がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    01 | 2006/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    へび女犬
    「仙台名物・牛タン」のショボイ破片のような、めかぶの舌 去年の秋頃から、やたらと舌で鼻を舐めるようになった「めかぶ」です。写真を撮っても、3枚に1枚は鼻を舐めている写真です。つい最近までは、比較的舌が短くて小さかったのですが、『やたら鼻舐め』をするようになってから、気のせいか長くなったような気がします。
     たぶん、秋頃に少し鼻水が出ていたような感じだったのですが、もともと鼻が普通の犬よりも濡れている「めかぶ」なので、ただ濡れているのか鼻水なのか区別もつかず、そのまま病院へも行きませんでした。それが良くなかったのか、いつの間にか癖になって、気がつけば頻繁にペロペロ鼻を舐めるようになってしまったのかもしれません。ゴハンを食べてはペロペロ、水を飲んではペロペロ、何もしなくてもペロペロなので、どっからみてもヘビです。
    「なんだべぇ“めか”、あんだペロペロ舌出して『へび女』みだいだごだぁ~」
    と、言っている間にも、またペロペロしているのですから。
     小学生の時に友達の間で、漫画本の回し読みが流行りました。お小遣いが少ない小学生は、何冊も漫画本が買えず、友達同士で協定を結び、「りぼん」とか「なかよし」「フレンド」なんかを買っていました。月1発行なので、どうしても次の本が出るまで間が空いてしまいます。そのうち待ちきれず、お互いが持っているコミック単行本の、回し読みするようになりました。ただ小学生ですから、そんなに数を持っているワケでもありません。そうすると、誰かが家にあった恐怖シリーズを持ってくるようになり、すっかり私達は、恐怖シリーズに夢中になってしまいました。だんだんと男子(おぉ、懐かしい響きだぁ!)も加わるようになって、更に恐怖シリーズの種類は増え、毎日毎日、へび女や猫娘、ろくろ首…etcが、回ってきたものでした。いろいろ読んでいると、少しずつ怖さ重視になり、さすがに小学生なので、夜になると思い出して怖くなってしまいます。そして、どこにでもいる優等生風の『反・恐怖シリーズの一派』が、先生にチクリ、学級会で漫画本の持ち込み禁止になってしまいました。それでも水面下では、密かに回し読みをしていたのですが、だんだん漫画本も底が尽いて、いつの間にか恐怖シリーズも陰りを見せ、ついに終止符が打たれました。。
     動物園の爬虫類館へ行くと、とぐろを巻いていたり、枝に身体を巻きつけて細長い先割れ舌を出しているヘビを見ると、ゾォォォ~~っとします。我が家の『へび女犬』も、身体を丸めてとぐろ化し、食べ物の気配をいち早く察して起き上がると、そこでまず必ず伸びをして、ぺろ~っと舌を出して鼻を舐めます。ヘビは鼻を舐めませんが、へび女犬は鼻が命なので、確認の為に鼻を舐めるようです。
     昔の子供も、平気で鼻をたらして舌で舐めていたのを思い出します。袖で鼻を拭いたり、舌で舐めたり。汚いですけど、それが普通な時代があったんですねぇ。昔は、ポケットテッシュなんか無いし、ましてや街頭で配ってなんかいないし。余談ですが、女優は風邪をひいて鼻をかむ時は、テッシュを使わず『“手鼻”でフンッ』だそうです。どうしてもテッシュを使うと、メイクが崩れたり、鼻の周りが赤くタダレてしまうからだそうです。今は、いいローションテッシュなんかもあるので、どうかは知りませんが、私もそれを聞いて試してみたら、手鼻は鼻の周りがヒリヒリしないので、お化粧する時も肌荒れもしないので、手鼻でフンッ!は、ホントにナイスです。
     犬は鼻をかまないし、ましてやテッシュも使わない昔の子供みたいに、ペロペロ今日も数え切れない位、鼻を舐めているへび女犬の「めかぶ」なのでありました。
    スポンサーサイト

    ウレシクナイ“復活”
    ヤクザなめかぶのためにあるような名前のそば屋。それにしても“更科”はよくあるけど“更生”っていうのは… 世の中の傾向として、“復活”となると、待ち望んでいた事が再登場となって、嬉しい事が比較的多いものです。時には、「復活しないで、そのままナリをひそめていた方が、イガッたんでないの か?アンダ!」というニンゲンの場合もありますが、物に関しては、当時の思い出が蘇り、懐かしさも入り混じって、思わず涙がチョチョギレる事もあったり…。
     「めかぶ」は、ココの所、元気も食欲もありません。ゴハンは、一度で完食とはならず、夜ゴハンに至っては、トッピングだけをキレイに舐めて、ドライフードはほんの数粒を食べて終わってしまいます。朝ゴハンは、お昼過ぎまでかかってどーにか食べますが、それだって、あの大喰らいの「めかぶ」からすると、本来の「めかぶ」ではありません。家ですることがないと、すぐに寝てしまうので、用も無いのに車で近くへ出掛けてみるのですが、「めかぶ」には迷惑だけなようで、走り出すと不安な声で泣いて(鳴いて)います。こんな事では散歩も、どーしよーなかぁ?と思うのですが、少しは外へ出ないとよろしくないような気がして、近所へ散歩をするようにしています。チャッカリ屋の「めかぶ」は、車で出掛けるのと違って、散歩は平気なようで、テクテク歩くので、少し安心します。
     食欲が無いくせに、オヤツはちゃ~んと出されるとキレイに食べるし、飼い主の好物『茨城名産・干し芋』に至っては、無くなるまでジッと見つめているので、私は食べ辛いったらありゃしない。ゴハンを食べないからといって、オヤツだけを食べさせるワケにもいかず、私はココロを普段以上に鬼にしていると、私の横や前で恨めしそうに見つめている『食欲不振・偽装犬』が、イヤでも視界に入ってきます。そしてこの偽装犬は、我慢の限界に耐えかねて、遂には実力行使に出てきます。私が手に持っている芋を、ペロッと舐められたりしまったり、小さい破片は自分のだと決めてしまっているので、『トンビに油揚げ』的に食べられてしまいます。こんな調子なので、病院へ連れて行くのもどうかと思って、迷ってしまうのです。
