がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    03 | 2006/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    OG会
    そんなノンキな事していられるのも、今のうちだがんね、めかちゃん! OGと言っても、ビーフじゃありません。同窓会です。ただ、たったふたりのOG会ですけど。
     年末に躾教室を一応卒業した「めかぶ」は、その後初めてコロンちゃんに会いました(あっ訂正!1ヵ月前に、チョコッとだけ会っていましたね、失礼しました)。でも本格的に会ったのは、今年になって初めてで、いつもBlackさん一家から、北の大地のお土産をよく頂くので、登米の帰りに、鼻くそを持って立ち寄りました。碧さんとコロンちゃん、私とめかぶで、近くの公園をグルグル回りながら少し話していたのですが、コロンちゃんと「めかぶ」は、最初だけ再会のヨロコビからか、少し吠え合っていましたが、すぐに治まってイイ感じに一緒に散歩していました。去年から、いろいろ忙しいBlackさんなので、なかなか遊ぶ機会も無かったのですが、丁度休みになるので、翌日お茶する約束をして、その日は別れました。
     「躾教室・ジュン吉」の最終日に、お互いの家族が会ったのが最後でした。最終日は大晦日直前だったので、とても寒かったのに、昨日は半袖でもいいくらいの暑い陽気ですから、時の流れは早いです。それにしても、1年前に初めて会ったコロンちゃんと「めかぶ」は、ずっと会うたびに吠えて、けん制し合う仲でした。これこそが、飼い主同士のアタマを悩ませていたいた原因で、教室へ通うキッカケになったのです。さすが3ヶ月もの間、毎週会って、逃げ所の無い部屋で一緒にオヤツを食べた仲なので、前日には一緒に散歩もしているし、お互い吠えなくなっていました。逆に他の犬が、コロンちゃんにチョッカイを出すと、「めかぶ」は怒って威嚇します。でもふたりは、決して一緒には遊ばず、キッチリ50cmの距離を保っています。それでも、帰る頃になると、最初に全然興味が無かったコロンちゃんが、「めかぶ」のオシリをクンクンし始めて、それに気付いた「めかぶ」は、恥ずかしいのか逃げていたのに、しばらくすると、今度は「めかぶ」がクンクンし始めました。コレは、普通の犬同士なら、当り前のなんの事無い行動なのですが、この問題児ふたりにとっては、ものすごい進歩、自家用ロケットで月に行く時代になった位に匹敵する出来事なのです。恐るべし、躾教室の威力です。
    いつもコロンちゃんは、凛としていて習字の先生みたいです。 昨日行ったのはdogwoodです。両家族共、ドッグカフェには精通していないので、行き慣れてるdogwoodになったワケでが、ダックスとプーとシュナが外のデッキテラスを走り回りっているのに、コロンちゃんと「めかぶ」だけは、ジッと固まっています。時々近寄って来るまだまだ子犬のシュナにすら、「めかぶ」は本気で吠えているのですから…。ニンゲンで言ったら、25歳位のお姉さんが、3歳位の子供を恐喝しているようなものです。あ~、こんな事になるなら、もっと犬社会を身につけさせれば良かったと、コロンちゃん一家とめかぶ一家は後悔するのでありました。
     でも、これからも、ちょくちょく遊ぶ事になるコロンちゃんに、吠えなくなったのは、唯一喜ばしい事です。そんなわけで、再来週も一緒に遊ぶ約束をして帰ってきました。

    あづいぃ~!マネジャ~(まんぞぉ)はやく、ひがさ、ひがさ!

    スポンサーサイト
    【2006/04/30 11:30】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(1) | COMMENT(8) |

    “鼻くそ”を買いに
    本物のゴリラの“鼻くそ”も実は甘いかも? 童話に、新美南吉の「手袋を買いに」があります。初めて雪を見た子ギツネが、雪と遊んで手が冷たくなったので、お母さんキツネからお金をもらって、片方の手をニンゲンの子供の手に化けさせて、町の帽子屋さんへ手袋を買いに行く話です。何度、読み聞きしてもいい話です。なので、今回は、タイトルを少しパクってみました。
     連休に入ると、道路も観光地も混むので、今のうちにチョッコラ遊んできました。見どころのない宮城県は、現在「サザエさん」のオープニングで紹介していますが、見どころがほんとにアレくらいしかないのです。それだって、「わぁ!スゴーイ!」と感動するのは、松島と蔵王の「お釜」くらいかもしれません。それに比べて他県は、見どころがたくさんあるので、紹介しきれないようですが、宮城県はあれが、イッパイイッパイなのです。もしかしたらいつもよりも、最後のシーンでサザエさん一家が、一直線になって歩く毎度お決まりの部分は、紹介する所が無いために時間が余って、普通より長いかもしれません。そんなサザエさんの4月の最初の放送で、ひょんな事からカツオが連れていかれた登米へ行ってきました。住所は登米郡登米町と書きますが読み方は「とめ郡とよま町」と読みます。3年前にも一度行ったのですが、その時は、もうすでに桜が終わりかけて、わずかに残っている花から、小さな葉っぱが出ていました。
    アタチはきょねん、ガッコをそつぎょーしたよ~ん。チョットそこのアンタ、ホンよみながら、あるいちゃダメでしょ!ガッコで、ならわなかったの?
     当時はまだ、「めかぶ」はいなかったので、アチコチ見学や散策をしていたので、犬連れは中へ入れない今回は、前回撮れなかった桜の写真を撮るのがメインです。コジンマリと集約されている見どころは、歩いても30分もあれば充分なので、いい散歩コースです。写真を見ると、秋田の角館にある武家屋敷なのか?と思わせる旧家も残っている静かな所ですが、休みに入ったら、バスツアーの団体やドライブがてら遊びに来た人で小さな町は人で溢れてしまい、そんなにも広くない無料駐車場はすぐに満車になって、長時間空き待ちになってしまいます。写真を撮るにも、どこかかしこに人が入ったり、目の前を通ったりで、やっぱり休日は避けたほうがいい感じです。
     前回、お土産店で買った「ゴリラの鼻くそ」なのですが、夫の会社用に買ったところ、ネーミングもさることながら甘さ控えめで結構「イケル!」らしく、せっかくなので今回も買いました。各地の動物園でも買えるようです。普通、お土産は地元の地場産品を買ったりしますが、登米の場合ココでしか売っていない物というものも特別無かったので、全然関係のない物を買って終わりです。
     話は変わりますが、最近、イチゴを買っても裏切られてばっかりです。登米の隣は石巻市ですが、想像しているよりもイチゴが盛んな所で、宮城県内では亘理町が一般的に有名ですが、漁港のイメージが強い石巻もイチゴには少し力を入れています。千葉や静岡ではイチゴの新品種「べにぽっぺ」がありますが、石巻には似た様な品種の「いちごのほっぺ」っていうのがありました。どちらにしても、ホッペが赤いかっぺちゃんのネーミングですが、休憩に立ち寄った国道沿いの道の駅で売っていたので、物は試しに買ってみました。なにせイチゴ連敗中なので、多くは買わず堅実に1パックだけですけど。その朝摘みのイチゴを夜に食べてみたらば、やっと連敗脱出しました。小粒でも味が濃縮されて、いかにもイチゴ!なおいちぃイチゴでございました。「あ~、こんな事なら2パック買うんだった!」と、後悔しながら頬張っていると、とうぜん「めかぶ」嬢っちゃんも、私と夫を交互に行き来して、甘いかっぺちゃんを堪能しておりました。朝から夕方までお昼寝もせずに遊んだので、なお更おいしかったようです。
    気分は秋田の角館。休みになったら人がたくさん来ます。


