンにはならない“ヤクザ” 「めかぶ」の躾教室も4回目を終え、効果はまずまずって所です。言われた事は家での練習の成果もあって、「伏せ」や「待て」はナントカ出来るようになりました。昨日は新しく「立って」の練習をしたのですが、オヤツをもらう時は「お座り」か「伏せ」をしてから貰えるものと、身体が覚えてしまっているので、その逆の「立って」は、どうもアタマが混乱しているのか苦手なようです。家で「立って!」と言うと、だんだん寝そべってしまい、無理に立たせようとすると、ガァルゥゥゥ~~と小声で唸ってしまいます。まだ、練習を始めたばかりなので、今週の宿題と復習は「立って」です。ただ一番の問題の「吠えるのを我慢する」は、未だに効果はありません。特に教室に入る前に、車から降りた時から吠え始まって、先生の愛犬のジュン吉くん、コロンちゃんと会った途端、激しく吠えまくってしまいます。
     昨日は少し早く家を出て、いつもの河川公園で走りをプラスした散歩をしました。単純に「疲れたら吠える回数が多少減るだろう」という安直なド素人考えです。教室も、いつも時間ギリギリに着いて、「めかぶ」がコーフン状態のままで受講が始まるので、今回は少し早めに着いて落ち着かせる作戦を取りました。教室に着くと案の定ジュン吉くんに吠える「めかぶ」です。優しいジュン吉くんは、「ヤクザなめかぶ」にすっかり怯えてしまいました。時間差で来たコロンちゃんにも挨拶代わりに吠えて、教室は「めかぶ」の雌(雄)たけびで、ウルサイったらありゃしない。そこはさすが先生、ちゃんと治めてくれました。それでも、初回からすれば、だいぶ慣れてきたのか吠える時間が少なくなったように思います。でも、もしかしたら疲れているからなのかも知れません。ジュン吉くんもコロンちゃんも、「めかぶ」にビビっているようで、意図的に「めかぶ」の近くに来させると、一般市民が思わぬ所で、ヤクザと同席を強いられたように、目を合わせず、移動も微妙に迂回します。すっかり「ヤクザなめかぶ」は、嫌われてしまいました。
    お手軽な服を見つけたので試着しためかぶ 現在の三犬の相関図は、『コロンちゃん⇔ジュン吉くん』は好感触で、かなり接近しても全く問題が無くなりました。まだコロンちゃんは、オシリクンクンは嫌がって出来ませんが、ジュン吉くんには吠えません。それどころか少し興味を持ってきたようです。『ジュン吉くん⇔めかぶ』は微妙で、「めかぶ」が吠えたり吠えなかったりで、ヤクザの気分次第でその場は円滑だったり混乱したりします。後半になると疲れたのか、余り吠えなくなる「めかぶ」ですが、人懐っこいジュン吉くんを私が撫でてたりすると、ヤキモチからか吠えてしまい、ホントは気持ちの小さいヤクザが、弱みを見せたくないばっかりに威嚇するのに似ています。問題は『コロンちゃん⇔めかぶ』で、お互いジュン吉くんと接するような感じではなく、この2匹を近づけると教室には、異常な緊迫感が走り、一堂、固唾を飲んで見守っている間は呼吸は止まり、無事、離れると大きなため息や深呼吸をするのです。以前ほどは、吠える回数は減りましたが、やっぱりまだまだ時間が掛かりそうです。ネックはやっぱり「ヤクザなめかぶ」なので、吠えたら「待て!」で、止めさせるような練習をするように先生から言われました。
    はなちゃんと。み~んな、お疲れモードのようで… ちょうど、「めかぶ」のお気に入りのオヤツが無くなりそうなので、午後に『POOD★LAND』へ行きました。「めかぶ」の気配を感じた、ももちゃんとはなちゃん母娘が、「また、あのウルサイのが来たわよ~!みんな要注意よ~!」と吠えているのが聞こえてきます。オマケに、ももちゃんの姉妹のクーちゃんも加勢して吠えるので、とうとう「ヤクザなめかぶ」は黒プー一族にまで嫌われてしまいました。4匹の怒涛の吠えが飛び交う店内は、黒VS赤の抗争の場と化してしまいました。ヤクザな赤は、気合を入れるためにもトイレシーツに一目散にオシッコをしています。ヤクザが吠える度に親分(私と夫)は「待て!」の合図を出すのですが、血の気が多い若造(めかぶ)は、一瞬だけおとなしくなります。そこで、親分は褒め称えの若造の気分を良くしてあげるのです。それを何度も繰り返し、お店を出る頃は、少し仲良くなった黒と赤プーなのですが、果たしてそれは、ホントに仲良くなったのか、お互い疲れてしまっただけなのか、真偽の程は判りません。


    スポンサーサイト

    中休み
    アタチにも、“にちよーび”ちょーだぁ~い! 突然のアクシデントで、すっかり更新の予定が狂ってしまったワケですが、ナントカ気を取り直して再開しないとね。

     木曜日に貸切になった公園に行って、犬に生まれて1年と7ヶ月経って、今までで一番犬らしく走った「めかぶ」でした。さすがに、帰りの車の中では、うつらうつらと睡魔と闘っていましたが、「自分が寝ている時に何か食べてるんじゃなかろーか?」と疑っているので、オチオチ寝ていられないようです。家に着いて、そのままお風呂場直行シャンプータイムとなり、「めかぶ」はかなりお疲れのようでした。歳で疲れた私も、シャンプーをして乾かして、そのまま私もシャワーを浴びるとさすがにクタクタになっていました。グッタリしてテレビを見ながら、おやつと共にコーヒーを飲んでいると、眠いくせにがんばっている「めかぶ」は、オコボレを期待しています。
    連写で撮っためかぶ 私と夫も真夜中に意味も無く「めかぶ」に起こされては、迷惑しているので「めかぶ、今、寝るなぁ~!」と、そのささやかなオコボレを分けて、「めかぶ」の気を引いて寝かせないようにしていました。さすがに、夜の食餌を済ませると、我慢の限界なのか、眠くて眠くて仕方ないようでした。私もゴハンを済ませて、早々と「めかぶ」と寝ましたが、この日は一度トイレに起きただけで、あとはもう朝まで起きない「めかぶ」でした。朝になっても、いつものようなキレも無く、まだ寝足りないみたいです。
     金曜は実家の母と、父の一周忌の準備で出かけたのですが、いつもは私が出かけるのが判ると飛び跳ねて阻止するのに、さすがにこの日は、つい今しがたPCが逝ってしまって放心状態の夫の隣で、ジッと私を見ています。かなり、昨日の疲れがまだ残っているのか、それとも身体が痛いのか、とにかくオトナシイ不気味な「めかぶ」です。午前中に母を迎えに行き、用事を済ませ、家に戻ると嬉ション付きの歓迎をされ、だいぶ「めかぶ」も復活してきました。本当ならここで、本日の散歩をするのですが、今度は夫のPCを会社のすぐ近くの電器屋へ修理に出すのにまた出掛け、夫はそのまま会社で作業の打ち合わせをするというので、私は「めかぶ」と今年最後のフィラリアの薬と耳の手入れのために病院へ向かいました。会計が終わる頃には、すっかり暗くなってしまい、ちょうど夫も打ち合わせも消えてしまったデータの収集も終わって、会社に置いてあるPCを持って帰ると言うので、またもや会社へ向いました。結局、この日の散歩は中止となり、「めかぶ」は一日、中休みとなりました。
    オババは、運動神経が鈍くて人並みに道路を渡れず、分離帯で固まっていました 「めかぶ」と共に、仕事の中休みをした夫は、さすがに作業が止まってしまった分や再度作り直しに取り掛かるので、土曜は早朝散歩です。どうも最近の「めかぶ」は、散歩が嫌いなのではなく、散歩に出掛けるまでのプロセスが嫌いなようなのです。行けばドンドン歩くし、走りたがるし、それでも家に戻る時はもっと元気に歩き走ります。あとは「きょうのノルマ、たっせーしたのね~ん!」とばかりに、お昼寝をするのが、一番の楽しみなようです。


    【2005/10/30 08:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    悪夢がやってきたっ!
    もう、こーなたら「やぶればぶれ!」と、一番派手なエルメスのスカーフを巻いてみました。変装・題して『アラブのご夫人』 ショックです…。言葉すらありません…。たぶん、青天の霹靂とはこの事で、思うに、仏教徒の我が家に一足早くハロウィンが来てしまったようなのです。
     仮装した子供の「Trick or Treat!」と言われても、「んがぁ?ナニや?」と、んな、英語は愚か、日本人なのに、日本の行事でさえ満足に判らない我が家が、ましてや外国の風習なんて判るはずもなく、無視していたら、その言葉通りにやられてしまったのです。そんな行事を知らない弱いニンゲンを、それも本来の日時ではなく、時間差でターゲットにするのは、いくらなんでも卑怯です。何も知らない老人を狙った悪質なリホーム詐欺とか、振り込み詐欺に遭ったみたいです。昨日、たまたま実家の母と街に出かけた時に、街中はオレンジのカボチャで溢れていました。それを見て母は「なぁんだが、最近、どごさ行っても、このオレンジのカボチャの人形だの置物だの、流行ってんだが、あんだぉんねぇ~(訳:最近、このオレンジのカボチャの人形と置物、流行ってるらしくて、どこに行っても置いてあるのよねぇ)」と不思議そうに言っていました。母は私よりも知らない世代なので、簡単に教えてあげたのですが、「ふ~ん…」と不思議そうに理解したようでした。私もちゃんと知っていれば、「Happy Halloween!」といって、うまか棒・メンタイコ味でもあげれば良かったのです。
     本当なら今日は、昨日の続きで「めかぶ」が思いっきり走っている姿の映像や写真を載せるつもりでいました。話も「めかぶ、筋肉痛になる!」っていう話の予定でした。自分で言うのもなんなのですが、すんごくオモシロイんです。あまりのオモシロさなので、出し惜しみして、昨日はその前ぶりの話だったんです。でも、でも。。。。
     私のPCは、DVDに書き込み出来ない安物なので、その都度、撮った写真メモリーの管理は、夫がしてます。そしてある程度の容量が溜まったら、バックアップして保管していたんですけど、その夫のPCが、仕事の作業中突然、逝ってしまいました。聞けば、ハードディスクがダメになってしまったようで、せっかくの写真や動画が一瞬にして天国へ逝ってしまいました。事故で言ったら「即死」です。一応、病院(電気店)へ運んで、何とか助けて貰おうとしたのですが、先生(PC専門の人)にせめて臓器移植(残っているデータの吸い取り)でもいいからお願いしたのですが、すべて手遅れだったそうです。
     ですから、だだっ広い貸切の公園で撮った「めかぶ」の取って置きの写真も動画も、水の泡となって消えてしまいました。どうも、バックアップを取る間際の出来事だったそうで、夫は苦労して作った仕事の画像もデータも吹っ飛んでしまったので、朝から凹んで放心状態になってしまいました。
     数日前までの写真は無事ですが、ここ一週間の写真は、もう私の記憶にしかありません。私のアタマの中のデータを吸い出して、お見せできれば解決するのですが、まだそこまでは科学も技術も追いついていないので、無理な話です。そんなわけで、今日は何もありません。