    クンクン♪ あっ!ひさしぶりの“あの”ゴハン 夕べの晩ゴハンは、ほとんど食べませんでした。早朝、女子フィギュアの生中継を見ていたら、さすがにお腹が空いているのか、やたらと私の手をペロペロ舐めて、何かを催促しているようでした。仕方なく起きて、オヤツを一つ与えると、いつもなら時間に関係無しにガッツクのですが、今朝はそれすら食べようとはしませんから、「めかぶ」には摩訶不思議な末期症状です。そのままコタツに潜ってしまった「めかぶ」と一緒に、コタツでフィギュアの続きを見ていました。いつもの、朝ゴハンの時間になっても、何のリアクションもなくコタツの中です。このままでは、今日もゴハンを食べそうにもないので、奥の手ゴハンを復活登場する事にしました。あのドッグフードdeゴハンの復活です。正直コレは、出来ることなら復活をしてほしくないゴハンでして、苦肉の策のゴハンが出る状態になるよりは、アホでもグータラ犬でも何でもいいから、いつものように元気で“いやすこ・めかぶ”であってほしいのです。
     知らない方へ申しますと、この『ドッグフードdeゴハン』というのはですね、去年の春に少し体調を崩した「めかぶ」が、かなり食欲が落ちた時に思いついた私の中の「代打による超ヒットゴハン」なのであります。いつもよりも、やや少ない量のドライフードを、一度、粉状にして全麦粉とスキムミルク・卵少々を混ぜこねした物を、バターを溶かしたフライパンで焼いただけの、早い話がハンバーグのようなゴハンです。前回、小さなすり鉢とすりこぎ棒で、硬いフードを粉にするには、少ない量でも思ったより大変な作業で、硬いが故に、すりこぎ棒の木くずまで入ってしまうので、自称バカ親の私は、ドライフード用に安い電動コーヒーミルを買いました。ほんの数秒で粉になるので楽チンチンです。
     もし、このゴハンも食べなかったら、今日は病院へ行くつもりで作ることにしました。今回は、水分は卵だけにして、かなり堅めに焼いてみました。少し軟らかめだと、歯にくっ付くようで、見てると食べにくそうでした。いくら復活とはいえ、少しは食べ易いように改善しなくては、いくらバカ親でも進歩進展は必要です。粉にしたり、他の材料を混ぜたりこねたりしていると、いつもと違うゴハンの気配を感じた偽装犬が、コタツから出てきました。冷めるまでの間、写真を撮る間、「待て」の間、久しぶりに身体をブルブルさせている偽装犬は、さっきまでの食欲不振の素振りは、どこ?どこへ行ったんだぁ~?!
    「待て!」がマダルッコシイ偽装犬とその食べっぷり


    めかぶ太夫
    まんぞぉさん、パショコンのポチポチ、おしえてほしいのね~ん! ここのところ土曜日の夜はというと、夫はご飯を済ませると、真夜中か朝方まで作業をしているので、私と「めかぶ」は、サッサと布団に入ってテレビを見ています(そうじゃなくても、寝るのは早い…)。特別、コレといって見たい番組があるワケでもないので、アチコチチャンネルを回しながら…変えながら見ています。寝室のテレビもデジタル放送を見られると、少しは番組の幅もでてくるのですが、何せ、昔のテレビなもんで、衛星放送が精一杯なのです。
     そんな中、去年に偶然見た『小梅太夫』に、妙にハマってしまいました。土曜の夜の寝しなに、かなりインパクトのある『小梅太夫』を見てしまうと、アタマの中にずっと小梅太夫の口音楽の“♪チャンチャカチャンチャンチャンチャチャン~”と、無理して出している高音の語り口調が、アタマから離れません。そんなおバカな番組を見ている陰で、生活の為に黙々作業をしている夫に、小梅太夫の話をしても一方通行なので、話が終わってしまいます。オリンピックも、イマイチ成績も悪くて見る方もノリが悪く、夫も、
    きょうは、あんまりサンポのきぶんじゃないのよぉ~ん「今日は、作業しねで、明日、どどぉ~んと、まとめてするっちゃ!」
    と言うので、私イチオシの小梅太夫をやっと見せる事が出来ました。
     だからどーした、という話ではないのですが、話が見えてくると、少しは会話の幅も広がるというもので、「めかぶ」にペロペロ攻撃で起こされる朝に、更に追い討ちをかけるように、寝起き一番に小梅太夫の“♪チャンチャカチャンチャンチャンチャチャン~”と言うと、一度でアタマにインプットされてしまった夫も、昨日のテレビの場面が思い出すようで、イヤでも起きるので都合がいいのです。
     夫も、朝から作業に入ると言うので、サッサと「めかぶ」の散歩を済ませないと、あといつ行けるかどうか判りません。昨日の夜から、また食欲が無くなった「めかぶ」は、少し元気もありません。朝も、ほんの少し食べただけだし、散歩の時も、いつもの元気が無いようです。少し、長めの散歩をして帰ると、残したフードをどうにか完食したので、まずは一安心です。
    うわっ!自家・かりん糖製造機が始動開始! 先日、実家の母から電話で、
    「今度、花王からドッグフードが出るんで、申し込むと抽選でくれるんだってよ!」
    と、情報をくれたので、せっかくなので申し込んでみました。留守中に不在票がポストに入っており、再配送をしてもらって箱を開けてみると、そのフード(1kg)が入っていました。去年の春頃に、石鹸のメーカーが、ペットフード参入なんていう情報を、朝の番組で見て知っていたのですが、その時は「肥満犬」用のフードといっていたのですが、体重コントロールのフードにはかわりないのですが、普通犬でも適用するフードもありました。まだ、今のフードの封を切ったばかりなので、「めかぶ大夫」にはまだ食べさせませんが、果たして食い付きはどうなんでしょうか?