    犬のゴハンと夫の弁当
    我が家の順列で、なんとしても最下位を避けたいふたり 「しょくじ」…で変換すると、食事とか食餌に変換されます。その時に変換する文字の横に意味や使い方が出てくる言葉があります。今の今まで、「食餌」って、動物のゴハンだとばかり思っていたのですが、違いました。ビックラ目からウロコがポロンです。「食餌」…医学。病気を治すものとしての食べ物。「―療法#」となっていました。だいたい「餌(えさ)」となっているのが、マギワラシイのですよ。私は、生まれててから半世紀、食事はニンゲン、食餌は生き物、に使い分けるものとばかり思っていたので、なんか納得できませんが、一つお利口になりました。
     ある女優兼タレントが、「犬なんて言っちゃダ~メ!ちゃんとワンちゃんってゆーの!」「エサだなんて…。ちゃんとゴハンって言わなきゃダメなのよっ!」なんて、大のオトナが平気で言っていたのを見て、「いい歳こいてバッカじゃないのぉ!アンダ!」などと思っていたのですが、私も今では「あ~ん、そんな事言っちゃダ~メ!」のバッカな飼い主になってしまっているのですから、ニンゲンいつどう変わるかわからないので、あまり人の言動には口出ししない方が賢明だな、とつくづく感じております。
    アタチも、コレに“おべんとー”をいれて、おでかけするのね~ん! 時々気まぐれに、「めかぶ」のゴハンを作っているのですが、少し具合が悪くて食欲が無い時や誕生日とかのイベント、今日は頑張ったね~!という日が、気まぐれゴハンになるのです。一昨日も、バカ親の夫が、
    「めかちゃんがオライさ来てがら、ちょうど2年なんだからさぁ、何か作るんだっちゃ?」
    と、質問風の要請をしてくるので、チョックラ気まぐれに作ってみたのです。冷蔵庫にあった物で作りますが、「めかぶ」が食べる量はほんの少しでいいのです。カチンカチンに凍って残っていた手羽先を焼いたり、夕飯に作ったカレーの肉の赤身の所を一切れとかキノコとか、ほんのちょっと残してピザの具材にします。それでも、そのほんのチョットが集まると、結構な量になってしまうので、どうしても翌日に残った分を食べることになる「めかぶ」は、朝から大喜びです。
     出来上がって写真を撮ったら、ピザ(風)などの大きな物は、細かくして食べさせるので、「めかぶ」は作っている時から細かくされるまで、ブルブルしながら空中のニオイをクンクンし、時には何度も私は飛び蹴りされているのです。あんなゴハンでも、「めかぶ」はそれだけ期待してるっているので、作り甲斐があるというものです。
     材料は、ほんの少ししか使わないので、どうしてもほぼそのままの量が残ってしまいます。煮リンゴだって8分の1個あれば充分だし、ピザに乗せたアスパラも2cmもあればいいのです。で、その残った食材はというと、毎週火曜日は会社で作業する夫なのですが、最近、節約を兼ねてお弁当を持たせることにしています。今まではほとんどが、コンビニのお弁当やおにぎり、あとはハンバーガーや出前のラーメンなので、どうしても中年オヤジには、カロリーや脂肪が高くなります。そんなこんなで、まぁ週1~2回の事なので、「めかぶ」同様、お弁当も冷蔵庫の残り物で作っているワケです。しつこいようですが、残り物で「めかぶ」ゴハンを作っているのですから、前日の「めかぶスペシャル」に使って残った材料で、更に作るワケです。2cmだけ使ったアスパラの残りとか、残り8分の7のリンゴとか…。
     アスパラは肉と炒めたおかずになるし、リンゴは砂糖とレモン汁をかけて、数分レンジで煮てシナモンをかければデザートになるし。そんなお弁当でも、「ウメェ~!」と言って残さず食べているので、「めかぶ」となんら変わりません。普通はニンゲンの残ったものを、エサとして与えるのですが、我が家は犬の残り物を、ニンゲンのお弁当として与えているのです。
    残り物のゴハンでも、満足する犬。翌日、夫のお弁当もほぼ同じ食材が…

    【2006/04/26 19:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    にねん
     きのうで、このウチへきて2ねんになりました。きょねんも、おなじようなことをいってたことを、みなさんおぼえていますか?ことしも、きょねんとほとんどおなじなので、どうか「さんしょー」してください。
    これからも、「あばれんぼーしょーぐん・その“ひめみぎ”のまき」を“じ”のままやるのね~ん! きょねんのアタチは、アシのちじゅつをしたり、しつけきょーしつへかよったり、アタチにしては、なんだかいろいろあった1ねんでした。なつに、おーきなじしんがきてからは、いちども、おるすばんをしたことがありません。あのじしんは、ホントにこわかったんで、あのひに「じしんがきたぁーー!」というコトバをおぼえました。だれかが、「じしん」といっただけで、アタチはオヤツがもらえるときのつぎに、スルドイうごきをします。チョットおーきいじしんだと、からだがブルブルしてとまりません。あとは、いろんなオトモダチにもあいました。でも、アタチは、なくコもだまる、ごくどーなヤクザなので、みーんなアタチからすこしキョリをおきます。だれもちかづいてくれません。めをあわせると、みーんなソッポをむいてしまうので、アタチってホントにコワイヤクザなのかもしれません。なので、まぁだ“あかげのアン”のアンとダイアナのような「ココロのトモ」ができないのです。
    あまりにアタチがキョーレツなので、コンニビからもこんなカンバンをたてられたのよ~ん このまえ、アタチのふるすのペットショップへいったら、ゆいいつアタチのダイスキな「オガタしゃん」が、おみせをやめてしまっていました。アタチはかなしくて、ずっとおみせでほえていました。すると、ほかのおきゃくさんたちは、アタチをつめたいめでみてるのですが、そんなことはアタチにはかんけーないのです。「オガタしゃん」がいなくなったのが、すごーくかなしかったのです。よおこさんととしさんは、「ダメだ、こりゃ!」と、いかりやちょーすけみたいなことをいって、ソソクサとかいものをすませて、おみせをでてしまいました。「オガタしゃん」、どこへいってしまったのですか?もし、これをみてたら、れんらくくだしゃい、まってます。
     これから1ねん、なにがおこるのかなぁ?それよりも、きょうもおこられるのかなぁ?きのうはなんでだか、せんめんじょにいきたくなって、そしたらオシッコがしたくなって、おもうままにマットにオシッコをしたらば、しばらくムシされてしまいました。アタチのゴハンをつくっていたよおこさんに、まちどーしくて、なんどもトビゲリをして「イデ~ごだっ!」とおこられました。だって、ずっとニオイばっかりかがせられていたんですから、「はやく、くわせろっ!」っていいたいのに、アタチはしゃべれないから、かんがえてかんがえて、やっとかんがえついたぼでぇらんげーじっていうしゅだんをとったのにぃ…。
     まいにち、なんかのキネンビだと、オイシ~ゴハンがたべられて、いいのになぁ。はやく、らいねんにならないかなぁ。。。
    めかぶスペシャル4 あっという間にお皿は使う前の状態になりました

