がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    10 | 2006/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    待ってましたっ!
    いまから“コロンちゃんにあう”のね~~ん! ついに、今年もまた、「めかぶ」が待ちに待ったコタツの登場となりました。モチロン、我が家のコタツ犬は、点灯と同時に赤い光に誘われて、ソソクサと中へ入って行く姿は、会社帰りにおやんつぁんが、赤ちょうちんの「酒」とか「おでん」とか「焼き鳥」の文字に、吸い込まれるかのように入っていくのと全く同じです。そして、いつも通りにコタツの中で、私と夫の会話に耳を立てて、食べる・食う・あるいはそれに準じた言葉だけに反応しては、急いでコタツの中から出てきます。
    「今日のご飯、何食べっかなぁ…?」
    なんて言っただけでも、もうコタツの主は、今まさに食べるものだと思ってしまう始末です。抜け駆けしていないかと、一通りコタツの上の物を全てチェックして、「卓上に変化無~~し!」と確認して、またコタツの主に戻っていくのです。
    プリンセス「コロン」と任侠「めかぶ」 昨日の日曜日は、久しぶりにご学友のコロンちゃん一家と会いました。去年の今頃は、毎週躾教室で超一流のセレブリティになるために、“れでぇ”への道を歩んでいたのです。が、大体にして我が家は、超庶民オブ超庶民の家庭なので、例えどんな一流の教育を受けても、所詮、付け焼刃にしかならなかったようです。それでも、コロンちゃんと「めかぶ」には、それなりの効果はあったようで、お互い話せなくても、一緒に遊ばなくても、目を合わせなくても、ただ、ただ、そばにいるだけでも、ココロの友の存在は感じているようです。最後に両家族で会ったのは春の頃で、それ以後は、何度かチョットだけお会いしているのですが、どーした事か必ず誰かが欠けていました。それぞれに忙しいので仕方ないんですけどね…。
     会ったのは、両家から比較的近いドッグカフェだったんですけど、うっかり私が、「めかぶ」の水のボトルを台所に置き忘れてしまい、そのお店で携帯用の水ボトルを買おうと思ったら、いろいろグッズが揃っていたお店なのに、携帯用は売ってないなんて、なんて使えないお店なのっ! 「めかぶ」は一度、実家の犬のゴハンを食べようとして、私に叱られてから、自分のお皿以外での飲食をしなくなってしまいました。もともと、お皿やボウルで水を飲む事に慣れていないので、飲み慣れているタイプのボトルじゃないとダメみたいです。結局、夫が、車で他のペットショップまで買いに行きましたが、その間の嬢っちゃんは
    「まんぞぉが、いないぃ~~ ガルルルル~~」
    と、店内の迷惑も関係なく、延々泣きわめくので、思わず「めかぶ」の首を絞めそうになってしまいました。あっ、いけない、いけない、今問題の虐待ババアになってしまう所でした。
     「めかぶ」の足の治療は、思ったより治りが悪くて、もう少し病院通いが続きそうです。偶然ですが、体重3.84kg 体温38.4℃だったので、変に先生と盛り上がりました。余談ですが、スーパーで買い物をして、合計が888円とか777円だったり、ジャスト2000円だったりすると、レジの人と盛り上がったりします。先生と、
    「こんな時に、宝くじ買うと当たったりするんですよね~!」
    お国のためには頑張らないクセに、お情けをかけてもらいたい「大袈裟な兵隊」犬「んだ、んだ!今日、宝くじ買うべがなぁ。」
    と、診察台でブルブル震えている「めかぶ」をヨソに、こんなめかぶ効果の御利益にあやかりたいに、のないニンゲン達は、煩悩丸出しの会話が繰り広げられていました。
     そして何故か今日、足の包帯の上に、伸縮カバーを巻かれた嬢っちゃんでした。どうも、その姿は、年末のせいか、社会鍋の募金をしている戦争で負傷した元兵隊さんのようです。

    スポンサーサイト

    ハエ女
