がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    10 | 2005/11 | 12
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    出しなしゃ~い!
    ナンですか?その“くつちた”は!ちゃんと、はきなしゃ~い!! まだ手袋をするほどでもないのですが、チョット風が冷たい時に、袖に手を入れていると、急に豹変するのが「めかぶ」です。散歩の途中で、時々買い物や用事で夫にリードを渡し、突然私がいなくなるので、「めかぶ」は少し歩いては振り向いて、ちゃんと揃っているか確認しながら歩きます。その時、リードを持った手が袖に入っているものならば、散歩どころではなくなり、ピョンピョン跳ねながら「がるるるっ!」と唸り、袖を噛もうとします。「手はどーしたのっ?!どこにやったのっ?!はやく、出しなしゃぁ~い!」と言っているようです。ワザと両手を袖に入れて、「あっ!手がな~い~!」と袖をブラブラしようものなら、がるるる度は最高潮に達してしまい、鼻息は荒く、吠えまくってしまうのです。いくら歩道とはいえ、通行人の迷惑になるので、袖から手を出すと、ようやく安心して散歩を続行するのですが、しばらくは鼻息が「めかぶ」のプンスカ度合いを物語っています。
    ソデに手をかくしたら、アタチはゆるさないのね~ん! 夏のように半袖に素足の時は、まったく無反応なのですが、長袖を着て靴下を履くのが、どうも「めかぶ」は気に入らないようです。特に5本指靴下が特に嫌いなようで、私の足の指に合わない部分を見つけては、噛もうとするのです。「ちゃんと履くなら履きなしゃ~い!」と言っているのかもしれませんが、ユニクロの5本指ソックスは、私の短指には合わず、薬指と小指がダブダブに余ってしまうのです。そーすると、履いているうちに、だんだん他の指も脱げてしまいそうになるので、「めかぶ」はもっと怒ります。ですから、当然、手袋は大っ嫌いです。大好きなオヤツを貰える手が、変な袋に覆われているのが、「めかぶ」にとって嫌なのではないかと思うのすが、それとも隠した手の中に、何かオイシイ物を隠しているのと思っているのか…。犬一倍、食意地のはった犬が考えそうな事です。
    あっ、アノひと、おててをかくしてるぅ~!“ちゅーい”するのね~ん 試しに帽子をかぶっても吠えます。いつもと違う出で立ちに敏感になっているのだと思うのです。いつもの化粧と違って濃かったりすると、「どーしたんだオマエ、今日は化粧が濃いなっ!他にオトコでも出来たんじゃないのかっ?」と、何かと在らぬ疑いをかけるヤキモチ亭主のように、「ナニ?きょーのけしょー、いつもよりも、もっと“ヘンチク”だよ!」と、「めかぶ」に指摘されそうです。「そんなんじゃ、ダメェ~!」と言って、「めかぶ」クレンジングで、顔をベロベロ舐められてメイクを落とされてしまいそうです。さすがに、袋をかぶって顔を隠すと怖がって近づいては来ず、場合によっては、その場にオシッコをチビッてしまいます。なにもそこまでして「めかぶ」を怖がらせる事もないのですが、のん気な顔をしてお昼寝をしているのを見ると、何かしてしまいたくなる衝動に駆られるのです。
     これからは、手袋やマフラーで素肌が隠れてしまうので、「めかぶ」はますますストレスを溜めて、プンスカしながら散歩をするのが想像できます。どうも「めかぶ」は、変な癖をもったアホ犬です。


    スポンサーサイト
    【2005/11/29 12:30】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(9) |

    ここまで、きたか!
    服を着て、飼い主と同じベッドに寝るのが当たり前 来年は戌年とあって、ワンコ業界はいつになく盛り上がっているようです。犬用のクリスマスケーキは珍しくもなくなり、この間は店頭で『犬用“おせち”予約販売』のポスターを見ました。ニンゲンでも、近頃は食べなくなったおせちを、何とかして犬にまで売り込むとは、大した商売精神旺盛だと関心するばかりです。今は、スーパーも365日開いているし、日本国民が一斉に休むなんてことは、遠い過去の話です。
     思えばペットの生活も、ずいぶんと様変わりしてしてしまいました。初めて、ドッグフードなる物を知った時もビックリし、犬が服を着たのを見た時も、再度ビックリして、カッパと長靴を履いて散歩をしている光景を見たときは、世も末だと思ったものでした。しかし、いざ自分の家に犬が来た日から、世も末だった全てが、当たり前の事として、いとも簡単に我が家の犬生活に導入となったのですから…。親バカを通り越した、バカ丸出しのバカ親そのものです。定期的に送られてくる、犬の通販本を湯船に浸りながら、アホ~っとして見ては「高っかぁ~!」とか、「ナニコレ?こんなの買うアホ居るのかっ?」とその時は思っていても、ある日それが我が家にあったりするのです。
    サングラスをするのも当たり前悪い事したら、怒られるのも当たり前 最近売り出された車に、犬を乗せることを前提した車もあるようですし、マニキュアや泥んこパックとか、私ですら体験した事もないのに、今はどこのペットサロンでは行っています。保険だってあるし、ルームウォーカー(ランナー)も売っていたり、ニンゲンとほとんど同じような「犬の結婚式」まで執り行われたり。そのうち、お受験とかするようになる時代がきたり、犬が免許を取って、犬が運転する車も発売するかもしれません。犬が行く旅行パックとか、犬が集まって、飼い主の愚痴を言い合う居酒屋なんかも出現するかもしれません。今の時代、なにがあっても不思議じゃないのです。お墓もあるし、お葬式もしてくれる所も増えてきました。愛犬を郵便切手にも出来るし、ここまできたら、犬の銀行もあってもいいと思います。まぁ、我が家にはそんな余裕はありませんが、親や子供達が遺産争いをするくらいなら、いっそ犬に財産を残した方が幸せかも?
    もうすぐアタチが、運転するのもアタリマエになるのね~ん! 犬用おせちを食べながら、「レンコンは先が見えて明るいんだよ」とか、「昆布はヨロコンブ」なんて、犬もウンチクを言いながら食べるのでしょうか?犬用のクリスマスケーキも、あんなに大きくなくても良さそうなのですが、売る側はどうもニンゲンと同じにしないと、気が済まないみたいです。今年も我が家は、クリスマスだからと言って、特別な事はしませんし、大きなケーキを買う予定もありません。たぶん、きっと。


    【2005/11/28 19:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    寝る子は「がさつ」
    「ガァルルル~ゥワァン!」何もしていないのに、因縁をつけるヤクザ 「めかぶ」の吠え癖は、一向に改善が見られません。躾教室へ通っていても、見慣れない犬には吠えてばかりです。でも、一緒に通っているダックスのコロンちゃんと、先生の愛犬黒プーのジュン吉くんには、あまり吠えなくなりました。コレは、オヤツの賜物です。散歩中によく会うポメラニアンがいるのですが、この飼い主さんは話し好きなので、姿を見つけると、道の向かい側から大きな声で「めかぶちゃぁ~~ん!」と呼んでみたり、近くの薬局に入るのを見られると、入り口で待っていたり。ポメ君は散歩が大好きなのですが、飼い主さんは散歩が嫌いで、立ち話が大好きらしく、いつも近所の角々で誰か話し相手を探しています。
    オラオラオラオラ!モンクあるヤツは、でてこんかぁ! 人懐っこいポメ君なのですが、一度ヒート中に「めかぶ」は、このポメ君にシツコクされてから、あまりイイ印象が無いみたいで、会う度に吠えてしまうのです。もうおじいさんの歳のポメ君は、ヤクザな「めかぶ」に吠えられて、いつも小さくなってしまいます。
     躾教室へ行っても「めかぶ」は、コロンちゃんやジュン吉くんから嫌われていて、誰も「めかぶ」と遊ぶどころか、近づこうともしません。「めかぶ」が近づくと、みんなスゴスゴと離れてしまいます。コロンちゃんに至っては、咥えていた自分のオモチャですら、落として逃げてしまうのです。いったい、どこで育て方を間違ってしまったのか…。AIBOなら、メモリーを入れ替えれば一から育て直せるのですが、ヤクザなナマ犬は、リセットも出来ません。
    人をあざむく仮の姿 昨日も教室で、先生が他の犬を仲間に入れてみたのですが、コロンちゃんは、もうちゃんと他の犬と仲良くできる術を会得したのですが、ヤクザはどうも素直になれず、何でも斜に構えて見る傾向があるのか、みんなの輪に入ることが出来ません。特に昨日は、吠えまくって全くダメでした。気にはなっているようなのですが、いま一つヤクザの心理が、どうも一般には理解出来ないのです。私や夫が甘やかして、少し図に乗っているのかもしれません。自分はヤクザの親分と勘違いしている「めかぶ」に、現実を思い知らせるためにも、私や夫もココロを入れ替えて、本来の『下っ端生活』をさせなくてはいけないようです。
    きょうのアイテは、“サツ”だけじゃのぉ~ すぐ近くの公園の陰で、警察が一時停止等の違反者確保に、躍起になっていました。ボーナスが近くなると、どうも警察は姑息な手段で、違反者を獲得しています。確かに、どんな道路でも必要だから、一時停止とか一方通行などが決められているのは判るのですが、あの陰に隠れて取り締まるっつーのが、私にはゲセません。ヤクザ犬は、根っから警察が嫌いらしく、その公園の隅に隠れて取り締まっている警官を見つけた「めかぶ」は、イキナリ吠え始め、警官相手にガンを飛ばしているのです。「ダメ!めか!、イケナイ!」と言っても、ヤクザと警官の対立は不滅なようで、「お仕事なのっ!あんまり吠えると、逮捕してもらうがんね!」と言いながら、私は取り締まっているおまわりさんに謝る始末です。
     暇さえあると寝てばかりいる「めかぶ」なのですが、『寝る子は育つ』とは言うものの、私と「めかぶ」の場合は、寝過ぎが原因なのか、『寝過ぎは“がさつ”』という新しいコトワザを確立してしまいました。吠え癖が直らないせいで、日曜日なのにどこへも行けません。