    【2006/04/25 13:00】 「めかぶ」のお便り | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    3年目に突入!
    我が家へ来た翌日。もしかしたら、「セゾン」とか「リボ」とか「ビサ」って呼ばれるかもしれなかった「めかぶ」 今、4月24日の午前11時くらいです。2年前のこの時間に、とあるホームセンターのペットコーナーで、「めかぶ」を抱っこしていたのですが、あの時は、まさかこんな毎日を過ごす事になるとも思っていなかったので、もしかして考えようによっては、飼う前までというのはシアワセな時間だったのかもしれません。カワイイけど毎日の世話する事、留守番を軽く考えていた事、犬はすぐに他の犬とも仲良く出来るハズ…と、思っていたのですから、すっかり裏目に出てしまいました。
     見た瞬間に「答え」は決まっていたのですが、あまりの衝動買いになるので、何でだかアレコレと飼えない理由を考えていましたが、コレといった決定的な理由も見つからず、結局は、あまりの可愛さに勝るものは見つかりませんでした。
     雨が降って、暇つぶしに何気に入ったペットショップだったので、人気のトイプーを買えるような現金なんて、持っているワケがないのです。もしかして金魚だって買えなのではないか?というくらい寂しい私の財布は、いつも小銭やレシート、あとはメンバーカードしか入っていない財布なので、四角い諭吉どころか、一葉でさえ我が家には縁が無いのです。しかし今は、痒い所に手が届く便利な世の中になっていて、万年ビンボーな私の財布の中にさえ、四角い小さな下敷きのような物が一枚あれば、たとえ諭吉がいなくても、我が家での必要な物はほとんど手に入る時代なのです。
    保険証用と病院の診察券用に撮った一枚。今はこの丸イスからはみ出しています 現金は無くても、小さな下敷きのような物が一枚財布にありました。夫の財布にも下敷きはありました。どの下敷きを使うか迷う所です。私の下敷きには、使った金額にポイントが加算されて、ポイントが現金化します。夫の下敷きは、ポイントの点数で何かと交換出来ます。ここは、やっぱり現金化ポイントを優先しようとしたのですが、少し前にも便利な下敷きを使って買い物をしていたので、ここで生体や必需品なんかを買うとなると、結構な金額になってしまいまい、通算するとほんの少し限度額を超えて「使用不可」となってしまいました。こんなことなら、使うんじゃなかった!と後悔しても、まさか子犬を飼うなんて予定もなかったので、後の祭りです。
     結局、夫の下敷きで事なき終えましたが、ショボイ何かと交換するよりも、やっぱり現金ポイントの方がヨカッタなぁと、いつまでもグジグジしていました。
    一日のほとんどがサークルの中。誰からもトイレだけは、ぜんぜん信用されていないので簡単には出してもらえない そんなワケで、最初「めかぶ」の名前を付ける時に、「セゾン」とか「リボ」とか「ビサ」とか「ジャックス」とか「アメックス」なんていうのが候補に挙がりましたが、ずっと支払いの呪縛から逃れられないような気がして、変わった名前で面白かったのですが、可哀相なのでやめました。
     当時は、最新機種のような超軽量手のひらサイズだった「めかぶ」ですが、なぜか時代に逆行して、今は出始めのビデオカメラサイズになっています。いつもヤンチャで、目が離せないくらいだったのですが、どこで入れ変わってしまったのか、グーラタ三昧で、もう監視しなくてもいいくらいに寝てばっかりになってるし…。それでも、ほんの数時間、トリミングで姿が見えないと、夫と会話が消滅してしまいます。「めかぶ」が来る前には、そこそこ会話もあったのですが、今は「めかぶ」中心の会話になっているので、やっぱり「めかぶ」の存在は大きい事に気付きます。「子はカスガイ」とはよく言ったもで、冷めてしまった関係を修復するのには、やっぱり動物が一番いいようですが、我が家は「めかぶ」が来てから、取り合いのケンカが増えたバカ親夫婦です。さて、3年目に突入した「めかぶ」の生活は、いったいどうなるのでしょうか?
    ワンコもニンゲンも、“月日”というのは、かなり罪作りなのです。

    おいし~アイスの食べ方
    ちょうちんコケシさん、アイスたべたことある? こうも陽気になると、アイスが食べたくなります。私は、氷タイプのアイスよりも、普通のバニラアイスがスキです。いろんなメーカーのいろんな味のアイスがあるので、いつもどれにしようか迷いますが、結局はバニラアイスになるので、迷う時間が無駄なのです。
     有名なところでは「ハゲってんダッ」とか「でれぇ~呆然」とかありますけど、「ハゲってんダッ」はチョット濃すぎて私的にはパスですが、その点「でれぇ~呆然」はクドさもなくて、スキです。あと「AYAや」は申し分ないです。
     そんなバニラアイスを食べるときに、ちょっとしたトッピングが、バニラアイスを更に魅惑的に美味しくするものがあります。甘いアイスが苦手な人でも、目からウロコが落ちて、タチマチその虜になってしまうのです(たぶん)。
    黒いのが“挽いたコーヒー豆”なんでがすよ! それは、挽いたコーヒー豆なのですよ。そう、コーヒーメーカーとかドリップとかで入れる時に使うアレです。間違っても、インスタントコーヒーじゃダメですよ。もう私はずっとコーヒー豆一辺倒で、ほろ苦い味とカリッとした食感が、堪らなくヨロシイのです。どこかのお店で、アイスがデザートで付いてくる時に、トッピングを何にするか聞かれて、「挽いたコーヒー豆」と言ったらビックリされ、何度も何度もウエイターに聞き返されました。恐る恐る持ってきたウエイターは、「これでヨロシイのですか?ホントにコレでいいのですか?」と聞き直されたくらいです。たまたま厨房のそばを通った時、お店の人達は「アイスにコーヒー豆だってよぉ、変わったもんカケるなぁ。ダイイチ、食えんのかよ?」と言いながら、自分達も試しに食べいたら「ウメェ~!」と騒いでいる声が聞こえてきました。ガハハハッ!どーだ、ウメェだろう!と、私はココロの中でガッツポーズをしたものです。コレは以前、バイトしていた喫茶店でやっていたのですが、コーヒー専門店でアイスクリームを頼む人も少なくて、あまり知られてはいませんでした。どちらかと言えば、チョコのトッピングが主流でした。もし、手元にバニラアイスとコーヒー豆がある方お試しください。きっと病みつきになりますよ。
    アイスムリーク~! 「めかぶ」のドライフードを買うペットショップにも、犬用のアイスクリームを売っています。大きさはというと、100円のカップアイスの大きさなのですが、買おうかなぁ?と思うときは、炎天下の真夏なので一度に全部あげられないし、残しても家に着くまで溶けてしまうので、結局は買ったことがありません。今の時期に買って、冷凍庫に入れておけばいいのですが、アイスだけを買いに行くのも面倒だし、フードを買う時は、それだけが頭にあってアイスの事なんか忘れてるし、寒い時には買いたくないし…。私も、そんな頻繁に食べてるワケでもないので、「めかぶ」はほんの少しだけ、普通のバニラアイスのおすそ分けを食べています。
     いつも必ずアイスやかき氷を食べると、前頭部がピッキ~ンとなるのですが、犬はピッキ~ンとならないのでしょうか?「めかぶ」を見てても、慌てて食べていますが、前足で前頭部を「ウゥ~」と唸りながら抱えていないし、もしそうなったらどんな風になるのか気になるところなんですが…。

    ※今回は、ワザと商品名は正確にしていませんので、ニュアンスで汲み取ってくださいね。
    レディは、「でれぇ~ぼーぜん」をたべるのね~ん!