    ほぼ貸切
    この人口滝の後がキレイな花壇の公園 昨日は、春に行った公園へ、またもや行ってきました。春の時とはだいぶ様子が変わってしまって、季節で色とりどりに咲いていた草花も寂しい秋の色になって、どこかウスラ寂しい感じがする公園はそろそろ冬の準備です。ホントは一日中、遊んでいたかったのですが、夫の仕事もあるし、午後の再放送ドラマも見なきゃならないので、長時間遊ぶのは出来ませんでした。まだ肌寒い午前中、早々に家を出て、10:30頃公園に着いて駐車場に入ると、ヨソの車はほんの少しで数えられる程でした。第1駐車場から数えても結構な数の駐車場があるのですが、ほとんどの車は入場口に程近い所に止めています。それを数えられるくらいなのですから、たぶん職員の方が多く働いているハズです。
     入場券を買って、入場口では「犬連れの注意事項」を書いた紙を貰って、公園に入ってみると人影が全くありません。さっきの駐車場で、一緒になった数人のオバチャン軍団がいたのですが、その軍団の姿も見えません。たぶん、どこかにはいるのでしょうが、だだっ広い公園には「アホ一家」がポッツーンと、たたずんでいます。土日祝日ともなれば、人出はそこそこすごい公園なのですが、ヒンヤリした平日のそれも午前中に来るのは、突発的に思い立って活動する「アホ一家」か、前々から約束をしていたグループとか、何かちゃんとした行事への参加者くらいなのでしょう。でも、こんなせっかくのチャ~ンスを逃す手はなく、アホ一家は気を直して写真を撮ったり、歩ったりと、ウスラ寂しい色した公園を堪能していました。
    ここはボール広場。バランスボールのデッカイのがたくさんある広場で、回りはネットで囲まれています。 公園の奥は、芝生のグラウンドになっていて、チョットしたサッカーも出来るようで、何組かのゴールも隅っこに置いてありました。小さい子供連れの家族は、キッズコーナーがあって、そこで遊んでいました。なにせ、私達がいた時間帯に公園にいた人達は、みんなそれぞれに、ほぼ貸切状態に満足して遊んでいるようにみえました。もう少し暖かければ、どこかの介護ケアで過ごしている人達も、車椅子に乗って日向ぼっこを兼ねて、散歩散策をするのでしょうが、身体を冷やしてしまいそうなので、今日は来ていませんでした。
     本当はダメなのですが、奥の芝生の広場には人っ子一人もいないので、リードを手放して「めかぶ」を思いっきり走らせました。誰か一人でも居たらしなかったのですが、ほ~んとだ~れもいないのです。常識のある人は、例え誰も居なくても見てなくても、ちゃんと規則を守るのが当たり前なのですが、アホ一家はこんなチャンスは滅多にない事に感謝して、規則を破り「めかぶ」のリードを手放しました。
     それにしてもこの広場はいったい何坪あるのでしょうか?春に来た時も空いてはいましたが、それでも遠足の児童や家族連れ、デート中…と様々でしたが、今日はだ~れもいないのです。ある意味、感動しました。GWには駐車することさえ出来ない公園です。それが混雑の時と、同じ駐車料、同じ入場料で、ほんのわずかな入場者しかいない公園で遊べるのですから、一人当たり何平方メートルあてがわれた事になるのか、考えただけで舞い上がってしまいます。
     まだ、芝生には朝露が残っていて、あっという間に「めかぶ」の足先と口の回りは、濡れてしまいました。まぁ汚れたら、帰ってシャンプーをすれば済むことですから、せっかくのチャ~ンスを思う存分堪能してきました。

    「シックな秋色」という表現が相応しいのでしょうが、いんちき管理人が言うと「ウスラ寂しい秋色」です。人影はどこにも…


    おバカの象徴
    もう、戻れない過去のヤンチャな日々 昨日はホントにいい天気だったので、そろそろ冬の布団が恋しくなることもあり、朝から羽毛の掛け布団を干していました。ついでに「めかぶ」の冬用クッションハウスも干してやりました。まだ使うには少し早いのですが、気温も段々下がってきているので、洗濯物は後回しにして布団干し優先です(我が家のベランダには、物干し竿が2本しかないので、洗濯物と布団の併用干しが出来ません。ベランダの手すりに干すのは、一応禁止になってるし)
     最近は「遂に私も更年期突入か?」と思う位、外の気温にもかかわらず半袖Tシャツでも平気だったのですが、さすがに足やオシリのホッペが冷たくなってきました。どうも私は寒さをオシリのホッペの表面温度で、季節を感じる特異体質なのです。夜も爪先が冷たくて寝付けないし、「めかぶ」も寒いのか毛布にに潜り込んで、私のオシリに鼻をくっ付けるのですが、またそれがツピタイ(つめたい)の、なんのって。まぁ、いつ布団を使ってもいいように干したのですが「めかぶ」は自分の物を何かされるのを、「ナニ、してんのっ?」とばかりに異常に警戒します。チョットでも手をかけると、すかさずクンクンして異常がないか、変わった事はないかと、警察が犯行現場を検証するみたいにチェックするのです。買い物から帰っても、いつもそうです。何か試食はしてこなかったか?他の犬と接触してこなかったか?誰と会ってきたのか?と、まるで帰宅が遅いとあらぬ疑いをかけられて、クンクンと浮気証拠調査をされている気分です。
    ズボッ、バフッ、ドボッ!あ~もっとオボレたいのね~ん しかしこのヤキモチ犬は、飼い主認定のおバカなので、高い所が大好きです。私は、「バカは早い物と高い所が大好きなのだ!」と教わりました。ですから、私は高所恐怖症でもなく、絶叫マシーンは死ぬほど好きです。「めかぶ」は椅子の上とか、小さい頃は私の座椅子の背もたれの上とか、当り前ですが自分で上がれる所は、全く怖がりません。ベッドの上に、たたんだ毛布や枕、布団なんかを隅っこに積み上げてると、お山の大将のように勝ち誇って上がっています。特に布団は嵩があるのにもかかわらず、一気にジャンプして飛び乗っては、バフッっと羽毛に埋もれるのが大好きな「めかぶ」なのです。「んっもう!(←偶然のシャレです)せっかく、ふんわりしたのにぃ~!」と叱っても、このバフッの気持ち良さには敵わないみたいで、何度も何度もバフッを繰り返しています。夜も、バフッを楽しみながらフンワカに移動して、潰れた所が回復するとまたバフッとしています。どうしても端っこのフンワリ度が高いので、端っこに行こうとするのですが、下手すると下に落っこちてしまうので、ハラハラします。まるで、『いなかっぺ大将』の風大左エ門が音楽が聞こえると、どこでもフンドシ姿で踊り始めては、塀の上とか崖っぷちとか、落ちるギリギリの所で上手くかわしている、お決まりのシーンを思い出します。
     飼い主同様、おバカ道を歩む「めかぶ」は、来年まで風大左エ門のように、見てる方にハラハラさせながら、『フンワリ⇔バフッ』を延々と繰り返すのです。


    【2005/10/27 08:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    夜行犬
    私の出っ腹はめかぶ専用ゼーニクソファになっているんだよ~ん いやぁ~今日の仙台は、朝からイイ天気です。これぞ、まさしく由緒正しい小春日和と言うんでしょうねぇ。
     最近、夜中になると何度も「めかぶ」に起こされて、少々疲れ気味です。「何?トイレ?」と聞いても、ただベッドの上でトポ~ンとしているので、何のために起こされたのかサッパリ判りません。かと思えば、冬用のトイレにと思って買った別荘の中のトイレの上に、やっぱりトポ~ンと座っています。遊んで欲しいのか、ただ起きて欲しいのか、全く「めかぶ」の意図が理解出来ないので、最近は変に寝不足になってしまいました。「コレではいかん!」と、午前中や午後に散歩したり、家の中を走らせて疲れさせようとしても、夜になると元気になるので困っている毎日です。思えば、去年の今頃も、入院中の父が昼間に寝てしまって、夜になると寝付けなくなって、看護婦さんにだいぶ迷惑をかけました。
    ワンコ必須の大事な運動その1:1ポ・2ホ・3歩 泊まり込みの時も付き添いが大変なので、昼間担当の身内にも、ナントカ寝かせないようにしていたのですが、昼間担当は夜の大変さが判らないので、自分が面倒で厄介なのか日中に父を寝かせてしまうのです。今の「めかぶ」は、そんな父の看病の悪夢を思い出させるのですから、夫と毎朝疲れてしまってウンザリしています。
     そんなこともあって今日は、朝の散歩ラッシュが終わった頃に、河川公園で散歩をしてきました。走ったり、歩ったり、待て練習をしたりして小1時間程遊ばせました。家に帰って来て私達が朝ご飯を食べようとすると、自分はすでに食べ終えているのに、またもや食べようとしている「めかぶ」です。ご飯も済むと、一気に睡眠体勢に入っては、さっき消耗した体力を蓄えるので、やっぱり夜になると回復しては元気になってしまう典型的な夜行犬なのです。アニメ「犬夜叉」は面白いですけど、おバカ「夜行犬」は迷惑なだけです。無理矢理起こしても、すぐコテンと寝っ転がっては、コチラの遊びの誘いには見向きもしません。だからって、一方的に夜中に起こされるのは勘弁して欲しい。
    寝かせない為の無意味な運動その1:少犬ジャンプ 窓を閉めた所の陽だまり専門に、お昼寝を繰り返しています。陽だまりがなくなると、私や夫の隣でベッタリ寝そべっては体温調達して、気持ち良くまた寝ています。そして定時の晩ゴハンを終えると、「あ~ぁ、まんぷく~!」とばかりに、またまた寝てしまって、飼い主には迷惑困惑の夜になるのですから、まんずまんず夜行犬「めかぶ」はいいご身分です。今度の年末ジャンボで高額賞金を当てて、広い家に引っ越さないと中年夫婦の体力気力は、はるか彼方へ飛んで行ってしまいそうです。



    夢で、いがったぁ~!
    『ザ・演歌』風 今、お隣の韓国では、複数の会社が作っている中国産のキムチに寄生虫が発見されて、大騒ぎなのだそうです。中国は、安さが売りなので、化学肥料は高価なために買う事が出来ず、未だに人糞を肥料にしている所が多いみたいです。その原始的な肥料で白菜を作り、収穫してもきれいな水で洗うどころか、洗う工程も省略してそのまま不衛生な作業場で作っているのをニュースで見ました。全ての中国のメーカーがそうではないのですが、かなりの割合で寄生虫が発見されたのだそうです。韓国では、自分の家でキムチを作っているのだとは思うのですが、隣の中国産が安いために本場の韓国も輸入しているらしく、そんな怖いニュースが流れたために韓国は大騒ぎになっているのだと言っていました。そんな理由から韓国の薬局は、虫下しの薬がバカ売れなのだと放送していました。そんなニュースを見ながら、我が家はタイムリーにも日が落ちると、だいぶヒンヤリしてきたので、冷蔵庫の野菜を一掃するために、キムチも入れた「大量野菜投入煮込み味噌うどん」を食べていました。キムチは、普通にスーパーで売っている韓国産キムチなのですが、思わずチェックしてしまいました。確かに、スーパーでも中国産キムチとして売っているものもありますが、我が家はいつも同じ物を買っています。でも、韓国産でも白菜は中国からの輸入品で作っているかもしれないし…と、ビビリながらも食欲に負けて、フーフー言いながら食べていました。
    ねるのはキモチいいのね~ん!キムチのゆめ? 私の見る夢は、ヘンチクリンで難解なうえ意味不明がほとんどなので、目が覚めると私は疲れきっています。夕べはそんな夢のオンパレードで、「めかぶ」がトイレをするのに、何度か夜中にペロペロされて起こされては、その度に意味不明な夢から覚ましてくれました。でも、頭のどこかに昨日のキムチ事件が残っていたのか、今朝見た夢は白菜の夢でした。どこか田舎の家の縁側に半分に切った白菜が干されていて、私は「めかぶ」と、その干している白菜と日向ぼっこをしています。でも、干している白菜のどこかから「めかぶ」のウンチョのニオイがするので、1個1個白菜を確認しているのです。そうすると、1個の白菜の1枚目と2枚目の葉っぱの間に、べっとりウンチョを見つけて、私は慌ててその葉っぱを取って、トイレに捨てようとするのです。私はそれをイタズラしたら大変!と思って「めかぶ」を脇に抱きかかえ、もう一方の手でその白菜の葉っぱを千切ってトイレにいくのですが、夢のシチュエーションは田舎なので、トイレは母屋の外、しかもかなり浅めで、オマケにタプタプに溜まった「ぽっとんトイレ」なのです。夢の中の私は、脇に抱えた「めかぶ」と、片手に持った葉っぱとを間違えてそんなトイレに捨てないように注意しているのですが、やっぱり夢でした。私は、間違ってその悪夢のトイレに「めかぶ」を放ってしまいました。「ウワァ~~」と悲鳴を上げながら、もがいているウンチョまみれの「めかぶ」を救い出して、ホースで水をかけて洗うところで、「めかぶ」のペロペロで私は目を覚ましました。
    今日のノルマだ、歩け!歩け! あまりにリアルな夢で目覚めが悪かったのですが、夢から覚ましてくれた「めかぶ」ペロペロは、朝イチのウンチョのお知らせでした。トイレの世話でそのまま夫も早起きをして、今日は夫が出掛ける日なので、久しぶりに早朝散歩を済ませてきました。そんな驚愕の夢を、爽やかな朝の散歩が多少緩和してくれましたが、まだ私は引きずっています。