    【2005/11/27 10:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    犯罪ですよ!
    へんそーして、ハンニンを見つけるのね~ん! スーパーで買い物をしていると、不振な行動の人がいます。さすがに人目のある所での万引きはしていないようですが、値引きのシールを剥がして自分が買う物に貼り変えたり、点数シールを集めて何かを貰えるとなると、小ズルイ人は商品を買わずに、コソコソ剥がして台紙に貼ってる人もいます。以前、私が働いていた写真店はスーパーのテナントとして入っていました。スーパーも暇ですが、写真店はもっと暇なので、受付カウンターでボーっと店内を見ていたら、少し年配の女性が自分の手提げ袋に、手当たりしだい袋に入れていました。普通は買うつもりであれば、ちゃんと商品を見てカゴに必要な分を入れるのですが、その女性は、あまり人がいない家庭用品売り場の棚で、がさばらないスプーンや割り箸などを、すばやく無造作に袋に入れているのです。ボーっとしている私なので、見慣れない光景に最初はナニが何だか把握出来なかったのですが、「」ときました。スーパーの店長にその事を話すと、少しオマヌケな店長は、その女性をきっちりマークするのですが、どーみても昭和初期の少年探偵団ごっこのような感じで、棚の陰から見ているのですが、他のお客からすれば異常に怪しい店長の行動なのです。子供の方がよっぽど尾行が上手そうです。結局、下手っぴな店長の尾行に、その女性も気づいてしまい、結局は袋に入れた物はそのままで、カゴに入れたラップ1個だけを買って、急いで帰ってしまいました。現行犯じゃないと捕まえられないので、店長のオマヌケな尾行で、まんまと手提げの中の商品は持ち帰られてしまいました。
    んっ?クンクン!ココが少しニオウのねん。あっ!アタチのオシッコなのね~ん おととい、「めかぶ」のドッグフードを買いにペットショップへ行きました。いつも買うフードに、キャンペーンでグリニーズが付いてきます。期間的には終わっているのだと思うのすが、賞味期限が切れてもいないキャンペーン用のフードを、処分するワケにもいかないのか、キャンペーンの一袋だけが残っていました。3kg入りにはプチサイズ6本付いてくるのですが、その最後のヒトフクロウ…じゃなくて、一袋に付いているハズのグリニーズは、何者かによって剥ぎ盗られていました。ケチンボな私は、せっかくタダでグリニーズ6本ついてくるフードが良いワケで、お店の人に話をすると、わざわざお店で売っているバラのグリニーズ6本を、渡してくれました。1本¥135のシールが貼ってあったので、店側は何者かのせいで、810円分の赤伝処理をしなくてはなりません。面倒な話です。
     いくらノベルティグッズでも、盗みは盗み、れっきとした犯罪です。私も幼稚園の時、すぐ近所の親戚の家に配達されたヤクルトを、箱の中から勝手に盗って、1本飲んでしまいました。あれから私も飲酒出来る年齢に成長し、居酒屋へ行くようになったある日、レジで支払いをするのにヤクザ風の団体が、あーだのこーだの言って、なかなか支払いが終わらず、私はイライラしていました。相手が相手だけに、文句も言わずガマンして待っていたら、やっと終わって帰った後の床に、かぐや姫が入っていた竹のように、眩しいくらいの輝きを放つ“5000円札”が落ちていたのです。しかし、相手が怖くて教えることも出来きず、私はそのまま持ち帰り、夜遅い時間で交番も終わって(?)いたので、ヤクザは後が怖いから、一緒に居た友達と証拠隠滅のためにも、その日のうちにサッサと使ってしまいました。コレもれっきとした犯罪ですが、レジでイライラドキドキしながら5分以上も待たされた、慰謝料として頂戴しました。たぶんヤクザも、落としたのに気づいても、きっとあの5000円は、公に出来ないお金だと思うんです私。
    ネコババ婆と犬のオマワリの逮捕劇

    パン屋さん
    チョット見は、変態下着っぽい 朝にテレビの『きょうのわんこ』で、コーナーとCMの間に入る紹介ナレーションを聞いていると「“きょうのわんこ”は、いつもあるお店で立ち止まるわんこです。」などと言っているので、何かなぁ?と見ていると、お店の人に何かオイシイ物を貰うために、ワクワクして待っている犬なんかが出てきて、笑ってしまいます。ラーメンのチャーシューだったり、お寿司屋さんの玉子焼きだったりサマザマなのですが、「犬もちゃーんとオイシイ思いをするお店を判っているんだなぁ」と、感心したりしています。
     今日は、我が家で使っている回線の工事とかで、午後まで通信出来ないので、夫は朝から会社へ行きました。私も、更新作業が出来ないので、簡単に掃除を済ませて、溜まった「めかぶ」の服の洗濯です。散歩の時や出掛ける時にしか着せていないので、そんなには汚れてもいないので、つい後回しになってしまします。ホントは、その都度洗えばいいのですが、ニンゲンの物に比べたらすごく小さい服なのに、正直それも面倒でなのです。やっと、その洗濯をしてベランダに干したのを、お向かいの独身男性が見たら「あれは何だ?変わった下着か?」と、思うような「めかぶ」の服です。
    あ~アタチのキモチわかってぇ~ 午後には夫も帰って来て、近所のスーパーへ買い物がてら散歩へ行きました。その散歩コースには、何度かココに書いたあの『やる気の無いパン屋』があります。行きも帰りも同じ道を通ったのですが、「めかぶ」はパン屋へ行く横断歩道を渡ると、一気に早足または二足ピョンピョン跳びをして、パン屋へ向かっています。私が少し遅れ気味に歩くと、リードを持った夫とパン屋の前で止まってしまい、「パン、かわないの?」とばかりに私の顔とお店をキョロキョロ見ているのです。「あとでね!」って言うと、「しかたないなぁ!じゃぁ、あとででいいや」と言った感じで、また歩き始めます。スーパーに近づくと、私がお店に入ってしまって、夫と待たされるのが嫌なのか、お店付近の決まった場所に来ると、何度もしゃがみ込んでしまいます。サッサと買い物を済ませて、お店を出るといつも「めかぶ」に怒られれて吠えられる始末です。
     来た道を戻ると、来る時はしゃがみ込んだ場所など無視して、スタスタ「めかぶ」は歩きます。もう頭の中は、パン屋さんでいっぱいなのです。パン屋に近づくに連れて、歩調を合わせていた「めかぶ」は、だんだんリードをグイグイと引っ張っるようになって、パン屋へ向かっています。案の定、きっちりパン屋の前で立ち止まり、私は約束どおりに、パンを買いにパン屋のドアを開けると「アタチもはいるぅ~!」とばかりに吠える吠える。「アンタはだ~め!待ってなさい」と言って中へ入るのですが、「めかぶ」は外でハラハラしながら、私がちゃんとパンを買うのかを確認しているようにも見えます。ただ「めかぶ」の目的は買うことではなく、私がお店を出る時に、試食のパンを持っているかどうかなのです。一応、私が試食を食べるつもりでヒトカケ貰うのですが、試食の割りに大きいパンのその端っこを、待ってたご褒美に食べるのが楽しみなようです。当然、家に帰ってから買ってきたパンの端っこを、私と夫を行ったり来たりして食べるのは、言うまでもありませんが…。
    パンやさんが、ゆいいつのたのしみなのにぃ~

    ゲージツの冬
    似てるようで似てないふたり 東北の秋は早い、早すぎる。
     つい何日か前までは、家の中でも半袖で過ごしていたのに、急に寒くなって一気に重ね着の日々を過ごすようになってしましました。満足にサンマも食べていないし、松茸なんてんでもっての外で、せいぜい目をつぶってエリンギ茸を食べながら、永谷園の松茸のお吸い物でごまかして、気分茸を味わうだけです。
    天高く犬肥える冬
    スポーツは身体がついていかないし、芸術は才能がないので、短い秋を堪能するのは食欲しかないのですが、ビンボーゆえに味わえるのは庶民の味だけでございます。読書も、最近は老眼が始まったようで、夕方になると、物が二重に見えたりして視点が定まらず、名前と住所を書くのも難儀している状態でございます。いよいよ私も来年は、眼鏡屋さんの初売りで『3割増し商品券』を買わなければいけません。
     仙台名物『初売り』は、景品がスゴイので全国ニュースにもなるほどです。毎年決まってテレビに映るのは、早朝の老舗お茶屋さんの映像がほとんどなので、映像を使い回ししているような気もなくはありません。景品がいいお店は前日から徹夜組が、アチコチに段ボールを敷き、カイロ持参に重ね着をして並んでいます。本当なら『公取委』に引っかかるほどの景品なのですが、この日ばかりは昔からの恒例行事ということで、特例扱いになるお正月の名物行事です。

    「鏡の国のアリス」。でもストーリーが??? 祝日の今日は、暖かい穏やかな一日だったので、散歩を済ませて、そのまま車で県立美術館へ行ってみました。犬連れなので、中庭の「アリスの庭」を少し歩いてきました。ルイス・キャロルのあのアリスなのですが、ここの庭のコンセプトは「鏡の国のアリス」で、本を読まない私にはストーリーがサッパリわかりません。どうも、チェスのルールが判らないと、ストーリー自体も難解らしいので、私は「不思議の国のアリス」でギブアップです。ストーリーが判れば、もっと楽しめそうなのですが、アホ犬おバカ一家はバカ丸出しで、ひたすら写真を撮ってきました。
    急ぐと身体が、角川映画の「汚れた英雄」のワンシーンになる犬
     「めかぶ」は初めて見る大きなオブジェに、ひたすらタジロギ、動かない登場人物に吠えまくっていました。マジックミラーに写る自分に吠え、その奥にいる入館しているヒトに笑われる始末です。いつもの散歩コースの写真も代わり映えしないせいか、少し飽きてきました。今日は、特別な話もないので、いつもより写真を多くアップしてみました。(写真はノーリードの様に見えますが、今回はワザと消してあります)
    ここには、アリスの話に出てくるいろんなオブジェがあるのです
     みなさんから、私ごときの体調に対してご心配いただきましてありがとうございます。そんなつもりで書いたワケではなく、私の顔にオシッコをかけられた事が言いたかったのですが、思わぬ事態に恐縮しています。今日はだいぶ良くなったので、タラタラと散歩もにも行ってきました。

