がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    05 | 2006/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    成犬の主張?
    アサだ~ア~サだよ~アサ~ヒがのぼぉるぅ~~♪ 「ウソこぐなぁ!今朝は◎(曇)だべっちゃ!」 今日で、6月も終わりです。何度も言うようですが、月日が過ぎる早さはマッハ級で、いやはや何とも、充実感も中身も無い半年が過ぎようとしています。
     このところ「めかぶ」嬢っちゃんは、毎朝5時に散歩させられるので、少しボーッとしているし、もともと体育会系でもないので、走る姿には全くキレというものは、どこにも感じられません。「ヌタヌタヌタ~」とか「ドスドスドス~」なんて擬音が、ピッタリな動きです。散歩から帰ると、散歩時間以上の休憩時間になり、本格的二度寝態勢に入ってしまいます。散歩中に「めかぶ」は、小さなオヤツを、私と夫から1個ずつもらいますが、どう見てもそれで満腹になるとは、到底考えられませんが、最近嬢っちゃんは、朝は少し食欲が無いようです。
     犬の体内時計はかなり正確なようで、「めかぶ」は午前午後の7時15分になると、必ずゴハンの催促をします。それは、お腹が空いていなくても、「いやすこ根性」の条件反射がそうさせるのか、ガルガルウガウガして、私は嬢っちゃんから毎回、「ゴハンくわせろ~~!」と、腕をガシガシされるのです。どうせいつも、お腹が心底空いているワケでもなく、ただただ、習慣からくるお決まりの行動なので無視していると、文句を言い始めます。それまではワンワンキャンキャン吠えてたのに、急に、バゥバゥグヮグヮボニョボニョと、何か話すと言うより、何か訴えています。以前から「めかぶ」は、何か話すような声を出してはいたのですが、最近はその話す量も増えてきて、今では1分間程、演説をするようになりました。どこかの会社の朝礼なんかで、よく順番で1分スピーチをする会社がありますが、それが「めかぶ」のゴハンの時間だったら、ちゃんとスピーチが出来そうです。
    オキガケのイッパイは、うまいのね~ん! 私が、「ウン、ウン、それで?」とか「そっかぁ!」などと、うなずく合いの手を入れると、演説犬は更に力が入るらしく、バゥバゥグヮグヮボニョボニョにも拍車がかかります。何とかしてその様子と声を録音したいのですが、もともとカメラ嫌いな嬢っちゃんは、カメラを用意するとすぐさま止めてしまって、また元の吠える嬢っちゃんに戻ってしまうので、とても残念でなりません。
     ゴハン前と、散歩前の支度する時に決まって、そーやって何か訴えているのですが、犬語がわからないのがホント残念です。何年か前まで、成人の日には、あの独特口調の弁論大会の集大成ともいえる「青年の主張」がありましたが、犬にもそんな大会があったら、間違いなく嬢っちゃんは、「文句・不平不満の部」で優勝しそうです。
    文句・不平不満を言わせたら天下一品な犬

    スポンサーサイト
    【2006/06/30 10:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    もロ-----(゜∀゜)-----!
    さてさて、週末に私がしていた事は…
    毛がボーボーでどこがどこだか???
    まず、主人公の「めかぶ」嬢っちゃんは…
    暇さえあれば、こんな露な格好で寝ているのです。

    早朝散歩。オヤツ付き
    24日・土曜日(オババ製作開始・1日目)
    25日・日曜日(オババ製作開始・2日目)

    散歩から帰ると、すぐ寝るし…
    そして問題の26日・月曜の朝
    曇っているけど散歩向きなので、5時半前には家を出ました。月曜の朝なので、市場帰りのトラックや出勤の車が普段の3倍走っていました。
    帰って来て、ゴハンまでくつろぐ嬢っちゃん。

    そして……

    ♪♪♪ オマケがあるよ ♪♪♪

    ひとり遊び
    さいきんは、そーちょーサンポが“にっか”になったのね~ん 「ひとり遊び」…、う~ん、あぶないサイト目的の検索で引っ掛りそうなタイトルです。
     最近、「いんちきたんちき」へ検索で来るゲストのキーワードで一番多いのが、「ドッグスリング 作り方」です。ベビースリングは、サイトや本、赤ちゃんの番組で作り方を紹介しているのを見ますが、犬用は私もいろいろ探しましたが、目的なサイトのは全然ヒットしませんでした。GWにドッグスリング(=抱っこ紐)を作ったワケですが、あまりに使わなかったアタマを、フル短期集中して作ったせいか、正直、精神的に疲れてしまいました。
    ひとりで、できるもん! 他の人が作った物なので、公に紹介も出来ないのでブログで公開すると事はタブーだと思うし、ブログ写真から夫が解明した展開図を使い、それも半ば想像で作った物ですので、おおっぴらにサイトで紹介する事は出来ないのです。検索で来たゲストも、「な~んだ、ダメじゃん!使えねぇ~」と、ガッカリして帰ったことでしょう。本家本元のドッグスリングは入手困難なようで、多少ミシンが使える人なら「んだば、自分で作ってみっかっ!」と、私のように思うのでしょう。
     これといった用事の外出もなく、「めかぶ」同様に家で毎日過ごしています。ここ1ヵ月の間に、出掛ける予定も遊ぶ予定も何も無いクセに、やたらと「めかぶ」の手作り服が増えてしまいました。家の近所を散歩するくらいならば、どーにか着て歩けるので、暇でする事も無い私はセッセとミシンと格闘しているのです。夫は夫で、朝から未明まで毎日仕事に追われているし、「めかぶ」はノルマの散歩を済ませれば、誰からも文句も言われず大手を振って昼寝が出来るのですから、いい御身分です。そーすると、誰からも相手をされないオババ一人が、ポッツ~ンと家の中で、大きい背中を丸めては、一人モゾモゾを何かをいじってるしかないんですよ。
    朝のお目覚のオヤツを見つめる寝ボケ犬 そーなると、【めかぶ服を作る当然また増える夫は忙しいどこへも行けないオババポッツ~ン暇なので、めかぶ服を作る】という、まるでメビウスの輪のような終わりの無い事態になってしまうのです。
     そんなワケで、給料も入った事だし、ちょこっと「ひとり遊び」用のブツを仕入れに出かけてきました。週末はずっとコレに掛かりっきりになってしまった一人いじり…じゃなくて、一人あそびに、寝食は忘れず没頭していたのでした。さてさて、私わ、一体何お、していたんでしょーか?
    次回へ続く…