    米米と込め込め
    公式ベスト盤とMy Best 久しぶりにCDを買いました。数年前の最後に買ったCDは『ラジオ体操』でして、オマケには“幻の第3体操”まで収録されているのですが、聞き慣れないために体操の解説書を見てもちっとも判りません。それはそうと、今回買ったとはいっても、ヨドバシの溜まったポイントで買ったので、ケチンボの私は一銭も使ってはいないのですが…。買ったのは、米米クラブのベスト盤(限定版・オマケ付)です。
     米米の主要メンバーと私は年齢からすれば同級生なのですが、デビューは私が結婚した年ですから、遅いと言ったら遅いデビューです。デビュー当時の米米は、聞くに耐えないくらいヒドイものでしたが、やはり「このままではマズイ!」と思ったのか、ボイストレーニングなどをしてヒット曲が出る頃はマトモになっていました。ひょんな事から晩年の米米にハマってしまい、必然的に夫もハマり、よく地元や東京でのおバカなライブを見にい行ったものでした。解散後は、コレといって夢中になるようなものも無くなってしまい「あ~ぁ~これからは、懐メロとか、杉サマに走るのかなぁ?」と思いつつ、夢中になるものもなくなってしまいました。最近は、解散したグループが突発的に再結成したり、ベスト盤や新しいアルバムを出しているのに、米米はいろんな問題があるのか、全くそんな動きはなく、ただ石井竜也だけが一人歩きしていました。ファン投票で選曲されたベスト盤は「うん、そーだろ~な~」と思うような曲ばかりで、以前、私が勝手に作った『MY BEST』と似たり寄ったりですが、私も全てのアルバムを持っているワケでもないので、所詮、タダのポイント買いなので、特典に負けて予約をして買ってしまいました。
    ぜ~んぶアタチがワルモノになればいいのね~ん 「あ~、やっぱり米米はオモシロイなぁ」と、懐かしく特典のDVDをみていたのですが、なぜか一緒になって真剣にテレビに見入る「めかぶ」です。それも、マニアックにジェームス小野田がお気に入りのようで、あの派手な独特の登場シーンになると、振り返ったり画面の前に座ったりして見ています。夜は、枕元のCDラジカセ(でも実際にはカセットは無いので、ホントは何て言うんでしょうか?)で、寝入りばなにCDを聞いていたら、ジェームス好きの「めかぶ」は、カールスモーキー石井(当時の名前)はどうも嫌いらしく、いつもは一緒になって寝ているのに、音楽が鳴っている間は、茶の間で仕事をしている夫の所へ行ってしまいました。
     バカ夫婦の、愛情も込め、真心も込めて一生懸命に育てた、消費税込みGW期間中特別20%OFFでもン十万の「めかぶ」は、そんな気持ちを知ってか知らずか、憎たらしい反面を見せつつカワイイ顔も見せるので、ついつい甘くなってしまいます。それが失敗のモトになっていて、気に入らないとワンワンキャンキャン吠えてしまい、貴重な1時間の躾教室の、ほぼ半分の時間は「めかぶ」のご機嫌待ちになってしまいます。オヤツをもらっても、食べてしまうと何の効果もなくなってしまいます。やっと、一緒に通っているコロンちゃんと先生の愛犬のジュン吉くんに迷惑をかけ、やっと落ち着いた頃には「今日はここまで」となってしまいます。さすがに1時間も吠えたりしていると、疲れてくるのか吠えなくなりますが、もっと早くそうなって欲しいものです。到着がいつも時間ギリギリなので、私達も少し反省をして「めかぶ」が教室に着いて、ある程度クールダウンできるように少し早めに着くように、まずは飼い主自身の躾のし直しをしないと示しがつかないようです。
     今回の教室での内容は、終始こんな状態だったので新しい事は出来ませんでした。
    コロンちゃん、きょうもつかれたねぇ。もぉ吠えるゲンキも、なくなったよねぇ

    【2005/10/24 16:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    地震・雷・火事・オヤツ
    おバカなのに、高い所もキライってゆーか、コワイみたい 最近、少し大きな地震が続いています。今年8月の宮城県沖地震の日を境に「めかぶ」は地震という言葉を一日で覚えてしまいました。あれから、小さい揺れでも私や夫が「あっ、地震だぁ!」と言うと、スグサマ起きてきて、私か夫のどちらか近くにいる方に抱っこをせがみます。元々私は地震が大ッ嫌いなので、地震だけには敏感敏速に反応して行動します。それが、8月の地震で大騒ぎした為に「めかぶ」もすっかり感化されて、怖がってしまうのです。夕べも、夫が茶の間で「踊る大走査線」を見ていて、私は私で寝室で「めかぶ」と一緒に「フーテンの寅さん」を見ていました。この夏から、フーテンの寅さんを一挙放送とBSが頑張っているので、「私も全制覇するぞっ!」と頑張って、毎週土曜日は寅さんデーになっていました。「めかぶ」は、私の足元で寝ていたのですが、少し揺れを感じたので、また「めかぶ」が耳を掻いていると思っていたら、一挙に揺れました。慌てて「めかぶ」を抱っこして、ズボンを穿いて茶の間に行くと、夫は玄関の鍵を開けたり吐き出し窓を開けたりと、私と夫は毎度の事ですがアタフタとしてしまいます。抱っこしている「めかぶ」が、怖くてソワソワドキドキしてるのが判ります。中々、下に下ろそうとしても下りず、私はしばらく抱っこしたままでした。私も映画の続きを見て平静を戻し「めか、もう大丈夫だよ~」と何度もなだめながら撫でてやると、やっといつもの「めかぶ」に戻りました。
    アタチにも、チーズトーストォ~!オヤツもいいけどゴハンもスキだぁ! オマケに夕べは、大気の状態が不安定で、未明から明け方にかけて雷が鳴っています。同じ天災でも「めかぶ」は、雷には無反応です。時々病院で順番待ちをしていると、他の飼い主さんと犬談義になり、その中で「うちのコは、バイクや雷が聞こえると吠えるんだよぉ」とか、「打ち上げ花火が上がると怖がるんだよ」とか、苦手な物の話になります。幸いな事に「めかぶ」は、雷もバイクも花火も平気なので、「ウチのは、散歩が嫌いなんですよぉ」と言うと、「あいやぁ~、散歩嫌いな犬っているんだっちゃねぇ」と、笑われてしまいます。
     去年、家のスグ目の前のマンションの一室が全焼して、家の中からその様子の一部始終を見ていました。救急車や消防車が何台もサイレンを鳴らしてやって来ましたが、その時も無反応でしたが、放送局や新聞社、消防のヘリコプターが何機か旋回したりホバーリングしたりして、かなりうるさかったので、その音に対して吠えていました。
     今の「めかぶ」は、地震と散歩とお出掛けが大の苦手で、雷や火事は平気だし、オヤジ(おやんつぁん)に至ってはついて行くくらいですし、似たような字面のオヤツは、死ぬほど大スキな「めかぶ」です。



    渡る世間は犬ばかり
    今は亡き由利徹の芸をするめかぶ 真夜中に目を覚まして、時間を見ようとテレビをつけたら、松田聖子コンサートをやっていました。真夜中に、40過ぎの元アイドル(本人は現役のつもりらしいが…)の、ヒラヒラフリフリのフワフワミニスカートで、ヒットナンバーを歌う姿が、どこか悲しいものを感じます。背中に羽を付けたり、何だかスゴイヘアピースやウイッグを使い、イマドキのアイドルでさえ着ないような時代を感じる衣装…。いくらお金を使って、昔のアイドル時代のままを維持してるとはいえ、もしかしたら、もうスグ孫も生まれるかも知れないという、40過ぎの中年にはやっぱり無理が感じられました。そんなライブは、やはりゴールデンタイムには流せないのでしょう。怖い真夜中でした。私が見たのは、もうコンサートの最後の最後のほうだったので、二度寝をするのにはウナサれる程ではありませんでした。
    荒れたクレートの中 今、仙台では「渡る世間は鬼ばかり」の再放送を午後にやっています。リアルタイムで見ていなかったし、暇な午後を再放送三昧で過ごしていると、明日の続きが気になってしまって、ついつい見てしまっている始末です。「渡る世間…」の幸楽で働く従業員に、役名が松田聖子(中島唱子)がいて、五月(泉ピン子)の姑ミキ(赤木春恵)に取り入っては、従業員の分際でいろいろ口を出して、揉め事の発端を作ったり加勢したりと、見てる側からするとかなり悪役なのです。橋田壽賀子は、かなり個人的に松田聖子を嫌っているとみました。そしたら、五月の長女にお金持ちの礼儀正しい彼氏が出来て、その彼氏の父親役が神田正輝なのには、笑ってしまいました。壽賀子、やるなぁ!って。
     「めかぶ」から見た世間は、どうも鬼ばかりのようです。散歩中に声をかけてくる見ず知らずの人、すれ違うよそのワンコ、家以外の入室等々。遊んで欲しいのに、遊んでもらえないときは、モノに当って荒れまくってしまう、まるでガラスのような思春期の子供と同じです。天気が良くて、夫の仕事も少し落ち着けば芝生の公園とかで走ると、家に帰ってもゆっくり休んでいるのですが、最近の中途半端な運動量が不満なようで、夜になると決まって荒れるプーになってしまいます。
    コノ視線の先には… そのくせ、午前中はまったりモードになっているし、「めかぶ」のアタマの中が、私には理解できません。「かわいい子には旅をさせろ」とは言っても、ひとりでお金を持って切符を買って乗り物に乗ったり、困った時には、ちゃんと自分でナントカする知恵はないし、せいぜい保健所に捕獲されるのが関の山でしょう。山下清のように、おにぎりをくれて良くしてくれた人には、貼り絵を作って置いてくるような技術も才能もないし、寅さんのように叩き売りも出来ないし。松田聖子のようなアイドル性も欠けてるし、せいぜいテレビ東京の『TVチャンピオン』のフードファイトとか大盛り選手権小型犬の部で、イイ線まで行くくらいでしょうか?せめてモデル犬になって、小銭でも稼いで欲しいんでけど無理そうだし、この際、五月やミキの下で、幸楽で働いてもらいましょうかねぇ。あ、飲食店だからダメか…



    天の声
    アナタはアタチにカキをたべさせたくなるぅ~ 手帳とかスケジュール表なんかとは、全く無縁な生活をしている私は、いったい今日は何日で何曜日なのか判りません。だいたい我が家にはカレンダーがありません。小さなカレンダーはありますが、見づらい所にあるので毎日確認なんかしません。かろうじて、夜のテレビ番組を見てからやっと「あっそーか、今日は木曜日…か」と判るのですから…。時々、信じられないほど早く寝てしまった時に、6時くらいに目が覚めるとそれが、朝なのか夕方なのかの区別もつかず、やっぱり曜日の感覚は皆無になっています。それでも、週単位の時間の経つ速さはマッハ級で、「この間土曜日だったのに、ナニや!またもう土曜日なのわぁ?」と思うのは日常茶飯事なのです。今は、「めかぶ」の躾教室の日が、どうにかその曜日の判断基準になっているのですから、近い将来の自分に起こる病名の予測がつきそうです。
    『GOD DOG』とはアタチのことよ~ん! その点、犬は一日をどんな時間配分をしているのでしょうか?モチロン、何月何日何曜日なんて知るはずもないのでしょうが、朝昼晩の区別くらいはついているとは思うのですが、どうも「めかぶ」を見ていると、ゴハンの腹時計と夜の睡眠タイムだけが正確に動いているみたいです。でも、犬も高島易断の暦とかを毎日チェックして「今日はこの方角は悪いから、散歩はこっちのコースにするのね~ん!」なんてなったらオモシロそうです。「仏滅の日は散歩中止にしてね」とか、「先勝だからサッサと午前中に散歩は終わらせてよね!」な~んて、毎日朝一番に言われたらどーしよぉ~…。
     最近は、夫が忙しくて家に居る時間がないので、私が「めかぶ」の散歩をすることが増えました。散歩の支度をしてると、急に家の中をダッシュしまくっている「めかぶ」を捕まえて、首輪をしたり服を着せたりと、とにかく抵抗がひどくて大変です。鍵を持って財布を持つと、ピョンピョンといつも飛び跳ねているので、コチラが怪我でもするんじゃないかとハラハラします。どーにか外へ連れ出すと、リックリックと元気に歩くのですが、やはり夫がいないと、横断歩道を渡った先へは行こうとしません。ですから、家の周りをグルグルと道を変えながら、細い脇道なんかを散歩するのですが、どうしても道路を渡らないと、散歩する距離に限りがあるのです。無理に道路を渡ると、急にしゃがみ込んで歩かないし、仕方なく戻ると、また元気に歩き出すのですから、いったいアレは何なのでしょう?
     たまにする散歩中のネイチャーウンチョは、何故かいつもより軟らかいので、お尻を拭いても拭いてもキレイにならないし、ちょうど毛もモサモサ状態なので、家に帰ったらお風呂場直行シャンプーコースです。先週もシャンプーしたのに、もうすでに肛門腺もしっかり溜まってるし…。そんなこんなしてたら、午前中が終わってしまいました。また、明日から天気も悪そうなので、いつものような散歩も出来そうもないし、少し運動不足なのか夜になると、家の中を走りたがるので困っています。「んだがら、ちゃんと昼間のうちに歩けっつーのぉ!」と言っても、それはそれで嫌そうな「めかぶ」です。「まったく、もぉ、一体誰が悪いんじゃ~!」と言ったら、「バカも~ん!飼い主じゃ」と天の声が聞こえてきました。
    みんながいっしょだったら、ちゃ~んとあるくのね~ん!