    究極の化粧水
    人工的に動くモノが苦手のようです 昨日の私は、朝からまたもや下腹部の痛みにもだえておりました。鎮痛剤を飲んで休んでいると、いくらか痛みも治まってきて、どんな時でも空腹な私は、夫と近くの中華店にお昼を食べに行ったのです。が、家に戻ってくるとまた痛みが陣痛の始まりのように、急に痛くなったり、かと思えば痛みがなくなったりを繰り返していました。どちらにしても、昼夜痛みと戦っていたのですが、家の中をおばーさんのように屈んで歩くのがやっとでした。午前中に銀行へ行きながら「めかぶ」の散歩をするつもりでいたのですが、さすがに痛くて散歩どころでもなかったので、夫に散歩と銀行の用事を頼み、私は薬を飲んで寝ていました。
     いつもは、一家で散歩をするのが恒例なのですが、「めかぶ」は私が家に残っているのが不満らしく、「めかぶ」は玄関を出てエレベーターに乗るまで吠えているのが聞こえます。1階までは抱っこして降りるのですが、吠えてコーフン状態の「めかぶ」は、いつも爪を立てて暴れて、ジッとおとなしく抱っこされてなどいないのです。銀行までは歩いても15分もかからないのですが、犬を連れていればオシッコをしたり、クンクンしたりでそこそこ時間がかかります。「まぁ少なくも、40分は帰って来ないな!」と思って寝ていたのですが、夫と「めかぶ」は20分で帰って来てしまいました。聞けば「めかぶ」は、行きは家の方向ばかり見て歩かないので、中年夫は無理して小走りで銀行へ行き、帰りは「めかぶ」がグイグイ引っ張って、夫が走らされたそうです。
    いそげ~!はやく、おうちにかえるのね~ん! いつも散歩から帰ると、足を拭くまで床に降ろしてもらえないのを「めかぶ」は知っています。いつもは拭いてもらうまではおとなしくしているのですが、昨日は私がベッドで寝ているのを知っているので、どうにかして脱走を図ろうとしているようです。夫が「コラッめかぶ!足拭かないとダメッ!」と、何度も叱っているのが聞こえてきて、夫は足拭きにだいぶ悪戦苦闘しているらしく、とにかく「めかぶ」は私の所へ行きたくて行きたくて、暴れているのです。どうにか足を拭き終えると、ダァーッと走って来るのが判ります。その勢いでベッドに上がって、私の上に乗っかってきて、顔をベロベロ舐めるのですが、昨日は「おうちにいるのに、なんできょうは、いっしょにサンポにこないのっ?なんで?なんで?」と、一段と激しいベロベロ攻撃でした。まして昨日は、コーフンのあまり私の顔に数滴の冷たいモノが…。その直後、「めかぶ」はお股ペロペロしているので、その数滴はまぎれもなく「めかぶ」のオシッコでした。一昔前に「オシッコ健康法」っていうのが話題になりましたが、「オシッコ美容法」っていうのは、まだ聞いた事ありません。最近は空気も乾燥してきて、私の顔も粉吹き芋状態になってしまって、顔のアチコチが痒いのです。そんな乾燥顔に「めかぶ」は、究極の化粧水、量的には美容液を垂らしてくれました。黄色い栄養クリームでなくて良かったですけど。全く、毎度毎度こんな「めかぶ」には困っています。
    はなちゃんちのコレいいね!ココおすとオヤツがザァーって、でるんでしょ! その後で、「めかぶ」は久しぶりの留守番をしたのですが、やっぱり帰ってサークルを開けると、数滴のオシッコを垂らしては、お股ペロペロしているのですから、ニンゲンで言うところの失禁なのでしょう。数滴で終わりそうも無い時は、自らお尻を屈めて慌ててサークルに入ってトイレの隣に座って、自分でも「あっヤバイ!」と思っているようです。私や夫の近くに来たい気持ちと、オシッコが出そうで危ないと思う気持ちとが錯綜しているようで、近くに来たくても来られないのです。少し落ち着くとトイレを済ませて、やっと甘える「めかぶ」なのです。ヘチマとかメカブの化粧水は効き目がありそうですが、「めかぶ」の天然化粧水の効果は…。



    試練の道ぉ~
    留守番の闘志に燃えているような… ここしばらく留守番をしたことがなかった「めかぶ」を、久しぶりに留守番をさせてみました。夏の地震以後は、「めかぶ」ひとりを家に置いておくのも怖くて出来ませんでした。去年は、父の病院通いや仕事で、4~5時間ほど留守番をさせていたのですが、今年に入ってからはあまり留守番をする機会も減ってきました。そのせいか、チョットでも姿が見えないと騒いでしまって、少し留守番も復活させようと、今日の昼間小1時間ほど家を空けました。私がいつも持ち歩いているカメラは、動画も撮れるので、ビデオカメラの無い我が家は、カメラのメモリーが許す限りの時間を録画してみました。
     久々にサークルに入れられた「めかぶ」は、何かを察してウロウロソワソワして落ち着きません。出来るだけ「めかぶ」を無視して、知育玩具にオヤツを入れて、サークルに入れても全く見向きもしませんでした。とにかく私と夫の行動を見ています。
    そんな格好でくつろぐのも、今のうちだがんね! 私は、何度か家を出たり入ったりして本番にのぞみ、夫がカメラのスイッチを入れて、いざ留守番タイムです。すぐ、家の近所でお昼を食べて、帰ってくる間のことなのですが、久々の留守番でどーなってることやらと、夫は心配していました。出掛けにウンチョは済ませているので、その点は大丈夫だと思うのですが、ずっと吠えたりしないか気になる所です。いくら窓を閉め切っても、吠えていれば聞こえるハズなのですが、外に出た時は聞こえてはいませんでした。
     家に戻ると、鍵を開ける音に気づいた「めかぶ」は、サークルから頭を出して玄関を向いて固まっています。安心したのかサークルの中で飛び跳ねたり、入り口に身体をピッタリくっ付けて、ブルブルしながら開けてもらえるのを待っています。でも、開けようかなぁ、と思うと吠えるので、しばらく無視をしてはおとなしくなるのを待ちます。そして、もういいかなぁ、と思うとまた吠えます。そんな事を何度か繰り返して「待て!」のコマンドでおとなしくなった所で、めでたく留守番解除になりました。「めかぶ」のおめでたにつき物の、嬉ション数滴もオマケしてくれました。
    う~んと、う~んとさみしくて、とおぼえしてなまえをよんでいたのね~ん 早速、カメラに録画した「めかぶ」の様子を見てみると、意外な事に「めかぶ」は、私達が家を出た瞬間におとなしくなっていました。吠える事はしませんが、サークルの中をウロウロしています。「めかぶ」が誰かに来てもらいたい時の飛び道具のオシッコをしていますが、誰も来ないので不安がっています。しばらく自分の置かれた状況を、アレコレと考えているようでした。最終的に『ひとりぼっち』だと理解すると、切ない遠吠えにプラスして何か言っています。映っている時間は20分ほどですが、その間の「めかぶ」は考えてみたり、玄関を向いて伏せをして待っていました。メモリーの関係上、私達が帰って来た瞬間はどんな状態なのか判らないのが、実に残念です。
     最近は、容量の大きいメモリーもだいぶ安くなったようで、一番最初に買ったデジカメのメモリーは、4MGで1万円まではしなかった記憶はありますが、決して安くはなかったと思います。夫は、「こんなことなら、ビデオカメラ欲しいなぁ~」と、ホザいています。気持ちはわかりますが、我が家はビンボーなので無理です。



    はしってやるっ

    ちゃんとスカートはいてんだよっ! こんにちは、めかぶです。すっかりさむくなりましたけど、みなしゃんおゲンキですか?アタチはすこし凹んでいるけど、からだはすこぶるゲンキです。
     じつは、アタチちょっとショックなことがあったので、ひこーにはしろうかとおもっているんです。10かくらいまえに、アタチはちゃんとスカートのおよーふくをきて、おでかけしたんです。でも、おみせにはいれないので、としさんと、よおこさんをおそとでまってたんです。そしたら、しらないオジサンが「あぃやぁ~、めんこいイヌだごだぁ!」ってこえをかけてきたんです。まぁ、それはいつものことなので、きにもしてなかったのですが、トリミングをしてもらって、そんなにひにちもたっていないのに、そのオジサンは「やっぱしイヌも“とこや”さ、いぐだすぺ?オトコっぷり、あがったなぁ!」といって、アタマをなでたんです。「アタチ、オンナのコだよぉ~」と、がるるるっていったのに、しんじてもらえませんでした。
    まずは、グラサンから、はいってみました そもそも、アタチはあんまりオンナのコにみられないみたいです。なまえをいっても「めかぶ」ってきくと、イチバンさいしょは、みんなドッとわらいます。なまえからしても、『せいべつのはんだん』ができないみたいで、だから、あかいおよーふくやスカートのついたおよーふくをきているのに、せんだいでいうところの「ヤロッこ(オトコのコ)」としか、みられないんです。だから、もうすこしオンナのコらしいカットにしてくれるように、おみせのヒトにたのんでほしいんですけど、よおこさんは、たのんでくれません。アタチも、おミミをのばしたカワイイいまどきのカットにしてほしいのに、「ワンナイのゴリがする“おちむしゃ”になるから、いいの!」といって、おミミをながくしてもらえません。もし、アタチがおみせのヒトにおねがいしたら、おうちにかえったら、アタマに『おれた』がさされそうで、コワイです。なので、はんこうするためにも、ひこーにはしろうと、かんがえたんです。
    チョット、イメージの“ひこー”とちがうんだよなぁ… さっそく、ひこーのだいいちアイテム、グラサン(サングラス)を、POOD★LANDで、てにいれました。でも、グラサンだとおもったらゴーグルっていうものでしたが、このさい、どーでもいいのでゴーグルグラサンでいこうとおもいます。そして、ほんとーは、“かわジャン”とか“すかジャン”でキメよーとおもったんですけど、ヨサンがたらなくて、きょねんかってもらった“Gジャン”で、ガマンしました。キワメツケは、かいぞーしたバイクがないとひこーとはいえないのですが、『メンキョショー』ってゆーのがないので、バイクにはのれません。じつに、くやしーです。
    『じょゆー』な~んてね。 せっかくなので、どこのダレとはいいませんが、「ヤンキーじょゆー」になったってゆー、はなしもきいたので、このさい、ほんかくてき『じょゆー』にでも、なろーかとおもいはじめました。ココロない、たにんのヒトコトで、アタチのじんせーが、かわろーとしています。みなさんも、ワンコにたいして、カルハズミなことを、いわないでください。ワンコは、けっこーないーぶなんです。ガラスのココロをもっているんですよ!