    視線の先には、そのお目覚があるので、我慢できないでいるのです。


    ぐだぐだうだうだ
    そーちょーサンポはダレもいないし、キモチいいのね~ん! 「めかぶ」一家は、今日も目新しい話がありません。
     皆さんのブログを見ると、「今日も更新出来るような、いろんな出来事があっていいなぁ!」と、思いながら毎日拝見しています。「どこそこへ行って来たよ~!」とか「どこそこのナニナニを食べて超満足!」とか、「誰ソレちゃんと遊びました」とか。「めかぶ」一家には、そんな出来事なんて一切無いし。。
     ニンゲンの性とは悲しいもので、こうも更新ネタが無いと、無理してでも自らイベントなり、話のネタの仕込をしてみたりするものの、仕込んでいる自分が、何とも哀れでウスラ寂しかったりします。ナニも無ければ無いで無理しなくてもいいのでしょうが、数日サボっていると、またそれはそれで、何かやり残しているようで落ち着かなかったりするのは、ある種、中毒なのかもしれません。
     昨日は、サッカーの結果を物語るように、未明から朝まで雨が降っていて、どうにかお昼頃には道路も乾いたので散歩へ行こうと思った矢先、雷を伴った激しい雨で結局は散歩も出来ず、飼い主と犬はグダグダとしていました。そのせいか、犬の方はゴハンも半分ほど残し、そのくせ、人が食べている物ばっかりを欲しがります。私と夫が遅い昼食を食べている間も、何かオコボレを貰おうと必死で可愛い子振りをアピールしては、ウロウロしていているので落ち着いて食べる事が出来ません。
    「めかは、自分のゴハンまだ半分残ってんのっ!ソレ食べな!」
    と言っても、当然聞く耳を持ちません。
    二昔前のクリスマス帰りの“おやんつぁん”みたいで 「めかぶ」は何故か歯磨きをした後に、まだフードが残っていると食べる、変な習性があります。ニンゲンでは考えられない行動ですが、「めかぶ」には考えられる行動のようです。歯ブラシで磨いて、ガーゼで磨いて、仕上げにオーラルスプレーをして、最後にご褒美の小さく切ったグリニーズをもらいます。コレが楽しみで、我慢して歯磨きをしているのですが、毎日も歯磨きフルコースが出来ないので、その時はスプレーだけをするようにしていますが、スプレーだけの時は、グリニーズが貰えないので、目を三角にして怒ります。例え小さいグリニーズでも、「毎日食べると太るよ!」と、前々から聞いていたので、ここは加減をしなくてはなりません。ある飼い主が、歯磨きをするのが面倒で、毎日、その犬の身体に合ったグリニーズを与えていたら、やはりカロリーが高いのか急激に太った話を聞きました。それによく行くペットショップのグリニーズコーナーにも、何かグリニーズに関する新聞報道があったようで、その反論が貼ってありました。最初からビンボーな我が家では、プチサイズを1/3にカットした物を与えるようにしているので心配ありませんが、それでも毎日与えるのは考えもののようです。 そんな小さなグリニーズでも、楽しみにして嫌な歯磨きをする「めかぶ」は、グリニーズを食べて、水飲んで、最後のお口直しに残したフードを食べるのですから…。そんなワケで、なかなかフードを食べ切らないときは、「半強制!レッツら・歯磨きタ~イム」となるのです。
     散歩もちゃんと出来ればお腹も空くのでしょうが、「めかぶ」待望の雨の日は、家の中では遊ぶ事も無くひたすら寝てるし、運動といったら誰か表を通ると文句を言いながら吠える事と、私の後をずっと付いて来るのが、唯一の運動です。
     梅雨が明ければ、本格的な夏になって、暑さに弱い私と「めかぶ」は、セミのようにジッとしながら、ひたすら暑さに文句を言います。私は、すこぶる代謝が悪いので、汗を掻く事が出来ません。そのせいで、体に熱が溜まって顔が真っ赤になり、最後には具合が悪くなってしまうのです。サウナに行って、汗を出す練習もしたのですが、いくらサウナに入っていても汗もほとんど掻きません。そんな理由で、他の地方からすると、比較的涼しい東北の夏とはいえ、私にとって地獄そのものなのです。あ~嫌だ嫌だ!
    なぜ「34」なのか?わかったアナタは、かなりの「いんたん通」です