    みそ補充
    前に同じような写真を使いましたが、コレは少しバカっぽい「めかぶ」 少し話は違いますが、私は身体の痛いのを表現するのがヘタです。たぶん、ヘタというよりも、判らないっていうのが正しいので、病院へ行って「どこがどんな風に痛いのですか?」と先生に聞かれても、ちゃんと答えられません。「チクチク痛む」っていうのは何となく判るのですが、「刺すように痛い」っていうのは、未だ刺された経験がないので判らない。大体にして、その「さすような痛さ」っていう漢字の変換すら本当はナニが正しいのかも判らないのですから、自分自身が情けないのですが…。「ジクジク痛い」っていうのも判らないし、「さし込むような痛さ」っていうのも判らない。ズキズキとズキンズキン、シクシクとジンジンの区別さえ伝えられないのだから、「いざ」というときは、どう表現したらいいのか、考えただけでゾッとする。…と、今日、車の運転をしながらそんな事をポヨ~ンと考えていました。
     今日は午前中から、1年ぶりに友人と会ってきました。友人は急用が出来てしまってゆっくり出来なかったのですが、お昼ご飯を食べるくらいの時間はあったので、初めて全国チェーンの定食屋でご飯を食べてきました。ついでに、仙台市ガス局が年に1回のガス展を開催していて、先月分の「毎月の使用料及び領収書」には、そのガス展で配布される仙台味噌の引換券なるものが付いていました。会場は家からも近いので、ここ何年もこのガス展でお味噌やサラダ油を貰い、いつの間にか年中行事のようになってしまいました。たまたま開催時期と友達と会うのが重なって、場所も待ち合わせた所と目と鼻の先なので、今年もやっぱり貰ってきてしまいました。
     今週は、夫が札幌へ出張で家を空けたのですが、夫を飛行場まで送って行き、夫が車を下りると、「どこ、いくのぉ?」とワンワンキャンキャン吠える「めかぶ」でしたが、冷酷な妻は見送りもせず、サッサと車を走らせると、私に似たのか、「めかぶ」も今までの騒ぎがウソのように静まって、挙句の果てにウトウトと寝ているチャッカリ者なのです。何も知らない夫は、「めかぶ」が別れが辛くて吠えているのだと思ったまま、おマヌケに北の空へと飛んで行きました。夕方になると、いつものように決まった時間に帰って来ると思い込んでいる「めかぶ」は、玄関を向いたままですが、晩ゴハンを食べ終わると夫の帰ることすら忘れてしまって、ソソクサと寝てしまうのでした。朝になって、帰って来ない夫を少し探すのですが「まだ、いないな!」と判ると、またまた私とひたすら寝ていました。
    コレをどーやってホジューすんのっ?アタマにぬるの? 夫が帰って来て、今日は私が久々に一人で出掛けるのに支度をしていると、ソワソワして落ち着かない「めかぶ」です。お化粧すれば、ベッドの上に陣取っているし、洗面所で髪の毛を整えていると、すぐ側で押お座りをして見張っているのです。まるで、どこかの国に拉致された人のように、私はずっと物言わぬスパイに監視されている気分です。そして、いざ出国をしようものなら、ピョンピョン飛び跳ねながら、服を噛まれてしまうのです。夫が出掛ける時とは全く違うので、イイ歳した夫は少しブータレています。友人と別れて買い物をしていると、夫からケータイにメールが入り、「めかぶ、あれからずっと狛犬状態だどぉ!」と書いてありました。まぁ、普段からの「めかぶ」への愛情の度合いの違いでしょうか?ぬはははっ!
     午後に家に帰って、手厚い「めかぶ」の歓迎を受けました。家に着く少し前に「めかぶ」のトイレを済ませるように電話を入れたのですが、それでもヤッパリ数滴嬉ションをしてしまったのか、自らサークルに入りトイレの前に座り込んでしまってしまいます。夫が、いつものようにお股を拭くと、「めかぶ」はリセットされたのか、勢いよくサークルから出てきます。そして再び私に歓迎セレモニーをしては数滴垂らし、またもや自らサークルのに入る始末です。果たしてそれがエライのか情けないのか、判断に困りますが、まぁ我が家の犬に相応しくこんなもんでしょう。そして今日は、仙台市ガス局から『無添加仙台味噌』をもらったので、私は足りなくなったノーみその補充をして、今日の更新に臨むのでした。



    「ちりも積もった」アホ話
    写真だと悪態がわからないからいいねぇ、めかちゃん! この春に「100話」を迎えたおバカ犬によるアホサイト『いんちきたんちき』のがるるる…エッセイも、ついに200話に突入です。毎日朝起きて、「さぁ~てとぉ、今日はナニ書ぐがなぁ~?」と、本場仙台味噌で足りないノーみそを補充しつつ今日まで書いてきました。思えば小学校の時、作文を書けば嫌味な担任から「コレは悪い例です!」と、わざわざ私の名前を公表してまで、人前でそれを読まれた経験を持つ私は、書くことに対して、ある種のトラウマがあります。まぁ、コレは作文ではないので、好き勝手に書いても添削されることも、点数を付けられる事もないので、文学的な手法も約束事も無視しているのですから、はっきり言って気楽です。金持ちビイキで役員の子にゴマする嫌味な担任は、今でも生きてるのか死んでるのか私の知ったこっちゃぁないので、もしコレを偶然に見てたとしても、カンケーないもんねぇ、鼻くそ丸めてポ~ンです。まぁ、そんな過去の恨み辛みを書いても仕方がないのですけど…。
    肛門全開で、お恥ずかしい… 最初書き始めの時は、念願だったトイプーを飼う嬉しさで、ただただその毎日を、ダラダラとか書いていたのですが、最近はその方向性も変わってきました。私はずっと、飼えるものならパンダやヤマネと一緒の生活をしたいと思っていたのですが、私の力では法律を変える事も出来ないので、泣く泣く諦めたのです。そんな時、たまたま何かで見た、動くぬいぐるみのような犬を知り、パンダはダメでも犬ならナントカなりそうでした。そして、その思いがようやく叶ったのですから、ウレシクないハズがありません。夫も、子供の頃から「犬を飼いたい」という夢が叶ったので、それはそれは異常な程の可愛がり様です。
     「めかぶ」が来てからは、大変でしたが楽しい日々です。私と夫は「めかぶ」の取り合いになり、姑息な手段で独り占めしようものなら、ケンカのネタになってしまうほどでした。子供のいない我が家には、犬がいる生活は実に新鮮です。こんなバカ夫婦の愛情を心身共に受けた「めかぶ」は、ご覧の通りのアホ犬となって、世の中の役に立つ犬とは正反対の毎日です。食って出して寝て出しての毎日を送っている「めかぶ」は、今も日向ぼっこをして寝ています。私が台所へ立つと、スクッと起き上がって遠くから私の手元を目で追っています。「こんどは、ナニ食べんの?ナニナニ?」と、期待しているのですから、情けない…。
    まだまだハナシはつづくから、これからもヨロチクね~ん! よくよく考えてみると、ホームページとかブログで自分自身や自分ちの恥を全国、もしくは全世界に配信しているのですから、ヘンチクリンなもんです。こうやって自ら公開するっていうのは、「ホラホラ、見て見てぇ~!」って、ある種の変態露出狂の類なのかもしれません。この先、いったいどうなってしまうのか、私自身も判りません。たぶん、このままアホ~っと、ダラダラグダグダと毎日を書き綴っていくとは思いますが、時間と興味のある同類のおバカな方々、このまま見捨てずに遊びに来てください。ゼッタイに教養は身に付かない事は断言できますが、たぶん、損もさせないと思いま…。



    伏せっ!
     先週の土曜日に、コロンちゃんと2回目のしつけ教室へ行ってきた「めかぶ」です。前回のおさらいと、新しく「待て」と「伏せ」の練習でした。「めかぶ」は「伏せ」が出来ません。わがまま放題で成長した「めかぶ」にとって「伏せ」は一番屈辱的なポーズなのです。今までにも何度か「伏せ」の練習を家でもしていたのですが、その度に嫌がって踏ん張っては力ずくでナントカ「伏せ」をさせていたのです。教室では教わったのは、身体を優しく伏せの体勢に入る方法ですが、以前テレビで見た「伏せ」の方法は、首の下でリードを垂直に引っ張って、それに促されて伏せをする、という手荒い方法でした。どうしても手荒い方法での「伏せ」は、「めかぶ」には服従度が高いようでどうしても嫌がり、伏せの体勢になるとガルルル~と唸ってしまいます。
    夫は、コレでも「伏せ」合格なのだそうで… 夫は、「めかぶ」が小さい時に「お座り」や「伏せ」の練習をさせていた時に、ちゃんとした伏せではなく、オンナのコ座りのようなナマメカシイ恰好でも「よし、よ~し!」と褒めていたので、「めかぶ」にとしてみればその楽チンなナマメカシイのが「伏せ」だと思っているので、それもちゃんとした「伏せ」が出来ない敗因です。ましてや、自分の第一の子分と思っている夫に、一番屈辱的な恰好をさせられるのも我慢できないように私には見えます。そんな「めかぶ」とは正反対に、普段からちゃんと練習をしているコロンちゃんは、由緒正しい「伏せ」が出来きます。家庭での躾は、犬も子供も同じで必要です。
     まだまだ、教室へ行くとコーフンして吠えまくる「めかぶ」です。先生にオヤツで、なだめすかされているのですが、オヤツが無くなってしまえば元の木阿弥で、なかなか普段から、他の犬と接する事が少ないので、他の犬に対して吠えない練習をするのは、容易な事ではありません。その分、せめて次の教室までには、1回のコマンドで「伏せ」が出来るように特訓です。「めかぶ」が伏せをする時は、今まで少しビビリ気味になってはチョッピリお漏らしをしていたので、それも「めかぶ」にとって「イケナイ事をしてしまった」と反省するポーズでもあるので、伏せをする時は、遠慮がちに恐る恐る伏せをするのです。そしてなぜか、褒めてもガルルル~と喉を鳴らして唸ってしまうのです。
     今日で特訓3日目ですが、やっと形になってきました。強制的でなければ、何も考えずに伏せの恰好をするのですが、ここにきてやっと、コマンドでの「伏せ」もなんとか出来るようになりました。ただ、その場で伏せをすればいいのに、どういうワケかクルッと半回転して、こちらに背中を向けての伏せになってしまいます。でも、今度の教室までには何とか完全マスター出来そうです。
     犬にとって些細な事でも、意思の疎通っていうのは簡単な事ではないことが、判ってきました。「めかぶ」の気分もあるし、突然、家から馴れない教室へ連れてこられるのですから、ニンゲンだったら「ナニ?なんかムカツク~!」って感じなのでしょう。でも世の中から犬がちゃんと認められるには、最低限のマナーが出来ないと、いつまで経っても「犬お断り」の看板を外してもらえそうもありません。あと何十年か何百年して、ちゃんとしたマナーがDNAに組み込まれたら、世の中も変わるかもしれません。その為にも「めかぶ」にも、ささやかでもいいからその担い手になって欲しいものです。
    イヌだって、やればデキルのね~ん



    まったく、もぉ!
    アタチもプンスカしちゃうのね~ん 少し前に「犬鑑札」の話を書きました。アップした日の午後に仙台市の質問要望窓口みたいな所へメールを出してみました。その返事が2週間経ってやっと届いたのですが、何ともお粗末な上、解決策が他力本願なので、呆れるやら情けないやらで、行政から言われるがままにお金を払っている飼い主側からすると、どう転んでも納得いきません。私のメールの内容が、相手にその真意が届かなかったのかもしれませんが、それにしてもお粗末な回答でした。

    【私→行政へ】(原文のまま)
    『犬鑑札』と『狂犬病注射済み札』について伺います。

    同じ仙台市が発行しているのにもかかわらず、なぜ札の穴が上下だったり左右だったりしてるのでしょうか?
    それに、あの札をどうやって首輪につけたらよいのでしょうか?
    大型犬用であれば、首輪も太いし何とか苦労をして付けるのも可能かと思いますが、小型犬用のように細い首輪にはどうやって、あのチグハグな札2種をつけたらよいのでしょうか?