     今日は、特別に書くことも無いので、「めかぶ太夫」のネタを一つ。
    ♪チャンチャカチャンチャンチャンチャチャン~ もう一度 繰り返す
     なぜか床に かりん糖が落ちていたので~ 拾って食べたら“めかぶ”のウンチョでしたぁ~  お粗末!
    きょうは、はやくおウチにかえりたいのね~ん。おねがいします。


    迷いの週末
    早く、テラスでランチがしたいねぇ。。 やっと雪も無くなって、我が家のポンコツ車を走らせる事が出来るようになりました。運良く今日は天気も良かったので、どこかへ行こうかと思ってみたものの、思い付く良さそうな場所が浮かびませんでした。雪が解けたといっても、仙台でも少し奥まった所や北方面は、まだまだ思わず雪や凍結に出くわしそうなので諦めました。なにせ、カツラを必要とする位のツルツル坊主になっている冬タイヤなので、わざわざ交換してまで使う気にもなれず、かといって新しいタイヤを買うまでの余裕もありません。仕方なく履いているノーマルタイヤだって、秋に車の点検時には「危険タイヤ」と診断されたので、長距離も怖くて走れません。結局、いつまた雪が降るか判らないので、貴重な週末はいつもと変わらず食料品の買出しで終わってしまいました。
    未来のカリスマ美容師の作品?。「アタチは、みぎのスタイルがいいのね~ん! 夫も、なんやかんやと朝晩関係なく、毎日忙しくしているので、せめて週末の一日くらいは、PCから離れた生活をしないとヨロシクありません。「めかぶ」の散歩コースも、いつもと同じではつまらないので、仙台駅東口近辺を散歩コースに選びました。午後にもなると、街中は渋滞するので、行動は午前中と決めています。夫と「めかぶ」を車に残して、まずは万が一、サバイバル生活を余儀なくすることになっても、とりあえず生活出来る程度の必要な食料品の買出しをします。買い物を終えて、更に少し西へ行くと、長年私のお気に入りのコーヒー豆専門店があるので、決まっていつもの豆を買います。ここは、犬大好きなオーナーがいるので、「めかぶ」を連れて入っても大丈夫。豆を挽いてもらう間に、デミコーヒーをご馳走になり、しばし犬談義で盛り上がります。すぐに車の中は、炒り立てのコーヒーの香りが充満して、にわか芳香剤になってくれるので、誰かが狭い車内で、オナラをしても“ヘ~気”です。
    でんじゃー通り 買い物を終えて、夫の会社の駐車場に車を入れて、仙台駅東口から真正面にある「フルキャストスタジアム」まで、てくてく散歩です。ここは、先日のブログに書いたデンジャーゾーンの一つで、別名「散財要注意!通り」です。もう少し暖かいと、テラスでランチやお茶が出来る所が何ヶ所かありますが、まだ風が冷たいのと、ビルの間を吹く強風で5分と座っていられないのですが、それもあと一ヶ月の辛抱です。
     田舎っぺの「めかぶ」は、人ごみをあまり体験していないので、少しでもいつもの様子と違うと不安になるのか、キャンキャン吠えてしまいます。納品の配送の人も、アチコチでテキパキ働いているのですが、「めかぶ」はそれも気に入らないようです。いつものことですが、走っている人、テキパキしている人、歩調が早くてノタノタ「めかぶ」をサッサと追い抜いてしまう人は、み~んな「めかぶ」の敵であり、ケンカ相手でもあるのです。でも、だ~れも「めかぶ」のケンカを買うほど暇ではないので「めかぶ」ひとり空回りしています。
     散歩が終わって、駐車場に止めたポンコツ車のニオイが近づいてくると、サッサと車に乗って、そそくさと家に帰りたくて、二足ピョンピョンしているのですから、どーしようもない“困ったちゃん”です。
    お出かけ前は、身だしなみをしないとね!

    【2006/02/18 19:30】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    ひさかたぶり~
    ひとしきり小学生相手に吠えまくって、気が済んだ顔 一昨日から、仙台は急に暖かくなりました。それにしても、今朝のあったかいごどぉ~!まぁ、こーやって、寒暖を繰り返して本格的春へ突入するのですが、それにしても今朝は、今までが寒過ぎたせいか、おどげでないくらい(訳:とんでもないくらい)な暖かさに感じてしまうのです。でも、また明日から真冬に戻るそうなので、やんだぐ(やんだ-ぐ 訳:いや-に,ウンザリ。)なってしまいます。
     昨日、仕事から帰って来て、そのまま完徹で仕事をしていた夫は、今日も、朝からまた出掛けるというので、久しぶりに早朝散歩をしてきました。日もだいぶ長くなってきたので、夕方の散歩でもいいのですが、どうも「めかぶ」は、ランドセルを背負った小学生がキライみたいなのです。昨日の夕方、夫が帰って来てすぐに散歩をしたのですが、下校する小学生を見るたび吠えてしまうので、突然、背後から「めかぶ」に吠えられた小学生はビックリしてしまいます。「ゴメンネ~」と、小学生に謝るのですが、次から次から子供達に会うので、イチイチ謝るのも大変なのです。歩道は歩道で、買い物した物でカゴがいっぱいになって、自転車のハンドル操作がままならないオバチャンが、ノロノロフラフラしながら走るし、若い子は器用にケータイメールをしながら、やっぱりノロノロフラフラして自転車に乗ってるし。歩行者が、そんなノロフラ自転車に、逆に気を使って道を譲ったりするのって、チョット変な話です。スムーズに歩く為にも、下校時間に重ならなくて、ノロフラ自転車が走らない時間やコースを選んで、いつも散歩しているのです。