    ※ 「いんちき的家庭科」アップしました。


    とうとう
    ねぎは、またアラタなシュダンで、ふくをつくるっているのね~ん!アタチは、もう、いらないのね~ん このアホ話もゾロ目の333話になりました。次に狙うのは444話ですが、この状態だといつの事になるのか、こうも特別な話も無いこの頃は、俗に言う「便りが無いのが無事な証拠!平穏無事で何よりざんす。」と言えば、対面も立つというものかもしれません。
     そんなこんなの中身の無い毎日なので、今日もミシンと向き合いながら、曲がった縫い目のやり直しに格闘しているワケです。ワンパータンの「WANピース」もそろそろ限界に近づいてきたし、今度は何を作ったら良いのか、あーでもないこーでもないと、無い知恵と創造力をいくら振り絞って考えても、ど素人の私の出来る事自体限られているので、作りたいキモチと私の技術が反比例し、天気が悪い事も相成って実に悶々としているのです。
    犯されたようなGジャン 私のアタマは、昔のおもちゃのように単純構造に出来ているせいか、極端な事しか考え付かず、とうとう、今までの「作る」→「壊す」の方向へと移行してくるのでした。そうです、着なくなった服をアッチコッチにハサミを入れて他の物を作るのです。リメイクとかリフォームなんていう、ちゃんとした物なんかが私に作れるハズもなく、どうせ着なくてリサイクルゴミに出すのですから、この際思いきって破壊します。
     手始めに目を付けられたのが、数回しか着ていなかったGジャンです。買ったのはかなり前で、色合いが好きだったのですが、着ると金具ボタンがガチャガチャとウルサくて敵いません。歩ってはガチャガチャ、走ってはガガッチャッチャラガガッチャッチャラと、総数10個のボタン(袖にも付いている)が一斉に鳴るんですよ、この服。で、何度か着たものの、何度着てもうるさいので、すっかりタンスの肥やしへの道をたどり、忘れられた存在になっていたのです。
    調子こいて、このスカートに着れるチープなタンクトップを作ってみました。 ところがやっと肥やしから脱出したと思ったGジャンは、丁寧に縫い目を解いてからのリメイクとかリフォームされて新たな人生を歩むことを希望していたのでしょうが、私にいきなり乱暴にハサミを入れられてしまい、もう、人前に出られる姿ではなくなってしまいました。一昔前の言い方なら「男に捨てられた“キズモノ”の身」です。そんな事はお構いなしの私は、手っ取り早く袖口を利用したスカートを作ろうとしている訳で、少しウエスト分の生地を足せば「めかぶ」にはジャストサイズです。本当は、ウエストのベルト部分はもっと細くしたかったのですが、このGジャン、普通のボタンではないので取り外しが出来ません。「まぁ、いっか!」とそのままにスカートを付けて、あっという間に出来上がりです。構想と下準備に2時間、製作に約1時間、合計3時間でスカートの出来上がりです。これは、日曜日の午前中の出来事で、早速、午後から新作スカートで散歩をしました。顔馴染みになったローソンのオバチャン(私よりも確実に年上です)に、
    「アラ~、今日は珍しくスカートなのぉ?アンタ♀だったのねぇ~」
    と言われ、どうもローソンのオバチャンには、渾身のWANピースは、ただの犬の服にしか見えなかったようです。
     スカートに合わせる服があまり無いので、散歩から帰ると、早速私は、夏のタンクトップ製作に突入したのでした。



    ヨソん家の事ですが…
    こんなシャシンをだすのは、やめてくだしゃい!これじゃぁ“レデー”だいなしなのね~ん 「めかぶ」の散歩は、通常は一日1回です。時間にすると40分~1時間で、距離にすると2~3kmってところでしょうか。何か買い物があれば、散歩コースも変わるし、所要時間も変わってきますが、大体は似たり寄ったりです。家から出るのがダイッキライな「めかぶ」ですが、それでも外へ出てしまえば歩くのは好きなようで、身体を真っ直ぐにした「6時」ではなく、何故かナナメにした「8時10分」の方向に身体を向けて歩きます。
     家を出て、お決まりの場所でマーキングオシッコとウンチョをし、身軽になったせいか足取りも軽く、あとはサッサと散歩を済ませて、また昼寝をする事を生きがいに今日も散歩に精を出すのです。
    みんな、アタチについてくるのよ~ん 「めかぶ」の暮らす集合住宅は70数世帯が居住していて、そのうち、犬を飼っている家は、たぶん20世帯位あると思います。我が家のフロアに、10年以上前から犬を飼っているお宅が2軒あります。今回の話は、そのうちの1軒の事なのです。当時、まだソコの家の子供達も小学生か中学生の時で、たぶん衝動的に犬を飼ったように思われ、そのお宅は我が家の一軒先の隣ですが、実は未だかつて、声は聞こえてもその犬の姿を見たこともないので、私からすれば無期牢獄の犬なのです。飼い始めてからの数年は、日中、仕事やら学校で朝から留守番をしている犬は、誰かが夕方帰って来るまで吠え続けていた、何とも近所迷惑な犬でした。夏の間は、ベランダへ出られるように窓を開けていたようで、朝からずっとべランダで吠えているので、テレビの音も聞こえない程でした。何度も管理人や管理会社の方から注意を促してもらいましたが、最後には保健所の苦情・困り事相談にまで通報され、逆ギレした飼い主は、管理人や苦情係り員と、玄関先で掴み合いの喧嘩になったそうです。あまりのうるささから、引越しをした住民もいました。
    いつもここで、ちゃっかり写真を撮ってオヤツを食べるのです。 そんな事もあって、我が家で犬を飼う時は、常に誰かが家に居る状態になってから、と、決めていたのです。犬を飼い始めると、今まで話した事もなかった他の階の住人とも会話するようになり、どこそこの家のワンちゃんはナニナニの○○ちゃん、とか覚えてしまうし、お互い散歩に行く時や帰って来た時に声をかけたりします。でも、同じフロアのその犬だけは、住人を見かけることはあっても、散歩する姿や家族が抱っこして出かける姿を、私も夫も見たことがないのです。さすがに、もう10歳は越えている年齢なので、前のように吠え続ける事はなくなりましたが、それでもよく吠える犬には変わりありません。
     今は午後から仕事へ行くご主人は、昼間は駐車場の空きスペースで、ゴルフの素振りに専念しています。子供達も成人して社会人となり姿も見なくなりました。一軒家に比べ、集合住宅という広くない家の中で、毎日生活しているその犬は、どんな状態なのか推測すら出来ませんが、犬として生まれたにしてもちょっと可哀想です。もし、病気で歩けない犬だとしても、乳母車のような物に乗せて、散歩くらいは出来そうです。あんなに元気に吠えているんですから…。10数年間、一度も見たことの無いその犬ですが、極たま~に廊下で会った奥様と、「めかぶ」の話やソコの家の犬の話をすると、放ったらかしでもなさそうなのに、どーして散歩へ連れていかないのでしょう?
     もう、老犬になっているその犬ですが、このまま一回も見ずに終わってしまいそうで、切ないやら可哀想やらで、ヨソん家の事ですが、一言、言わずにはいられなかったんです。
    アタチだって、おサンポしてるんだからさぁ、おとなりさんも、ちゃんとサンポさせてあげなよぉ~


