がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    11 | 2006/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    ことちもありがとね~ん!
    サンポはじごく、コタツはごくらくなのね~ん
     もう、ことちもあとチョビットです。「いんちきたんちき」をごらんのみなしゃん、もうクレのおちごとはおわりまちたか?ねぎは、
    「きょうは29日(二重苦)だから、何もしねぇ~!」
    っていって、テレビをみながらイモをたべて、ボーッとしてます。でも、あちたになったらなったで、なんかかんか、りゆーをつけて、ぜったいにイモをたべながら、やっぱりボーッとしているハズです。アタチ、もう、ねぎのこーどーパターンが、かなりわかるよーになりまちた。だから、アタチもコタツにはいって、ボーッとしようとおもいます。モチロン、おちょーがつもボーッとします。おでかけをしようとしたら、チカラずくで、はんこーしてやるんだも~ん!
     きょねんのじちん (地震) いらい、アタチはほとんど、おるすばんをすることがなくなったので、アタチはとってもウレチ~です。そのうち、おっきなじちんがくるっ!って、ニュースでよくいっているので、るすばんしてるときに、おっきなじちんがきたらタイヘンだからだそーです。
     それにアタチは、じちんがコワイので、チョットでもガタガタすると、アタチはブルブルがとまりません。そして、アタチをだっこするねぎは、ずっとシンゾーがバクバクしています。だから、アタチねぎは、「じちんヘタレぐみ」なんです。
     ことちのアタチは、とってもへーわだったんですけど、さいごのほうになってから、ホータイくつちたのせーかつでした。まいにちびょーんにって、チクッされてイヤだったけど、おサンポにいかなくてよかったので、とってもウレチ~シアワセなひびだったのになぁ…。まんぞぉが、いそがしくって、あんまりおでかけができなかったのも、アタチにとっては、ウレチ~ことのひとつでした。もし、どーしてもでかけるってゆーときはアメフラシのじゅつをつかうんだもんね~。バンバンあめをふらしちゃって、おでかけできなくするんです。ぬはははは~♪めかちゃんのぎゃくしゅうってヤツです。だってさ、いっつもアタチのキモチをムシして、アッチコッチのしらないどっかにいくんですよ。アタチは、おウチでヌタヌタヌタ~と、まったりおひるねをしてたいのにさぁ。まったく、ヒドイはなしです。
     モンクをいってもしかたないけど、アタチだって、プハァ~っと、ビールでものんで、1ねんのさいごくらいはぐちぐちグチッて、ボーネンかいのマネっこをしたいです!それに、アタチのあんなコトやそんなコトを、はずかしーシャシンといっしょにブログってゆーのにのせて、こーひょーしてるんだから。アタチにだって、しょーぞーけんとかプライバシーのしんがいってゆーのがあるんだからねっ!うったえよーとおもえば、うったえられるんだからねっ!
     まぁイロイロ、なんにもなかった1ねんだったけど、ことちも、もうすぐオワリです。らいねんはもっともっと、なんにもないイイとしになると、うんともっとウレチーのね~ん。「いんちきたんちき」をみてくれるアナタさまやアナタさま、ことちいじょーにらいねんは、イロイロがないへーわな1ねんになるといいのね~ん。

    ことち1ねんかん、ありがとなのね~ん。らいねんもヨロチクよ~ん。
    あのね、ねぎがね、アタチがダイスキなホシイモを、せーきょーの「かていはん」からゴッソリかったのに、コレしかくれないのよ~ん。なんてケッチンボなのっ!!