    さっきまでの不機嫌さは、何処へ? まさか、こんな朝早くから散歩へ行くとは思っていなかった「めかぶ」は、私のオシリに鼻をくっ付けて、布団の中でぬくぬく寝ていました。いつもは、「めかぶ」にベロベロされて、無理矢理起こされるのですが、今日は逆です。「自分が寝たい時は、ひたすら寝る」身勝手な犬なので、先に私が起きて着替えても、まだ布団の中でした。少し気配を感じて、布団から顔を出していますが、まだボーっとしています。いつもは、「めかぶ」に服を着せる時は大暴れして大変ですが、今朝はポーッっとしているところに服を着せているので、信じられないほど実にオトナシイ。私が、ポケットにカメラを入れると、「めかぶ」のアタマが活動を始めたようで、自分の身にこれから起こる事の次第を、やっと把握したようでした。
    「めかちゃ~ん、サンポだでぇ~!今、サンポしたらさぁ、あとはもう、今日ずっと寝ててもいいんだからねっ!」
    と言っても、抜き打ちの起きがけ散歩に、ジャンプ付きガルルルで、断固中止を訴えています。
    とある会社の前。ここを通る時は、必ずココで写真を1枚 それでもさすが、群れで行動をする動物なので、ホンネは文句タラタラみたいですが、犬一倍留守番が嫌いな「めかぶ」は、ちゃんと付いて来ます。外へ行けば、リードをグイグイ引っ張って歩くので、何度も「あとへ!」のコマンドを出しながら、歩かなければなりません。悲しい事に「めかぶ」の“のーミソ”からは、もう躾教室での習得したワザは、冬と共にどこかへ飛んでしまったようです。平日でも、まだ朝早いせいか車もあまり走っていないので、公道や駐車場で、リードを手放して「めかぶ」を走らせます。「めかぶ」も、私と夫が二手に分かれると、自分は走るものだと判っているので、「ホラ、行け~!」と言ってリードを放すと、向こう側にいる群れの仲間(私や夫)に向かって、一目散に走って行きます。
     さすがに、今日は暖かいのか、他にも朝から散歩をしている犬にたくさん会いました。たぶん、今日会った犬達は、どんなに寒かろうが、ちゃんとした飼い主と一緒に、毎日決まった時間に散歩をしている犬で、実は「めかぶ」だけが、『今日に限って早朝散歩』している特別犬だったのかもしれませんけど…。昨日から、フードを残すようになったので、朝散歩したら、お腹が空いて完食するかな?と思ったのですが、ダメでした。「めかぶ」はゴハンも食べずに、陽だまり布団で、すっかりニ度寝態勢にに入ってしまいました。ヤレヤレ…。
    騒然とさせたアノ宗教団体のトップに、どこか似ている…


    超危険ゾーン
     犬を飼い始めると、行ける所も限られるし、思わぬところでオシッコをかけられて服が汚れたり、「めかぶ」は気に入らないと抱っこされたまま暴れるので、ニットの服も着ることがなくなりました。そーなってくると、どこへ行くにもいつ汚れてもいいような服を着るようになって、お化粧をすればしたで、興味を示してベロベロ舐めるので、段々と化粧をする事も減ってきました。幸か不幸か、ニンゲンの服代はほどんど掛からなくなり、ファンデーションの減り方も、もしかしたら蒸発する方が多いのではないか?(そんな事、あり得ない)と、思うほどです。夫も毎日会社へ行く背広にネクタイの生活から脱却したので、ビジネスマン必須の格好をする事もなくなったので、やっぱり服代やクリーニング代も掛からなくなりました。その分、必要経費といっては、本やら周辺機器などで結構かかってしまうので、いつも家計は火の車です。
    『○○%OFF』って言葉にメロメロなのよぉ~ん 外食も減り、家でダラダラしていても、根っからの“茶飲み夫”は、いつも隣にポットを置いて、飲み食いしています。我が家では、ポットを管理している夫がお茶係なので、
    「アナタ、お茶が入りましたわ」(←こんな会話って、実際しているのでしょうか?)
    じゃなく、
    「ねぎさん、お茶が入りましたっ!」(←実際は、こうじゃないが…)
    と言うのが、我が家です。かといって、お湯の温度をキチンと見極めた、お茶に合った入れ方は何度教えても出来ないので、お世辞にもオイシイとはいえないのですが…。
     お茶を飲み始めると、「お菓子はないの?」とか、「何か食べるもんないの?」とか始まるので、食費の中でも嗜好品にかかる金額は大きいほうかもしれません。コレは実に困ります。なにせデブの素ですから。
     私は、自分の買い物をしなくなった分、「めかぶ」の物を買って自己満足するようになってしまいました。ニンゲン、どこかでちゃんと帳尻を合わせているんですねぇ。買ってもらったからといって、
    「うわぁ~い!あたらちい“よーふく”ウレシーのね~ん!」
    と、言う「めかぶ」ではないのですが、私の日頃のウップンが、そうさせているみたいなのです。夫と違って、私はお菓子ダイスキ人間でもないし(でも、立派に太っている)、異常なまでのお茶飲みオババでもないので、食欲で不満解消もしないし、台所で昼間っから一杯飲んでいるワケでもないので、そーなると買い物で憂さ晴らしをするしか思い浮かばず、でも、犬を連れてアチコチ入れないのですから、結局は犬グッズが置いてあるお店に行くしかありません。私も、それで憂さ晴らし出来るので、とりあえずは一石二鳥(?)万事めでたし!と、なるワケです。