    近頃の物は、スゴイ!
    何かあると、すぐさま逃げ込むテーブルの下。そして今日も、「1本」落としました。 「プードルは毛が抜けない」とは言うものの、やっぱり生き物なので多少は抜けます。アッチコッチ毛だらけになる事はありませんが、いつも飼い主のすぐ脇で寝ている「めかぶ」の小さな毛玉だったり、極細の毛が知らず知らずに、「めかぶ」の寝返りを打ったりするときの摩擦の力で、カーペットに毛が薄い皮膜のようにくっ付いています。それに、動物の毛は、水をはじくようになっているせいか、変な粘着性があるようです。見た目にはわかりませんが、ちょっと指でカーぺットの毛先を掻き集めると、小さな「めかぶ虫」が出来る位の毛が、しっかりへばり付いているのです。
     我が家の掃除機も、そんな「めかぶ」の毛に毎度毎度悪戦苦闘していたせいか、ヘッドのブラシ部分が全く機能を果たさず、いたずらにうるさい音と僅かな吸引力だけで、どうにかココまで持ち堪えていました。カーペット以外の所では、何の問題もなくその機能を果たしていたのですが、我が家の半分近くを占めているカーペットは、明らかに目に見えるゴミしか吸い取る事しか出来なくなっていました。「早いなぁ、そろそろコレも限界だぁ」と思って、少し前に家電量販店へ見に行くと、あまりに種類が多すぎて何がいいのか迷ってしまいます。それに最近の掃除機は、「サイクロン方式」という意味不明の動きをする物が大半で、中年オババはサイクリングなら知っていますが、「サイクロン方式」と言われても何の事だかチンプンカンプンです。話を聞くと、サイクロン方式は、確かに凄そうで、どこか力強そうです。値段もピンキリで、私が欲しかったのはチョットお高めだったので、その時は諦めて帰って来たワケですが、ついに、我が家のオンボロ掃除機は瀕死に陥ってしまいました。ニンゲンで言ったら、バックリ頭が割れて、血管一本で持ち堪えている状態になってしまいました。ヘッドのある部分が欠けてしまって、中の配線でどーにかブラブラしている状態です。2日程、仕方なく、細いホース部分だけでチマチマ掃除をしていましたが、それも限界があるので、仕方なく同じ量販店へ行って買ってきました、掃除機を。
    画期的!ホコリを取りながら、それを吸い込む“パサパサブラシ” 結局、前に欲しかった掃除機ではなく、違う物を発見して、そっちを買いました。噂の「サイクロン方式」も確かに凄そうですが、ゴミを捨てる時やフィルターを掃除する時に舞い上がる、細かい塵や埃を吸い込んだりしそうなので、やっぱり今まで通りの紙パック式にしました。早速、掃除を始めると、「おぉっ!」ブラシが回転すると、指先だけで滑るように勝手にヘッドが前へ進みます。今でみたいに力を入れて、カーペットをゴシゴシ擦る様にしなくても、1回だけソコを通れば大丈夫なくらいキレイです。新しい掃除機に、戦々恐々な「めかぶ」は、ヘッピリ腰になりながら後を付いて来ます。付属のブラシ類を目の前に置いただけで、すぐさま戦闘態勢に入ります。そして、景気付けなのか気合入れなのか、条件反射の掃除機を見ると自ら「1本」落としを、早速やらかしてくれました。午前中だけで、もう3回目です。
     私よりも、新しい掃除機を欲しがっていた夫は、その働きに感動したせいか、何故か予定の仕事も放り投げ、掃除機使いたさにグダグダしています。この所、都合と天気のタイミングの悪さから、車の洗車も出来ずにいました。せっかく、スグ近くの車のディーラーから、そこで使える洗車カード10000円分をもらったので、私は夫に洗車を行くように命令します。機械で洗うのですが、コイン洗車場しか知らない我が家は、小1時間は帰って来ないと思っていたら、30分もしないで帰って来ました。洗ってこなかったのかな?と聞けば、今の機械は3分で洗ってワックスを掛けて、風圧で水を吹き飛ばすのだそうです。後は細かい部分だけを、置いてあるタオルで拭き取って、車内用掃除機でゴミを吸い取ってもほんの15分程で作業完了するのだそうです。夫は、それにも更に感動して、昨日は全く仕事をせずに一日を過ごしてしまいました。
    まえのソージキよりも、パワーアップしたから、アタチのウンチョもアップするのね~ん