    スポンサーサイト

    未知の世界
    食べ物に対しては、国境もカベもないのです。 とりあえず、年末の課題である来年の年賀状は、どーにかやっつけました。我が家の年賀状は、紙面を埋めるネタを考えるのが私で、それをPCで版下を夫が作ります。あーでもないこーでもないと、細々とダメ出しをするのは私の管轄で、夫は私にボロクソに言われながら、本業の時とは違って、親会社へ反抗が出来ない下請けのように、黙々と言われた通りに作る「WEB職人(自称)」です。ネタが浮かばないと、全く手付かずになってしまって、さすがにもう作らないとヤバイ!頃になって、慌てふためいていつも年末ギリギリに投函するのが、我が家は年末恒例なのです。今年度の年賀状からプリンターを使った年賀状になってしまいましたが、一昨年まではプリントごっこ2号で、毎年、夜な夜なガシャンガッシャンと、アナログな作業をしていました。めかぶは、チョット変わった事を始めると、好奇心を抑えられず邪魔をするので、私的には不本意な文明の利器を使う事になってしまいました。
     ココのところ老眼も進み、焦点も合わなくなってしまって、一点を集中するのか困難になり、読んだり書いたりする事がかなり辛くなってしまいました。なので、この場を借りて、近親・友人・知人に向けて今から言っておきますが、もともとバッチィ字な所にきてヘンチクリンになっている文字は、老眼のせいですからねっ!もうすぐ、おバカな第5弾が届きますよ。
     残るは掃除…かっ。えぇぇーーーい!無視してしまえっ!
     どんな事があっても、決してベランダへ出ないめかぶは、窓を開けて洗濯物を干してたりすると、開けた窓から入って来る外の空気を、よくクンクンしています。何か妙に新鮮さを感じるでしょうか?かと思えば、掃除機の排気口のあとをペッタリくっ付いて来ては、お世辞にもキレイとは言えない掃除機の排気臭の風に当たって、アホ~~っと恍惚としてたりします。
    「めか、バッチィだからねっ!ソコはダメだよっ!!」
    決してテーブルには上がらないのに、布団があるとベッドと同じみたいです。と言うとハッと我に返るので、例えほんの一瞬でも排気臭でイッちゃってるのかもしれません。そんなめかぶは、窓の外がどんな様子なのか、全くわかりません。我が家の建物のベランダは全て、フェンス状ではなく壁のようになっているので、めかぶの視線からでは、下界の様子、お向かいの様子は全くわからないのです。オマケに、自分の家でも、めかぶベランダは行ってはいけない場所とわきまえているので、めかぶには未知の場所なのです。洗濯物を干す南側のベランダから出て、ワザと寝室の東側のベランダから部屋に入ったりすると、ビックリして吠えます。今、ココから出ていったのだから、ココからまた入って来るものだと信じて疑わないので、意表をつかれると、かなりプンスカ怒ります。狭い我が家でも、めかぶには入ってはいけない場所がいくつかあるので、完璧に家の間取りは把握していないんじゃないかなぁ。
     めかぶを見てると、いけない事だとわかれば、頑なにそれを守る習性があるようです。オシッコをトイレ以外にチョビッと粗相をすると、とにかくバツが悪そうな顔をして、パンツにモッコリやらかしてしまったような格好で、トイレがあるサークルへ入ります。そしてサークルの中にオスワリをして、モジモジモゾモゾして気マズそうに反省をするのです。入れない部屋では、ギリギリのラインでイライラしながらも、キッチリ約束を守ります。めかぶの辞書には「誤魔化す」とか「約束をやぶる」いう言葉は無いようで、コレといったイタズラもしないし、オモチャとか何かを壊す事、勝手に目の前にある物を食べてしまう事もありません。それだけは唯一、自慢出来るんですけど、それ以外は、かなり要注意・問題アリアリの犬なので、ノーミソの片隅にでも、問題解決になる未知の部分がまだ残っていればいいんですけど…。
    どのツリーもおなじだからさぁ、まようのよね~ん!

    ******** 只今ランキングにチャレンジ中です ********
        左メニューの投票ボタンをアナタがクリックすると、私の人生は変わる…かも

    年末だっつーの!
          あ~~~~~~~~
        ネタもない~~~
         カネもない~~~¥ 
          だ~けどぉ~
     ルルルル~ ヒマはうんとあるのさぁ~~