    【2006/04/23 18:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    一日入隊
    駐屯地には自然がいっぱいです 仙台の桜も、今日明日が最後のお花見になりそうです。そろそろ散り始めた桜は、所によっては葉桜になっています。
     今日は近くの自衛隊駐屯地が、桜が咲いた時や、中にある池にカルガモのヒナが生まれた時だけ一般公開するので、ちょこっと散歩がてら行ってきました。先週の日曜日にも行ったのですが、入れる時間が決められていて、公開終了の5分前だったので、入り口で断られてしまいました。まったく融通の利かない国家機関です。明日で見納めですが、また断られると悔しい思いをするのもイヤなので、今日の午前中、国の機密事項の入手をしに行ってきました。
     駐屯地入り口は、船の先端部分の形をしています。ここで、隊員に一度足止めされて、自由に歩ける所の説明書を渡されますが、よくよく見ると、中央の大きな通りだけでした。これじゃ、国の機密事項の入手は無理なので、仕方なく本来の目的の桜を見ることにしました。
    高い所が苦手なめかぶ それにしても自衛隊の駐屯地は不思議な所です。食堂や売店があるのはわかりますが、その他に自動車の車検屋とか自転車屋、花屋もありました。どこも土曜日なのか閉まっていましたが、入り口には「給料日払いOK!」なんて張り紙がしてあります。食堂も一般隊員と幹部は別になっています。自衛隊は「同じ釜の飯を食う」ものだと思っていたのですが、やっぱりどこでもそうですが、偉くなるとイイ物を食べているのかもしれません。
     秘密だらけの自衛隊は、隊員の数からすると自殺者の割合が多いのだそうです。サマワから任務を終えて帰ってきた隊員には、特にその傾向が多いそうで、家族や本人の電話相談をする地元のニュースを見ました。現地で何があったのかは判りませんが、実に悲しい話です。
    「じぶんは“おはなみ”してるであります!」なのね~ん! 広い敷地には、いろんな設備があります。時間があれば隊員は自主トレをしていて、身体を鍛えています。スポーツジム顔負けの体育館もありますし、外にも鉄棒とか腹筋台、ベンチプレスなんかもあります。ランニングをしている隊員が、「めかぶ」の近くを走ると必ず吠えるので、隊員にビックリされてしまいます。ココには、鉄砲が余るくらいあるのですから、めかちゃん!ムヤミヤタラに吠えると、撃たれるかもしれないんだから、オトナシクしないとダメだよ。
     ひと通り決められたコースを歩きながら写真を撮ったりして、一時間程散歩しました。その他にも、チラホラと桜見物をしている一般人もいて、桜の写真を撮ったりお弁当を食べたりしています。中には、自衛隊オタクも来ていて、凄い望遠レンズを付けたカメラ持参で、武器庫や隊員の演習風景の写真を撮っていました。
     いつもの散歩コースと違った駐屯地なので、「めかぶ」は少しヘッピリ腰気味で歩いています。珍しく散歩のマーキングもしませんでした。出口で敬礼をされた「めかぶ」は、「ハイごくろーさん!これからも、はりきってクニをまもるのよ~ん!」と言っているようでした。
    「敷地の車道は普通の道幅の倍はあります!」であります。

    “はなみ”と“みみみ”
    年末のぷー会よりは小規模でしたが、めかぶは全然ダメでした。 仙台の桜は満開になりましたが、今日の風雨で、せっかくの満開桜は花散しになってしまいそうです。私はにぎり寿司よりチラシ寿司の方がスキですけど、「花散し」はいけませんが、「鼻散し」は許しません!バッチィです。専門学校の同級生に、いつもBOXテッシュを自転車のカゴの手が届く所に積んで登校して、教室移動の時は必ず脇に箱を挟んで、暇なし鼻をかんでいる友達がいました。普通にかむのなら問題ないのですが、その同級生は片手で両穴の鼻をかむので、軽いショックを覚えた記憶があります。私は、鼻は両手でフンッとするものとばかり思っていただけに、初めて見た時は正直“ヒキ”ました。インド人が片手で、しかも指だけで、カレーを食べるのを初めて知った時のショックと同じでした。18,9の女の子なのに、年頃なのにスゴイなぁと、この私でもビックラし、可哀相にその同級生は、私に「ハナカミ」と命名されてしまい、本人認可・クラス公認されてしまいました。
     先日、年末にぷー会をした何人かで、お花見しましょう!と連絡をもらいました。私は公園にブルーシートを敷いてのドンチャン騒ぎ宴会は、正直キライですが、今回はワンコを遊ばせるのが目的なので、お誘いに乗って行って来ました。行った先は、我が家から車で20分ほどの所にある「グランディ21」の公園で、ワールドカップのサッカーが行われた一応グランドですが、最近は大きいコンサート以外に使われていないような何とももったいないイベント会場?です。前日に連絡をもらったのですが、「まだ桜は咲いていないみたい」と言っていたので、「グランディ21」はそんなに寒い所なのか?と思っていたら、桜が咲いていないのではなく、桜の木自体が存在しなかったのです。グランドの隣山は県民の森なので、この公園に行けば確か桜はあったように思います。
    みんな坂でも平気でボールを追って往復しています。ニンゲンは1回の往復でヘベレケです!めかぶは、私の足元にいるのでみんなと一緒に遊んでいません
     初めて行った「グランディ21」は、広くてキレイな公園です。イベントのない平日は、人もまばらなので「めかぶ」向きでした。相変わらず「めかぶ」は、誰とも遊ばず、一人でポッツ~ンしています。他のワンコ達が近くに来ると逃げるか吠えるかで、みんなは元気に坂を転がるボールをダッシュで追いかけているのに、「めかぶ」は見向きもしません。仕方なく、私はみんなが楽しく遊んでいるのをヨソに、そこいら辺を散策散歩をしていました。まったく、社会性に著しく欠乏した飼い主と犬です。
     用事があったので、みんなに一足先にバイバイして帰ってきたのですが、車を走らせた途端「めかぶ」は爆睡してしまいました。他のワンコと比べても、全然遊んでいないので、疲れているハズはないのですが、いつもは午前中も何もなければ安眠する慣わしな「めかぶ」なので、少し疲れたみたいです。ちょうどシャンプーをするつもりだったので、屋外お花見ぷー会は、グッドタイミングでした。
    くるみちゃんと。ふたりともアサッテを見てカメラを見ません。 夫がシャンプー役で、私がブローの役です。最近、よく左耳の後に大きな毛玉が出来ていたので、ドライヤーで乾かしながら毛玉をほぐそうとしたら、耳の後が赤く腫れて少し血がにじんでいて、毛玉が出来ていた部分は薄ハゲになっていました。乾いている状態だと毛が邪魔をしてよく判らなかったのですが、濡れているとハッキリわかります。耳が痒くて掻いて赤くなって薄ハゲになったのか、何か別な異常があるのか判らないので、給料前で出費は痛いけど、夕方、かかりつけの動物病院へ行って診察してもらいました。
     耳の中も診てもらったのですがコレといった異常はなく、たぶん、痒くて掻いた時に、伸びた爪で引っかいたのではないか?という事なので、一安心です。そんなワケで、これといった治療もしなかったので、フィラリアの検査と肝臓・腎臓の検査(無料)をしてもらいました。受付のオネェちゃんに、「ついでに狂犬病の注射もしたいんだけど、今日の会計、所持金一万円で足りる?」と聞いて、「ウン、大丈夫そう!」と言うので、注射も済ませました。“はなみ(花見)”は肝心の桜が無くて残念だったけど、薄ハゲになった“みみみ(耳診)”は何も無くていがった、いがった!
     あとは6月のワクチンまで、病院に来ることがありませんように…。
    誰とも遊べないめかぶは、公衆トイレの前で、ひとりで遊んでいます。 