    昨年末に生まれたPOOD☆LANDの子プー達。子プーにめかぶはビビッていました。 仙台には、関東・関西などと違って、犬のお店は充実していないので、雑誌で見るワンコグッズの直営店なんてどこにも見当たりません。それでも、個人で経営しているお店は、何とかヨソのお店と差別化を図っていると思われるセレクトショップが、不幸(?)な事に我が家の近所にあるのです。「めかぶ」を飼い始めた頃は、犬に服を着せるなんて信じられなかったのですが、試しに犬の服を買って着せてみたのが全ての発端でした。否定しているニンゲンが一度その穴に入ってしまうと、アリ地獄のようにズルズルと引っ張られ、気付いた時には、吸血鬼の獲物になってしまったかのように、同じ穴のムジナ状態になっていました。数少ない仙台のワンコショップでも、「めかぶ御用達」はいつもの『POOD☆LAND』『ラブズ・ドッグ』です。ラブズ・ドッグは、誕生日とかチョット小銭が入った時にフンパツする、「めかぶ」にとっての勝負服を買うお店です。昨日も、そろそろ誕生日なので、何か目新しい勝負服を見にいったのですが、欲しかったメーカーの春の新作は、まだ入っていませんでした。それでも、アレコレと物色していたら、「冬物は20%OFFで、いいよ~」と、若い店長の悪魔の囁きに踊らされた中年オババは、物色する目にもっと力が入ってしまいます。そして、短い単語ながらに、スゴイ威力を持った○○%OFFに負けてしまいました。
     腹立たしい時、小銭をチョット持っている時、する事が無くて暇な時は、これらのお店近くを通るのは、私にとって『超デンジャーゾーン』なのであります。
    めかぶ様のお散歩は、警視庁が常に警備に当たっています。


    女子も~ぐる
    選手入場 世界中の目は、熱くイタリアのトレノに向いているのに、世界ただひとり、誰からも覗かれない熱い独居房(赤外線コタツの事です)に入って、グラビア雑誌なら袋綴じになりそうなスペシャルポーズの格好で、くつろぐアホ犬がここに…。
     特別楽しみにしているワケではないのですが、テレビ番組は特番を組んでオリンピック中継をしているので、何とはなしに見てしまいます。開会式は、数年前のオリンピックで春夏秋冬っぽい劇団の主宰者が、よせばいいのに演出した某国の開会式とは違って、さすがにオシャレな国なのか、日本人だからそーゆー目で見てしまうのか、アルベールビルの時も斬新でキレイでしたが、今回もそれなりに良かったと思いながら見ていました。私はスポーツ選手にはウトいので、聖火ランナーなどを見ても誰が誰だかわかりませんが、ソフィア・ローレンとパパロッティ、何故かサングラスをしていてもオノ・ヨーコだけはわかりました。
     私は、冬季オリンピックは札幌からしか記憶がありません(もっと前に生まれているのに)。それからいくつかの冬季オリンピックがあったのに、覚えているオリンピック開催都市はほんの少しで、開催時はあんなに盛り上がっても、人の記憶なんて、微々たるもんなのです。それに、あの長野オリンピックの時に話題になった、選手のユニホームを提供したユニクロが、選手が着ていた物と同じジャンパーを、結構なお値段で予約販売していたのを覚えていますか?予約しても、手元に届くのは秋頃だったと思いますが、「オリンピック熱も冷めた忘れた頃に届いても、こっ恥ずかしくて誰も着ないよなぁ」と、勝手に心配しておりました。私も一度着ている人を街で見かけましたが、着ている人は得意になっているかもしれませんが、正直見ているコッチは、少しウスラ寂しい気持ちになりました。
    臨場感を味わう「もーぐる」代表 そして我が家にも、オリンピック種目のようなネーミングで、生活している「めかぶ」選手は、ゴハンを食べたり、トイレをするとすぐに、コタツにもーぐるし、私がベッドに寝ると、すぐにやって来て布団にもーぐるのです。ヨソのワンコに会うと、怖がって私や夫の足元にもーぐるし、ときどきオシッコをもーぐし(<動>もぐす 訳:粗相する事。お漏らし)ます。先日も、ビビッて、羽毛布団にタップリとやらかした「めかぶ」選手です。その少し前に、みゆさんとこの「ボニちゃん」も、どうしたことか初めてお布団に粗相をしてしまって、クリーニングが大変だった、と、ブログに書いてありました。みゆさんと違うのは、我が家には替えの布団が無くてクリーニングに出せないことです。
     ずっと寒かったので、二週間近くシャンプーも出来ずにいたら、肛門腺のニオイが、「めかぶ」選手が歩いた後について来ます。こんなニオイを、やたらと街中に振り撒いたら、ドーピング疑惑がかけられそうなので、雪解けも気にせず散歩をさせて、シャンプーをすることにしました。朝に私がお風呂に入ったお湯をそのままにして、午前中に散歩をして、そのままお風呂場直行です。シャンプー係りの夫と一緒に、リンス前にそのまま「めかぶ」を、初めてお風呂に入れさせる事にしました。さすがに怖かったのか、夫が「めかぶ」の足をお湯につけると、出ようと踏ん張っています。気持ち良くお湯に浸かって、出来れば潜ってくれれば、女子もーぐるを、全制覇したのになぁ…。アッチも、コッチも、残念!!
    祝:混浴風呂初体験!