    病院で包帯を取り替えてもらうので、まず先に散歩から! 実家に居た頃、よく家の中にハエが飛んでいました。土地柄なのか、実家のハエは私以上に太っていたように思います。そのせいか、羽音がうるさくて、うまくいかない宿題に集中してると、とにかくイライラします。だいたい高校までは、宿題なんていうのは翌朝学校で、誰かのを写すモノだったのですが、裁縫の専門学校の宿題はというと、とにかく自分で作らないといけないので、その日の課題を翌日まで仕上げていかないと、とんでもない状態になってしまうので、たとえ一匹でも宿題の邪魔をするハエは、五月蠅い(うるさい)ったらありゃしない。蚊は、電気蚊取器を使えば問題ないのですが、ハエはそんな物にはガンとして負けないので、殺虫剤をブシューっと一吹きしないと死にません。いつもいつも殺虫剤が手元にあるワケでもないし、持ってくるもの面倒だし、中学から慣らしたテニスのテクがココ一番発揮します。殺虫剤よりもいつも手元にある、裁縫用の50cmの竹の物差しを握り締め、バックハンドで飛んでいるハエを一振り一撃するワザを私は持っているのです。まぁ今は、窓を開ける時は網戸を閉めているので、滅多に入る事はなくなりましたけど…。
    病院で注射3本打たれて、妙に“ハイ”になっている嬢っちゃん! ところで急に、昔、森高千里が「ハエ男」っていう歌を歌っていたし、そのもっと昔はNSPというフォークグループが「便所虫」という歌を歌っていたのを思い出しました。♪フタを開ければぁ~便所虫~ すっかり大きくなってぇ~ 子供便所虫もゾロゾロ 這い出してきなさいよぉ~~♪っていう歌詞だったかなぁ…。
     それにしても、寒くなってもハエはいるのもで、日が当たって暖かい窓近くで、スキあらば窓を開けた瞬間に、部屋に中へ入ってこようとするクセモノです。さすがに今の時期のハエは、元気はイマイチでヘロヘロ~~っと飛んでいます。実家のハエほどは太っていないので、物差しでフルスィング一撃で殺す事はできませんが、殺虫剤をブシューっとするだけでイチコロです。
     そして我が家には、茶色の毛むくじゃらのハエのような物体が、常時一匹います。このハエは普通のハエと違って、寒くても暑くても、ヘロヘロ~~っとしたグータラバエでして、たまにはスバヤク動くのですが、大抵はノソノソ~ノタノタ~~っと、家の中を徘徊しています。でもハエ同様、食べ物がある所には、この毛むくじゃらハエは必ず出没し、実は普段のノソノタ行動は、この時の為に体力を溜めていたのではないかと思うくらい、ブンブンと部屋中を回って五月蠅ーーい!。さすがに、この毛むくじゃらハエには、殺虫剤も物差しも使えないし、それどころか人懐っこくて甘えて貰い上手なワザを持っているもんで、ついついこのハエをば、甘やかしてしまいます。
     突発的肉球の肉腫の切除から一週間経ちました。縫合もしなかったので、包帯も巻かず、普通に散歩もしていていました、シャンプーも二日後には大丈夫と言われていたのですが、少し具合が悪そうだったのもあって、いつもの「めかぶ」に戻った数日後に、やっと洗う事が出来ました。が、洗って乾かした後に、問題の足を変に上げ曲げていて、なんか変に痛そうにしていたので、見てみると傷口がバックりと割れていて、「ありゃりゃりゃりゃぁ~~」っと、私と夫は大騒ぎし、私がすかさず病院へ連れていきました。レーザーでもう一度、肉球の傷口は、牛肉並みにサッと焼かれ、傷がふさがるまでの間、サンチェの代わりに包帯を巻かれてしまいました。そして、包帯を巻かれたつま先から、カニの足先コロッケのように爪が出て、見るからに美味そうです。あと2~3日もすれば、傷口もふさがって包帯も取れると思います。
    ハエ女は、こーやって食べ物が出てくるのを、ジッと待っているのです。 それから、術後の「めかぶ」と夫の関係ですが、三日後に完全修復しました。「めかぶ」のプンスカは、どうも二日間が限度のようです。そして、せっかくキレイに歯石を取ってもらったので、コレを機に、面倒でも毎日サボらず歯磨きをしようと決めました。でも、歯茎が完全に修復するまで、歯ブラシの歯磨きではなく、毎食後にオーラルスプレーをしています。ただ「めかぶ」は、このスプレーが大ッキライなので、私が「プップー(スプレーの事です)」って言っただけで、夫の所やケージに逃げてしまいます。それでも、しつこく何度も何度も
    「めかぁ~、おいでぇ~~!」
    と呼ぶと、何か貰えると思ってか、ノタノタとやってきて私の膝の上に乗ると、いきなりプシューっとされるので、「めかぶ」はやっぱり騙された!と激高し、何度も騙されたせいで、今はすっかり私と夫の逆転してしまいました。でもハエ女は、何度騙されても、食べ物には弱いので、毎度毎度私の所へ来ては、何度も騙されていましたが、とうとう食べ物を確認しないと、全く私には近づかなくなってしまいました。
    コレって、アタチのダイスキな「ほしいも」でしょっ!プップー(スプレー)、ガマンするから、はやくちょーだーい!ってばっ!!