    やれやれ…
    ダンゴは、ないのぉ?ハナよりダンゴでしょうーが 桜も明日か明後日くらいには満開になりそうです。そして、このアホ話「がるるる…エッセイ」も、ダラダラと書いていたわりには、遂に300話になりました。
     昨年末に「めかぶ」のヒート症状がみられ、元旦と共にキッチリそれがハッキリして、ほぼ1ヵ月間、家でグダグダとしていたのはついこの間のことです。一昨日あたりから「めかぶ」嬢っちゃんに、頻尿現象が見られるようになりました。これこそが「めかぶヒートの前兆現象」で、俗に言うナマズの地震前の動きに当たるのです。この頻尿が何日か続くやたらお股ナメナメになってあれっオシッコが濃いかな?あ~キターーーーッとなるワケです。元旦から計算すると、ちょうどGWがその時期になると読んでいたので、GWはあまり出かける事も出来ないし、ましてやドッグカフェなんて行けないので、今からニンゲンのGWの暇つぶしを準備しています。GWは、どこも混雑してるし、渋滞で時間も読めないので、かえって家でダラダラしている方が、めかぶ一家はスキなのです。
    水飲んで、オヤツのノドごしの準備はOK! 「めかぶ」の場合、普通は年2回のヒートなのですが、どうも3回周期らしく、今度も予定通りだったら心配もしなくて済むのですが、もし予定がズレるのであれば、少し病気を心配しないといけないのかもしれません。今の所の「めかぶ周期」は、お正月、GW、学校の2学期の始まりが、めかぶイベントになっています。丁度、季節的に行楽や外出が多くなる時期にあたるので、さすが「家がイチバン、お外なんてダ~イッキライ」な嬢っちゃんです。自分の身体を使ってでも制御するのですから…。
    おニューの服を着たら、ココで必ず写真を撮ります さてさて、そんな嬢っちゃんの念力?で、どこへも行けない我が家のGW必殺暇つぶしネタは、昨年末に途中から見て、ハマリにハマッた韓国ドラマ「宮廷女官・チャングムの誓い」を、最初の見ていない部分があるので、一気に見ることにしました。一話キッチリ1時間の全54話なので、全部見ても最低54時間はかかるワケです。私よりもハマッた(実はイ・ヨンエに惚れてしまった)夫は、GWを待たずに早く見たいらしいのですが、そーするとGWに何もする事がなくなるので、今はジッと我慢の時、要するに風林火山なのです。
     果たして、予定通りにヒートがくるのかが、まずは今一番の問題なのですが、来週から世の中は国民大移動が始まるので、小規模一家は狭い我が家で固定生活です。300話にしては、地味な話だなぁ…。
    ホンカンさぁ~ん!アタチも“そーさ”にきょうりょくするのね~ん。これはシミンのギムなのね~ん

    手作り魂に火がついた!
    ハルとはいっても、カワラはまだまださむいのね~ん!(去年の暮に作ったセーター) やっと仙台にも桜がやって来て、まだ咲き始めたというのに、市内の花見の名所は、宴会で盛り上がっています。まだチョットだけでも咲いている所ならいいのですが、いくら宴会がしたいとは言え、蕾の下っていうのはチト寂しいものがあります。
     まだ、「めかぶ」の編みかけのセーターがあるというのに、私はまた服作りに目覚めてしまいました。「いんちき…」の更新のネタも無く、夫の逝去したPCを修理に出すのに、配送屋さんが引き取りに来るというので家も空けられず、かといって何時来るかわからないので昼寝も出来ず、暇を持て余していた私は、少し前に買った生地で「めかぶ」の服作りを始めました。
    デッキが保護色になったのか?それともめかぶが? そもそも私は、家庭科が苦手で(特に裁縫)、高校の時は友達や友達のお母さんにいつも作ってもらっていました。高校が終わって、友達は進学や就職をするのですが、家庭科が苦手なくせに、私はずっと東京にある洋裁の専門学校へ行きたかったのですが、父親に仙台ならともかく、東京に行くことを反対されてしまったのです。まぁ、親元を離れて、「彼氏でも作ってヨロシクやる」と、にらんだのでしょうが、遠からず少し当たっています。そして私が通ったのは、地元の専門学校でも洋裁ではなく和裁の学校でした。父親の条件は「東京へ行くなら、まずその地元の学校を卒業してから行け!」というので、仕方なくやりたくもない和裁の学校へ、泣く泣く行きましたサ。やっぱりやりたくない事は、身に付くハズがないので、正直、お金と時間の無駄でした。朝9時から3時まで床に座って、ひたすらツクツクと針と戦うのですから、運動不足と肩こりになってしまうのも当然なのです。それまで肩こりなんて知らなかったのに、今では末期症状となってしまうほどの肩こりは、コレこそが一番の原因なのです。毎日々々、宿題(○○まで仕上げてくる)の山で、その他に年間決まった数の自主制作をしなくてはならないので、遊ぶどころか寝る暇も全くない苦痛の3年間でした。一応、2年で卒業をするのですが、事もあろうに上級クラスへ進んだものの、チョットいろいろあって、何かと父親に反発していた私は、卒業目前で勝手に学校を辞めてしまいました。家を出る事をずっと考えていた私は、資金稼ぎのアルバイトに専念し、いかにも学校へ行く振りをして、毎日過ごしていました。そんなこんなしているうちに、アルバイトが面白くなってしまったのと、地元の和裁学校通いですら、教材だけでもかなり出費になるのを目の当たりにし、まして東京で自炊しながら、授業料と教材費を捻出するのは到底無理だと悟ったので、キッパリ洋裁への道を断念したワケです。
    「仙台名物:牛たん」食いた~い そんな私が「『めかぶ』のために」と、埃をかぶっていたミシンを出し、出来栄えは別としてセッセかセッセかと、慣れないミシンと格闘しているのです。例え苦手でも、真面目に家庭科の授業を受けていれば良かったのですが、誰かに作ってもらっていたので基礎もヘッタクレもありません。写すだけの型紙だって超テキトーだし、裁断だってもっと超テキトーなので(家庭科以前の問題ですけど)、縫っているうちに右と左の寸法が違ってくるのは、いつもの事です。それでも、ナントカ形になって出来上がると、嫌々ながら作る学校の課題とは違って、結構楽しくなってくるのが不思議です。「めかぶ」の服は、布地が大体40~60cmあれば充分作れるし、小さいのですぐに出来上がるので、一度、埃まみれのミシンを出してしまうと、次から次と作ってしまいます。問題なのは、基本の基礎が判らないので、本の通りには出来ないということです。なので、どこかのお店で見た物や買った物を、そのままパクって作っています。
     それもこれも、「めかぶ」にだからこそ出来ることなんですけどね。少々曲がってたって文句も言わないし…。アハハハ~
    出来立てホヤホヤな服なのだ!