    ちきんとお金を払っているのですから、使えもしない物ではなく、行政ももう少し時代に合った使い易いものを考えて飼い主に渡して欲しいと思います。

    だれが、いったいワルモノなのっ?ガルルル~してやるぅ~!【行政からの回答】(原文のまま)
     この度は,犬鑑札と狂犬病予防注射済み札について,ご提言いただき,誠にありがとうございました。

     鑑札と注射済票については,いずれも狂犬病予防法施行規則によってその仕様が定められており,全国共通となっております。

     鑑札などを首輪に装着する方法につきましては,ペット用品を扱っているお店などで,装飾も兼ねたケースを販売されているようですので,それぞれの愛犬にあった方法で装着していただきますよう,よろしくお願い申し上げます。

     なお,今後とも,何かご不明な点がございましたら,お気軽にご相談いただきますようお願い申し上げます。


    …だと。

    あかるい“みらい”は、いつくんのぉ? この回答を見ると、「実はあの札、簡単に首輪に付けられないのは、私達も判っているんですよぉ。ですからね、もうこの際、市販の札入れがあるから、それを買って、自分ちの犬の首につけてくださいね。」と、行政も遠まわしに認めているように思いました。そこで、このメールが届いた翌日に、たまたま買い物があったので、ペットショップへ行った時に、その市販の札入れを見つけました。皮製の小さな物でしたが1,050円もするので、当然買いませんでした。それも、犬鑑札だけが入る楕円形のもので、狂犬病注射済み札は入りません。その札入れだって、どこかの業者が「こんな鑑札じゃぁ、飼い主も困っているだろうし、このペットブームで当社がこんな物を作ったら売れるんじゃなかろうか?」的に作った商品のように思ってしまいました。
     なんで、私達が行政が作ったヘンな物に対して、百歩下がってその規律をちゃんと守ろうとするのに、余計な出費までして合わなくちゃいけないのか、理解に苦しみます。付けたく無い訳じゃなくて、使えるものを作って欲しいという要望に対して、お国はまったく動じる気配が無いようです。


    【2005/10/17 09:30】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    棚ケッツ(「お尻」のことです)
    なんでアタチまで、コレすんの? 私の体型は、真正面からみるとパスタ鍋のように寸胴ですが、真横からみると、お腹とオシリが極端にはみ出している「S字」のようになっています。インリンのようにM字開脚で評判になれば、それはそれで一大ゲージツっぽいのですが、S字は見るに耐えられない変態ゲージツです。特に腰(腎臓のあたり)が、必要以上に入り込んでいて、その分余計にオシリが異様にポッコ~ンと張り出しているので、どうもその上に饅頭か何かが簡単に乗っかりそうな私の「でん部」は、高校の時に私は自ら開き直って「棚ケッツ」と名付けていました。そんな棚ケッツには、オシリどころかお腹まで出ているので、回りの友達はほとんどが制服をタイトスカートに違反改造しているのですが、私には無理なのでドン臭いままのフレアスカートでした(なんか、時代がわかりますねぇ)。 
     私のズック靴(今はスニーカーって言うんですよね)がだいぶボロっちくなったので、新しいのを買いにスポーツ店に行ってきました。ショッピングモールなので、犬は入れません。食料品売り場は別館になっているので入れそうなのですが、頑なにダメみたいです。駐車場に夫と「めかぶ」を残して、スポーツ用品売り場へ一目散に行ってみると、週末のスポーツ用品売り場は、結構混んでいました。入り口を入ってすぐに、今話題の健康グッズやストレッチ用品が並んでいて、その中にストレッチボードもありました。
    う~ん、キンニクが“ノビィ~”ってするのね~ん 私が、極度の肩こりだという話を前に書きましたが、余りの痛さに整形外科に通っていた時に、そこの先生に「あ~アンタのこの腰ねぇ、将来ゼッタイに腰痛になるからね、今のうちから腹筋背筋を鍛えないと大変だよ!」と言われて、早10年余り。そのときその先生に、自宅で簡単に出来るストレッチボードを薦められましたが、仙台ではなかなか見つけられず、やっと見つけても、思った以上に高い品物でした。でも、日々腹筋背筋の衰えも感じていたので、去年の春に思い切ってストレッチボードを買うつもりでいた日に、「めかぶ」と出会ってしまったのです。「めかぶ」との楽しい日々が浦島太郎が竜宮城で楽しくやってたように、私の月日もあっという間に流れしまい、「早く買わなきゃなぁ、でないと腰痛になちゃうよぉ!」と思いつつ、暇つぶしにネットで検索しても、ちゃんとした医療用はやっぱりイイお値段でした。そして、スポーツ店の入り口に、私を「待ってました!」とばかりに、ストレッチボードが並んでいたのです。箱を見ると、メイド・イン・亜細亜で、値段も私が知っている値段とは雲泥の差がありました。オマケに、ご丁寧に箱には「これは不特定多数が使うスポーツジムや医療用ではなく、あくまでも家庭用です」とか「体重が90kg以上の人は使わないでください」とか、いかにも「正真正銘バッタもんです。」と言わんばかりの注意書がありました。そんなバッタもんでも、目的は同じなので値段に釣られて買ってしまいました。
     家に帰って早速乗っかってみると、普段あまり使わない脚の後ろ側は、痛いくらい筋肉が伸びます。腕を前に出すと腹筋にも力が入るし、前屈をすればさらに、背中や足の後の筋肉が伸びてきます。夫も、何かあると乗っては、普段使わない筋肉の衰えを実感しています。最近は、なぜか世間も筋肉向上ばやりなようで、テレビ番組もお笑い芸人も、近代まれに見るマッスル全開時代な感じがします。こんなのでも、私の身体に腹筋背筋が付いて、すっきりバディになってくれたら…と、バッタもんのお手軽価格商品に、内心期待してるんですけどねぇ。あっ、ズック(しつこいようですが、スニーカーですよね)も、予定外の出費でその分ランクが下がって安物になってしまいました。

    ワンコキャラ
     「めかぶ」が来てから、食料品以外の買い物をする機会がだいぶ減りました。だからといって、貯金が出来るわけでもなく、その分「めかぶ」への投資になってしまいます。「めかぶ」の服を買ったり、グッズを買ったりと、なかなか手元に現金が長期滞在をしてくれません。去年も一昨年も洋服を買っていないので、そろそろ秋物の新しい服が欲しいなぁ…と思うのですが、どうも中年っていうのが中途半端なのか、買いたい衝動に駆られる物も無く、結局気持ちばかりで買うには至りません。そうなると、ストレスが溜まってしまって、毎日の生活に張り合いも無くなって、若い頃のような「新作DCブランドの服ゲットした~!」という充実感も行方不明になっています。そんな中で、「めかぶ」の服や小物を買っていると、たま~に“メッケもん”なるものがあって、自分用に買ってしまいます。
     チョット前にいつもの「POOD★LAND」で買い物をした時、レジのとろのアクセサリーケースの中に目をやると、小さなシルバー製のペンダントトップがありました。もともと犬用らしく小さいのですが、お店のオーナー夫妻の奥さんも「じつは、私も付けてんだよ~ん!」と、見せてくれました。さすがに、中年オババが小さなこれ1個だけを付けるにはチョット抵抗がありますが、他のと混ぜて付ければ大丈夫そうなので、買うことにしました。あまりに小さいのか値札が付いて無く、「で、コレいくら?」と聞くと、「あれ~?なんぼだっけなぁ?」と言うので、いったいいくらなのか少しドキドキです。「600円位だったかなぁ?600円でいいよ!」と言うので、遠慮なく600円で購入しました。
     早速、帰って何かシルバーのアクセサリーと抱き合わせでつけようとしたのですが、そもそも私はあまりネックレスをする方でもないので、シルバーのネックレスは、大昔に買ったのが二つしか持っていませんでした。まぁそれでも、手持ちのあるものに付けてみると、少し意外な感じがしますがチョット新鮮です。果たして、600円で本当に良かったのかどうかは定かではありませんが、オーナーが言うのですからそういうことにしておきましょう。「めかぶ」も、この間ここで『ぶるがり』の迷子札を作ったのですが、それにしても私の600円はかなりカワイイ値段です。
    アタチはこれがイチバン“じゅーじつ”してるのね~ん! もう、叶姉妹や美川憲一まではいかないまでも、何カラットもする宝石やブランド品にも、何の魅力も感じなくなっていたので(ホントは買えない“ヒガミ”なんですけどね)、チープと言ったら語弊があるかもしれませんが、最近はこんなチープな物が楽しくなってきました。ちょっとしたお茶代(ケーキ付)を払ったと思って、小さなワンコキャラの小物やチープなアクセサリーを買った方が、行方不明だった充実感も復活してきます。「ケーキは、わざわざお金を出してブタの素を買うようなもの!」と、自分に言い聞かせて我慢をしているのですが、それでも甘い誘惑もたま~に負けますが…。
     なんでもかんでも、ワンコキャラで全身を包むオババも異常な感じがするので、ほどほどにしないと…ね。


    【2005/10/15 21:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    プチ疑問
    平均的なめかぶ円グラフ 「めかぶ」の一日を円グラフにしてみると、85%以上は寝てるかグダグダしているようです。朝、5時前には、必ずと言っていいほど「トイレするから起きて~!」と、ベロベロ攻撃で起こされるので、排泄部隊々長の夫に私は、蹴りを入れて「ほらぁ~、めか、トイレだってよぉ」と起こします。他の事だとなかなか起きない夫ですが、「めかぶ」の事になるとピキッっと起きるのですから、犬の威力はスゴイです。チャチャチャッと爪の音を鳴らして、廊下を歩いてトイレに向かいます。用を足して、夫にトイレットペーパーにスプレーをして、お股やオシリを拭いてもらうと、サッサとまたベッドに一目散に戻って来て、一人トイレの後片付けをしている夫の場所を陣取って、すかさず二度寝体勢に入る「めかぶ」です。それからしばらくして、私は起きるのですが、二度寝を堪能すると「めかぶ」も、私の所へチャチャチャッと、足音を鳴らしてやって来ます。そこから、朝ゴハンを食べたりまた寝たりと、午前中をダラダラと過ごすのですが日課です。
    さぁ~て『サンポのじかん』だって 夏は早朝散歩でしたが、最近は昼間だったり夕方だったりと、ニンゲンの都合で変わります。そこで気付いたのですが、犬の散歩をしているのは、オトナばっかりです。子供が自分の家の犬を連れて散歩しているところに遭遇した事がありません。確かに学校があるので、その時間は仕方ないとしても、土日とか休みの日でも、犬を連れて散歩している子供は皆無です。家族で散歩する光景すら見かける事はありません。なんで?何でなの?私の近所だけ?
     私の回りでも、犬を飼っているのは子供が独立した夫婦とか、我が家のように子供がいない夫婦とかが多いようです。それでも子供がいる家庭でも犬を飼っていると思うのですが、面倒を見ているのはオトナばかりです。私が散歩する時間帯が、そもそもそうなのかもしれませんが、それにしても犬の世話をする事をちゃんと教えないと、道端のウンチョの始末も出来ないオトナになってしまいそうです。レッキとしたオトナでさえも、自分ちの犬のウンチョさえ始末出来ないのですから…。そんな家の子供も、やっぱりそんな非常識な同じ道を歩んでしまいそうです。
    一日のほとんどがこんな具合でして… よくテレビで「ちゃんと面倒みるから犬かってよ~」という場面を見ますが、それはよくある光景だと思うんですけど、いったい子供は犬の何の世話をしているのか、疑問に思っていましました。ただ遊ぶだけなのでしょうか?とにかく私の回りで、子供が愛犬の散歩をしているのを、全く見かけたことがありません。私の近所が異常なのかなぁ?



    ないないづくし
    たまにはブリッ子めかちゃんなのね~ん! あいや~~、今日は何書こうかと、朝からダラダラしていたら、もう夕方5時じゃん!でも、もう書くこともないしなぁ。「めかぶ」は、お昼に散歩をして、今日のノルマ達成してるし、夫は今日の仕事を着々とこなしているし、私だけだべさ、今日のノルマがしっかと残ってんのは…。会社社会で言ったら、うだつの上がらない営業担当。壁に貼った成績の棒グラフは、グラフになっていない肩身の狭い夕方の報告や会議。陰では同僚や上司に「給料泥棒」と言われ、歩合制だったら吹けば飛ぶような給料になりそうです。実家はサラリーマン家庭で、我が家が住んでいた所は、回りほとんどが農家なのです。そんな環境の中でよく母は、当時その農家の同い年位のお嫁さん達から「いいねぇ、ボーナスだのたくさん貰うんだっちゃ!毎月の給料もたくさん貰うんだすぺ?!」と、なかば嫌味ったらしく言われていました。サラリーマン家庭は、休みもあるし天気にも左右されないし、でも農家のお嫁さんは、お財布はお姑さんが握っているので欲しい物も買えないし、朝早くから畑や家の仕事をこなす農家のお嫁さんからすれば、毎日お化粧をしている母を、羨ましく思っていたようです。そんな母は、よくその奥さん達に「そんな事ないっちゃぁ、“給料8円で、飯9円(食えん)”の生活してんですとぉ~。」と、上手くかわしていたのを思い出しました。
    ちゃんと階段の上り下りが出来たので、ビックリコン! そんなことを思い出しても、今日の「いんちきたんちき」の更新の話が見つかるハズもなく、時間だけがダラダラと過ぎて、私も頭に出てきた事を、ポツポツとリアルタイムにタイピングしているだけなのですが…。
     「めかぶ」はすでに、本日のノルマ達成しているので、堂々と寝ています。ナニを思ってか、突然、私の腕をねぇねぇしているのですが、ナニをして欲しいのか私には見当もつかないので、「めかぶ」は怒ってまた不貞寝をしています。う~~~ん、今日はわからない事だらけです。ひらめきもありませんし、コレといった出来事もありませんので、本日コレにて、御開き~御開き~~!