    不気味
    まだ信頼関係が成り立っていた平穏な時代の「めかぶ&まんぞぉ」。昨日の写真ですけど 怒涛の昨日から、丸一日が経過しました。
     昨日の病院の帰りに、ちょっとスーパーに寄り、買い物をしました。駐車場で待ってる間、「めかぶ」は少し吐いたそうです。たぶん、朝も少ししか食べていなかったし、お昼寝もしないで一日歩かせられていた疲れと空腹と麻酔からの嘔吐だったのでしょう。定時の晩ゴハン前の事もあって、病院へ行く前にほんの少しドライフードを与えると、余程お腹が空いていたとみえて、いつもならトッピングがないと全く食べないクセに、多少不平不満はあったようですが、与えた分は完食しました。まさか、こんな事になるとも思っていなかったので、ほんの少しでも食べさせて正解でした。が、嬢っちゃんにしてみれば、まだまだマンプクではなかったし、ほんの2時間足らずの間に、あまりにもいろんな事があり過ぎて、「めかぶ」なりにパニくったようです。そのせいか、家に着いても、どうも元気もなく、いつもの「めかぶ」ではありませんでした。もう着くと同時に、ヘロヘロ~っと寝てしまい、麻酔のせいなのか、疲れたのか、はたまた「裏切られたっ!」と思ってプンスカしているのか、定かではありませんが、とにかく機嫌態度具合のドレをとっても最悪な状態の「めかぶ」なのです。
     私と夫も、「めかぶ」が具合が悪いのか、単純に機嫌が悪いのか、少しハラハラして見ていました。麻酔が覚めて、飲食解禁になっていれば、食べ物で反応を見れるのですが、麻酔の効いている間はソレすらも出来ず、どーしたものかと嬢っちゃんの発する「んぐぅぅぅぅー」とか「あぐぅぅぅー」とかの、かすかなうめき声が聞こえると、ドキッとします。と、いうのも、「めかぶ」の処置が終わって、待合室で麻酔が覚めるのと会計を待っている間に、ある出来事がありました。
    嬢っちゃんは、ずーーっとこんな感じで過ごしています
     「めかぶ」の病院は、入院している動物の数は少なくありません。診察の間にも、合間合間に入院している動物の手当てをしています。一応、先生二人体制で診察をしているのですが、何かの都合で一人の時もあったりします。たまたま昨日の「めかぶ」が行った時は二人体制だったので、都合よくその場で「めかぶ」の処置をしてもらえたのです。その間、もう一人の先生が、通院や入院している他の犬や猫の診察に当たっていました。後から聞くと、前日からオシッコが出なくて入院している猫の治療をしていたらしいのですが、ちょうどそこへその猫の家族が、総出でお見舞いにゾロゾロと、ノー天気に待合室に入って来ました。私の勝手な予測ですが、その家族はちょっと病院に寄って飼い猫の様子を伺って、そのままどこかで晩ご飯でも食べるつもりで来た様に思えました。が、先生がその猫の家族を見るなり
    「急変ですっ!今、ご自宅に電話したんですよっ!」
    と、興奮して言ったのですが、どうもその家族はピン!とこなかったようで、先生が言っている意味がわからなかったようです。
    「たった今、急変したんですよっ!早くっ!こっちへ!名前を呼んであげてっ!」
    と言われて、ようやく事の重大さに気がついたようでした。女の子は泣き崩れていましたが、先生に諭されて、飼い猫の名前を呼んでいました。
     「めかぶ」のカルテと会計書を書き終えると、院長先生もすぐにその猫の手当てをしていました。会計の時に、助手をしていたコから、状況を聞いたのですが、前日病院へ連れて来た時には、すでに元気がなかったそうです。私が待合室でその光景を見ていた時は、たぶん危篤状態だったとは思いますが、いつか「めかぶ」にもその時が来て、自分がその家族と同じ思いをするのかと思うと、とてもやりきれない気持ちになりました。