    ※「いんちき的技術家庭科」更新しました

    ニッポン脱出!希望
     どうも最近、いろんな物に対してヘキエキしている事がたくさんあって嫌になっています。何時来るか判らない地震にビクビクし、ただでさえ将来の不安がある今の時代、先の見通しは悪そうだし。
     私は、環境テレビのように、ただひたすらどこかの国の町並みとか自然が漠然と見せる番組がスキです。夜中に番組が無くて、時間潰しに放送している「オーディオグラフィック」とか、もう廃止になると言われてる「アムトラック鉄道」とか、「名曲アルバム」とかをボーっと見ているのが、判らなくてもとにかくスキなのです。そんな外国の町並みを見ていると、実にノンビリしていたり、古い物を大切にしているお国柄がよくわかります。
     それに比べてわがニッポンは、どこへ行ってもコンビニと自販機ばかりで、だいたいそんなにも頻繁には喉も渇かないし、2~300m歩く間に、突然お腹が空いたり、急にコンビニに駆け込む程の困る事なんて滅多にないので、次から次からとコンビニは必要無いのです。コンビニも出始めの頃は、物珍しさや24時間営業で、確かに便利さはありましたが、今はあまりに多すぎて、閉店に追い込まれるコンビニもかなり増えてきました。コンビニ弁当が売れれば、それだけ道路にはポイ捨てのゴミが散乱してるし、夜中まで若い子達が店頭に座り込んで遊んでいます。ちょっと便利になると、狭い土地に家がひしめき合ってるし、一家に数台の車社会になった経済国ニッポンは、道が狭いせいで自然渋滞から工事渋滞だったり。ノンビリ散歩出来るような公園や街並みは、どこにもありません。たとえあっても、「犬お断り」の看板が出ていたりして、いかにも役人が考えそうな事です。「だったらノーリードの野放し猫はいいのか?」と、役人の衿ぐりを掴んでケンカしてしまいそうですが、とにかく外観は軽視してるし、歴史的な物や長年にわたって形成された物を平気で壊すし、どこへ行っても節操のないニッポンなので、そんな異国の風景を見てると「あ~いつかこんな国、出てぇ~!」と、強く思うのであります。
    アタチも“そーけんびちゃ”をのんで、めかバウワーするのね~ん! 私は他人に、自称ベルギー人と日本人のクォーターだと言っています。ですから、「いつかは母国であるベルギーに戻るのだ!」と真顔で言っているので、素直な人は信用してしまいます。我が家のように子供もいないと、将来財産を残す事もないので(もともと残せるような物なんて何も無いが…)、高額宝くじが当たった暁には、ニッポン脱出して、自販機もコンビニも無いどこかの国で暮らしたいと、常々私は思っているのです。
     さて、そうなったらの話ですが、当然「めかぶ」嬢っちゃんも、まだ生きていれば連れて行くのですが、なにせ仙台弁しか判らないので、まず言葉の壁を越えなくてはなりません。英語圏なのか仏語圏なのか伊、韓、中、独…どこの国かはまだ決めていませんが、仙台弁からの脱却が一番私も嬢っちゃんも苦労しそうです。まぁ、食べ物の壁は問題なさそうなので、毎日カメラ片手に写真を撮って、いんちきたんちきの更新に精を出す生活になるのかなぁ?私がボケていなければ…の話ですが。まず、その前に宝くじを買わないとダメですね、あっ、その前に宝くじを買う軍資金が必要か。ま~んず、これじゃ脱出なんて、夢のまた夢だね、あ~こりゃこりゃ。


    イヌときどきその他モロモロ
    チョット、そこのうしろのヒトォ~、アタチのマネしないのっ! 「めかぶ」を見てると、犬の着ぐるみを着た変幻自在の生き物ではないかと疑う事がよくあります。確かに、吠える声は犬になっていますが、好きな遊びはというと、ネコが好みそうな遊びにだけ本気でノッてきます。ボールには全く興味はないし、投げた物をキャッチする事も出来ないドンクサ犬そのもので、時々偶然キャッチしますが、ほとんどはボーっと飛んでいく様を見て、アタマにゴツンとぶつかってから、初めて咥えたりしているのです。そのくせ毛糸の玉が転がったのを見ると、興味深々で追いかけてみたり、ネコジャラシのような物を、目の前でフリフリ~なんてすると、一気に目の輝きはキラッと変わって何時までも遊びます。
     グータラトップ街道を行く「めかぶ」は、日中はコアラかナマケモノになって寝てばかりだし…。外見は子熊でも、胃袋はサバンナで獲物を狙っている猛獣と同じ。電話で話をしてると、どこかへ出かけてしまうのではないか?という不安なキモチになって、話が終わって元の場所に座ると、いきなりお腹の上に乗ってきて押さえ込まれ、今度はカンガルーに変身したと思ったら、「どこにも行かないでぇ~」とばかりに、「めかぶ」精一杯の愛情表現のベロベロされるので、私はフリーズしてしまうのです。
     何か目新しい物を持ってくると、ミーアキャットのように、コレでもか?というくらい背伸びをして、隅々まで厳しいチェックが入るし、嬉ションやビビりションをしてしまうと、自分でも「ヤバッ!」と思うようで、その場でヘビやドジョウのように、床にニュル~っと這いつくばるのです。
    定義山名物・三角油揚げ 先日、出かけたついでに少し足を伸ばして、仙台市内の山奥へ行ってきました。山奥と言っても、ちゃんと道路もあるしダムもあります。ダムの先に定義如来西方寺があります。住所は仙台市青葉区(青葉区は仙台の中枢)なのですが、場所からすると宮城県仙台郡と言った方が相応しい所で、まだアチコチに雪も残っていて、土になっている所は雪解けでぬかるんでいたりしている所なのです。しかしこの参道には、ヒトキワにぎわうお店があります。名物の三角形の油揚げが有名で、人々はお参りもせずに、目的は揚げたての油揚げに、お醤油やお味噌をつけて黙々と食べているのです。ココの油揚げやお豆腐は市内のデパートや大きなスーパーでも買えますが、揚げたてが買えるのですから買わないテはないのです。散歩がてら参道を歩くつもりだったのですが、またもや「めかぶ」は、だんだん近づくにつれて雨を降らし、到着間際には雪まで降らせる得意の「アメフラシ術」を使ったのです。結局、車から降りずに油揚げだけを買いました。5枚入って500円ですが、おまけにオカラがもれなく付いてきました。この油揚げを、炙ったり、フライパンでそのまま焼いてネギとカツオ節、七味をかけてお醤油で食べると、実にオイシ~♪のです。
     早速ビールの友に油揚げを焼いて食べるときに、「めかぶ」にも端っこのカリカリ部分を食べさせたら、我が家の変幻自在犬は、キツネに変身したのは言うまでもありません。自分のノルマ分を食べ尽くしても、まだまだ食べたい「底なしキツネ」が、テーブルの上が片付けられるまでウロウロしていました。
    アタチとおなじイロした「ぶったい」はナニ?


    「勝手に予想してみる」の巻
    まんぞぉは、毎日仕事で「桜の開花情報」を更新しています。ここは仙台管区気象台。関係者と何やら話しています 何だかもうアッチもコッチも工事中で、どこもかしこも渋滞ばっかりです。ダダダダッと掘っては埋め、埋めたと思ったらまた掘っています。どうせ税金をかけるのなら、キチンと工事手順及び日程予定表の看板も立てて、堂々とやってもらいたい! そうすれば、暇つぶしに穴を掘っているのか、必要で何度も掘っているのか、少しは理解できるかもしれません。
     もう何年も、我が家へのウェルカム幹線道路は、工事ばかりしています。特に今は地下鉄開業のために穴を掘ったり、地面の下を調べるのに掘ったり、道路拡張で掘ったり埋めたりで、スムーズに走れるのは夜中くらいです。道路拡張工事は、もう何年かかっているかわからなくなるほどで、少なくとも阪神大震災よりも前からだったと思いますが、1kmにも満たない距離なのに、復興は終わったのに、ただの拡張工事はまだ終わっていません。っていうか、やっと半分終わったくらいですから、ノンビリとした工事です。その為に費やした時間と税金は、いったい幾らかかっているかは知りませんが、おそらく当初の予算よりも、かなりオーバーしてるハズです。その間に、大きな地震が来たらどうするんだろう?
     その拡張工事で、長年住んだ家を退去させられたり、少し奥に移動させられたりした当事者は、さぞや大変かと察します。まだどこかへ引っ越してしまった人はいいにしても、少し奥まった所へ移動させられた人達は、もう何年も家の前で、工事ばっかりしているのですから、騒音でうるさいやら車の出し入れも面倒そうで、見るからに気の毒になってしまいます。
    問題の土地。素人目から見ても狭そうなので、どんな建物が建つのか心配です そうした一角に、動物病院予定地があります。もう1年以上も前から、予告看板が立っていますが、どうみても建設される気配が感じられません。最近、我が家近辺に何件かの動物病院が開院しました。特に動物病院は、口コミの情報が一番の宣伝であり、存続の可能性をも左右するので、まだ何の噂も聞こえてこないとなると、正直、診察してもらうのが怖かったりします。仙台の動物病院は、午前中2時間位と、夕方2時間ほど診察する所が多いみたいで、一日4,5時間だけの限られた診察時間ですら、駐車場に車が止まっていないというのは、客観的にみても、病院の評価が一目瞭然に判ってしまいそうです。仙台の中心部は、比較的動物病院は多いように感じますが、多ければイイってもんじゃないし…。
     で、この病院予定地ですが、少し前まで駐車場でした。車が4台が限度です。こんな狭い土地にどんな病院が出来るのか、ずっと興味がありました。ここで勝手に推理して、遊んでみましょう!
    ・区画整理・道路拡張はかなり前から決まっている
    ・もう1年以上も前から開業を予定している
    ・キツキツに止めても車4台が限度の広さ。(他に予備の土地は無さそう)
    ・土地の目の前は歩道と県道
    ・去年までは、駐車場だったのに、突然、ちっこい畑になっていた
    ・半径2km圏内には、数件の動物病院がある
     