     と、年末のボヤキ。
    クリスマスにはさっ、なにかワクワクするゴチソーあんのっ? まだ、年賀状には全く手を付けていないし、掃除なんてする気もないし、クリスマスは無関係だし、あぁ~、このまま冬眠したい…。春眠もキモチいいし、木陰の夏眠も捨てがたいし、秋眠は夏の疲れを取るのにモッテコイ!と、きたもんだっ。
     めかぶときたら、寝るか食べるかだけなので、ホント更新のネタに苦労します。飼い主も、特別どこかへ一家でGO!と、出かける事もほとんど無く、いったい今日は何曜日でいつなのかわからなるくらい変化に乏しい毎日です。せいぜい、晴れの日とか雨の日、寒くなったとか暑くなったとかが、唯一、私のカレンダーになっています。
     変化のない平穏な日々が、一番平和で、何ものにも変え難いのはわかっているんですけどねぇ。かといって、こうも寒いと何もしたくなし、まっ、いっか!こーなったら、一身上の都合ということにして…と、自分の都合のいい様に勝手に納得して、きっと新年を迎えるんだろうとゆー事だけは、キッパリ断言できますけど。
    寒くても、面倒でも、散歩は欠かせない大事なオツトメよん! めかぶが来てからは、コンサートや映画を見に行く事も、トリミング中以外の外食も、まったくなくなってしまいました。行きたいキモチはあっても、やっぱり小悪魔めかぶが気になってしまって、この小悪魔を留守番させてまで、どーしても行きたい!、とも思わなくなってしまいました。夫が、小悪魔と留守番するのであれば話は別ですけど、それでもだんだん年齢と共に、特に夜の外出は億劫になってきたのは否めません。ご飯作りも、ますます面倒になってきたもんで、このままでは、ぜったいに心身ともにマズイ老後を迎えてしまいそうです。
     それにしても他のみなさま方は、更新ネタの引き出しがたくさんあって、私はとても羨ましい限りです。何の芸もないめかぶなので、New芸を覚えました~~!な~んて言って、披露することなんかないもんねぇ。イマドキの芸能人も、めかぶと同等なのが多くなってしまっているようで、この際芸NO人と呼び方を変えた方が正しいような気がします。アレ~~!ボヤキが止まらないーーーー!
     明日からは、どこもクリスマスモードになっちゃうから、気が滅入ってきます。最近は、生クリームのケーキを食べると、てき面にお腹がピーになってしまうし、お惣菜コーナーはチキンとオードブルばっかりだし。で、26日になったら、速攻でお正月の食料品ばっかりになってしまうので、買いたい物が無くなってる事が多いし…。今は一年中365日、スーパーも営業しているから、慌てて買いだめしなくても良さそうなんだけど、ついつい、お店のBGMにあおられて買っちゃうんだよねぇ。
     暮れもお正月も関係ないめかぶを、こうなったら見習うべきなのかなぁ?だんだん、ニンゲンとしての生き方とかプライドが無くなってきたような気がする…。きっとコレが酷くなると、近所に文句を言いながら、平気でゴミ屋敷とかに住むんだろうなぁ。クワバラクワバラ。
    あ~なんか、ダレかに「モンク」いいたいのね~ん!