     「めかぶ」は遅い晩ゴハンを、私達と一緒に食べました。あんなに元気が無くて、いくら呼んでも起きなかったクセに、ゴハンの時だけは違いました。いつもの嬢っちゃんです。今回だけ特別に、お肉と野菜だけのスペシャルゴハンにしました。当然、完食です。が、これが良くなかったのか、今日は全くゴハンには興味を示しません。薬を飲ませるのにバナナを見ると興奮しますが、食べたらまた寝てしまいます。夕べ・今日とずっと寝てばかりです。どこがどう具合悪いのかもわからないし、元気も無いし、フードは全く食べなくて、でも、それ以外はモリモリ食べるし…。仕方ないので、奥の手に登場していただく事となりました。作っているうちは、ずっと寝たままだったのですが、さすが真打、いい仕事してくれまして、今回も嬢っちゃんの食欲に火をつけてくれました。オカワリが欲しくて、残りが置いてある台所が気になるようです。もし、コレが、全く食欲も無くなったらヤバイです。が、どうも「めかぶ」を見ていると、昨日の全ての行動が裏切りと思っているのか、嬢っちゃんなりのストライキにも思えて仕方ありません。「めかぶ」が麻酔の前の最後に見た顔と麻酔が切れて意識が戻って最初に見た顔が夫だったせいか、どうも昨日から、夫に不審感を持っているようで、必要以外に近づかないし、夫は夫でそんな「めかぶ」の態度にショックを受けてしまったので、このふたりの微妙な温度差を、私は何とかしないといけないようです。
    洗濯物の上だろうが、何だろうが、どこでも寝る“めかぶ”


    ひょんな事から
    マツシマには「マツタケ」はないのぉ?じゃぁ“カキ”でも、くわせろ~~! 仙台は急に寒くなりました。山の方はもう初雪も降り、このままだと、いつ「めかぶ」の所に降っても不思議じゃないようです。
     ここ3日程、なんやかんやで散歩をサボっていたし、朝から天気も良かったので、んだば、どっかさ行ぐべ!となりました。そうは、思ってもなかなか行き先も決まらず、洗濯をしたり掃除をしたりしていると、あっという間に10時を過ぎてしまい、オマケに「めかぶ」は得意のアメフラシの術をすまして使ったようで、目的地へ向かえば向かうほど空はドンヨリとして、車のフロントガラスにはポツポツと落ちてきました。そうとなったら、すぐさま予定変更・もしくは直ちに中止にするのが「めかぶ一家」の“しきたり”です。でも、せっかく久しぶりにババヅラに化粧を施したもんで、このまま帰るのももったいないので、いくらか空が明るい東方面へ変更です。もうお昼に近い時間だったので、手軽に行ける松島へ、久しぶりに向かう事にしました。
    アンクル“バショ~” 何せ3日分の散歩をしなくちゃならないし、明日の天気はあまり良くなさそうだし、休み明けは夫が忙しいので充分な散歩も出来そうも無い事もあって、その分も含めてかなりのハード散歩となりました。写真を撮ったり、今までに行った事のない所へ行ってみたり…。3時間程で車に戻り、夫が軽く「めかぶ」の足を拭くと、
    「あっ血が出てる~~」
    と言いながら足の裏を見ると、夏に出来てまだ切ってなかった肉腫が大きくなっていました。病院へ行こう行こうと思っていたのですが、不思議な事にかなり小さくなっていたような気がしてたので、実はまだそのまま状態だったんですね。足の出血は、夫が大騒ぎするような事はないのですが、それよりも肉腫の方が気になったので、夕方、病院へ行ってきました。
     診察した先生は
    「もう、今日このまま吸入麻酔だけで、レーザーで焼き切っちゃいましょう!ついでに、歯石もチャチャっと、取っちゃいましょう!」
    と言うので、その場で処置をお願いしました。前回の時の話だと、午前中から病院で「めかぶ」を預かって、先生が診察時間外に全身麻酔を使って処置をして、夕方までの半日入院の予定でした。正直、半日入院でも、それはそれで心配だったので、逆に今日、チョッチョパッパッと、やってもらった方が良かったかもしれません。40分程で終わって、麻酔が切れるまで、重度のヤク中患者のようですが、全身麻酔よりはタチが良いようです。完全に麻酔が切れるまで、飲まず食わずにしていないといけないので、ニンゲンも「めかぶ」に付き合って、晩ご飯もまだ食べていないのですが、もう、あとチョットで飲食解禁の時間です。でも嬢っちゃんは、突然の出来事がショックだったようで、少し元気がありません。
     歯石も取ってもらって、すっかりキレイな歯になりました。でも、1本乳歯が残っていたので抜歯をしてもらいましたが、ずっと乳歯が残っていたせいで、永久歯はもう生えないので、1本欠歯になってしまいました。足の肉腫は、前回の時と違って焼き切っただけなので、縫合も何もありませから、明日一日、安静にしていれば大丈夫です。
     なんにしても、ひょんな事からオオゴトになった長い一日でした。
    この3時間後、めかぶは不幸のズンドコに…


    破産寸前?