    コメントに関するトラブルについて

     最近、コメントを書き込んでも消えてしまうトラブルが多発しています。当の私も何度かその被害に遭っています。なにせ、フリーのブログサービスなので文句も言えず、管理者の質問箱を見ても、まだこれといった解決策は無いようです。
    せっかく、書いてくれたのに消えてしまうと、頭に来ますよね!「んっもうナニ?このバカブログってば!」と、プンプン・プンスカと怒りたくのなるのですが、だからといってどこにも当りようもないので、もしかしたらアルコールに走ってしまうかもしれません。ヤケ酒は身体に悪いですから、皆さんやめましょう。

     そこで、コメントを送信する時には下記のような方法で、自己防衛でトラブルの回避して下さるようお願いします。

    ・必ずパスワード欄は記入をしてください。
    ・「送信」の前に、書いたコメントを必ずコピーしてから、送信してください。
    ・送信後は、ちゃんとコメントが反映されているか確認してください。

    それでも、コメントが消えてしまった時は、お手数ですが画面左メニューの「メールはこちら」から、ご連絡ください。

    今日の写真は秋の農業園芸センターでした


    おちりクンクン
    さすがに、おちりクンクン写真はありません 子犬の頃から、他の犬と接する機会の少なかった「めかぶ」だったので、とにかく他の犬が近づくと吠えてしまいます。それを直したくて、躾教室へ通うきっかけとなったのですが、まだ1回目なのでこの先『茨の道』なようです。オマケに帽子をかぶった人にも吠えるので、夏は吠えさせないようにするのが大変でした。特に帽子着用率の高い、小学生とご老人の団体に遭遇すると、もう吠える「めかぶ」を阻止するのは不可能です。それと間近で会うと判らないので吠えませんが、少し遠くに少し頭が寂しくなった人を見つけると、またまた吠えてしまって「めかっ、イケナイ!アレは帽子じゃないのっ!」と、小さな声で注意するのですが、「めかぶ」の目にはどうもベージュの帽子を、かぶっているように見えるようです。
     そんな「めかぶ」と今年の春に、小さなオフ会・題して「春の園遊会」を、ドッグラン付きのドッグカフェで開催しました。そこのドッグランで遊ばせる時は、まずスタッフさん立会いの下、他の犬とオシリのニオイをクンクンさせてから中に入ります。その後も、新しく遊びに来た犬が中へ入る度にクンクンさせるので、土日の込む時は、次から次からクンクンさせなければならないので、少し忙しいのです。犬同士のそんなクンクンマナーがあることも、ドッグランに行かなければ我が家は、尻も(知りも)しませんでした。社交性のある慣れている犬は、自らクンクンしに来るのですが、「めかぶ」はまったくクンクンしようとはしないのです。無理矢理、他の犬のオシリまで鼻先を持っていっても、顔をそむけてしまいます。オシリクンクンがどうも苦手なようで、よほど気になる相手以外はまったく無視しているのです。最近は、どうにかやっと、実家のシーズーには慣れてきたようで、実家の犬がオトナシくしていると、少しずつ近づいてクンクンするのですが、チョットでも動くと逃げてしまうので、それでも、初めて会った頃からすれば、かなりの進歩です。
     そんなオシリクンクンが苦手な「めかぶ」ですが、何故か私のお尻はクンクンするのです。前かがみになって何かしている時に、ふとお尻の穴付近に、何かぶつかっている感触があって、振り返ると「めかぶ」がググブフゥ~とブタ鼻を鳴らして、私のお尻に鼻を突っ込んでいるのです。その時、運良く?オナラでも出てくれたら、それはそれでオモシロそうなのですが、さすがに私のお尻の穴は、自由自在にとはなりません。ブタ鼻の主に「アンタさぁ、そのクンクン、何でよそのワンコにできないかなぁ?あたしゃ、犬じゃないんだよ。で、なかったら、オシリ貸してあげるからクンクンの練習しなっ!」と言うと、フンッ!としてどこかへいってしまいます。その後を追って、「んな、そうそう誰でもオシリを貸してくれるなんて、まずないんだがんねっ!」と、その時言い聞かせても無駄なだけでした。それでもまた「めかぶ」の目の前に私のオシリがあると、ブタ鼻が突っ込まれているのですから、やっぱりオシリのニオイは気にはなってるようです。
     私にはオナラはあっても、肛門腺は無いので毎回同じニオイがするとは思えないのですが、それでも「めかぶ」には興味深々なのです。お尻の他に、脇の下のニオイも時々嗅ぎにきます。「ナニ?あたしゃ、そんなにクサイんかい?」と聞いても、鼻利き「めかぶ」はそれには答えず、満足すると寝てしまいますが、時折、そのまま水を飲みに行かれると、少し複雑な気分になるときもあります。まぁ「めかぶ」にしてみたら、良い意味での友好的行為なのでしょうが、私の生活の中でニオイを嗅ぐ行為は、あまり良い意味の時ではないのですが…。
    『POOD★LAND』のはなちゃんとクンクンの練習したのに…


    おんぶにだっこ
    「プードランド」にて…購入は夫の収入で 私が、仕事をしなくなって早1年になってしまいました。去年の今頃は、父の看病で病院の泊り込みをしたりで仕方なかったのですが…。私の3人の兄達も仕事を理由に、余り泊まる事もなく、ましてやそのお嫁ちゃん達も泊まるどころか病院へも顔を出さないので、お嫁ちゃん達はともかくせめて兄達には「自分の親に男も女もなく看病は出来るし、看護婦さんがちゃんとやってくれるのだから、泊まるくらい皆でやってよっ!だいたい、婿ですら(夫の事です)、あんなに一生懸命に泊まったり面倒見てんのにっ、それに比べて何っ!」と、疲れきった私は、時々兄達に対して爆発していました。本当に夫は、私の父に対して良くやってくれたと思います。父の入院中に、私の働いていた写真屋が業績不振で撤退してしまい、病院通いで他に働く事も出来ず、父が死んで病院通いもなくなっても、何となく働く意欲もなくなってしまいました。
     私が写真屋で働き始めたのは、もう7年位前になります。それまでは、写真なんて撮ったこともないし、フィルムを現像に出した事も全くありませんでした。写真は夫の方が少し専門なので、私がまず写真屋へ行く事は生涯あるとは思ってもいませんでした。たまたま買い物の通りすがりの写真屋で求人をしていて「ただ近所だから」というだけで面接を受け、運良く採用になりました。それまでは、現像も焼き増しの意味も全く判らないズブのド素人で、焼き増しは「焼き回し」と思っていたほどですから、1ヶ月は初めての世界なので苦労しました。慣れてくれば、現像さえ失敗しなければ楽しい仕事で、あまり忙しくもないのが一番です。当時は、まだデジタルカメラの出始めで、APSフィルムが発売されて間もなく、まだまだ世間は35mmフィルムカメラがほとんどで、今のような時代になるとは思ってもいませんでした。2年ほどその写真屋で働いていたのですが、どうしても我慢できない事があってそこを辞め、半年後に違う写真屋でまた働き始めました。ただ、ここはもともとあまり業績が良くなく、親会社がいつここを撤退するか時間の問題でした。危ない危ないと言われていたので、撤退する前に辞めてしまいました。私が辞めた半年後にその店は無くなり、その数ヶ月後には親会社が倒産してしまいました。それでも写真の仕事は面白いので、他で写真の仕事をしていたのですが、やはりデジタルの波がジワジワと押し寄せて来て、その会社も規模を縮小した為に、そのしわ寄せが回ってきて、私は毎日真夜中まで仕事をしなければならず、すっかり体調を崩してしまいました。
    恐怖の最強パラサイトコンビ 丁度、2月の暇な時期だったので「辞めさせて欲しい」と言うと、会社は「辞めるのはいつでも出来るから、長期休養にして身体を治して」と、辞めさせてはくれませんでした。でも、私が休んでいる間に仙台営業所もあっという間に撤退となりました。それから間もなく、またまた家のすぐ近くの写真屋で求人をしており、どうしても写真の場合は、新しく人を雇って一から教えるのは大変で、その代わり経験があるとスグに採用になります。面接の時に「もしかしたら、この店無くなるかも?」というので、そんな所なら断ろうと思ったのですが、会社は会社で営業しているうちは、どうしてもスグに人が必要なようでした。週3日の1日5時間で、家から2分しかかからないし、「まぁ家でブラブラしてるよりはいっか!めかぶもいるし、お金もかかるもんねぇ」と、お店が無くなったらその時考えようと引受けました。この時には、すでに父が入院したので、結局はこの店も私が働き始めて3ヶ月で撤退してしまいましたが、私にしてみればかえって助かったのは事実でした。
    プータローになって早1年のおバカな疫病神とその犬 それからの私は、働きもせず夫の収入におんぶをして、毎日「めかぶ」とダラダラ過ごしています。「めかぶはめかぶ」で、私に抱っこをせがんでジャンプしたり、座っていると飛び乗ったりしています。しかし収入源の夫は、私や「めかぶ」には大事にされるどころか、格付けは一番下でも文句も言わず、頑張って働いてくれています。
     それにしても私は、写真業界にとってさげマンの疫病神オババです。私の働いた会社は、ほとんど遅かれ早かれ倒産してしまい、つい最近また写真屋が倒産してしまいました。倒産直後に、二足のワラジで一緒に働いていた写真屋の店主から「あいやぁ~また記録更新したっちゃねぇ!」と、ケータイにメールが届きました。


    【2005/10/11 12:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    めかぶ改造計画(その1)
    コマンドは全く聞いていません。興味は目の前のオヤツのみ
     今の人生が判っていれば、ちゃんと勉強をしたものを…「後悔先に立たず」とはよく言ったものです。学生の時は「んな、因数分解だの関数だの物理だのなんて、結婚したら用なんか無いっつーの!」と、先生が教えてる事が理解出来ないので、若気の至りっていうのか、早い話が開き直って、習う前からサジを投げていました。「0点取っても死なないも~ん!」と、高額な授業料もドブに捨てるような毎日で、放課後活動にばかり熱中していました。当時は“あー言えばこー言う”状態の減らず口の御託を並べては、親に反発ばかりです。ちゃんと勉強をしていれば、就職先の間口も広かったし、オトナになって恥を掻く事も確実に少なかったと、今になって後悔ばかりです。勉強の内容が必要か必要じゃないかは、まずその中身が判らなければ判断はつかないので、ただただ勉強から逃げたい一心で、何とか見つけた口実が「社会に出たら数学なんて無駄!家庭に入ったら科学なんて無意味!」となるのです。でも、この年齢になると「あん時、ちゃんと勉強を真面目にするんだったなぁ」と思ってしまうのですが…。
    大奥のようなオンナの戦いが… 今日から、前々から予定していた「めかぶ」の躾教室が始まりました。生徒は「めかぶ」とBlackさんちのコロンちゃんのふたりです。そのお指南役は、先生の愛犬で教室の名前にもなっている「じゅん吉」クンです。コロンちゃんと「めかぶ」は、もう何度も会っているのに、未だに打ち解けられない仲で、Blackさん夫妻も我が家も悩みのタネでもあるのです。とにかく「めかぶ」に一番願うのは、犬社会でちゃんとマットウにしてもらえれば何も言うことがありません。今日は初日ということもあって、顔合わせと、どのくらいの事ができるのか、ナニが怖いのかなどを判断して、少しずつ他の犬に慣れる練習です。その他に「お座り」や「褒め方」「来いと後へ」を練習して、家でも復習をするように言われました。
    じゅん吉クン。同じプーでこの違いってナニ? 初めての教室で「めかぶ」は、いったい自分にナニが起こっているのか判らないようで、ただ「ヤッタァ~!いつもより、オヤツがスゴイ!」と、いつにないオヤツの大盤振る舞いの無礼講に、狂喜乱舞な「めかぶ」は、コマンドよりも鼻と目はオヤツへの一点集中でした。まぁ、初日ですから、「めかぶ」の効果は、こんなもんだと思っています。これから、回を重ねる度に少しでも学習してくれればいいかな?!と、欲張らない程度に思っています。「めかぶ」の年齢では、通うのが少し遅かったようで、普通よりも根気が必要だそうです。う~ん、変な所だけが、私や夫と同じになってしまったようです。もっと早く学習の必要性に気付いていれば…、やっぱり「後悔先に立たず」でした。
     なにはともあれ、イイ兆候が現れてくれたらウレシイのですが…。私のように、お金をドブに捨てる事があったら、許さないんだがんね!めかちゃん!!