    【2006/06/18 10:30】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    ~っぽい
    『食いしん坊のイメージ』 あるある! 私への褒め言葉は「おかしい」とか「おもしろい」とか「変わってる」と言われるのが、最高級松坂牛に匹敵するのですが、この言葉を文字にすると、私の半径10mには、誰も近づかない空間の輪が出来てしまう人間のようです。ひと言で「おかしい」とは言っても、「可笑しい」もあれば「オカシイ…」とか「オカシ~~」なんていうようなニュアンスも違ってくるし、書き方・言い方の違いで、楽しい人間or危ない人間にも読み取れます。「変わってる」だって、言い方によっては、やっぱり半径10mの空気だけの輪が出来てしまいそうです。ヒソヒソ声で言われてしまう「おかしい」とか「変わってる」ではなくて、「おっかし~~!」とか「変わってるぅ~」と、語尾を上げて面と向かって言われるのが、好きなんです。
     しか~しその反面、紙一重的に、他人の目も気になってしまうのは、やっぱり正直なキモチなんですね。顔も知らなければ、正確な名前も知らない、会話すらした事もない同士が、ネット上のやりとりだけで、知り合いになれるこの世の中、全てが想像の世界になってしまいます。その人のホームページから伺える人物像とか、ブログのコメントから垣間見るだけで、私のアタマに中には私の勝手な想像による妄想茸が、ドコモダケのように飛び回っています。
    『グータラなイメージ』 ウン、コレもある、ある。
     最近、「○×って、“ねぎさんっぽい”です~」と、よく書かれる事に気付いたワケです。“ねぎさんっぽい”って、どーゆーんだろう?と、気になって気になって仕方ありません。断言出来るのは、眉目秀麗・良妻賢母・優等生の誠実正論人物とは言われないのは、私が一番わかっています。「ねぎっぽい」…、薬味みたいな感じなのかなぁ?無ければ無いで平気だけど、出来ればあった方が美味しく食べられる…とか。それともやっぱり、AB型特有の二重人格で堅物、協調性があるようで、実は一匹狼的な奇人変人の類のイメージなんでしょうか?芸能人だったら、番組の企画で街頭アンケートなんかして、自分のイメージっていうのを、目の当たりにすることもできるけど、一般人じゃネェ…。今まで、「誠実で実直な人ですね~」なんて言われた事も無いし、ましてや「ホント、物静かで大人しくて、出しゃばらず、縁の下でテキパキ働きながら、周りの事にもよく気が付く方ですよ~」とも言われた事も無い。決まって言われるのは、「アンダってさぁ、普通の人と違うよね!」です。その口調から読み取れるのは、良い意味ではなくて、明らかに変人を指している言い方なのです。 
     ヤクザも、イメージ的には家で怖そうな犬を飼っていそうですが、案外、実際は小型犬を飼っている事が多いようです。いわゆる愛玩犬と呼ばれる犬で、「めかぶ」が行っているサロンには、場所柄なのか“それっぽい人”もよく利用していて、時々、迎えに行った時に見かけます。目尻は下がりっぱなしで、「さみちかったでちゅかぁ?」とか「ちゃ~んと、おりこうちゃんにしてまちゅたかぁ?」な~んて、赤ちゃん言葉を使いながら、今、W杯が行われている国の車に乗り込むのを、よく見ます。
     実際に会っていなくて、文章と写真だけのネット上から伝わる自分のイメージって、気になりませんか?
    『誰とも遊べないポッツ~ンのイメージ』 そう、そう!イメージっていうより“そのもの”。

    ※ 「いんちき的家庭科」アップしました。


       久しぶりに「いんちき的家庭科」を更新しました。
     
    最近、セッセと作った「めかぶ」の服、数点ですがまとめてアップしました。

     前回のブログで「めかぶ」が着ている服になりますが、左メニューの「いんちき的家庭科」から見ることができます。写真だから見せられる服です。実際に手に取ったり、どアップには耐えられないシロモノですが、お暇な方はどーぞ。