    ひろいおうちでのトイレはキモチよかったのね~~ん! 世の中の気が良くなったと、ニュースとかでは見たり聞いたりしますが、ホントなんでしょうか?その恩恵なるものの予感・ニオイ・前兆の身震い…な~んて何にも感じないっつーのっ!財布の中は年がら年中の四六時中、北風どころか猛吹雪・地吹雪の極寒状態なんですからねっ!あの女流棋士も無一文になったみたいだし…。そして、我が家にもそんなニオイがする兆しが…。
     その被害のとばっちりを被ったのが、「めかぶ」嬢っちゃん。飼い主のチョットした思いつきで、我が家に来て一週間目にして倍の住まいを手に入れるほどの恵まれた(?)環境にいたのに、突然その0.9m2の住居から、ほぼ半分の狭い家にされてしまい、どっから見てもまるで独居房のような家で暮らすことになりました。この中にクレートを入れてしまうと、トイレをする場所も無くなってしまい、あまりにも悲壮感漂う貧乏な家になってしまいました。仕方なくクレートは部屋続きにしたものの、今までの半分ですから、「めかぶ」にしてみたら何をするにも狭いようで戸惑っているようです。
     いつもはトイレもサークルの中だし、ゴハンを食べる時も、必ずサークルに入ってから食べていました。でも、今日からは身体半分はサークルで顔半分はサークルから出して、窮屈そうにゴハンを食べています。トイレも、どこを向いてしたらいいのか困っているようで、時々変な方向を向いて用を足しているのです。だからといって、文句を言うワケでもなく、どーにかして自分なりに順応しようと、戸惑いながらも一生懸命努力をしているのが垣間見れるのです。
    「子泣き爺がスピードスケートに挑戦する」図 そもそも「めかぶ」は、最初の頃はトイレがちゃんと出来ない事もあってサークルの中で寝起きをしていました。しばらくしてトイレもキチンと出来るようになり、粗相をすることもなくなりました。その代わり、未明に「トイレをしたよ~!」とク~ンク~ンと鳴いて起こされ、私も夫も眠たさもあって、朝方はそのままベッドで一緒で二度寝するようになりました。それが段々とエスカレートし、「めかぶ」もベッドにひとりで上ったり降りたり出来るようになると、自分も一緒に寝るものだと思ってしまい、私も夫もついつい甘やかしてしまい寝る時は必ず一緒になってしまったのです。留守番の時は、サークルに入れて出かけていましたが、今はひとりで留守番をさせる事もほとんど無くなって、サークルを必要とするのはトイレとゴハン、それと嬢っちゃんがイジケた時と歯磨きから逃れる時、それと眠いのに誰もベッドで寝ようとしない時にだけ気まぐれにクレートに入って寝るだけの物となってしまいました。年に何度か、家の中に点検とか洗浄などで業者が何人かドカドカと入る時があって、その時は威嚇吠えしながらも見ず知らずの人で怖いのか、クレートに身体半分入れていつでも身の危険の回避をしているのです。
     決して広いワケではない我が家の1/70を占める我が家のカワイイお嬢の城は、正直邪魔な城でした。もう、そんなにも使わなくなったサークルなので、思い切って半分にしてみたのです。でも、いくら小型犬とはいうものの、半分だとヤッパリ狭い。かといって新しいサークルを買うと、ホントに我が家の家計は破産しそうなので、少しこのままで様子を見ようかと思っていますが、親バカ1号の夫は
    「オラ、小銭が入ったら、めかちゃんに新しいお家買ってやっかなぁ。」
    と、ホザいています。まったくこの亭主、妻<犬なんですから。そんな事言ってると、今後ゴハンご飯作ってやんないがんねっ!
    アタチたち、このカバンをもってココをおいだされるのぉ?


    だるまさんがころんだ
    ここからコンロまで約1m。寝てるようですがタヌキ寝入りです。 ココ最近、朝晩ゴハンとも一発完食してくれるので、バ飼い主は嬉しい限りです。一日おきにトッピング用のオカズを作り、前々回に書いたフード2種を5:5の割合にして与えます。トッピングは、大抵が何かしらの肉と何種類かの野菜が入っていますが、時々、そのまま食べるにはイマイチな味のリンゴも一緒に入れてみたり。
     「めかぶ」のゴハンの時間ですが、夜はほとんど私達と一緒なので、目の前に置かれたゴハンを前にして、ブルブル身体震わせながら私達が一口食べるまで、ずっと「待て!」のコマンドでお預けをされているのです。完食した時は、お豆腐やトマトなどの「めかぶ」にとっての別腹が用意されているので、「めかぶ」もテーブルに別腹小皿が置いてあると、私達に食べられはしないか?と不安になるらしく、もの凄い勢いでまずは自分のノルマゴハンを食べるのです。
     「めかぶ」は一日のほとんどは寝て暮らす小原庄助のような生活をしているのですが、耳と鼻だけは、コンビニのように24時間アンテナを常に張っています。そんな「めかぶ」は、茶の間の一番高く積み重なっている座布団の上に陣取って、できるだけ家の中の様子が見える所にいます。トッピングを作るのに台所へ立っても、まだ「めかぶ」は座布団の上で、タヌキ寝入りをして耳で冷蔵庫を開ける音を確認し、鼻で何を取り出したかをニオイで嗅ぎ取っています。材料を用意して、「さて作るべ!」と、コンロに火をつけると、座布団の上にいたはずの「めかぶ」の姿はありません。「あれっ?」って思って茶の間を見渡すと、座布団から50cm離れたテーブルの下で、ジッとコチラを見ているのです。やっぱり犬でも、今日のオカズが気になるでしょうか?