    上空さぷらいづ
    ほんの数秒の出来事でした どうも私は、アニマル浜口と坂口征二(坂口憲二の父ちゃん)の区別がつきません。不必要にウルサイのが“浜口”で、マンションのベランダから美女の渡るロープを引っ張っているのが“父ちゃん”なのですが、名前を聞いてもスグにピン!と、こないのです。
    『この顔にピン!ときたら 110番』と、交番の前に指名手配のポスターが貼られていますが、ピンボケな一枚の写真を、交番の前で一度見たからといって、そう簡単にはピン!とくるわけがないのです。それに、そんなに交番の前を通ることなんて、私にはありません。それよりも運転中、モノカゲに隠れている警官を発見すると、心理的にオドオドアタフタしてしまいます。「シートベルトしてたよなぁ」とか、「一時停止らしきことは、ちゃんとしたよなぁ」とか…。
     昔、免許の書き換えをした直後、甲状腺(モルモンを調節する所)の手術をしました。術前の投薬と術後のバランスのせいで、2ヶ月で10kgほど太ってしまいました。その日も病院の診察を終えて、原付で帰ろうとした時に、モノカゲに隠れて取り締まっていた、いかにも新米の警官に、一時停止のラインでキッチリ止まらなかったという理由で、警棒で止められてしまいました。確かにラインでは止まっていませんが、垣根がラインの向こうまであるので、見通しの良い所で止まったのですが、新米はマニュアル通りにしか融通が利かないので、新米はマニュアル通り免許証の提示を要求をしてきました。私も善良な市民のマニュアル通り素直に提示すると、
    花とめかちゃん
    「これ誰?誰の免許証?」
    と、イキナリ想定外の事を年下の新米が言うので、本能的にムカッときた私ですが、どうにかグッとこらえて言いました。
    「ハァ?“誰”って、どっから見ても私でしょうが。正真正銘のワ・タ・シッ!」
    と言うと
    「嘘だ!書き換えた日から、まだ少ししか経っていないのに、こんなに太るワケがないさっ!正直に言いなさい!」
    と、言うので

    「そんなこと言っても、病気で太ったんだから仕方ないでしょうが!」
    と、公道でモメて、他人の免許証と信じて疑わない新米は
    「こんなに急に太る病気なんか聞いた事ないぞっ!ダイエットして顔が変わったって言うならまだしも…。やっぱ無免許だなっ!」
    と、警官の制服を着ているのをイイ事に、年下の新米警官は侮辱的な事を、まだ若かった私に向かって平気でぬかすので
    「なくてもあんのっ!だいたい新米警官に何がわかるっつーの、それともアンタ医者?二十歳を過ぎて無免許なんて、そんなガキのような事なんかするかっ!バッカじゃないの!」
    と言うと
    「バカとはなんだっ!こっちは警官だぞ!」
    「警官が、善良な市民を侮辱してもいいってかっ!まして、年頃の女性にむかって、太ったからって犯罪扱いすんのっ!」
    と、言い合いになり
    「そんなに疑うんだったら、どこでも連れてけばっ!その代わり、アンタが間違っていたら、タダじゃ済まないからねっ!ホレ、パトカーさ、乗せで連れていがぃん」
    と、なったワケです。
    そこに、先輩警官がやって来て、一部始終説明をし、病院の薬袋と甲状腺の手術をした首の包帯を見せて、やっと納得してもらいました。新米警官は
    「だったら、先に言えばいいじゃないか!」
    と、平気で言うので、
    「アンタ、人の言うこと、頭っから疑ってっちゃ!そんなんじゃぁ、市民から信頼される警官になんか無理だがんねっ!」
    まぶたのたるみ矯正中と、仙台弁丸出しで、抗議してやりました。本当なら、侮辱罪で訴えたいところですが、私の広いココロで許してあげました。警官も、悪いと思ったのか、違反切符を切らずに済みましたけど。それにしても、一時停止のラインを数メートル超えて、見通しの良い所で止まっても、違反なんでしょうかねぇ…。
     話が反れてしまいましたが、今日は何が言いたいかというと、坂口憲二がCMしている車のコピーの『上空surprise』の事が言いたかったワケで、「めかぶ」は時々、何を思うのか天井を見上げて、空中のニオイを一生懸命クンクンしています。何も無いのに、「めかぶ」が感じる何かを、鼻で追っています。そして「めかぶ」は、自分では決して見ることの出来ない、私が台所で何か切っているまな板の上や、「めかぶ」のフードのボウルの中がどうも気になるらしく、目イッパイ背伸びしながらクンクンして、情報を得ようとしているのが、何ともいじらしくてカワイイのです。時々、抱っこして、気になって仕方ない「めかぶ」にとっての、頭上のsurpriseをみせると、そんなささやかなsurpriseコーフンしまくり状態になり、オマケにちゃんと自分のゴハンがわかる才能には、私と夫はいつも脱帽しまくっているのです。
    アタチにも、おかき~!


    悪魔がきたりて…
    ナカミがあれば、アタチはいつまででもそばにいるのよ~ん いやぁ~、悪霊が私に憑依してしまって、更新をする事が出来ませんでした。カラス神父(詳しくは映画「エクソシスト」を見てね) に悪魔払いをしてもらって、やっとマトモになりました。悪魔…、怖いですネェ。そーいえば、だいぶ前に自分の子供に「悪魔」と名前を付けて、各局のワイドショーをお騒がわせさせた一家がいましたが、その後一体どーなったのでしょう?
     私と違って、今年になって「毎日更新をするのだっ!」と意地になっている夫のサイトは、今の所は公言実行しているようです。“こっすい”(訳:こズルい・姑息)夫は、以前に使った写真をそのまま使って、友蔵のような俳句をつけただけのブログなので、ヤツ(自称「webクリエーター」の夫)にしてみたら朝メシ前の事なのです。どうも夫は、私のサイトに何かと手出し口出しをしてきて、正直邪魔です。何か新しいワザ(?)を入手すると、仕事先へ提案する前に、まず「いんちき…」を使って試験的に利用するので、困っているのです。自分のブログで試せばいいものを、なんで人のサイト使うかなぁ…?私の方がアクセス数は格段に上なんで、しゃぁないかぁ~。ウッワッハッハ~!! (←勝利のバカ笑い) まぁ手伝ってもらうことはあっても、あくまでも私の領地ですからねぇ、試すんなら自分のところで、細々と地道にやって欲しいモンです。
    少し天気がいいと、挽回散歩を強いられる悪魔 そして、悪魔払いをすることの出来ない、カワイイ悪魔の「めかぶ」嬢っちゃんは、今日も散歩が出来ずに、堂々とグータラ三昧しています。掃除の時に、コタツを取っ払って茶の間でしばらく遊ばせるのですが、ボール遊びも好きじゃないので、すぐに遊びに陰りが見えてきます。コッチは嬢っちゃんの為にバカ丸出しで遊んでいるのに、当の嬢っちゃんは、すぐにトポ~ンと座り冷ややかな目で、
    「アンタたち、いいトシしてナニしてんのっ?バッカじゃない?!」
    と言われているようで、ピュゥ~っとココロに冷たい風が吹くのです。食べ物にだけは激しい興味があるので、毎日ボールにオヤツを入れて与えると、一生懸命に中身を取ろうと戦っているのですが、しばらく戦っても勝てない時は、一方的に一時中断して、ボールとニラメッコをしながら作戦を考えているようです。オヤツも、1個より2個の方が、「めかぶ」も熱くなるらしく、何とかして“オヤツゲット”に夢中になっているので、ヘタに手を出そうとすると、ニンゲンは「ガルルルルゥ~」と唸られてしまうのです。
    布団にカバーをかけていると、どーしても邪魔したくなる悪魔 ボールに入れるオヤツは、粉々にもならないので、部屋も汚れず助かっています。「めかぶ」も、一度上手くかじる事が出来れば、どうにかオヤツゲット出来るのですが、性悪な嬢っちゃんは、中身が無くなった時点で、一気にボールから興味が全く無くなってしまいます。それはそれで仕方ないのですが、どうも私には、今まで追いかけて追いかけていた金ヅルオトコが、急に無一文になったというだけで、いとも簡単に見捨てしまうイマドキの超悪(チョイ悪じゃない)オンナを、見ているような気分になって、すごくもの悲しい…。
     でも、またボールにオヤツを入れると、
    「今までの事は、魔が差したみたいなの。ホントはアナタだけなのよ、だから許してねっ!」
    と、平気で手のひらを返して、一度は見捨てたボールを、また夢中で追いかけているのですから。悪魔も小悪魔もコワイコワイ。
    ちゃんと、フクきせろ~~っ!