     本日は、告知だけで失礼いたしやす。







    【2006/06/16 21:45】 「ねぎ」からの告知 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    これさえあれば
    ふくがおおくなると、サンポする“かのーせー”も、おおくなっちゃうのね~ん。だからもー、つくってほしくないのね~ん 毎日ハッキリしない天気が続いて、嫌になります。せっかく、乾き目前だったのに、雨に当たってまた洗濯のやり直しする破目になったりで、屋外干しの我が家にとって、チットも片付かない家事の一つです。
     毎回書いていますが、ホントここん所、更新するブログネタも無いので、時間があると「めかぶ」の服を作っています。「今度は、どんなのがいいかなぁ?」とアレコレ考えても、アタマと技術が伴わないのがツライ所で、せいぜい、生地を変えて変化を持たせるのが、関の山なのです。
     ブログとかホームページなんていうのは、自己満足の世界なので他人がどう思おうと、作った物を披露しては、100%お世辞とわかっていても、褒められたりすると調子をこいてしまいます。「めかぶ服」をカレーライスに例えれば、「レトルト派(お店で買う)」・「市販のカレールゥ派(説明通りに作る)」・「本格的スパイス調合派(1から自分で作る)」に大きく分けてみると、私は「市販カレールゥ派」でしょうか。「肉と野菜を炒めて煮て、最後にルゥを入れて終わり」という、包丁さえ持てれば誰でも出来るカレーなワケです。せいぜいコレを基本に、肉を豚肉から牛肉にするとか、野菜も細かくしてひき肉カレーにするとか、玉ねぎを薄くスライスするか厚めにするくらいの変化球しか出来ないのです。少し慣れてくると、コーヒーを隠し味に入れてみたり、ドライのハーブを入れてみたり、徐々に変化させる事は考え付いても、所詮、市販ルゥのカレーなので、限度があるのです。しかし世の中には素人でも、本格的にスープストックを作って、玉ねぎをじっくり時間をかけて炒めて、スパイスも自分なりの調合した物を吟味して、2日がかりで作る人もワンサカいるんですから…。
    コレが、全ての基本です それでも、暇つぶしの楽しみで服を作っているのですが、全部同じ型紙で作っています。この魔法の2枚が無いと何も出来ません。これは、犬の服の本から写し取った物で、実際は裾の部分もあるもう少し長い物なのですが、WANピースを作るのに必要ないので、適当に切り取ってしまいました。いんちき的家庭科に最近UPしているWANピースは、そんな訳でワンパターンからきているんです。でも、あまりに基本がわからないので、この際スキルアップする為にも、お手軽なソーイング教室へ通ってみようかと、現在考え中です。そうすれば、もう少し違った物も出来るし、ファスナーも付けられるし、ボタンホールも上手く出来そうです。
     「めかぶ」の服は、単純な物だったら、準備さえ整えば半日で出来上がるので、やろうと思えば、もしかしたら一年で365枚出来そうです(作らないけど)。こんな状態で、セッセか服を作っていると、めかタンスが最近手狭になってしまいそうです。他に買ったりもするし。でも、なんか新しいのが出来上がるヨロコビを知ってしまったら、やめられないんだなぁ、コレが!今日も狭い一室で、「めかぶ服」がまた一枚誕生する予定です。
    最近の新作。ちゃんとした写真は、後日「家庭科」をご覧ください


    入梅
    地面が乾いている時は散歩の時間 今年もまた嫌~な季節になってしまいました。タダでさえ今年は5月からいい天気でもないし、洗濯物が溜まって仕方ありません。まぁ、梅雨が好きな人なんているとは思えませんが、犬にはいます。わら半紙色したすこぶる食い意地がはっている、「め」で始まる三文字の名前の犬です。
     最近は、道路が乾いている時が散歩の時間なので、とんでもなく早朝だったり、夕方だったり時間はマチマチですが、とにかく今は、ほんのわずかなタイミングを見逃すわけにはいかないのです。シャンプーも、散歩を済ませてからしようと思っていても、それも予定通りにもいかず、天気に振り回されてばっかりで嫌になります。
     どこへも行けないと、ブログのネタも当然あるワケも無く、更新のサボリ癖もカビのようにスグ生えてきて、あっという間に数日が過ぎてしまいました。その間、セッセと「めかぶ」の服作りに励んでいるのですが、基礎が全くわからない私は、些細な事が思い通りにはかどらず、イライラのしっぱなしで家庭内の空気も入梅のようです。老眼のせいで、夕方になると焦点も合わなくなって、針に糸を通すだけの事にも難儀しているこの頃なのですから…。
    オイシ~「わかさいも」を運んできてくれたコロンちゃん 週末にコロンちゃんのblackさん一家が、我が家へ遊びに来ました。前回、お土産に頂いた時以来、夫がハマってしまったわかさいもを、そろそろ禁断症状が出る頃だと心配したBlackさんが、わざわざ持ってきてくれました。相変わらずコロンちゃんと「めかぶ」は、一定の距離を保ちつつも打ち解けているのがわかります。ただ、一緒に遊ぶ事はしないので「まるで荒川静香と村主章枝みだいだぁ!」と言って、笑っていました。コロンちゃんは「めかぶ」のオモチャが珍しいようで、ひとりで遊んでいると、ヤクザな「めかぶ」は普段全然そのおもちゃで遊ばないくせに、自分の物をいじられるのが気が気じゃなくて、楽しそうに遊んでいるコロンちゃんにイジワルをするのが、どこにでもよくいる問題児の行動そのものを見ているようです。
     「ユカタッピ」にも、やっと紐が付きました。帯にもなるように、赤の鹿の子風の生地を探したのですが、なかなか赤というのが無いようで、着付けに使う絞りの腰紐も探したのですが、どーしたワケか赤だけが見つかりません。あっても、正絹の本絞りで高いし。結局、真っ赤なバンダナ柄の生地を見つけたので、580円/mという安さから購入しました。ダメでも服作りにも使えるし、試しに今回はバンダナ柄の帯兼用結び紐ですが、結構、思ったより浴衣にも意外と合う気がしますが、どーですか?やっぱり“変”ですか?
    バンダナ柄の帯紐が付いた「ユカタッピ」を着ためかぶ