    共食い
    アタチ、スキで「めかぶ」って、よばれてんじゃないもん!いっつも、ヨソのヒトにわらわれるもん! 何度も何度も「シツコイよ、あんた!」と言われる位、「いやすこ(訳:食べ物に執着する卑しい事)めかぶ」の話を書いてきました。とにかくニンゲンが食べている物は、何でも食べます。大根おろしでも、セロリでも、グレープフルーツでも、パンの耳でも何でも食べます。量としては、親指の第一関節位ですが、小さくして与えるとヨロコンで食べています。パンの耳は、ホントに小さくしないと吐き出すので、食べたくないのかな?と思っていると、チャッカリ隣に座って待っています。「ナニ、アンタ要らないんじゃないのっ?だから、ペッしたんでしょ!」と言っても、外国のヒトに話すよりも、「めかぶ」には通じていません。吐き出したパンを更に小さくすると、平気で食べるので、どうも「めかぶ」は平安絵巻のお姫様のように、おちょぼ口でしか食べられないようです。「アンタのどこに、そんなデリケートな部分があんのっ?ウソばっかり!」と言いながら、お姫様の要望通りに小さくして差し上げなければなりません。実に面倒です。しかし、この姫様は、果物になると、どんなに大きくても平気で食べる事が出来るのです。普通なら絶対に無理!と、思うような大きさでもペロッと、吐き出す事無く胃の中へいとも簡単に出来る姫様もあるのです。
    両サイドはバカ親カメラマンが必死で写真を撮ってます 寒くなってくると、簡単な湯豆腐が食卓に上がる回数が増えてきます。その時によって、タラが入ったり、水菜とエノキが入ったりと、その日の安い食材が、豆腐と一緒に混浴をしています。当然「めかぶ」は豆腐も大好きで、小さな小皿に小さく切った豆腐やタラが乗っているのを見つけると、コーフン状態です。すでに、自分は晩の食餌を終えていても、ソレはソレ、コレはコレと思っているようで…。最後には、土鍋に敷いたダシ昆布まで、私と一緒に食べ尽くす「めかぶ」には呆れるばかりです。

    目を境に色がクッキリ違います。だんだん範囲が広がりつつあります。 やっぱり名前に影響されたのか、「めかぶ」は海藻類が大好きです。おにぎりを握った時や、コンビニでおにぎりを買った時にちょっとでも「パリッ」っと聞こえると、自分の出番だと思い込んでいます。さすがに、パリパリ海苔しか食べられないのですが、海苔が登場した時点でどこに居ても台所へノソノソやって来て、いつの間にかチャッカリお座りをして待っています。ヒジキもメカブも大好きな共食い犬です。今年になって、頭のてっぺんの色がベージュっぽくなってきました。遠目の写真を見ると、「めかぶ」の顔は、レスラーが覆面をかぶっている様に見えます。海藻は抜け毛だけにしか、効果がないのでしょうか?退色した犬の毛には効果は望めないのでしょうか?顔がツートンの「めかぶ」を見るたび少し不憫です。



    病み付き
    アサのくーきは、オイチイのね~ん 前回のシャンプーから2週間経ち、オシリからあの独特のニオイがしてきました。私じゃありません、「めかぶ」のオシリからです。肛門腺も溜まってきたのか、ほのかに「めかぶ臭」が、風に乗って漂ってきます。どうせシャンプーをするのならばと、最近のお気に入り『有料ほぼ貸切公園』へ行って遊んできました。そろそろ雪も降りそうな寒さにもなってきて、これが今年最後かなぁ?と思いつつ行ってきました。前日から行く手はずを整えて、今までにない位早く家をでました。11月からは、開園時間も30分繰り下がっていて、開園前についてしまいました。さすがに、今年一番の冷え込みのような朝なので、我が家の車も駐車場貸切でした。ちゃんとラインに収めなくても、ナナメに止めても、ラインをまたがっても、ライン以外に止めても文句を言う人はどこにもいません。一応、常識人を装っているので、ちゃんと決められたラインの中へキチンと止めましたけど…。
     開園の放送と同時に中へ入り、目的の広場へ一目散です。公園の花壇は、委託されている造園のオバチャン達がアチコチに分散して、花の植え替え作業をしていました。どこを見ても植え替え作業中なので、せっかくのパンジーの写真も撮ることが出来ません。
     青空も覗いているのですが、どうも小さな雨雲がアホ一家と一緒に移動しているようで、ポツポツと雨を降らせ、もしかしたらミゾレにでもなりそうな感じです。前回は、ヒンヤリしていても少し遊ぶと半袖でもちょうどよかったのですが、さすがに立冬ともなると汚してもイイと思って着てきたフリースでも寒いくらいです。見せかけの常識一家は、公園のお約束規約を破り、またまた「めかぶ」のリードを手放して走らせました。今日は、本当の貸切です。ボール広場ではなく、大きなグランドのような芝生の方で、今年最後の気分で思いっきり走りました。100mはあると思われる私と夫の間を、一気に走る「めかぶ」です。
    落葉と同化してるめかぶ 遠くを職員が自転車で通ると、「誰も居なくたって、ちゃんと規則守ってますよ~!」と、にわかにリードを持って歩きます。「めかぶ」も、ここへ来ると走るもんだと思い始めているようです。ただ、たまたま今は時期的に誰も居ないだけで、本当はたくさんの人が集まる公園です。歩くだけでもかなりの広さなので、いつもの散歩の距離ではありません。花壇もキレイだし、もっと他にも違う場所がいろいろある公園です。
     公園の入り口の案内板には、年間パスポートがあることが書いてありました。今年は、もう雪が降ったりするとしばらくは来れないので、来年の春に、パスポートを購入しようと思っています。そしてたぶん、パスポートを買った日に、不運なアホ一家はリード手放しがバレて、永久に入園拒否され、公園ブラックリストなる物に載ってしまい、どこの公園からも「要注意人物及び犬」とチェックされ入園拒否されそうです。
    ドングリも“てんつアマクリ”のあじがするのかなぁ~ん?
    【2005/11/17 10:30】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    迷ってるのね~ん
    ナニをかんがえるか、かんがえてるのね~ん ニンゲン長いこと生きていると、イロイロ迷う事が多すぎます。主婦は毎日の献立に悩み、家計のやり繰りに悩み、洗濯は白物と色物どっちを優先して洗おうかなぁと、毎日そんなチマチマとした事を考えています。そろそろ年末だし、もっと寒くなる前に掃除しなくっちゃなぁ、と考えるだけで、お尻はまったく動きません。もっと深い悩みや迷いがあっても、こんな所で公表する事でもないし、ただただ恥を世間にさらけ出すだけです。
     犬が靴を履いて散歩しているのを時々見かけます。犬を飼う前は、バカにしていたのですが、最近少し本気で考えています。以前、めかぶの足の手術をした時に、傷をカバーするのに履かせようとしたのですが、包帯を巻いている足には本来のサイズの靴を履かせられないので、結局は買いませんでした。最近、散歩も一生懸命に歩くようになったので、雨や雪が降っていなければ、多少道路のコンデションが悪くても散歩させようかなぁ?と思っているのです。雪が積もれば、道はどこもグジャグジャで、乾くまで何日も外へは出られないし、そーなるとまた散歩嫌いになってしまいそうです。めかぶのように中長毛の犬は、足が汚れて濡れると洗って乾かすのが、冬は面倒なのが本音なのですが…。まして、エレベーターや建物の中は抱っこしなくてはならないし、でも泥だらけの足の「めかぶ」を抱っこするのは、夏と違って冬は洗濯の事を考えると、かなり覚悟のいることです。そんな飼い主の怠慢から、犬用の靴を買うべきか買わざるべきかと、アホなバカ親は真面目に迷っているのです。
    ねぇねぇ、きょうのゴァンなぁ~に? そして、もう一つ迷っているのは「めかぶ」の出産のことです。夏くらいまでは、来年には生ませたいと思っていました。しかし、いろんな話を聞いたり、実際不幸な出来事を目の当たりにしてから、少し考えが変わってきました。出来ることなら生ませたい気持ちは、あるにはあるのですが、問題はたくさんあります。心臓のこともありますが、一番は生まれてからの子犬の里親の問題が一番です。果たして何頭生まれるかも予測がつかないし、みんながみんな健康で生まれてくるのか?というのも心配のタネです。素人同士の交配も、後からいろいろトラブルになったりもするそうで、やはり「その道のプロ」にお願いするのが一番なのだそうです。ブリーダーとしての血統証の登録もしなくてはならないし、それなりにお金もかかりそうです。親子で走る姿も見てみたいのも正直な気持ちなのですが、やはりその前には問題や不安がたくさんあるので、簡単に「めかぶの子供」とは言えないのです。
    どこか憂いを帯びためかぶ そんな事を悶々と考えては、堂々巡りの繰り返しで、ひたすらため息をつくばかりです。どこを一番に考えて、何をもって結論を出したらいいのか、全くサッパリ検討がつきません。そんな事を考えていたら、最近、富みに白髪が増えてしまいました。