     次々と材料を投入して煮たり焼いたりすると、もうさっきまでいたテーブルの下にはいません。更に、ニジリニジリとほふく前進をして台所に近づいているのです。「めかぶ」は、私が何か作っている時は、呼ばれるまで台所には入らないので、夫が居ない時は私が座る座椅子のすぐ脇が「めかぶ」の最高至近観察地点になります。ここからコンロまでは、ほぼ3m位です。しかし、夫が居る時は別で、コンロのすぐそばで作業をしている夫の膝に乗って、右腕に顔を乗せているか、夫の作業する椅子の下で、今日のゴハンの進行業況と内容をチェックしているのです。
     この「めかぶ」の移動ですが、まるで子供時代に遊んだ「だるまさんがころんだ」をしている気分になります。フッと「めかぶ」を見るたびに、ジワジワ台所に接近してくるんですから…。ちなみに仙台では「くるまんとんてんかん」と言います。
     そして「めかぶ」が本当に空腹なのか、ゴハン時間の条件反射でゴハンが食べたいのかは、ペットボトルを倒すか倒さないかで判断します。
    「めか、ゴハン?」
    と聞くと、本当にお腹が空いている時は
    「グァン、ガルルル~ゴァン!」
    と言いながら、そばに置いたペットボトルに思いの丈をぶつけては何度も倒してみたり、私の腕をガシガシしたりしてMAXに達した空腹の意思表示をするのです。でも、お腹が空いていない時はいくら近くにペットボトルを置いてあっても、全く見向きもせずに、お義理で
    「ゴ、ゴァン~」
    と言いながら、ノソノソ~っと伸びとアクビをするので、我が家はその行動で、嬢っちゃんの真偽の空腹度を判断しています。ペットボトルが無い時は、私の椅子にかけてある服に当り散らします。
    いまは「いんちゅうんてん」でつかまると、ビールをのませたヒトもタイホされるのよ~~ん!アタチは“ばにくジャーキー”だけでも、じゅうぶんよえるのね~~ん♪

    今回は動画が見られます。見られない方はお手数ですが、左メニューの「いんちきたんちきHOME」をクリックして、トップページにあるFLASH PLAYERをダウンロードしてくださいね。


    七五三
    それにしても嬢っちゃんの顔デカッ!トリミングしたら、やっと目が見える 「めかぶ」がトリミングする時は、何もなければ顔がデカイと感じる給料後が多く、数時間預けている間は、買い物や食事をする事がほとんどです。時たまですが、前もってわかっている「めかぶ」を連れて行けない用事の時も、ひとり家に置いておくのも不安なので、預ける事にしています。ペットサロンの時間預かりですが、お泊りと違って、1時間1000円位なので数時間でも結構な料金になってしまい、同じお金を払うならと、トリミングをお願いして預かってもらっています。連休最後の日も用事があったので、朝一番にサロンへ連れて行って、トリミングをしてもらってきました。
     実は去年から計画を立てていたのですが、今年数えで3歳になる嬢っちゃんの七五三をしようと、バ飼い主の私と夫で決めていました。普通は11月15日が七五三のお参りですが、東北はその頃になると寒くなるのもあって、文化の日の前後にお参りする事が多いようです。まぁ最近は、写真館や美容院の着付けと撮影・千歳飴込みの貸衣装パックで済ませるので、気に入った衣装の借りられる日も影響してるようですけど…。
    40数年前、同じ欄干で写真を撮りました さすがに、土日祝日の家族でお参りする中で、犬の七五三は気が引けるので、平日に行く事にしていました。で、いつにするかは、ヒートが終わって、その時の夫の仕事の状況をみてから行こうと思っていたのですが、せっかくトリミングしたんですから、その状態を保っているうちにと、今日行ってきました。七五三とはいっても、神殿に入ってご祈祷をしてもらうわけにもいかないので、お賽銭箱の前でパンパン!と拍手を打って終わりですけど。

    プチ七五三アルバム
     せっかくなので、40数年前に私がお参りした神社にも寄って、写真を撮ってきました。そこから更に車で数分の、仙台で一番大きい神社で七五三のお参りです。今朝の嬢っちゃんは、早朝に一度ウンチョをして、お昼前にも掃除をするのに、掃除機を見た途端2度目のウンチョをし、正午を過ぎた頃に神社へ着いて、駐車場から神殿へ行く参道で3度目のウンチョをやらかしてくれました。まったく、なんて罰当たりな犬なんでしょう。さすがに、平日のお昼はお参りする人もなく、巫女さんや神主さんの姿がポツポツと見かけるだけです。
     「めかぶ」は申年なので、申のお守りを買いました。販売所の若い神主さんに、
    「それにしても、スゴイ服ですねぇ」
    と笑われ
    「イマドキのメイド服です~」