    ******** 只今、当ブログはランキングにチャレンジ中です ********
        左メニューに投票ボタンがありますので、歳末助け合いと思って、どうかひとつ。

    かえりた~い!
    やっぱさ、ニンゲンのゴハンって、おいちーのね~ん! 夫が、打ち合わせと飲み会があるっつーので、会社まで送りがてら、仙台の中心部の公園で散歩をしてきました。我が家の近くは、只今どこもかしこも工事中で、めかぶは怖くて思ったようには歩けません。トラックも怖いし、ガガガガガッの音も、挙句の果てに誘導する人が振る誘導灯にまで恐怖感を持っています。めかぶにとって散歩は、決して楽しい行動ではなく、買い物をする間はお店の前で待たされたり、運送会社のお兄さんが、台車でガラガラと音を立てて慌しく配達していたり、トラックやバイクが、ブォォォーーンとエンジンを噴かしたりと、いくら途中でオヤツタイムを取っても、何一つ楽しい要素はありません。我が家近辺は、めかぶが安心して散歩が出来る静かな環境が全く無いので、時には早朝散歩だったり、車で出かけた時に、人里離れた場所を見つけては散歩しています。とはいっても、いつもいつも無菌室隔離状態の散歩をさせるのも、社会に対しての順応性も出来なくなりそうなので、半ば強制的に車や人の往来がある所も歩くようにしていますが、どうも逆効果になってしまって、恐怖を伴うストレスになっているのか、散歩へ行くのがますます嫌いな嬢っちゃんなのです。
     めかぶを街中へ連れて行くと、イソップのいなかのねずみとまちのねずみの話を、いつも思い出してしまいます。町暮らしのねずみが、久しぶりに田舎のねずみを訪ねたものの、珍しい物おいしい物も何にも無い田舎にウンザリして、田舎のねずみに自分の町がどんなに素晴らしいかを自慢して、町へ遊びに来るように誘います。思い切って、町のねずみを訪ねたものの、田舎のねずみは、あまりにせわしなく行きかう人の多さにおののき、何かを食べるのもサバイバルな状況に、すっかり疲れきってしまって、やっぱり自分の住んでいる田舎が一番良い!、という話です。
    なんでだか、今朝のめかぶの顔に「ナマズのひげ」があるのでした。 めかぶは、自分の前を誰かが歩くのを異常に嫌う傾向があります。普通の散歩なら、一人か二人を追い越せば自分が先頭を切って歩けるハズなのに、今日は、抜かしても抜かしても、その先に誰かがいます。ずっと先まで誰かが歩いてるので、めかぶは延々人通りが無くなる先まで早足で歩き続けます。やっと、人がいなくなったら、今度は車が頻繁に通るので、怖くて抱っこをせがんできます。この時の嬢っちゃんは、田舎のねずみが、初めての町にメマイを起こしているのと全く同じ状況なのです。車は、いつもの散歩コースなんかの比べものにはならないくらい多いし、行き交う人の多さは、めかぶにしてみたら、東北人の私が休日の渋谷か銀座を歩くに匹敵するようなものですから。
     そんなこんなで、田舎暮らしの引きこもり犬が、町を歩くのは大変でしたが、ソコソコ適度な運動といつにない緊張感を味わっためかぶは、一分でも早く家に帰りたいようで、なぜかいつも頭と足先は、駐車場に止めた車の方を向いていました。とにかくめかぶは、どこへ行こうが、必ず「はやく、ウチへかえりた~~い!」と、キャンコロキャンコロと、騒ぎわめく駄々っ子ちゃんなのです。
    「銅像をどうぞ~!」(うぅ、さむっ!) 左の力士は“谷風”です。
    ******** 只今、当ブログはランキングにチャレンジ中です ********
                   左メニューに投票ボタンがありますので、ヨロチク!
    【2006/12/21 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    以心伝心
    コタツにミカンは、ワンセットなのね~ん! 「めかぶ」はずっとシャンプーも出来ず、目も隠れてしまうくらい毛はボーボーになりつつありました。世間は年末でせわしなくなってきて、だからといって何もしない私ですが、キモチだけは年末バージョン化してきました。「めかぶ」の足もすっかり治ったのに、昨日は朝から雨降りで散歩も出来ません。家にいても、どーせ、一日ダラダラしてるだけだし、思い立って突発的トリミングに出してきました。お昼前にサロンへ連れて行き、仕上がりまでの数時間、街中をブラブラと散策していました。お昼を食べ、食料品を買ったりの「めかぶ」トリミング中の飼い主定番行動です。
     ボーナスが入って懐ヌクヌクの一般ピーポーで、街はスゴイ人でした。下心アリアリでクリスマスプレゼントを物色してる人、相手の懐具合も考えずブランド店でアレコレねだっている人、とにかく10円でも安い物で何とか済ませたい家族連れ…などなど、いろんな人間模様が交差する繁華街でございました。ボーナスに無縁な我が家には、ドレもコレも異次元の出来事で、生活臭が強烈に漂う我が家は、無印で布団カバーや枕カバーを買ったり、天ぷら屋でお好み焼きに使う天かすを買うくらいですから、ワクワクなクリスマスの微塵すらありません。「めかぶ」の仕上がりまで、かなり時間を持て余してしまって、ここ最近お気に入りのケーキのキル・フェボンでお茶でもしようと思ったのですが、週末はいつも若い女性達で満席で、中年ジジババが狭い店内で向かい合っても、コレといって気の利いた小洒落た会話をするワケでもなく、席が空くのを待ってケーキとお茶を頼んでも、運ばれてから5分とかからず食べ終わってしまいそうなので、ひとりサロンで格闘している嬢っちゃんの為にバカ親は、「めかぶ」も一部参加出来そうなそうなケーキをそれぞれ2個選び、テイクアウトすることにしました。