    【2005/11/16 20:30】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    魅惑なプリン
    こんな顔で、ねだられると、バカ親は根負けるんでがすよ 私は強烈なミントキャンディが大好きです。なので、強烈とかスーパーとかの形容詞書いてある物を見ると、晩のおかずを買わなくても、つい買ってしまいます。もともと典型的な貧血の私は、キャンディのような物を噛む習性があるようです。どうも聞く所によると、「貧血の人は鉄分不足なので、つい硬いものを噛みたくなる…」というような事を聞いたことがあります。人によっては氷だったり、硬いお煎餅だったりみたいですが、場合によって、鉛筆の芯だったり砂だったりもするみたいです。芯や砂を食べているところは、見てるだけで気持ち悪いです。そんな私は、キャンディ派で、それもスースー物専門です。でも私が気に入ったキャンディは、次から次とお店の商品棚から消えてしまうので、そのたびに私は次のお気に入りを探さなくてはいけません。
    最近は、歩くのがスキになりました。それもオヤツをオイシく食べる為なのさ ミントのキャンディもイロイロあって、中身に何か入っている物とか甘ったるいものとかありますが、甘さ控えめの中身に何も無いものが基本です。さすがにそれでも毎日食べていると、虫歯にもなるし、噛むので歯も削れてしまいます。それで最近のお気に入りは「フリスク」なのですが、確かにスースー感は申し分ないのですが、あまりに小さくて噛むという行為が満足できません。鼻利きの「めかぶ」は、そのスースーミントのニオイをキャッチすると、私の顔の前に鼻を近づけてクンクンするので、フゥ~っと息を吹きかけると、スースーし過ぎてむせ返っています。さすがアホ犬、毎回毎回同じ目に遭っていても、ちっとも学ばないのですから。
     先日、種無しスチューベン(葡萄)を買ったのですが、種無しはうそでした。どれを食べても種が入っています。種を取り除いて「めかぶ」に食べさせたのですが、果物好きな「めかぶ」は得意になって食べていました。しかし、葡萄っていうのは、皮と果肉の間が一番甘くて、ましてや種を取り除いている間にも、甘い汁はダラダラ私の手を伝って流れてしまうので、「めかぶ」の口に入る頃にはオイシイ部分は無くなってしまいます。それでも何粒か食べたのですが、葡萄独特の舌がしびれるエグイ感じがしたのか、「めかぶ」は水を飲んで、舌を何度も出して不思議なエグイ感覚に、しばらくもだえていました。「やっぱり、ケチってスチューベンにしないで、巨峰にすれば良かったかなぁ」と思ってみたり。ニンゲンには、美味しく食べられるんですけど、自分で皮を出せない犬には少しかわいそうでした。
    デカ尻な後姿。上半身と下半身が別物のようです 仙台名物に「萩の月」がありますが、この会社は他に「ロワイヤル・テラッセ」という洋菓子店を持っていて、100円の生パイが有名なのですが、最近我が家はここのプリンにハマっています。ここのプリンはプルンプルン系のプリンでではなく、マッタリ系のプリンです。見た目は、どこにでもあるようなプリンなのですが、一口食べたら「あら、まぁ!」という美味しさです。葡萄でえぐえぐしている「めかぶ」を見てたらかわいそうなので、そのプリンをチョッピリ食べさせたら、山本リンダ「どうにも止まらない」状態になってしまいました。ケーキと違って、その日のうちが賞味期限ではないプリンは、少し多めに買ってもあせって食べなくてもいいので、助かります。まぁ、我が家においては、そんな心配はいらないのですが…。アホ犬でも、オイシイ物は一度でその形体とニオイを覚えてしまい、隠れて冷蔵庫からプリンを持ってくると、その気配を瞬時に察します。そーすると、アホ犬は一気にお利口犬に変身して、私や夫の隣でちゃんとオスワリをして、プリンを貰えるのをココロ待ちにしているのですから、プリンの威力はスゴイ!


    【2005/11/15 08:30】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    第1回・仰げば尊し
    オヤツのある所にヤクザあり 今回は季節外れのスットコドッコイなタイトルですが、昨日「めかぶ」は予定の躾教室を終えました。1回1時間・2000円也ですが、一万円で6回の受講が出来るお得なチケット制です。入会金もありません。俗に言う「ウソじゃありません、10,000円ポッキリ!これ以上はいただきません!」って感じで、怪しいキャバクラとか風俗のお店の前で、ベンチコートを着た鼻の下ちょび髭オールバック頭のオヤジが、酔っ払い相手に言ってる事と同じです。でも、オヤジが言うのには、裏があったり裏から怖いお兄さんがでてくるのですが、躾教室は怖いお兄さんが出てくるどころか、終了記念プレゼントまで貰えるお得な教室でした。
     昨日は、最終ということもあって、1時間遊ぶ事を中心に過ごしてきました。予定の時間よりも早く着いたのですが、コロンちゃん一家はそれよりも早く着いていて、少し外でコロンちゃんと「めかぶ」をご対面させて、少しでも早く「めかぶ」の吠えまくりコーフンを解かなくてなりません。
    オヤツがあると、こんなに仲良し 教室に来たことが判るだけで、すでに車の中で吠えまくって、コロンちゃんに会ってまたまた吠えて、ホントにコロンちゃんにはいい迷惑だと思います。コロンちゃんは、そんな「めかぶ」を無視して、風に転がる落葉に夢中です。コロコロと転がる落葉を、上手い事キャッチするのが面白くて、感心して見ていたのですが、チャッカリ食べようとします。次から次から舞う落葉に、夢中になってキャッチしていました。そんな芸もないアホ犬「めかぶ」は、まだ吠えています。先生も、まだ私達が来ないと思ったのか、預かっていた犬とジュン吉くんを部屋で遊ばせていました。そこへコロンちゃんと「めかぶ」が入ったので、4匹は吠えたり、追い掛け回したりとチョットした修羅場です。避妊をしていない「めかぶ」は独特のニオイがするのか、♂のミック(確かそんな名前だった)に執拗に追い回されて、逃げ切ったと安心していた「めかぶ」ですが、チャッカリ後ろに回ったミックくんにオシリクンクンされていました。
    初回の頃は想像もつかない光景 この6回で、だいぶコロンちゃんと「めかぶ」の距離は縮まったように感じます。確かに、会った瞬間はお互いに吠えたりしますが、ある程度教室で、一緒に過ごして一緒にオヤツを間近で与えたりすると、どうしてもオヤツに気持ちがいって、目の前に相手がいても吠えなくなりました。ただ「めかぶ」は、異常な程のヤキモチ焼きなので、私や夫がコロンちゃんやジュン吉くんに触ったりすると、吠えて怒ります。それ以外に関しては、だいぶ進展がみられました。優しくおとなしいジュン吉くんは、「めかぶ」が来るとブルブル震えて、部屋の隅で小さくなっています。「おかーたぁん、またあのコワ~イ、オンナのイヌきたよ~!ヤだよ~ボク。」と言っているようです。とにかく「めかぶ」は、ころんちゃんとジュン吉くんには“けんえん”され、近くを通る時も出来るだけ迂回します。前回と今回は、たまたま教室で預かっている犬を「めかぶ」達の中へ、ワザと入れる作戦を先生はとってみました。そーすると何故か突然のヨソ者参入に対して、3頭は急に協定を結んだように仲良くなりました。結束をもたらして、突然現れた犬に3頭一緒に威嚇するのです。ワケも判らず連れてこられた犬は、いきなり悪者役扱いで、オマケに一斉に吠えられるのですから、たまったもんじゃありません。でも荒療治の逆療法が、3頭を仲良くさせる近道だったようです。
    先生の手作りのプレゼントとオヤツ いつも先生にコーヒーをご馳走になり、帰ってくるのですが、今回はチケットの最終日なので、先生からプレゼントがありました。この教室に来る前に、少し地元の躾教室を調べてみたのですが、料金もそうですが、犬社会が苦手なコロンちゃんと「めかぶ」にとって、他の犬と一緒に受講しないで済む優しい教室でした。時間もこちらの都合に合わせてもらえるし、とにかくその日の2匹の状態や、それぞれの歩調に合わせて教えてもらえるのが、私達にはイチバンでした。
     せっかく、ここまで進歩して仲良くなれたので、来週から『第2弾』が始まります。
    こんなに『更正』できた、めかぶです


    もぐもぐ
    きょーは、ポチポチ(PCの事です)しないのぉ~? ついに毎日更新の記録もストップしてしまいました。先月だったらば、休む事にどこか抵抗があったのですが、今月に入ったらその抵抗も不思議と無くなってしまいました。毎日何かしらのネタを探して、小さい話に膨らし粉とメレンゲを混ぜて、これでもか!と言う位、膨らましに膨らましたカルメ焼きのような話です。このまま、今月も達成したら、意地になって「来月は絶対に休まないぞ!宣言」しそうだったので、これといった理由は特別無かったのですが、今のうちにサボることしないと疲れるかなぁなんて思って、ちゃっかりズル休みしてしまいました。
     最近の「めかぶ」は、1歳半にして走るヨロコビを知ったようで、散歩の時もリードを引っ張って走りたがります。私がチョッとでも走ると、本気になって走り出すので、中年オババは足がもつれそうになるのを、最後の踏ん張りで持ちこたえています。いくら何でも小っこい犬に負けて転ぶなんてゆーのは、オババのプライドが許さないので、負けじと私も太った身体を揺さぶって走る有様です。時間帯によっては、リードを放して私道を走らせるのですが、朝晩少し寒くなってきたし、夕方は日が落ちるのも早くなってしまったので、お昼の時間帯の散歩が多くなってきました。そーすると、私道でも車の往来があるので走らせられません。その分、距離でカバーするのですが、ニンゲンとは違って犬には通用しないようです。
     そこそこ散歩の時は、運動量も少ないのかゴハンも残す時が多く、時にはほんの少し混ぜるトッピングだけを、器用にキレイに舐めただけで終わる日もあります。「めかぶ」もちゃんと散歩すれば、『本日のノルマ達成』して気持ちよくお昼寝に没頭出来るのです。おまけに、ゴハンの時間も待ち遠しいし、運動不足も解消されて、夜は夜で爆睡出来るのですから一石三鳥です。自分のゴハンが終わると、寝室の方を向いて「まだ、ねないのぉ?」と言いたそうに催促をします。とにかく眠い時は、「めかぶ」なりにアピールしてきて、座椅子にのさばってテレビを見ている私の上に乗っかって寝ています。クーピークーピーと小さな寝息を立てているのを目の当たりにすると、私もその睡魔に誘われてくるし、早くフワフワの布団でグッスリ寝たいんだろうなぁと思うと、根負けして早々と「めかぶ」とベッドへもぐるのです。
    日本の名画『麗子像』に似ためかぶ 去年から、一緒に寝るようになって、寒くなると「めかぶ」も、布団の中に入りたがるようになりました。その時に「めか、布団に入りなさい」と言っても理解も出来ず、「もぐりなさい」って言うのも変だし、「めかぁ、もぐもぐ~」と言うと、のそのそ布団の中へ入る事を覚えました。それからは、中へ入る事を我が家は「もぐもぐ」と言います。「コタツにもぐもぐ~」、「布団にもぐもぐ~」と、中年バカ夫婦は寒くなると『もぐもぐ~』が頻繁に飛び交うアホ一家です。そして、もぐもぐしたアホ犬は、私のオシリ付近で寝ているのですが、突然、肛門ガス爆発中毒に遭ったり、自分の体温上昇で熱くなったのか、ハフハフして慌てて出てきたりしながら、毎日もぐもぐしている「めかぶ」なのです。