    手ぬぐい一本
    カオの毛がボサノバ~♪またトリミングの時期かぁ… 最近、和柄の生地が見直されているようで、生地屋さんへ行っても和柄コーナーがドォォ~ンとあります。着物専門リサイクルショップもにぎわってるようだし、特に昭和初期とか大正の頃の着物が人気らしく、今の大胆な色や模様とは違った斬新さがまた今の人達にはウケるのだと思います。チョット前までは、デパートと言ったら呉服を買う所だったのですが、近頃は売り場もかなり縮小されてしまって、せいぜいこれからの浴衣の時期と七五三、成人式、卒業が近くなると、ポツポツとお客さんの姿を見かけるだけで、それ以外は従業員が、ひと際ゆったりとした売り場でいつも暇そうにしています。
     デパートの呉服売り場が縮小された為に余計に行きづらくなり、それでも何か手軽に着物っぽい物が着たかったり身に付けたいから、着物のリサイクルや生地屋さんの和柄コーナーが、にぎわっているように思います。お手軽な生地だと、ミシンでガーッて縫っても、チョキチョキ切ってもチットモ怖くありません。それに比べて一点物が多い反物は、裁つ時が一番緊張します。洋服と違って着物の場合は、作るのに反物にハサミを入れるのはほんの数箇所だけですが、失敗したらそこで一発アウトなので、たった幅36cm前後の反物に「ジョリッ」っと真っ直ぐにハサミを入れる時は、毎回寿命が数年縮む思いなのです。それに比べると、切り売りの生地はたとえ失敗しても何とかなるのですから、チョチョイのチョイとハサミを入れてもチットモ寿命が縮みません。
    浴衣といったら金魚です!“ピンぎょちゃん”ではありません 夏になると、犬の浴衣とか甚平を見かけます。どうも柄もいま一つ気に入らないし、そのせいか見た感じとても暑そうなので、着せる気にはなりませんでした。
    が、
    先日、従業員しかいなくて敷居の高いその呉服売り場で、日本手ぬぐいが目に止まりました。定番の「カマワヌ」とか「アジロ」の中にいくつか可愛い柄もありました。そこで、根っからのビンボーオババは考えるのです。「コレで、何か作れないか?」と…。暇そうにしていた店員さんに、手ぬぐいの大きさを聞くと「幅35cm・長さ92cm」で、普通の反物よりも幅が数センチ狭いですが、ナントカすれば「めかぶ」の浴衣が出来そうです。失敗してもダメージは手ぬぐい一本ですから、早速、税込み840円で手ぬぐいを購入しました。
     手ぬぐいには、浴衣地のような目の詰まったしっかりした生地と、料理人が包丁を巻いて旅に出る時に使う晒(さらし)の少し目が粗い2種類あるようで、私が気に入った手ぬぐいは、料理人タイプです。晒で何かを作るなんてことはあまり無かったのですが、目か粗い分スグ糸がほつれてしまうのが厄介です。
    めかちゃん!ゆー事きかないとココだがんねっ! 犬の浴衣なんて作った事はないし、生地の大きさも決まっているので、たとえ税込み840円でも、ココは慎重に生地の配分をしないといけません。オマケに、軽く水洗いをしたら、ただでさえ短い幅がさらに縮んでしまいここで問題発生!衿の部分がどうやっても足らなくなりました。「めかぶ」が一回り小さかったら問題はないのですが、だからといって削るワケにもいかないし、こーなったら無いのもは仕方ないので、面倒な事は後から考える事にして、チマチマと夜にテレビを見ながらチクチク縫い始めます。もともと用尺もギリギリなので、柄あわせとかそんな事もしません。針と糸、小さな物差しとハサミがあればいいのですから、テレビを見ながら作ります。結局、足らない衿には布を足して、本来の浴衣とはかなり違いますが完成しました。が、私のイメージした浴衣というよりも、「ユカタッピ」(浴衣とハッピの中間。実際にはありませんよ!私が勝手に言っているだけです)みたいになってしまいました。残念ながら、まだ紐をつけていないので、着ているところの写真がありません。でも、ブログネタが切れてしまったので、早々とアップした次第です。ちゃんと紐がついたら、改めてモデル着用写真をアップしたいと思います。