    と言ったら、更に笑われて、リードに付けたオリジナルの「千歳骨ガム」の袋を見て、大笑いされて帰ってきました。
    ちょうど宮司さんが、お参りで渡す千歳飴のご祈祷をしていました


    お犬さま
    「おバカ」はニンゲンもワンコも高い所が大好き やっと我が家に、今年の新米が届きました。とはいっても、生協が定期的に持ってきてくれるんですけど…。
     何年か前に不作でお米がなくて、なかなかオイシイお米が買えない時がありました。その年から更に少し前は、あの平成の大凶作で、全くお米が出来なくて輸入米を食べなくてはいけない時もありましたよね。そんな苦労から学んだ私は、前回の不作の時から、生協のお米の定期配達に登録をしています。そーすると、生協は店頭に置くお米よりも、まずはお米定期購入メンバーの一年分の確保を契約農家とするので、希望の品種のお米の定期登録をしておけば、余程の事がない限り手に入らないという不安と、重いお米を家まで持ち歩くという問題はひとまずクリアーされるのです。ミヤギのお米っていうとささにしきが有名ですが、大凶作以来に品種改良した冷害にも強いひとめぼれの生産が、今は主流になっているようです。あとササニシキを改良したまなむすめっていうも、あったよーな?我が家は、ひとめぼれより粘りが少なくて冷害には弱い、まるでダメ人間のようなささにしきを登録しています。4週間に一度5kgのお米が届くのですが、値段はその週の共同購入カタログの値段で届くので、その時その時で少し違ってきますが、平均すると2200円位です。
    このつぶらな瞳からは、強力悪臭ビーーーム!それにしても、この主食の内容量と値段の反比例って何っ? 5月からドッグフードを替えたのですが、このフード500gで1600円ですから、平均的なフードの価格からるとかなり高いです。1ヵ月で約3袋を食べるので、ビンボーな我が家からすると結構な出費です。でも、それで毛質も変わってきたし、それなりの効果はあったのですが、やっぱり高い。いくら楽天のポイント倍の日とか10倍の時に注文しても、やっぱり高い。「めかぶ」の事を思えば、背に腹は変えられないとは言ってもやっぱり高い。で、前から気になっていた1kg1980円のオリジナルフードという物に、チョット浮気ゴコロを持ったのでした。
     コレは、飼い犬の犬種、体質、健康…etcを考慮したその犬に合わせたフードです。何か問題があればそこに重点を置いた原料をチョイスします。医療フードとまではいかないまでも、健康チェックをしたものを踏まえて、その犬に合ったフードを作ってくれるのです。値段も、今のフードから比べればかなり安いので、物は試しと注文してみました。だた、ここの会社のフードは、パピー時代に100円のお試しフードを食べた事があったのですが、どうも「めかぶ」は合わなかったようで、食欲旺盛のパピー時代だったので、スンナリと食べてくれたのですが、ウンチョが軟便になって、留守番をさせて帰ってくると、その柔らかウンチョを全身にまとったイイ女になっていたので、100円という安さもあって結局は廃棄してしまいました。今のフードのウンチョは、コロコロしていてつぶしても手にも付かない、それはそれは果物の女王のドリアンをドライフルーツのようなモノですが、おからなんかが結構入っているので、もろく砕けてしまうウンチョなのです。しかも多便症か?と思ってしまうくらい回数も多くなりました。
     注文したのがちょうどヒート直前で、メーカーから詳しい状況の確認のメールやら電話でやり取りをして、それから最終的な注文になります。届いた時にはヒートの真っ最中だったせいか、食欲もイマイチの時で、果たして食べるかどうかの不安もあったので、別にいつものフードも結局買う破目になりました。届いた新しい「めかぶ」オリジナルフードですが、嬢っちゃんは目ヤニが臭いので、目ヤニ対策と、肉球に肉腫が出来やすいので免疫力アップを特に重点においたフードにしてもらいました。袋を開けると、ドッグフード独特の嫌なニオイもなく、ほのかにココアのような香りがします。さすがに今のフードに食べ慣れてるせいか、一気に変わると全く食べません。なので今は、半々に新旧取り混ぜて食べている最中で、問題の軟便ウンチョは今の所まだ大丈夫なようで、どちらかと言えば、コロコロ多便症の方に軍配が上がっています。
     このままいけば新しいフードでも良さそうなので、少し家計に優しいフードにはなりそうです。それにしてもニンゲンの主食は、ブランド米でも1kg当り500円にも満たないのに、お嬢様の主食はニンゲンの数倍なんですから、どーみても「お犬さま様」です。オマケに、量が少なければ少ないほど値段が倍になってしまうっていうのは、どーなのよっ!