    【ねぎ】の推理
     看板の後の家の子供もしくは孫が、従来ならもう開業が出来るハズなのに、実は獣医の資格がまだ取れないでいるのではないか?で、土地を遊ばせているのはもったいないので、資格取得まで月極駐車場にして日銭を稼いで建設費を捻出する事を、土地の名義人の爺さんが提案。しかし、ココの広さでは4台が限度で、この辺りの相場は良くて一台月1万円として、そのうち1台は身内の車なので、収入は月3万円となる。オマケに賃貸収入で得た分の税金、土地の固定資産税を払うと、純利益は思ったほどではなく、建設費どころか印紙代にもならない事に気が付く。不幸なことに、目の前でずっと工事をしているので、誰も借りたがらず、1年間収入は0円になってしまった。まだまだ嫁には任されぬと、財布の紐を握っているココの家の竹中財務大臣に匹敵する婆さんは、密かに皮算用していたにもかかわらず、裏目に出てしまって一か八かの大勝負に出ることにした。それが狭地畑活用「平成版・『大きなカブ』作戦」である。童話の大きなカブをヒントに、キモチの優しいビンボーな弟が撒いたカブの種は、実は大きなカブの種で、せっかく採れたたった1個の珍しい大きなカブを、王様の所へ持っていって、たくさんのお礼をもらって金持ちになるあの話である。この婆さんは、その話を思い出して、この畑で大きなカブを育て、たんまりとお礼を貰う魂胆なのだが、あまりに欲を出して育て過ぎて、カブは畑の中で腐っているのである。結局、賃貸収入もカブのお礼も無く、一番の当事者の獣医になる人物は、資格も取れず姿をくらましたのであ~る。
    さぁて、アタチは今ナニをされているのでしょうか?

    「ポッキーを食べる!」の巻
    我が家へ来て4ヶ月目の頃。どうにかして車に乗せるために買った洗濯カゴ。 タイトルを見ると、「こりゃ、犬の一大事だがや!」と何故か名古屋弁風になるのですが、全然そんな事はないので、どうかご安心を…。
     昨日の夕方、地元のニュースの特集で、捨て犬の殺処分について放送していました。そんな最悪な結果にならないように、地元のボランティアの方が、引き取っては新しい里親を探していたりもしています。新しい里親の中には、可愛い犬はすぐに引き取り手が見つかるから、あえてそうじゃない犬を、引き取ったという年配のご夫婦もいました。それとは別に、悲しい事に、以前飼い主に捨てられて、やっと見つかった新しい里親にもまた捨てられたGレトリーバーもいました。何度も身勝手なニンゲンに捨てられたせいで、ボランティアから離れようとせず、極度の人間不信から見知らぬ人には、少し凶暴になっていました。いろいろな事情はあるのでしょうが、生き物を飼うということは、責任や、それなりの経済力がどうしても必要になります。食餌だけではなく、ワクチンや狂犬病の注射、ノミダニの駆除やフィラリアの薬、トイレシーツやシャンプーの雑貨等々。病気や怪我をした時の治療代も、いざと言う時に備えて置かなければいけないお金も必要です。ブリーダーの中には、引渡しの時に「注射は強制じゃないから、わざわざお金をかけてしなくてもいい」と言って渡す人が居る事は、直接そう言われた飼い主から聞きました。確かに、強制ではないにしても、そうやって飼い主の責任事項ですら、お金をかけないで飼う方法を教えるブリーダーは、如何なものか?と、その話を聞きながら私は正直不快に思いました。
    おねがいです。どうかリッチなおうちのヒト、アタチをひろってくだしゃい。 お金をかければイイっていう問題でもないのは百も承知していますし、我が家のようにニンゲンが我慢してでも、「めかぶ」にはバカ親炸裂もどうかと内心思っていますが、生き物が生きていく上での最小限の出費も、渋るようなら最初から飼わない方がいいのです。ニンゲンは、国や自治体から税金で守られていますが、生き物は飼い主しか守ってあげられないのです。「ちっとも言う事を聞かないから捨てた」とか「吠えてうるさいから捨てた」とか「大きくなったら、可愛くなくなったから捨てた」とかを、平気で言うバカヤロー達は、束にしてジャングルの真ん中にでも置いてくればいいのです。
     その特集の取材中には、飼いたくても、病気で高い治療費を払っても一向に治らず、ただ痛みで苦しみながら死んでいくのを見てるのが辛くて、苦渋の選択として処分しに来た人もいたそうです。仕方なく引越す先が、動物不可だからとかという理由で、処分しに来た人もいました。私も、もし同じ立場になったら、何が一番いい方法なのか迷いに迷ってしまうかもしれません。まして、病気で先が見えているのならなお更かもしれません。ただただ、とにかく許せないのが、ニンゲンの身勝手無責任で処分される動物たちです。望まれなくて生まれた子猫や子犬が、何も知らずに汚れのない目で未来を見ている中で、ゴミのように処分車に乗せられていくのは、見ていてとても切なく辛いです。
     そんなニュースを見ている脇で、夫がポッキーを食べています。小袋タイプなので、一袋には8本くらいしか入っていませんが、「めかぶ」はポッキーのチョコの付いていない部分が大好きです。っていうより、ここしか食べられないので、ポッキーを食べる時は、決まって「めかぶ」に持ち手の部分の1cmを、税関のように取られてしまいます。夫は、チョコの部分を食べて、残った先っぽを口から出して、ベタなカップルのような事を「めかぶ」と楽しんでいます。不幸な動物達がいる脇で、なんでアンダ達は、そう、のー天気なんだよっ!
    アンタ達はさぁ、どっから見ても天下泰平だよっ!