    【2005/11/11 16:30】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    何でだろ~?
    凛としたジュン吉くん、“のへぇ”っとしためかぶ 我が家は集合住宅で、申請すればペットOKです。犬を飼っていると、エレベーターの中や散歩へ行くときに会うので、話をしたことが無い住人でも、ニンゲンの顔は覚えられなくても、犬の事は覚えているものです。犬を飼っている家があれば、猫を飼っている家もあるわけで、集合住宅ですから野放しには出来ず、猫の飼っている家は部屋の中だけが運動の場になっています。そんなストレスからか、我が家のベランダから見える猫を飼っていた部屋は、カーテンはボロボロ障子はビリビリになっていました。子猫の頃から、窓際に座っている姿や寝ている姿を、洗濯物を干しながら見ていたのですが、いつの間にか姿が見えなくなったのでチョット気にしていました。そのうち、カーテンや障子は新しくなったので、「あ~あの白猫ちゃん、死んじゃったんだなぁ」と判りました。それからしばらくして、ふとその部屋を見ると、今度はその家の窓際には黒の子猫が外を見ていました。
    知らない間に、階段の上り下りが出来るようになっていました 先日「めかぶ」のフィラリアの薬を貰いに病院へ行った時、偶然、上階に住む知り合いが、愛猫を連れて入って来ました。聞けば♂なのに乳がんに罹り3回目の手術をして、その術後処置なのだそうです。夏にも病院で一緒になったのですが、そのときは春に2度目の手術をしたので、その後の定期健診だったのですが、半年後には3度目の手術なので、家族は心配し落ち込んでいました。もう老年の猫なのでかなり負担になる手術だったのですが、幸い心臓が丈夫だったのと先生の手際の良さで、乗り切ることが出来たのだそうです。ただ、やはり家の中での生活なので、かなりのデカ猫で手術の時は、脂肪をたくさん取らないと縫合が出来ず、お陰?でかなり体重が減ったのだと言っていました。
     最近、時々リードにつながれて散歩をしている猫を見かけます。犬と違って習性が違うせいか、猫は野放しでも犬ほど文句は言われませんが、昔と違って近所の付き合いが少ない今は、一戸建ての住宅地は猫の問題があるようです。我が物顔で、よその庭先を通って移動する猫は、勝手にトイレをしてしまいます。その置き土産の物体やニオイが、通り道になっている家には問題なのです。夫の実家も私の実家も、その被害に遭っているのですが、幸い私の実家は犬を飼っているので、それほどではないのですが、夫の実家は動物を飼っていないので、特にニオイにはかなり敏感になっています。いろいろと猫よけの方法はとっているようですが、これといった特効策は無いようで、舅は「何で、猫もつながないんだかなぁ…」と、庭に置き土産があるたびに言っています。
    アタチをのばなしにしたら、パン屋さんへいくのね~ん たまに運転してると、脱走したと思われる犬を見かけます。信号待ちで、その犬の行方を見てる私は、車に轢かれてしまわないか心配で仕方ありません。そして自由奔放な野放しの猫は、車にも慣れているのか、不幸にして交通事故の犠牲になっていることが多々あります。飼い主は、そんな事故に遭った猫の事をどんな風に考えているのだろう?と、思ってしまうのです。「うちの猫、最近さっぱり帰って来ないなぁ?」くらいにしか思っていないのでしょうか?昔と違って、猫もそろそろ、リードをつけて散歩をさせる時代になってきているように思います。猫だからといって『野放し』にすれば、不幸な野良猫も増えてしまいます。他人の庭先を、ただ通って歩くだけでは済まない問題もあります。寿命ではなく、事故であっけなく死んでしまう猫生は可哀相です。
     犬は噛むという心配だけで、リードにつながなければいけないのでしょうか?猫は噛まないから、飼い猫の野放しを容認しているのでしょうか?洗濯物を干しながら日向ぼっこをしている猫を見ていて、そんな事を考えてしまいました。


    【2005/11/10 11:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    “お揃い”狂想曲
    ソウルフルなミッキーシャツ 「お揃い」は、時にはウレシク、時にはカナシクもあります。意識的なお揃いはワクワクしますが、知らないうちに自分の真似っこされたり、街中で同じ服を着たヒトに会うと、お互いバツが悪くなって気まずい思いをします。最近の子供達を見ると、同じような服や小物を持っていないと、仲間外れになってしまうのだそうです。そもそも日本の場合、みんなお揃いピカピカのランドセルから始まって、学校もマージンが欲しいのか、教材も決まった物を学校で買わせられるし、上履きの果てまで同じにされてしまいます。そーなると個性もヘッタクレもないのですから、個性的な子供の才能を伸ばすのもそこでストップしてしまいそうです。多感な時にそんな中にいると、回りと少しでも違うとイジメの対象になるんだろうなぁと、子供のいない私は、老婆心ながらそんな事を思ってしまいます。なんか右を見ても左を見ても「ウォーリーを探せ」の世界のようで、少し恐ろ悲し気持ちになってしまうのは私だけなのかなぁ?
     先日、生まれてから半世紀近くになって、初めて私宛てにエアメールが届きました。ちょうど同じ日に宅配便が届く予定になっていたので、それが届いたのだと思っていたのですが、来たのは宅配のお兄さんではなく、郵便屋さんでした。ちょっと変だなぁ?と思って、受け取った箱をみるとハングル文字が書いてありました。私のアタマの『?』は無数になって、箱の宛名をよ~く見るとソウル在住のtareさんの名前が書いてありました。「何だろう?」と箱を開けてみると、手紙と一緒に「めかぶ」の服と小物が入っていました。以前にtareさんがこぐまちゃんに買った同じ服を、たまたま見つけたので、わざわざ「めかぶ」にと送ってくれたのです。
    ホントは、ピンクもほしかったのね~ん 「めかぶ」の服を買う地元のお店『ラブズ・ドッグ』に、ほぼ同じ服が売っていました。でも値段が高かったし、他に欲しい服があったので、2枚を買う余裕もないので、仕方なく諦めた服だったのです。その後、tareさんのホームページで、その服を着たこぐまちゃんの写真を見てビックリしました。そんな思わぬグーゼンに驚いて、ビンボーな私は買えなかった事を、メールや初めて会った時に話をした事を覚えていてくれたようで、tareさんはビンボー一家にプレゼントしてくれました。今年の夏に、突如、参勤交代の運びになって初めて会ったtareさんと意気投合して、お互いのワンコにとお揃いの物を何点か買いました。そして、仙台とソウルで離れ離れの“双子ごっこ”をしているのです。そしていつの日か、お互いのワンコをご対面させる事に心待ちにしているtareさんと私なのでした。
     最近お気に入りになっている「めかぶ」のカエルの柄の服ですが、暇つぶしにネットで調べていたら、新作に、今持っている服と同じ柄のトートバッグを見つけました。『POOD★LAND』へ遊びに行った時にその話をして、ナントカ取り寄せして欲しいと頼んでみました。思ったほど簡単には入荷しなかったのですが、やっとこ入荷して、お店からいの一番に連絡が入り、晩ご飯を作るのをやめて家にいるそのままの格好で、閉店時間間際に行って大騒ぎして買ってきました。他にも欲しい物もあったのですが、持ち合わせも無かったので、とにかく待ちに待ったトートバッグを買いました。本当は「めかぶ」の散歩バッグにと思ったのですが、チョットもったいないしカワイイので、現在、私がチャッカリ使っています。軽いし、私が持ち歩く小物もちょうど納まってイイ感じです。普通ならば、中年オババが持つには少しハズカシそうですが、そんな事はお構いなしです。色違いもあるのですが、ビンボーな家庭は1個しか買えません。月夜の晩に、お金を拾ったら交番には届けず、POOD★LAND直行しようと思っています。
    ヤクザ犬とお揃い同好会の受付はコチラへ… 「めかぶ」とのお揃いは、楽しくウレシイですが、夫とのお揃いはご勘弁したいのですが、なぜか夫は、私と同じ物を買う傾向にあるのが悩みです。例えばケータイもいつも同じのを買うし(どうも使い方を自分で一から覚えるのが面倒らしい)、まったく夫とペアなんてちっとも嬉しくなんかありましぇんです。



    撃沈
    みんなの中へ入れないヤクザ 最近の夫は、凹みっぱなしです。朝のテレビの星占いも比較的最下位になる確立も高く、作業中にPCが突然逝ってしまったり、傍で見ている私には踏んだり蹴ったりのように見えます。
     躾教室でも、「めかぶ」は夫の言うことはあまり聞かず、いつも私の姿を探しています。ちょっとでも私が動いたり、ワザと私が陰に隠れたるすると、夫が「待て」の練習をしていてもジッとしていません。そんな調子なので先生からも、「おとーさんは、あんまり言う事聞いてもらえないのねぇ」と、何気にポツッと小声で言った言葉に、ショックを受けたそうです。家でも、夫が出掛ける支度をしても「めかぶ」は全く関心も示さず、出掛けても全くお構いなしです。その点、私が支度をすると落ち着かなくなり、出掛けるのにバッグにいろいろ入れていると、バッグや小物を噛もうとしますし、靴を履こうとすると、「アタチをおいて、ひとりでどこいくのぉ~?」と玄関で吠えてしまします。そんな「めかぶ」の、夫と私に対する落差は何度も書いてきましたが、最近決定的な事がありました。
    なんか、スットコドッコイなめかぶ 広い公園で、オヤツを見せて「めかぶ」に“待て”の練習をしてたのですが、「めかぶ」と私と夫が正三角形に位置して、同時に「よしっ!」のコマンドを出した時、「めかぶ」は一目散に私の所へ走ってきました。私からオヤツをもらってから夫の所へ行くのですが、「自分はやっぱり2番目の存在なのか!」と確信したせいか、すっかり凹んでしまいました。勝ち誇った私は「ぬはははは~!日頃の成果だわいっ!」と鼻高々です。「どうせ、オラは…一番下だぉんね」と、いじけるばかりです。
     我が家はどこから見ても異口同音『かかあ天下』の家庭なので、「めかぶ」も瞬時に野生の勘で、我が家の序列を悟ったのだと思います。よく、「毎日ゴハンをあげるのは、おかーさんだからいつも寄ってきて傍から離れないんだよねぇ」という会話になりますが、私の見解は少し違うと思っています。確かに、それも一つの要因なのですが、私が思うに「いつもみんなのゴハンを作るヒトが、一番エライ人」なのではないかと、思っているのです。夫は全く料理が出来ないので、台所に立って何かを作る事はありません。せいぜいお湯を沸かすくらいですから、オイシイ物を作って食べさせる事の出来ないヒトと、「めかぶ」は知っているのだと思うのです。ですから、特別、家に居なくても何の得にも役にも立たない…と、決めているような…。しかし夫にも大事な任務「めかぶ専用排泄部隊々長」があるので、「めかぶ」もその世話役が居ないと困るらしく、微妙なバランスで夫の機嫌をとっているように見えます。
    必要とされている「数少ない」瞬間 あぐらをかいた夫の膝の上が大好きな「めかぶ」は、いつも夫の膝の上で、右腕にアゴを乗せて目だけを動かして、私の行動を監視しています。でも、決してその逆はありません。夫の行動は特別視していないので、夫はまたもやそれがショックのようです。もしも夫が船だったら、再起不能になって、海底のそのまた底に沈んでしまうくらい撃沈の繰り返しの毎日なのです。