    ホウズキってさぁ、なんのためにあんのぉ?だれか、アタチにおしえてほしーのね~~ん!


    「遠出」新記録
    福島県下郷の「大内宿」 すっかり更新をサボっていたら、あっという間に半月が経ってしまって、給料までの半月はあんなにも長く感じるのに、サボってる半月というのは、たった三日くらいにしか経っていないように感じられます。オマケに、チョット体調が悪くなったもんで、メールチェック以外にパソコンにも触らず、当然の事ながら更新もせずにいたら、もう11月だもんねぇ。
     で、チョットここらで心身をリフレッシュしようと、昨日少し遠出をしてきました。行き先は福島県の「大内宿」です。4年前に一度行ったのですが、その時は母とその姉妹(早い話が叔母達です)が、日帰りバスツアーに申し込んだのですが、叔母の一人行けなくなったのでその代わりに行った事がありました。あーゆーツアーは時間に制限があるし、母を含め叔母達はある意味自由気ままなので、身内の誰かが統括しないと、約束の時間に遅れるわ、迷子になるわで、私はユックリ見物も出来ず帰ってきたので、もう一度行きたいなぁと思っていた所でした。
    嬢っちゃんはかなりの麺食いなので、新そばのザルそばをお昼にいただきました。ココは丸ごとネギ1本が付いてくるのが有名です。以前はお箸代わりに必ず丸ごとネギが付いていたみたいですが、今はちゃんと別にお箸が付いています。 ここの所、「めかぶ」は車で出かけると吐く事が多々あったので、食後すぐに出かけるのではなく、前日からいつもよりも早めのゴハンにして、食後少し休ませてから出かけるように準備していました。「めかぶ」が今まで出かけた所は、車で2時間の所が限度でしたが、今回はかなりの長距離です。なので、ただ国道をチンタラ走って行くと、それだけで一日が終わってしまうので、往復に高速道路を使って時間短縮にしました。SAで何度か休憩しながらなので片道4時間近くかかりました。最寄の料金所を降りてからほぼ一本道なので、「めかぶ」も吐く事もなく無事到着です。
     連休前なのに、大内宿はかなり混雑していました。かやぶき屋根の古民家が、道を挟んで何軒も連なっています。小さな部落のような大内宿は、片道数百メートルしかないのに、今はどの家も観光客相手に何かしらの商売をして生計を立ていて、街中でも廃業とかで半分がシャッターストリート化になっている商店街で商売するより、こんな山奥の方がよっぽど繁盛しているかもしれません。
    写真上:この小川でラムネやビールを冷やしています。夏はスイカなんかが冷やしているのかも?写真下:めかぶの仲間が剥製にされていました。 行った翌日(すなわち今日ですが)、全国ネットのテレビの生中継があるとかで、テレビ局のスタッフがリハーサルに余念がなく、そのせいか地元のオバチャン達はかなり張り切っていました。「めかぶ」は七夕以来、久しぶりの人の混雑にビビッてはいますが、アチコチの古民家から大好きな焼き芋やら焼き栗の香ばしい香りが漂ってくるのか、七夕よりはかなりご機嫌が良かったみたいです。ココは比較的犬連れでも大丈夫で、場所によっては「愛犬休憩所」なんて所もありました。
     ここで買った物はといえば、地元の「無添加の焼き栗」と「干し芋」、そしてもぎたての甘い「ふじリンゴ」で、ドレもコレも嬢っちゃんの大好物ばっかりです。ニンゲン専用の物はな~にも買いませんでした。
     家に着いたのはもう夜になっていて、珍しく一日中お昼寝も出来なかった「めかぶ」は、晩ゴハンを食べた途端、安心したのかバタンキューです。歯磨きしても、洗った足の毛玉をほぐしても唸る事もなく、だま~ってされっぱなでしたから、かなりお疲れだったようです。
    写真左:大内宿から車で15分位の所にある「塔のへつり」で、川の水がとてもキレイでした。 写真右:翌日に生放送を控えてカメラリハーサルをしていた地元放送局。


    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。