    オリジナル・タグ
    今日は、tareさんから頂いた韓国チョーカーを付けてみました 最初に断っておきますが、間違っても「オリジナル・ラヴ」の事ではありませんよ。
     念願のタグが出来上がってきました。でも、正直、私が欲しい物とはかなり違うのですが、予算が無いから仕方ありません。自分で何かを作っていると、どうしても「ただ作って終わり!」ではなくて、自分の銘が欲しくなってくるのが心情です。焼き物も絵もそうですが、最後の作者のサインというのが重要になってくるのです。以前に、仙台のタウンページで作ってくれそうな業者を探したのですが、どこも業者が相手なので最少ロット1000枚単位がほとんどでした。地元の生地屋さんや手芸屋さんにも聞いてみたのですが、そういった外注はしていないみたいで、私に訊かれた手芸屋さんも首を傾げていたくらいです。ネットでも探してみたのですが、探し方もいま一つ判らなかったのと、やっと見つけても、問い合わせに始まって、データを送ったり、見本を取り寄せたりと、全てメールのやり取りになってしまって、微妙なニュアンスを相手にわかってもらうのは大変です。見積りを出してもらっても、枚数が少ないと割高だし、かといって大量にも要らないし…。そんなこんなで、保留状態になっていたのですが、先日、望伽さんから頂いたバッグに、オリジナルのタグがついていたのを見て、「やっぱり、タグはあったほうがいいなぁ」と、改めて思うようになりました。
    オリジナル・タグ 下の写真は望伽さんのです! 個人向けの場合は、予算が無いと限られた中で作るしかありません。かな・漢字が使えなかったり、生地が安っぽかったりで、どこで妥協したらいいのか悩むところです。100枚程で5万円も出せば、希望通りの物を作ってもらえますが、我が家の家計からはあり得ません。最初の試しに作るには、丁度良さそうなサイトを見つけたので、早速作ってもらう事にしました。本当は“織りタグ(刺繍をしたようなタグ。望伽さんのタグがそうです)”にしたかったのですが、予算的に無理なので取り合えず今回はプリントタイプにしてみました。50枚お願いして、リボン(生地)は2色までなら同額で作ってもらえるので、2色作ってもらいました。
     今回タグを作るのに、改めて家に存在する在りとあらゆるタグを見てみました。あんな小さい日陰の身のタグでも、作り手側のこだわりを感じます。それに比べると、私のタグはダサい、ダサすぎる。ほとんどは、アルファベットを使ったロゴのタグですが、私はあえて“ひらがな”にしました。でも、このダサさが私なのですから仕方がないし、そもそもオシャレな物は似合わない東北のオババですから。ホームページタイトルからとったそのままの名前もいかにも怪しい感じがするし、たぶん偽ブランドは、金輪際出没しないハズです。
    アタチが「ブランド」なのね~ん! シャネルもエルメスもマネができないこのダサさ。


    キライな物
     ついこの間まで、寒い寒いと言っていたのに、もう衣替えの季節になってしまいました。我が家では、衣替えなんてしないけど…。今月が終われば、もう今年の折り返し地点ですから、全く月日が経つのは早い、早すぎる。
     やっと「めかぶ」のヒートから解放され、当の嬢っちゃんもおパンツ生活から解放したのですが、律儀な「めかぶ」は、どうもまだおパンツ生活の名残があるみたいで、現在少しアタマが混乱中です。ヒート中はトイレの時になると、「ぬ~が~せ~て~!」とばかりに、サークルの入り口でウロウロして、済ませると「は~か~せ~て~!」と、可愛いオシリを向けて穿かせてもらうのを待っています。犬によっては、嫌がって脱いでしまう事もあるので、最初からサスペンダー付きのおパンツも売っていて、「めかぶ」の穿くおパンツにも付いているのもありますが、異常に嫌がって脱ぐ事も無いので、使わずに済んでいます。でも、もともと嫌がる犬の為に付けたサスペンダーですが、コレって使い慣れないとニンゲンでも肩が凝りそうで鬱陶しいのに、犬にしてみたら余計に嫌がってしまうのではないか?と思うのですが、実際はどーなんでしょう?それに、トイレの時は急いで脱がせる事が多いので、なんか面倒そうです。「めかぶ」は服を着ると出かけるものと思うせいか、すごく嫌がって暴れますが、なぜか、おパンツを穿く時はおとなしくしていますから、少し変わっている犬なのかもしれません。
    実録:めかぶが「マックフライポテト」を一口もらうまで…。ニオイで察する→ 食べたいが故に一番可愛い顔をする→ワクワクする→塩分除去と同時にさらに小さくなる→食べれた!→水を飲む この頃は食欲もあって、すこぶる健康な嬢っちゃんは、フード以外は昔から何でも食べます。果物も、比較的犬が嫌がる柑橘類も平気だし、リンゴやバナナも大好きです。野菜だって、生ダイコンもセロリも、シャリカリしながら食べています。が…、ついに嫌いな物を発見!“アスパラ”です。フードのトッピングにと、肉と残り物の野菜を炒めた物を混ぜるのですが、先日、旬なアスパラを細かく切って肉と炒めてフードに混ぜると、それだけキレイに残しました。「ほほぉ~、コヤツにも苦手な物があったのか!」と、新たな発見です。
     今までに発見した「めかぶ」の嫌いな物は、低脂肪牛乳・納豆(ドライタイプ。生は食べさせた事はないです、後が大変なんで)・歯ごたえのないダイコンとキューリぐらいです。あとは嫌いというより、粘り気があって食べづらい普通のご飯粒位なもんで、「めかぶ」の嫌いな物を見つけるというのは、専門家の研究課題に値するくらい難しいのです。
     「めかぶ」は、たぶん今、一番チョコレートに興味があるように思います。ネギ類は、ほとんど興味が無いようですが、甘い香りのするチョコは、クンクン鼻を鳴らして興味深々です。「ダ~メ!」といくら言っても、犬もニンゲンも「ダメ」と言えば言うほど余計に燃えるようで、チョコ見ると「黒いの食わせろ!攻撃」と「コレ食ったら死ぬぞ!防護」の応酬で、チョコを食べる時は、「めかぶ」用に何か他の物を用意していないと、コチラは食べるのに一苦労です。
     実家の犬は、オヤツ大好きでもないし、果物もほんの限られた物しか食べません。それに比べて「めかぶ」は、ほんの限られたマニアックな物だけがキライなだけなので、もうちょっと「いやすこ(卑しい食いしん坊)犬」から脱皮くれればと思うばかりです。
     食べ物ではありませんが、散歩中に遭遇する工事の音と、ペットボトルを潰す音はダイッキライな「めかぶ」です。

    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。