    はじめてのお山
    おうちは、どこぉ~~? 連休の真ん中の今日は、朝から蔵王へ行って来ました。蔵王は、宮城県と山形県の県境にあるのですが、どうしても山形=蔵王のイメージが強いので、少し宮城県民は肩身が狭いです。東北しか知らない私にとって、「富士山は静岡県がメインなのか山梨県がメインなのか?」みたいな疑問と同じようなものです。蔵王には、「お釜(おかま)と呼ばれる火口湖がありますが、今日行った所は、残念ながらお釜ではありません。
     まだ紅葉にも少し早いようで、午前中に着いた私達には、連休の渋滞も巻き込まれずに、お昼にはもう家の近くまで戻って来ました。この時季の蔵王の麓は、梨やリンゴがオイシイ時季で、街道で農園の直売所が買い物客でにぎわっています。野菜も里芋や大根が破格で売っているので、思わず最近の宮沢りえのCMを思い出してしまい、目的地に着く前から、果物や野菜を買うのについ夢中になってしまいます。
    天気のイイ日は、後の山頂からパラグライダーで飛行遊泳をする人もいるんです 今日行った所は、もう何度か行っている「えぼしスキー場」で、初めて「めかぶ」に出会った日に、晴れていれば行くはすだった所なのです。ここには、春から秋にかけてはゴンドラが運転されていて、山頂付近まで行けるのですが、山頂まではかなりの急勾配で、天候も良くなかったので今回は登るのを止めました。ゴンドラで登って、写真を撮りながら秋の山を散策1時間コースで、歩いて下りるのも楽しいのですが、今日は「めかぶ」もいます。それに5分と同じ天気を持続できない今日の空は、ガスがかかっているので、すぐ目の前が見えずにとてもキケンです。夫一人なら、置いてけぼりにしても良さそうなのですが、「めかぶ」の荷物持ちをしているので、いないと困るので仕方なく今回はまたゴンドラで下りてきました。
     朝が早かったせいか、山頂にはあまり人もいなかったので、草むらでリードを放すと、ダァーッと輪を描いて走っています。さっきまで下界が見えていたのに、下からガスが一気にワァ~と上がってきて、ほんの一瞬で回りが見えなくなって怖いくらいで、オマケにその水蒸気のガスは、気温まで急に下げてしまいます。
    後姿が、なんとも淋しい人生を背負ったオババですが、バッグの中にはノー天気なアホ犬が一匹… 天気が良かったら、もっと遊んでいたかったのですが、どうも今日は安定しないので、少しだけ遊んですぐにゴンドラで下りて、あとはそのまま家に戻ってきました。「めかぶ」にとって、初めての山はどんな感じだったのかは判りませんが、いつもゴロゴロしている時間に、ゆっくりとお昼寝も出来ず、怒っているのかもしれません。今度は、もっと天気のいい日に再度チャレンジをして、下山はゴンドラではなく自力で下りたいものです。


    【2005/10/09 21:30】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    ・・・
     うぐっ!まずいです。もう、ネタがありません。

    どれにしよーかなぁ? 振っても逆立ちしても、ネタは出てきません。なので、今日一日、私の“のーミソ”に奇跡が起こるのを朝から待っていたのですが、映画のように奇跡は起きませんでした。
     昨夜は、「めかぶ」の変な咳で夜中に目が覚めました。少しすると落ち着いたので、一家でまた寝たのですが、中途半端な時間に起きてしまったために、いつもの早起きも出来ませんでした。朝になっても、「がるるる…エッセイ」のネタも考え付かなかったので、もう今日は休むつもりでいました。ウダウダと午前中を過ごし、夫は仕事に追われていて、昼食後もやっぱりグダグダしていました。昨日から、なんとな~く、好きでもない「モンブランが食べたいなぁ~!」という、不思議な気分になっていて、本能のまま近くでケーキを買い、午後は、やっぱり好きではなかったモンブランケーキを食べて、またもやダラダラとしていました。腹ごなしに「めかぶ」の散歩へ行こうと思ったら、急に空が暗くなってきたので、結局、散歩は中止です。夕方から夫は仕事の打ち合わせで出掛ける事になっているので、私と「めかぶ」はウダウダ、グダグダ、ダラダラと留守番です。
    ナニナニ?ナニがはいってんのぉ? 夫が出掛ける間際に、実家の母から電話が入り「枝豆あっから、取っさ来~い!」というので、帰りに夫に寄ってもらうことにしました。枝豆はもう終盤らしく、毎日あちこちの近所の農家の人から頂くようで、食べきれないのだそうです。実家から、枝豆と野菜の差し入れを貰ってきた夫が戻ると、夫は「ホレ、枝豆でビールでも飲めや!」と、冷蔵庫から出して私の目の前に置き、丸一日中ウダグダダラコンビの私と「めかぶ」は、枝豆で親睦をはかり、缶ビールでほろ酔い気分です。もう、すっかり更新する気は100万光年先まで飛んで行ってしまいましたが、こんな日に限って、テレビ番組がツマラナイのです。どのチャンネルを見ても、私が楽しめる番組はありません。レンタルビデオを借りようと思っても、私の会員証は期限が切れているし、ビールも飲んでいるので車で出かける事もできません。従って他に何もする事もないので、夕方に夫が打ち合わせ先で貰ってきたお菓子の袋を被って遊ぶしかないのですが、それだって、5分と持たないので、時間を持て余している私は、行き着くところは『更新』するしかありませんでした。
     今日は、いつものような「めかぶ」の話は特別ありません。ですから今日の所は、こんな卑怯な写真で勘弁してください。
    卑怯と言われるのは覚悟してますよぉ~!だって、今日はな~んにもないんだも~ん!



    いみ、ないじゃぁ~ん
     「オトナはズルイ!」と、子供の頃はよく思ったものです。そして、「そんなオトナだけには、ならない!」とも、子供ゴコロに思ったものですが、これがなんとも、実際にオトナになるとそのズルさが、とても便利なために気が付くと自分もすっかり「ズルいオトナ」になっていました。子供は、オトナが言ったことを素直に信じているから、余計にその矛盾さが我慢できなくなって、その怒りのはけ口を違う所へ向いてしまうのかもしれません。
    花を食べてはイケマセン!見るものです! 「めかぶ」を飼い始めて、いろんな発見があります。たぶん、犬を飼われている方々も、毎日何かしらの発見があるから、可愛さも増して楽しかったりするのでしょうが、それは文字で見るものではなくて、実際に触れてみての発見が一番オモシロイ。「めかぶ」の“のーミソ知数”は、たぶん2歳児と同等だと思います。まず、親(私と夫)の姿が見えないと不安になって、アチコチ部屋中探し回ります。さすがにニンゲンと違う所は、見つからなくて「えぇ~ん」と声を出して泣く事はしませんが、我が家みたいに狭い家は、探すほどでもないのですが、時々『かくれんぼ』をして遊びます。シッポをゆっくり探知機のように動かしながら居そうな所を探して、姿を見つけるとにわかにブンブンをシッポは動きます。とにかく「めかぶ」は、近くに私か夫の姿が見える所にしかいません。お腹が空くと、フードがある所やオヤツが入っている散歩バッグに顔を突っ込んで、クンクンと食べ物を確認していますが、子犬の時から「勝手に食べてはイケナイ!」と教えているので、ニオイだけで我慢しています。ニンゲンだったら、勝手に目の前の食べ物を、掴んで食べてしまいそうですが、素直な2歳児相当犬はとにかく頑なに言いつけを守って我慢するのです。私だったら、誰も見れなければナニをするか判りませんが、私とは違う「めかぶ」は、誰も見ていなくても、ちゃんと言われた事は守るのですから、大の中年オトナのオババは「めかぶ」を見習わなくてはいけません。
    あのぉ、きょうのゴハンはなんですかぁ? そんな素直な「めかぶ」でも、思わず感心してしまうようなズルイ所を発見しました。「めかぶ」は、ディズニーの映画の「わんわん物語」ように、自分の食べ物を誰かに分けてあげるなんてゼッタイしません。フードのボウルを触っても全く気にせず、黙々とモグモグ食べていますが、これがオヤツの類になると全くの別犬に豹変するので、もしかしたら将来、フードのお裾分けは少し期待出来るかも知れません。自分はすでにゴハンを食べてはいるものの、頭のどこかで「“としさん”と“よおこ”さんは、まだゴハンたべていないのね~ん」と、確認しているのか、そんな時は、自分のゴハンを少し残します。「ドッグフードより、あっちのほうが、オイシソーなのね~ん!」と思ってか、フードを残しているくせに、何か貰おうという魂胆が丸見えな「めかぶ」です。食事と食餌の時間はずらしてはいるものの、どうしても「めかぶ」はそこいらの事を見極めていて、ちゃんとお腹の中を計算しているのです。そして、ちゃんと私達が食べ終わったのを確認して、あとからゆっくりと自分のゴハンを食べるのです。私達も残している時は、ゼッタイにあげないようにしているのですが、お座りしてジッと見つめられながら、目を合わせないようにしてご飯を食べるのがとてもツライのです。今年の春までは、残していても、時間になるとボウルを下げていたのですが、春に体調を崩して急激に食欲落ちてからは、どうしても食べて欲しくてボウルを下げるのをやめました。
     夜に「めかぶ」の歯磨きをするのですが、困った事に歯磨きの後に、その少し残ったフードを、口直しにまた食べるのです。私も、「しまったぁ!下げとけばよかったぁ」と思うのですが、食べている最中に取り上げる事もできず、毎回、ヤレヤレという気持ちです。「めかぶ」にしてみれば、歯磨きの必要性も判らない、ただただ厄介なものとしか思っていないのですから、仕方のないことなのですが…。でも、もしかしたら、それも判っていてフードを残しているのなら、単なる2歳児相当犬とはいえないような気もします。


    【2005/10/07 18:30】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    おったのっしみ~!
    ホラホラ、パン屋さんはアッチだよぉ~ 散歩に行くまでのプロセスが大ッ嫌いな「めかぶ」を、毎回騙し騙し外へ連れ出すのは、楽しくもあり面倒でもあります。首輪を付けるのに一波乱があり、服を着せる度に戦いがあり、散歩用の水を用意するだけで、カンシャクを起こす「めかぶ」と、トムとジェリーのようなドタバタがあります。玄関を出る時も、夫が抱っこして私が先に表へ出るものなら、「先に行くナァ~!」と言わんばかりに、よその家の犬までもつられて吠えるくらいに騒ぐ「めかぶ」なので、完全に外へ出るまでは近所へ気を使う毎日です。暑くもなくなると、散歩も夕飯の買い物を兼ねてする事が多くなってきて、「今夜はナニにすっかなぁ?ナニ食う?ナニ食いたい?」と、夫に聞くのが日課になってしまいました。そのくせ、夫が「○○が食いてぇ!」と言っても、私は私で作るのが面倒なのもあって「う~ん、それ却下!」と言うので、スーパーに着いても、結局は何も決まらない無駄な会話に終わってしまいます。その間の「めかぶ」は、歩道にある黄色い点字ブロックの、脇道や交差点になる印の丸ブロックの部分に来ると、決まってマーキングのオシッコをしてしまいます。目的のスーパーに着くと、ついこの間までは、私が中へ入る事に怒って吠えていた「めかぶ」ですが、やっと少し学習をしたようで夫と表で待っていられるようになりました。
     スーパーが目的の散歩コースは、お店によって3コースあって、その一つの途中に、小さなパン屋さんがあります。このパン屋さんは、以前はこの界隈では、チョット騒がれていたオイシイパン屋さんでしたが、店主であるご主人が病気で亡くなり、今は全くのよそのパン屋さんがそのまま店舗兼作業場を引き継いで、新しいパン屋として営業しています。しかしこの社長(と、従業員は呼んでいる)、やる気があるのか無いのか理解できない社長で、普通の会社のように年末年始、GWやお盆はちゃんと休業しますし、毎週日曜と祝日も定休日で、その他にも臨時休業もするのですから休みに関しては問題はないと思うのですが、時々サボるクセがあるようで、パート従業員に任せてしまう日が時々あります。前日には、ある程度のパン生地の仕込みをしているようなので、多少のことはパート従業員に任せても大丈夫なのでしょうが、社長がいない日は、パン屋なのに食パンが一日中店頭に並びません。いつもは、お昼前に焼きたてがあるので、それを狙って行っても「今日は社長が休んだもんで…」と、謝られてしまいます。
    きょうはまだ、50エンのアンパンあるよ! そんなことが何度か続くと、「ホントにやる気があるのかっ?パン屋という仕事を誇りに思っているのかっ?社長!社長なんだからポコポコ休むな~!」と、プンスカしながら他のお店に行かなくてはなりません。このパン屋さんは、客寄せの為か夕方になると焼きたてのアンパンを1個50円で販売します。スーパーの帰り道にまだそのアンパンが残っていると、無類のアンコ好きな夫に買わされることになるのです。「めかぶ」は、スーパーでも私に置いてけぼりをされたことに怒っているのですが、またもやパン屋さんの前で夫と待たされる事に、ガルガルしながら怒っているのです。会計が終わって、お店を出る時に試食用のパンがあれば「一つ、もらいますねぇ~」と言って、私が食べる振りをしてチャッカリもらいます。お店を通り過ぎてから、少し「めかぶ」に食べさせると夕方でお腹が空いているのか、ヨロコンで食べては催促をする食いしん坊は、すっかりその楽しみを覚えてしまいました。そのパン屋さんの近くを通る時は、リードをグイグイ引っ張って二足歩行になるほどです。「めかぶ」のような散歩嫌いでも、試食のパンを唯一の楽しみにしているのが、何とも情けない。パン屋さんコースじゃない他のスーパーコースは、嫌いなようです。