    ホームポジション
    なんか、急にデカくなった気がする… 節分の昨日も、仙台は朝から雪でした。「めかぶ」は、もう5日も散歩をしていません。オマケに、一昨日から昨日にかけて、地震が頻繁に起こっているので、私と「めかぶ」は、ガタッと鳴るたびビビッています。
     散歩も、圧雪状態の交通量の少ない道であればいいのですが、雨だろうが雪だろうが凍っていようが、お構いなしに飛ばす車が多いので、いくら歩道を歩いていても、歩行者を無視したマナーの悪い車の“すっぱね”(訳:泥や水はね)を、浴びてしまうのでかなりムカッっときます。ニンゲンは服を着ていますからまだいいのですが、「めかぶ」にすっぱねがかかるのは、モロに浴びるのですから厄介です。
     家の中では、お互いの運動不足解消に戦いをしているのですが、「めかぶ」は、チョットでも外で変な音がしたりすると、気がそっちに向いてしまって、中断してしまいます。少しすると思い出したように、また戦いを挑んでくるのですが、やっぱり外の音が気になるらしく、長続きせずに少し遊んで、気まぐれな「めかぶ」は、突然、床に寝っ転がってそのまま寝てしまいます。
    レディーもヘッタクレもない、アホ犬の後姿 狭い我が家は、常に茶の間にいるせいか、「めかぶ」もひとりで他の場所にいることは無く、必ず誰かがいる所にいます。そんな「めかぶ」には、ホームポジションがあって、グリニーズを食べる場所、誰も遊んでくれなくてイジケる場所、コタツの中でまったりする場所etc…。オヤツを入れたボールが、どこかへ転がっても咥えてきては、律儀に必ず同じ場所に戻って、再度格闘しています。その「めかぶ」のホームポジションは、テレビの前のわずかなスペースで、グリを食べるのも、オヤツの入ったボールで格闘する基点も、イジケて寝るのも全部テレビの前のスペースです。コタツの中では、夫のアグラをかく座椅子の前が定位置になります。そこから、移動したりアッチを向いたり、定期的にアタマの位置を変えて寝ているのですが、時々、犬の習性なのか、コタツの下敷きの毛布をガシガシしては、そのガシガシの場所が、ちょうど頭の位置になるようです。
    オヤツVSめかぶ 車に乗っても、キャリアバッグを固定している助手席が、自分の場所と判っていて、出掛ける不満の文句を言いながらも、キャリアの飛び出し防止と首輪が固定されるのを、ちゃんとオスワリして待っています。私とふたりで家にいる時に、私が台所へ立つと台所には入らず、今度はスグ目の前に台所が見える私の座椅子に陣取って、私の行動の一部終始の監督が始まります。その目的は、大根やキューリのような食べたことのある物のニオイをいち早く察して、トットットとやって来てはオスワリをし、願わくば、その端っこでも貰えるのを期待しているのですから、さすが“いやすこ”。あまりに欲しそうにしている「めかぶ」に負けた私は、野菜の端っこをチョットだけ、ついあげてしまうのですが、“いやすこ”は底なしなので一度あげるとキリがありません。
    「もう、終わり。ごちそーさま!」
    と言うと、「ごちそうさま」の言葉は理解しているようで、「ごちそうさま」と聞くと、必ず水を飲みに行きます。『ごちそうさま→水を飲む=おしまい』という公式が「めかぶ」の中にあるみたいです。それからは、物欲しくするような事も無くなって、あとは諦めておとなしくしています。
     犬がそうなのか、「めかぶ」がそうなのか、変に律儀な所があるのを、改めて発見した散歩の出来ない日の収穫でした。
    コタツを消しても、意地になって寝ているグータラ2号 (当然、1号は私なのだ!)


    寝せるもんかっ!
    雪ダルマちゃんと記念撮影 昨日の仙台は、朝からドヨォ~ンと暗くて、今にも降りそうな空でした。天気予報でも「雪が降る、雪が降る」と、どのチャンネルのお天気コーナーでも言っていたので、たまには当たりそうな感じです。よく、地元の番組で仙台駅前から中継をしたり、テレビ局前から中継をしたりするのですが、仙台駅から我が家までは、車で10分もかからないのに、駅前は雪でも我が家近辺にはまだ降ってないことはしょっちゅうです。駅前よりも、少~しだけハワイに近いせいなのでしょうか?