    情けないのぉ
    スカしてんじゃないわよぉ~ ニンゲンは、怪しいお金のニオイがする方向はわかる本能を持っているようですが、「めかぶ」の食べ物への本能には感心するばかりです。ちなみに夫は、道端や床に小銭をばら撒いた時に、瞬時にその音を聞き分けて「アレは○○円だなっ!」と言い当てます。「アンタは、もっと他に違う才能がないのか」と、私は実に情けない…。それに準じた才能を後天性的に受け継いだアホ犬がここに一匹。
     昨日は、午前中に躾教室を済ませて、その足で夫の仕事関係のイベントがあったので、チョットばかし顔を出し、そのまま仙台の繁華街を少し歩き、買い物をして帰ってきました。朝から実家へも顔を出したりで、「めかぶ」はチョットお疲れ気味でした。来月は父の法事をするので、挨拶状を作るのに近くの文房具店へ、そのカードと封筒を買いに「めかぶ」と散歩がてら行きました。普段はお店に入ろうとすると吠えるのですが、さすがにお疲れなのか、珍しくおとなしく抱っこされたままです。買い物を終え、そのまま来た道を帰っても良かったのですが、散歩らしい散歩もしていなかったので、少し遠回りをして帰ることにしました。その道の先に、以前ここに書いた「社長自らやる気のないパン屋」があります。最初は、躾教室で練習している「あとへ」をキチンと私や夫に歩調を合わせていた「めかぶ」ですが、だんだんそのパン屋に近づくと、リードをグイグイ引っ張るようになりました。最初はただ家に近づいているのが判って、早く帰りたくて引っ張っているのかと思ったのですが、「めかぶ」のアタマの先の方向を見ると、家方向ではなくパン屋の方向でした。ハダカはだめでしょっ!ふく着なちゃ~い!
     夫に「“めか”さぁ、もしかしてパン屋へ行くのを期待してんでないのぉ?」と話していました。パンを買う予定もなかったので、問題のパン屋を素通りしようとしたら、突然「めかぶ」は立ち止まってしまいました。そのまま歩くと「めかぶ」は私の顔を見ながら「きょうは、かわないのぉ?おみやげのちいさいパン(試食用のパン)は、ないのぉ?」と、振り向き振り向き歩くのです。パン屋に寄らないと判ると、明らかに歩調は遅くなり、またキチンと「あとへ」を実行するのです。その歩く姿は、心なしかガックリ肩を落とした感じで、とても寂しそうでした。あまりに見るに耐えられなくなったので、少し行った所で「やっぱりさぁ、明日の食パン買う」と言って逆戻りすると、「めかぶ」はまたグイグイガールに戻ってしまいました。何という単純な変わり身の早さなのか、散歩の本当の目的は何だと思っているのか、毎度毎度まったく情けないったりゃありゃしない。
    こぐまちゃんと、おそろいなのね~ん パン屋の社長も明日は日曜日とあって、張り切って出勤してパンを焼いていたので、ちゃんと食パンは置いてありました。パンを買って、試食のサツマイモパンの一片を貰って、私が一口食べた残りを外で待ってる「めかぶ」にあげると、オイシそうに食べていました。期待と欲望を満たした「めかぶ」は、グイグイガールでもショボ~ンガールでもなく、ちゃんと歩調を合わせて家に向かうのでした。



    何だかなぁ~
    トリミングしましたぁ 最近、あ~アレが食べたい、コレが食べたいという食欲本能がどこかへ行ってしまいました。友人とゴハンを食べる時も「今日、何にするぅ?」ではなく、コラーゲンをベースにして「コレステロールが低い物にしよう」とか、「血液サラサラ物がイイ」とか、素材や料理方法ではなく、身体に何かしらの作用がある物で選ぶようになりました。ご飯の食料を買う時も、何を作るかではなく「これを食べて毒を出そう」とか、「低カロリーで満腹な物だな!」と、全く以前のような食欲ではなく、あくまでも身体に対してナントカしてあげようという方向で、メニューが決まってしまっています。だからといって、手の込んだ物を作る気力もなく、やる気は行方不明で捜索願が出されている状態です。夫が「今晩は何?」って聞くのですが、私は「あっ、今日はコラーゲンっ!」としか答えないので、夫は何が出てくるのかサッパリ判りません。
    テーブルの下がお気に入りなのね~ん それに比べて、我が家の豪食家「めかぶ」は本能のまま食べまくっています。ドッグフードはトッピングだけを舐めて、ドライは最後の最後に空腹を満たす食べ物で、いつ何が出てきてもいい様に、胃袋に余裕を持たせているようにも思えます。例えば朝の分は午後にやっと完食して、このままでは晩ゴハンは食べないだろうなぁ?と思っていると、いつもの時間に、ガルガルして「ゴァ~ンガァダァ?(ゴハンまだぁ?)」と催促するので、「何?アンタまた食べんの?」と、半信半疑で夜の食餌を出すとペロッと完食してしまいます。
     食餌を残している時はオヤツはあげませんが、あっという間に完食した時は、果物などを食べさせるようにしています。先日、通販の最新本が届いて中を見ると、チョット変わったオヤツがあったので頼んでみました。躾教室の時に、硬いものや粒状の物は与えるのが大変だったり、粒状は与えすぎでカロリーの摂り過ぎになってしまいます。柔らかいジャーキーはあまり売っていないので、できるだけ細めの柔らかい物を見つけて、私が1本1本ナイフで細かく切り込みを入れて、ご褒美として与える時に小さくなるように細工しているのです。通販で頼んだのは、ニンゲンもおつまみに食べるような、ソフト鱈の珍味のような物です。珍味にしては少し高い気はしますが、犬用なので仕方ないのかもしれません。しか~しこの犬用珍味ソフト鱈、アナドレませんでした。私が食べてもオイシイのです。ビールのおつまみにしてもイケルのです。さすがに「めかぶ」はビールは飲まないので、「もう、オシマイ。ごちそーさま」と言うと、水をオイシそうに飲む「めかぶ」です。
    タラちゃん、タラちゃん!はやくちょ~だい!! 飼い主が気を使うだけで「めかぶ」自身は、塩分もカロリーも全く気になる対象ではないのです。とにかくニンゲンと同じ物を食べる事だけが一番のヨロコビで、コラーゲンも血液サラサラも考えるアタマではないのです。そんな身体の事を考えているせいなのか、「めかぶ」のような無邪気に、何でも食べれるのが羨ましい今日この頃です。近頃小じわが目立ち、お肌ボロボロガサガサなので、食後のデザートはコラーゲンを飲んでいる管理人です。フカヒレやスッポンを毎日食べられるような暮らしだったら、お肌ツルツルツヤツヤなんだろうーなぁ?



    きき耳頭巾
    どーせなら、お金持ちのオウチに拾われるんだよぉ 「まんが日本昔ばなし」が復活して、私はウレシイ限りです。子供の頃、絵本など親に読んでもらった記憶はあまりないので、そのせいなのかもしれません。今の家に越してきて間もなく、何年間か自宅に有線を引いて、いろんな音楽や仙台では聴けない他地域のラジオとか、たくさんのチャンネルから選ぶのは、実に楽しかったです。寝室でも聞けるようにしてもらっていたので、ベッドサイドに置いたラジカセをスリープにして、寝しなに子供用チャンネルの「おとぎ話」を毎日聞いていました。音楽は聞き入ってしまったり、テンポが速かったり音が耳障りだったりすると寝付けないので聞くのをやめ、子供用「お話」を聞いていました。これはテンポも一定で、静かなナレーションなので睡眠導入剤として実に心地良いのです。そのお蔭で、曖昧だった話の結末や知らなかった話など、ほとんどのお話は網羅しました。もし急遽どこかの子供向けボランティアに呼ばれても、数時間はおとぎ話だけでその場を持ちこたえて、子供たちに話を聞かせられる自信はあります。
    リックリックとあるくのね~ん 一昨日、その懐かしい常田富士夫と市原悦子の日本昔ばなしを見ていたら、「きき耳ずきん」をやっていました。早い話が、子狐を助けたおじいさんが、お礼に薄汚い頭巾を貰い、何気にかぶってみると、動物や植物の話が聞ける不思議な頭巾なのです。そんな時、長者さんの娘が原因不明の病気になった事を知り、その原因が新しく建てた蔵の下に大きな木の根っこがあって、その痛みを訴える木の悪さだったのです。おじいさんは、頭巾のお蔭でその病気の原因を知り、長者さんに教えてたくさんのお礼をもらったっていう話なんですけど、見終わった後に私も、その「きき耳頭巾」が欲しくなりました。吠える、唸るで何かを訴える「めかぶ」は、いったい何が言いたいのか知りたいと、常々思っています。本音は「ココ掘れワンワン!」がイチバンなんですけどね。
    小便小僧の大群かっ? 散歩前の準備の時や、私が出かけようとする時の吠え方、夫が帰ってきたときの激しい歓迎セレモニーの声、車に乗って出かける時の落ち着かない変な鳴き声、病院で治療中に小声で歌うような鳴き声と、どれをとっても同じ鳴き声ではないので、たぶん何かそれぞれに訴えているようなのですが、ドラえもんでもおじゃる丸でも、ひみつのアッコちゃんでもないので、「めかぶ」の言いたいこと訴えたいことが判りません。なので、私も子狐を助けて、どうか親狐からきき耳頭巾をもらいたいとう欲が全身を走ります。たぶん、仮に願いが叶ったとしても、おとぎ話的に私は、ヘンチクリンな頭巾で、かぶると取れなくなったり、気持ち悪い虫や蛇がニョロニョロ出てくる頭巾を渡されてしまうような、隣に住む強欲ばあさんの役なのでしょう。
     ところで、クマと相撲をとった金太郎は、その後どうなったか知っていますか?「こぶとり爺さん」や「おむすびころりん」のストーリーを覚えていますか?ネットで検索したりしないで、この場でちゃんとお話できますか?