    【2005/10/06 11:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    よ~く考えよ~♪
    包帯から出た爪が、カニ爪のコロッケみたいだったのに、写真に撮ったら銘菓『ひよこ』ソックリ 動物保険には、賛否両論があるみたいです。元気で病気知らずの動物なら、加入するのももったいなくて躊躇してしまいます。「めかぶ」を買ったペットショップでは、生体購入時には、お店と提携している保険会社への加入を薦める営業活動みたいなものがあるらしく、何も判らない我が家がは、まんまとその話術に乗ってしまいました。そもそも、犬を買うつもりもなく、ただ暇つぶしに見に行っただけなのですから、知識も何もあるわけがありません。説明を受けても、ワクチンだのその後の狂犬病注射だの、フィラリアの薬だのと説明を聞いても、私と夫は実際には、半分も理解できていませんでした。それよりも「つい調子こいて、買ったはいいが、今日から犬との生活が始まるどぉ!果たして大丈夫だべが?」という不安がいっぱいで、聞き慣れないチンプンカンプンの訳の判らない説明は、正直、ウワのソラでした。
    先週、最後の靴下着用での散歩 最初は、子犬のうちは何があるか予測もつかないので、無駄を承知でまんまと乗せられた保険に加入しましたが、「めかぶ」の場合は正解でした。下痢が続いたり、耳がマラセチア菌に侵されていたり、食べ過ぎでお腹にビッチリとウンチョが溜まっていたり、心臓に異常があるのが判ったりで、治療代や薬代、レントゲン代、心電図での検査代…etc.で、保険に入っていなかったらかなりの出費でした。年間に保険が使える回数が決まっているので、一回の治療費が少額の時は使わないようにしていましたが、それでも年間に使った回数をみると、かなり我が家の家計には貢献したと思います。ワクチンや普通にする耳の手入れに保険は効きませんが、耳が炎症を起こして注射をすれば保険適用になるので、その時その時の様子をみながら保険を使っています。
     今年の保険更新も、「めかぶ」の身体からすると有無を言わずに更新しました。今回の手術騒動で掛かった金額はなんやかんやで通常は75,000円ほどかかる金額でしたが、何度か保険を使ったので、その半分近くで済みました。術後数回の消毒と化膿止めの注射にまで保険を使ってしまうと、次の更新までの使用枠が無くなってしまうので、予備を考えて使いませんでした。健康な犬なら、わざわざ加入することもないのでしょうが、「めかぶ」のように異常が判明したのであれば、いつ何があるのか判らないので、やっぱり保険を止めるわけにはいかないのです。
    なぜか、風船にビビっているめかぶ 先日たまたま、パグを飼っているお隣の奥さんと立ち話をしていたのですが、同じ集合住宅に住んでいるシェップランドシープドッグが、子宮ガンが見つかって手術入院をしていたのだそうです。最近、散歩している姿を見かけないなぁと、思っていたのですが、そんな理由だったのをお隣の奥さんから教えられました。聞けば、その費用も何十万と、かなりの金額だったらしく、お隣の奥さんは他人事なのか「ウチの犬がそうだったら、破産だよわぁ~」と、アッケラカ~ンと言ってました。家族と同じかそれ以上の愛犬が病気になったら、金額云々と言ってはいられません。借金してでも、どうにかして治したいと誰でも思うハズです。
     保険料は、決して安いものではありませんが、万が一の場合の『備えあれば…』と思って、少しでも安くする為に年間払いにしています。去年と今年は、「備えがあったから、家計が助かった!」ようなものです。


    【2005/10/05 14:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    本日休刊しま~す

     本日『がるるる…エッセイ』は、お休みします。

     昨日の夕方から、二ヶ月前と同じような体調不良に、陥ってしまいました。夕べから熱も出てしまって解熱剤も効かず、とにかくダルイったらあ~りゃしない。
     でも、毎日更新してたのを、ここで空欄を作るのもシャクなので、『本日休刊』の告知を出してまで、皆勤賞とやらの記録更新をするほど、何とも往生際が悪い始末でございますです。
     明日は通常通りに、更新できるかと思いますが、コレばっかりはわかりません。明日になったら、もしかしたら夫がヨロコビにうちひしがれて、真っ赤なバラで黒枠を囲んだ最初で最後の私の顔出し告知をされるかもしれません。でも、それだけは何とかして避けたいと思いますので、今日はゆっくり休みます。

     それでは、皆さま、おやすみなさい。



    小さなギモン
    ♪森へゆきましょう~“めかぶ”さぁ~ん♪ ここ何年も、子供服を買うこともありませんでした。私の友人達も、もう年齢的に出産することもなくなったので、もうそのお祝いの子供服を買うこともなくなったのです。出産ラッシュの頃は奇しくもバブルの時期で、子供服もブランド品の全盛期でした。新米かーちゃん達の憧れは「ミキハウス」だのなんだのと騒いでは一方的に要望され、子供の居ない私はお祝いを買うばっかりです。今までに買わされたそのぶんを「『敬老の日』にでもいいから、そっくりそのまま『お返し』として、ブランド品でくれ~!」と、思わずにはいられません。今はバブル期とは違ってブランド品へ突っ走る新米おかーさんも減り、リーズナブルなお店も出てきて、こちらも助かっています。
     家の近所に、数年前から地元発祥の子供服店があり、若いおかーさん達はこぞって小さな店内でここの新作の服を買っています。ここのお店は中国などで縫製をし、在庫品をかかえるような数の服は作らずに、毎月のように新作を出しているものの、店舗数に対してのサイズ別・色別を考慮した分しか作っていないので、全くの同じものはほんのわずかしか置いてありません。なので、よくありがちな同じ服の鉢合わせも無く、その分安く売る事が出来るのです。立て続けに知り合いに赤ちゃんが生まれて、あまり気を使う関係でもないので、そこの服をプレゼントしました。5千円で、ボトム、長袖のシャツブラウス、ニットのロングベスト、プルオーバーまで揃ってしまうのです。アレコレと組み合わせを考えて、イマドキのおかーさん好みにチョイスするのは、子無しオババには大変です。
    どこもアタチをうけいれては、くれないのね~ん! もう一人は、15年以上も前にある大学での短期アルバイトの際に知り合った当時18歳の女の子ですが、いまでも義理堅く年賀状のやり取りをしています。アルバイト後は、看護婦さん(今は看護士って言うんですよね)になって、もう結婚出産するくらいの年齢になっていました。もう顔も忘れてしまった彼女ですが、こんなオババでも、何か転機があれば近況を教えてくれるその義理堅い気持ちが嬉しくて、同じ子供服のお店でささやかなプレゼントを贈りました。送料を入れても3千円もあれば、長袖Tシャツとプルオーバーが買えるのですから有難いです。子供はたくさん服を汚しながら元気に遊んで欲しいので、気の張らないリーズナブルな服で何も気にせず着せてほしいです。
     同じリーズナブルな服でも、大人も着る全国的に大々的に販売している有名なお店があります。ここでもたまに買い物をしますが、同じ物を超大量生産しているし、仙台市内だけでもかなりの店舗数があるので、どーしても同じ服の人とバッティングしてしまって、気まずい思いをしてしまいます。そんなことも消費者の気持ちを考えないので、ココ何年かの売り上げが落ちてしまう原因じゃないか?と私は思っているのですが…。この夏に、夫が家で穿くパンツを買おうと思って、近所にあるそのお店へ行ったのですが、入り口には介助犬や盲導犬OKのシールが貼られていました。と、言うことは、それ以外の犬はNGということになります。「めかぶ」も連れていたので、念の為に、スタッフさんにキャリーバッグへ入れての入店でもダメなのか?と聞いてみたのですが、マニュアルがあるのか一蹴されてしまいました。炎天下の車の中に「めかぶ」を置いていく訳にもいかず、確かにお店の事情もあるのでしょうが、あまりの融通の無さに憤慨した夫は「オラァ、ここでもう買わねぇ!」と言って、家に戻って来ました。
    目がユニク…じゃなくて、『シロクロ』 介助犬、盲導犬でもまだまだ社会の受け入れには、問題があるようです。特に飲食店には、高いハードルがあるようです。ちゃんと訓練をされた犬でも入店は難しいのですから、「めかぶ」のようなアホ犬は天まで届く高さのハードルです。いつになったら、犬にとって寛大な世の中になるのでしょう?夫のパンツを買えなかったあの店は、犬はダメでも、猫や亀、鳥や蛇やサソリだったら入店できるのでしょうか?入り口には何も規制はありませんでした。



    行きはキツキツ、帰りは楽々
    トリミング後、初めて仕上げにバンダナを付けてくれました 今朝は初っ端から、ウィルスソフトの期限が切れてしまって、夫にインストールをしてもらったものの、3時間以上もかかり他に何も出来ず、何とも面倒で忙しい一日でした。昨日、トリミングをしてもらったのですが、少し気になる所があったので午前中に手直しをしてもらいました。待っている間の40分近くは、店内をアレコレ見たり、モニターに映る「めかぶ」の姿を見て時間をつぶしていました。その後、前々から『いんちきたんちき』の常連さんBlackさんちのMダックスコロンちゃんと、「一緒に通いましょう」と、約束予定していた躾教室への申し込みをしにお店のような事務所へ寄ってきました。先生は、少し年配の女性であまり商売っ気の無い、人の良さそうな優しい先生です。「めかぶ」の困っている事を話すと、その場で少し指導やアドバイスをしてくれる先生です。教室には、先生が飼っている黒のプーの「ジュン吉」クンが、ビビリまくる「めかぶ」の相手をしてくれて、「めかぶ」は何が他の犬を怖がるのかを見極めてくれました。
    狭々、窮々だったキャリーバッグ ここは、時間も私達の都合に合わせれくれるし、他の犬と一緒に受けなくてもいいところが、Blackさん一家と「めかぶ」一家のような、犬嫌いな犬にとっては有難いことです。決まった回数の受講が終わったら、自動的にステップアップするようなスケジュール重視でもなく、あくまでも受講側の都合でいいのですから、仏様のような教室です。入会金も無く、月謝も無く、あくまでもチケット制なので、コレも助かる一つです。教室の効果は、まずは行ってからの事なので、今は何とも言えませんが…。
     その後は、ホームセンターで「めかぶ」が使っているトイレシートが今日まで超特売なので何としても買わねばならず、オマケに今朝になって、身体にも噴き付けられるタイプの消臭剤が無くなり、買い置きの詰め替え用ストックも無くなっていることに気付きました。身体に直接付けられるタイプの消臭剤は、どこでも売っている物ではないのでいつも決まったお店で買うのですが、そこも品切れでアチコチと置いてそうなお店を回り、やっと家に戻ったのがお昼過ぎでした。ココまでは、風邪のひき始めの夫もくっ付いてきたのですが、さすがに午後からはダウンしてしまいました。午後は、Blackさんとドッグカフェで、躾教室の話をするのに待ち合わせをしました。「めかぶ」はいつもいるはずの夫がいないので、少し不安になっています。1時間ほど話をして別れたのですが、朝から忙しい思いをしている「めかぶ」は、すっかりお疲れモードに入ってしまいました。
    行きとは違って、帰りはラ~クラク~! 助手席に置いてあるキャリーバッグは狭くて、お座りか立ったままの状態でいるしか出来ない「めかぶ」は、立ったまま居眠りを始めてしまいました。その姿を見てると、あまりに可哀相なので、そのままペットショップへ直行して、ドライブ用のBOXシートを買いました。BOXシートにそのまま入れるには、冷たくて硬そうだと思い、同じ敷地内にある「しまむら」で、クッション代わりに小さい枕を買いました。サイズもピッタリンコで、イイ感じです。駐車場で、新しい「めかぶ」専用シートをセットすると、一目散で中へ入る「めかぶ」です。今度は、思いっきりヨコになって眠れる大きさです。さすがに、疲れきった「めかぶ」は、あっという間に眠ってしまいました。もう、狭い思いをしまくてもいいので、これからは多少の遠出も平気です。



    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。