    呼び鈴“ガシガシ”
    こんなカオしながら、何か新たな手段を考えているような… 「めかぶ」はアレで、一生懸命に知恵を使って暮らしています。誰も教えていないのに、一生懸命アレコレ考えて、自分なりに意思表示をしているのです。
     ゴハンが欲しい時は、私の腕をガシガシしたり手をペロペロしたり、それでももらえない時は、実力行使に出て袖口を噛んですこ~し凶暴になります。だからといって、今までに破壊する事は一度もありません。ドアを開けて欲しい時は、ドアをガシガシするし、サークルに取り付けてある水が出ない時は、舐める振りをしてコチラを向き、目で「でないよ~」と訴えます。寝てる時にトイレに行きたくなると、顔をペロペロ舐めて起こす事は、もう何度も書いているのでご存知かと思います。そしてもう一つ、去年からするようになった事がありましてですね、それは、寝室に置いてあるサークルのトイレ、別名「二番御便所をガシガシして、誰かを起こすワザなのです。
    ホントはアタチが、まんぞぉさんを“ゆーどー”してるのね~ん! そもそも寝室のサークルは、初めての冬を我が家で迎える時に、茶の間のドアを閉めている為に、夜中に茶の間にあるトイレに行けなくて困るかと思って、寝室にもトイレを入れたサークルを置いた物でした。当時は、オヤツを使って二番御便所を認識させていたので、「めかぶ」もそれなりに使い分けていたのですが、冬が終わってから、徐々に「めかぶ」のアタマから、二番御便所は忘れ去られた存在になってしまったのです。それよりも、茶の間に誰かが居れば、ガシガシでドアを開けてもらえる方法を発見したので、ますます二番御便所を使う事が無くなったのです。
     それでも私とふたりで居る時に、私がお風呂へ入っていたりすると、不安になってトイレをしては、ちゃんと自分の所へ来てもらえるかを確認するのですが、お風呂に入っている私はそんな「めかぶ」の行動を熟知しているので、逆に心配しながら入っている始末なのです。案の定、茶の間のトイレにオシッコをしても私が来ないと、今度は二番御便所にオシッコをしています。それでも来てもらえないと、お風呂場の前で、クゥ~ンクゥ~ンと鳴いているのです。そんな訳で、今、二番御便所を使うのは、不安オシッコの時と、寝てる時に突然おゲボがしたくなった時、二番御便所に座って時々おゲボをしています。
     今年の冬は、雪が多くて散歩が出来ない日が多てお昼寝三昧だったせいか、夜になると夜行性化した「めかぶ」は、突然、二番御便所をガシガシしてみたり、目が覚めて「あれっ?めか、いない!」と思って探すと、二番御便所にトポ~ンと“じゃんこ(お座り)”していたりするのです。真夜中にガシガシすれば、当然コチラは音で目が覚めてしまいます。段々と「めかぶ」も、ガシガシすれば誰かが起きる事を覚えました。いつも「めかぶ」に起こされる夫が、布団をスッポリかぶってたり、横を向いてペロペロ出来ないと、『二番御便所ガシガシ作戦』になるのです。おかげで、ガシガシでトイレシーツはボロボロになって、ポリマーや細かい紙の破片が散乱しています。
     お金持ちや偉い人が、用事があって執事やメイドを呼ぶ時に、チリンチリンと鳴らす呼び鈴のようです。モチロン、「めかぶ」が呼ぶのは、お世話係のまんぞぉの事ですけどね。
    今日の未明にもガシガシでおこされました。「大小一組」のトイレの内容でした

    【2006/04/03 19:30】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    4月2日
     早いもので、もう4月も2日になってしまいました。皆さん、ちゃんと大手を振ってウソを吐きましたか?せっかくエンマ大王様のお許しがでているのですから、このチャンスを逃す手はないのです。364日はウソはいけませんが、「今日は、どんなウソでも大目に見るぞ!」というのですから、普段のウップンを晴らすためにも、皆さんドンドン「4月バカ」を楽しみましょう。
    4月1日のめかぶ ちなにみ私は、ソコソコ楽しみました。本気でだまされたか、お慈悲でだまされた振りをしているのか、私には100%見破る術はありませんが、それはそれとして…。
    まこさん
    naoさん
    宙ママさん
    チョコクッキーさん
    モコママさん
    オータム・ココさん
    こうすけママさん
    mmhomeさん
    ぽち母さん
    それなりのリアクションを、ありがとうございました。
    昨日のブログにはいくつかの誤りウソがあります。「」とか「」と思ったところが、ウソです。
    わざわざ、言い訳やら訂正するのもヤボなので、今回はこの場が、上記の皆さんへのお返事にしますね。
     今日は、午前中に先週に引き続き、福島県の松川浦へ行ってきました。この時期にしか食べられない「生青海苔」を買いにです。2月くらいから、近所のスーパーでも時たまパックに入って売っていますが、ほんの少しでちょっと高いです。でも松川浦の小さな市場では、大量に入って200円位で売っています。近所で売っている5倍は入っているので、一袋を食べるのに一週間ほどかかります。大抵は簡単に、めんつゆをかけてネギを入れてお吸い物として食べるのですが、汁のほとんどが青海苔状態で、一週間分ですからかなり安いし、冷凍も出来るし、もう生で食べられる時期は終わりなので、朝に車を走らせて買ってきました。お砂糖とみりん、しょう油を入れて煮詰めると、海苔の佃煮も出来ますから、市販の物よりも塩分も控えめに出来ます。
     青海苔は、ミネラルタップリの食物繊維ですから、ドスドスド~ンなので軽い“お便秘さん”には、ヘタに薬を飲むよりも、かなりいい効果が期待できます。
    生青海苔VS生めかぶ!スゴイのはどっち?



    4月1日
    仙台は、春の大雪に見舞われました 今日は、大手を振ってウソをついてもイイ日だというのに、気の効いたウソが思い浮かばない…。ん~くやしぃ~、実にくやしぃ~
     もう東京のサクラは満開だというのに、仙台はここ数日雪が舞っています。昨日の朝は100cmの雪が積もり交通渋滞で、どこもかしこも大変でした。すっかり冬に逆戻りしたようで、相変わらず風も強く、散歩も思うようにはいきません。それをいいことに我が家の嬢っちゃんは、今日も元気に張り切って寝てばかり。もう、ブログネタも底尽きたどぉ~~!なんか、芸でもして見せろ!っつーの
     ところで、先日金メダルを取った荒川静香が、仙台へ凱旋した事は、ニュースやワイドショーで放送していたので、知っていると思います。実は、彼女は私の親戚でして、私とは娘位に歳が離れている彼女は、かなり小さい時に何度か会ったきりなのですが、パレードや式典の後に、親族でお祝いの会をすることになり、私も母の付き添いの名目で、チャッカリ私も便乗して行ってきました。彼女は、今や仙台の誇り、宮城県の星、日本の一大有名人になってしまって、秒単位のスケジュールなので、すぐに帰ってしまいましたが、親族はもうみんな鼻高々でした(残念な事に、プライベートな写真を掲載するのを、関係者から禁止されてしまいました)。が、有名になると急に親戚が増えるとは聞きますが、言葉通り、かなり見た事のない「にわか親戚」を名乗る人も見受けられました。
    先日、宇宙からミカン網星人が、我が家にやって来ました それに比べて、我が家の嬢っちゃんは、誇りも無く、星にもなれず、グータラ星人です。誇りは無くとも、身体には細かい埃がついているし、宮城県の星じゃなくて、茨城産の干し芋が大好きで、日本一の寝太郎なのですから。唯一、寝ながらにしてイナバウワーが出来る柔軟な身体保持者というのが、ワザですかね~。
     あ~、やっぱりウソが吐きたい、善良な「いんたん」読者を騙したい~!ずっとこんな衝動から、私は抜けれないので、今回はもうこれで終わりです。誰か~、私にひっそり「ウソのネタ」を提供してぇ~~!

    めかぶは、テレビのワンコのオヤツを狙っています

    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。