    【2005/11/04 08:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    秋だから
    たった数メートルで、犬からウサギになったりタヌキになったり 「今度は画像が消えてしまわないうちに、写真を公開しないとナッ!」と、昨日の夕方遅くに更新したばっかりなのに、朝起きて静かなうちに今日の分の作業をしていると、「さっき、更新したばっかなのになぁ」と、時間の経過が早い早い。
     昨日は、公園から帰ってから、またシャンプーをしようと思っていたのですが、かなりボーボーに毛が伸びてきているので、今日はトリミングに出す事にして、昨日は足だけをシャンプーしました。前回からまだ1ヶ月しか経っていないのに、もうボーボーボサボサなので、トリミング代もバカになりません。私の中の予定では、今月の中盤頃に切って、クリスマス前後に今年最後のトリミングで締めようかと思ったのですが、生き物の予定は思ったようにはいかないのです。
     この間までは、少し走ったり、少し長めに散歩をすると、帰り道は疲れて座り込んで、抱っこされるのを待っている「めかぶ」でした。寒さはあまり苦にはならないようなのですが、ニンゲンには丁度好くても、やはり犬には、少しでも気温が高いと歩くのも嫌そうです。特に「めかぶ」にとって、特別面白くも無い散歩なので、昼寝を起こされ、わざわざ服を着せられて、家の近所をチンタラチンタラ歩くのは、ハナハダ迷惑なようです。河川公園では、いろんな犬達がノーリードで走り回っていますが、どうしてもゴミやウンチョの放置があるので、私は安心して遊ばせる事ができません。「めかぶ」もいつもの散歩では、まず近寄らないどこかの犬のウンチョですが、野放し状態だと禁断の興味のニオイに誘われて近づいて行くので、慌てて呼び戻すのが頻繁にあります。投げ割ったガラス瓶とか、食べ物の残骸とかあると、どうしても手放しでは遊ばせられません。
    地べた用リードは、身体に“タスキがけ”してるのだぁ! 来月にはもう、平地でも雪が降りそうな東北は、散歩するのもお天気に左右されてしまいます。地面が濡れていても雨が降っていても気にしない人や、どうしても散歩をさせないわけにはいかない犬の場合は、どんな事があっても散歩をするのでしょうが、幸い「めかぶ」にはそういう習慣がないので、助かります。雨だったら、地面が乾けば問題ないのですが、雪は積もった直後はいいのですが、融けて凍っての繰り返しなので、グジャグジャのシャーベット状で、日陰ともなるとなかなか地面は乾きません。乾いたかなぁと思うと、また雪が積もるし、雨の時は勝手が違うのでホント困ります。豪雪までとはいかないまでも、雪が積もったままの状態ならまだマシなのですが、仙台は「少~し降って、チョット積もってスグ融けて」の街なので、すぐに渋滞して、スリップ事故が起こる田舎のクセに都会ぶった厄介な地域です。
    宙ぶらボールにビビる、めか 今の時期は、乾燥していて暑くも無く、寒くも無く、何をするのも気持ちのイイ季節です。運動するとお腹も空くし、そーすると食べ物もドンドンお腹に入るし、夏とは違って黙っていても食欲はあるし。「めかぶ」も熱くて硬いアスファルトの上じゃなく、草の上、土の上を歩くのは気持ち良さそうです。初めて、土の上を走った時の「めかぶ」は、いつもの硬い地面のつもりで走ったので、拍子抜けして突んのめって、前転宙返りして転んだ「めかぶ」でした。普通の散歩でも、走りたがるようになったので、若い頃と違って中年の身体では無理があるので、成功の中に少しだけ“失敗”が含まれたようです。短い東北の秋だから、いつもの「食っては寝る」ではなくて、「遊んで食って寝る」を思う存分満喫して欲しいものです。



    も~一回だぁ!
    また、きたのね~ん! ハイ、ハイ、ハイッ!お待たせしましたぁ~。
     あまりに悔しかったので、今日再びあの公園へ行ってきました。朝から、天気予報は「全国的に高気圧~!高気圧~!」と、どのチャンネルを見ても高気圧の大安売りだったので、家の片付けもソコソコに、朝からあの公園へ「消えた画像、カモ~ン!」とばかりに、再び撮影しに行ってきたのです。
     朝が早かったので、今回も貸切か?!と思って行ったのですが、確かに空いてはいましたが、明日が祝日とういうこともあって、最近の学校は何かと連休にしたいのか、ポツポツと小学生も朝から遊んでいました。うちのテレビ以外も、全国的高気圧と公言しているので、赤ちゃん連れの家族とかお弁当持参のグループが、ポツンポツンと来ていました。前回のような、快感で大儲け的貸切は期待できなかったので、入園して目指すは前回と同じボール広場です。他に誰かがいれば大っぴらに、リード手放しでは遊べないので、とにかく「消えてしまった画像再び~」とばかりに、写真撮りまくりです。あれから、そんなに時間も経っていないので、「めかぶ」も走って遊ぶことは判っているようですが、やはり前回ほどの疾走するカンドーは無かったように思えました。それでも、コッチは「あーでもない、こーでもない」と、とにかく人が来ないうちにと、写真を撮る事だけに専念します。「めかぶ」も、勝手知ったる公共の公園なのか、チョコマカチョコマカ走ってはオヤツを貰い、また反対方向へ走ってはオヤツを貰っては、走ることを楽しんでいました。
    後姿が無職中にも見える中年オヤジとアホ犬 時間と共に、だんだん人の姿もチラホラ見えて、公園を掃除する職員の姿も見えます。やはり、規則は規則ですから、「ちゃ~んと、リードを持ってますよぉ~!」と、姑息なめかぶ一家は、職員にアピールをしなくてはなりません。すれ違いざまには「あっ、ご苦労様です」と、声をかけて善意な県民を演じます。雲ひとつ無いお昼近くになると、人の姿も多くなってきて、先週の曇り空の時のようにはいきませんでした。ホントに先週は、ラッキー中のラッキーだったのかもしれません。
     ただただ残念なのは、いくら同じ公園でも、先週と同じ写真が撮れないことです。「めかぶ」が一生懸命に走る動画、どこへ行っても人影が無い広場、ローラー滑り台を悲鳴をあげながら、滑り降りるおバカ一家とアホ犬…。今日もそれなりに写真を撮ったのですが、先週の傑作ほどの画像はありませんでした。消えてしまったから、余計にそう思ってしまうのかもしれませんが、毛もボーボーになってきたし、どの顔の「めかぶ」を見ても、ちゃんと目が開いているようには見えません。それに「めかぶ」も慣れてきたのか、初々しさが半減しているように思えます。それでも、全く消えてしまって何も無くなるよりはいいかな?と、思い直して今日の分を更新しました。
    ワイドで撮ると、落ち葉とめかぶの大きさが、ほぼ同じ

    【2005/11/02 18:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    衝動
    ココは秘密な女王様の部屋で、後のリードはムチなんだって! 普通は、理性を紙一重で保っているから平和に暮らしていられるのですが、ココロのどこかにそれを「越えて破ってやるぅ~!」という、小さな悪魔が棲んでいます。でも、それをナントカして押さえていられるから、新聞やニュースのヒトにならないでいられているのですが…。いつか、その悪魔が大きくなって、越えてはならない山をこえてしまったら…、という恐怖がどこかにあるのです。ほんの些細な事なのに、何がその引き金になるのか自分でも判らないから、ある日突然、平和な家庭に悲惨な事件が起こったりするのだと思うのです。
     どう頑張って逃げても、私に捕まってしまう小さな「めかぶ」と遊んでいると、時々いろんな衝動に駆られてしまいます。例えば、お肉の入ったパックの底に小さく引っ付いている肉片のような「めかぶ」の小さい舌を、ハァハァしながら出しているのを見ると、思わず指で掴みたくなります。さすがに「めかぶ」も殺気を感じるのか、チャンスを狙って掴もうとすると、口を閉じてしまって簡単には掴めません。そして偶然にそのカワイイ小さな舌を掴んだら、牛タンのように焼きたい衝動に駆られます。ある時は、お風呂場でシャンプーしてる時に、毛の下に隠れている細い足を洗うと、余りの細さにポキッと折りたくなってしまいます。ブンブン振る怪しいシッポは、断尾したにもかかわらずドンドン伸びているので、先っぽを玉結びしたくなります。遊び疲れて、私のゼーニクタプタプのお腹の上や、肩にアタマを乗せて安心しきって寝ていると、その小さな頭をパクッ!と、魔法使いのおばあさんのように食べたくなってしまったりと、とにかく「めかぶ」に何かしたくなる衝動にいつも駆られるのです。学校の飼育小屋で飼われている動物達を残虐な方法で何かするのとはちがいますからね、くれぐれも誤解しないでくださいね!
    毎日、グジャグジャにされる毛玉動物 「可愛さあまって憎さ100倍」っていうのとも違うし、とにかく何かしたくなるこの衝動っていったいなんなんでしょう?思わず、顔をグニュグニュ撫でたくなるし、ボタンのような目をアッカンベーしてみたり、たるんだ皮膚の皮をビローンと伸ばしたくなったり…。そんなことをしても怒らないで、されるがままになっている「めかぶ」も一緒になって遊んでいるし、私がそんなことされたら間違いなく怒ると思うのですが、「めかぶ」は違うみたいです。う~ん、これがいわゆる、大っぴらに公言出来ない『S(私)M(めかぶ)』の心理なのかもしれません。先日のPOOD★LANDのブログに「めかぶ」の写真が載ってるのを見た“望伽さん”が、「後のリードがムチみたいで、女王様の部屋みたい!」というコメントが、私の心理を物語っているようで、もしかして「バレた?か」と、一瞬ドキッとしました。



    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。