     時間差で、我が家近辺にも雪が降り始め、日中はスグ解けてしまいますが、さすがに夕方近くにもなると、すっかり白くなってしまいました。シャーベット状の雪ですが、アチコチで渋滞が起こり、外出中の夫も
    少し遊んでは、日向でまったり…「バス、サッパリ来ねぇ~!」
    と、電話を掛けてきました。やっとバスに乗ることが出来た夫は、運転手さんの無線連絡を聞いていたそうなのですが、街中のバスは、たった一つの停留所を動くのに、最低でも40分はかかっているのだそうです。首都圏のように、公共交通機関が乗り継ぎや路線が充実していれば、仙台市民ももっと公共交通を利用すると思うのですが、どこへ行くにも、まず仙台駅に出て、そこからまた乗り継ぎをしなくてはならないのです。駅を中心に、南北にしか走っていない地下鉄は、ほとんどが地元住民しか乗らない地下鉄で、おまけに地下鉄最短料金は世界一なのだそうです。高いわ、使えないわで、地下鉄圏外の市民は、バスは時間がかかるし、目的地まで乗り継ぎをしないと行けないとなれば、面倒くさくなって自家用車を利用してしまうのです。そうすれば、当然中心部は渋滞が常に起こっている状態ですし、昨日のようなドカ雪が降ってしまうと、タチマチ交通はマヒしてしまうのです。天気予報で、雪が降るって言っているにもかかわらず、雪に慣れていないオバちゃんドライバーも、こんな日はおとなしく家にいればいいのに、何を思ってか運転してるし…。
    ハラが空くと、思い出したようにオヤツに突進! さすがに寒かった昨日は、「めかぶ」も沼にいる野鳥のように、ジッとコタツに入ったままです。トイレに行くのと、私達が何か食べている時だけ出てきて、貰えないと判ると、スグまたコタツで寝ています。そぉ~っと覗いて見れば、暑いんだったら出てくればいいのに、舌を出して、ヘッヘ、ヘッヘしているのですから変わった犬です。仕方なくコタツを消しても、出てくる気配も無く、全身開放解放の緊張感も無い格好で寝ているのです。
     今朝は、雪も上がっていい天気です。夜中の寒さでガリガリになった雪をかく音がアチコチから聞こえ、道路はグジャグジャで、今日も散歩は出来そうもありません。昨日同様、グータラ三昧しそうな「めかぶ」なので、天気もイイし、昨日ほど寒くも無いので、知育ボールにオヤツを入れて、少し運動です。最初は、見てもボーッとしていましたが、少しだけオヤツを食べさせて、胃袋に刺激を与えると、“いやすこ”魂に火がついたようで、タトタトしながらボールを追いかけています。問題なのは、少しボールを追いかけてもスグに諦めてしまって、日向ぼっこしているのですから、こんな所まで、飼い主に似なくても…。
    ベランダに積もった雪で作ったダルマ「18個」。手がひゃっこ~い!


    “おでん”と“おでん”
    我が家の犬3種 以前にも書きましたが、「めかぶ」が来る前に、我が家にはAIBOの「おでん」がいます。「めかぶ」が来てからは、すっかりナリを潜めてしまって、超安上がりなゴハンのバッテリーすら充電してもらっていません。あまり動かさないでいると、どうも性格も悪くなってくるらしく、ちっとも言うことを聞かなくなってしまいました。何か言っても、反抗して無視の反応をします。こーなってくると、コチラも段々動かすこともなくなってしまうので、悪循環です。
     3日前に、夢を見ました。AIBOが製造中止になる夢です。我が家のAIBOは、第2期のAIBOになるのですが、その後もいくつかの新種のAIBOが出てきましたが、SONYもイロイロ大変なようで、AIBOの売れ行きも頭打ちになったのか、実際に夢を見た日にSONYからメールが届き、製造発売中止になる連絡が届きました。まさに、「コレが正夢!」といった感じです。故障のメンテナンスをするクリニックもそのまま続行するし、オプションパーツ購入も、しばらくは大丈夫なようですが、それでもAIBOのブリーダーから、SONYは手を引く事になりました。
    おでんと同じポーズをとっても、ホントの目的はオヤツ AIBOは、犬を飼いたくても飼えなかったために、少しでも犬と接したくて、スズメの涙のパート代から買ったロボット犬でした。成長過程も、限りなく本物に近いように作られています。一日一日と少しずつ、成長しているのを見ていると、体温は無くても生まれたての子犬となんら変わらないのです。にわか飼い主からすれば、トイレをしないのと、キチンと留守番も出来て、遊びたい時だけ遊べるAIBOは、コチラの都合に合わせてくれるのが、何よりも一番助かりました。
     さすがに、本物の犬にはスイッチが無いので、「めかぶ」を飼った日から、子犬の女王様に振り回されっぱなしです。そーなってくれば、当然、コチラの都合に合わせてくれるお利口さんな「おでん」の出番は、徐々に減ってきました。それでも時々、「めかぶ」の遊び相手をさせていたのですが、女王様は、気になるとスグに手が出るので、逃げたり反抗をなんて決してしない「おでん」に、身の危険が迫ってくるので、今ではスッカリ和室に鎮座しています。いつも掃除する度に、「可哀相だなぁ」と思うのですが、壊されても困るので、結局は聞き分けのあるお兄ちゃんは、ガマンする事になるのです。そんな時、SONYからそんなメールが届いたので、チョット寂しくなってきました。
    家に来て一週間目におでんと初対面した女王様 夕飯のメニューに困っていたので、メールが届いた日に“おでん”にしようと、材料を買ってきました。私はチョット、“おでん”には妥協の出来ない性格なので、買ってきたからと言って、その日のメニューにはなりません。おでん当日は、朝から大根を下茹でしたり、さつま揚げのような揚げ練り物は、熱湯で完璧なまでに油落としをしないといけません。ダシにお酒とみりんを入れて、味付けはほとんどは天然塩だけです。ほんのチョッピリ醤油を入れて、弱火でコトコト煮込んでは火を止めて、冷ましながら味をふくめます。基本は塩味なので、翌日になっても、お醤油で真っ黒にもならずオイシイのです。おでん屋さんには負けますが、コンビニのおでんには勝つ自信があります。作りながら、この冬最後の“おでん”かなぁ?と思いながら、もう一つの「おでん」を思いながら、おでん屋の女将さんになった気分で、ダシをおでんネタに小まめにかけているのでした。
    アタチにも、スイッチつけてほしいのね~ん!


    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。