     「めかぶ」は、話の内容がわかっているのか、出かける気配をいち早く察します。電話で、トリミングの予約を入れる時に
    「“○○めかぶ”ですけど、今日これから、トリミング大丈夫ですか?」
    「トリミング終わりました!」と言わんばかりの得意顔です。と、トリミングの予約状況を確認すると、自分の名前が出た段階で、今から自分に何かが起こる!と、わかるようで、それからというものは、落ち着きがなくなって、それぞれ出かける仕度をしていると、私と夫の様子を家中走り回って現状を把握します。着替えをしようとすると服に噛み付き、バッグに財布やハンカチなんかを入れようものなら、背後からおもいっきり何度も跳び蹴りされ、上着を着ようとすれば、ハイジャンプ阻止攻撃に必死です。散歩でも出かける時でも、毎度毎度そんな「めかぶ」の行動に、私と夫はヘキエキしているのです。
     こんな嬢っちゃんでも、「めかぶ」は「めかぶ」なりに、一生懸命飼い主の行動や会話を理解しようとしているのがわかります。小首をかしげながら、会話の内容を聞いています。自分の名前が出てこないと、関係ない話と察して寝ていますが、チョットでもめかぶという単語が出てくると、どんなに眠くても眠気も吹っ飛ぶようで、慌てて会話傍聴に参加するのです。時には
    「晩ごはんに、メカブでも食べっかなぁ!」
    って言っただけで、もう「めかぶ」は、メカブ食べるの単語で、心境は穏やかではありません。
     「めかぶ」でも、一生懸命にコチラの言動を理解しようとしているのですから、飼い主だって、飼い犬のココロの叫びを理解しなければなりません。ニンゲンと違って「めかぶ」は、頭脳構造が単純回路になっているらしく、まだ一緒に居て2年半でも、甘えたい時や眠い時、お腹が空いている時ぐらいは、私でもわかります。でも、もう20年以上も一緒にいる亭主のことなんかは、ある程度わかってくると、それ以上の事は知りたくもなく、それどころか、もう、どーでもよくなってきました。亭主は亭主で、ヤソの神に永遠を誓った妻の事など、ほとんど無関心ですから、おアイコですけどねっ。やっぱり、先祖代々からの浄土真宗や曹洞宗派が、たった一日だけヤソの神にお願いする方が間違いだったのかもしれません。
     ニンゲンも犬も、習慣も考え方は違っていても、なんとか相手に歩み寄りながら、大好きな相手のキモチを理解しようとています。言葉がわからなくても、行動の意味がなかなかわからなくても、わかろうと努力すれば、どーにか通じるものです。少なくても犬の方は、どんな飼い主でも飼い主に合わせて育ってしまうので、どこか間違った育て方をしてしまうと、わがまま放題の天下取った犬になるし、愛情が足らないと自傷行為に走ってしまったり…。この間、「めかぶ」を病院へ連れて行ったときに聞いたのですが、高速道路走行中の車から放り投げられた猫が運び込まれたそうで、怪我の具合から足を切断したそうですが、術後から数日で死んでしまったそうです。
     ものを言えない生き物とキチンと向き合えば、ズルくて腹黒いニンゲンなんかより、ぜんぜん楽勝かもしれません。それに、生き物のココロが何となくでもわかると、またそれが可愛さアップに繋がるっつーもんなのに、なんで虐待なんかするんだか…。完璧な以心伝心は無理でも、少しでも理解してあげようとする事が大事なのに。あっ、それって、ヤソに誓った連れ合いにも必要…か。でも私の実家は、浄土真宗の家ですから。
    ワンコのカップを見つけたので、つい買ってしまいました

    ******** 只今、当ブログはランキングにチャレンジ中です ********
                   左メニューに投票ボタンがありますので、ヨロチク!

    久々のシャバ
    コレを「パチッ」ってすると、ぬっくぬくなのね~~ん! 娑婆(しゃば)…〔忍の意の梵ボン語の音訳〕 物心両面の楽しみに相応して誘惑・苦痛・束縛の多い人間界。俗界。〔地獄よりは ましだという意味で、自由の無い刑務所・軍隊から見た、一般人の社会の意にも用いられる。 例、「―の空気を吸う」〕
    [株式会社三省堂 新明解国語辞典]

    …だ、そーです。
     普通は、刑を終えて塀の外へ出た時とか、長い入院生活から開放された時に、よく後者の方の意味で使ったりしますが、狭い家でダラダラとしているのが大好きな、飼い主公認・引きこもり犬の「めかぶ」にとっては、前者の意味で、しかもその中の苦痛・束縛のニンゲン界を示します。やっと包帯が取れたのに、「めかぶ」の強力アメフラシの術のせいだったり、飼い主の都合で、散歩へなかなか行けませんでした。せっかく靴も買ったのに、履いた状態ではまだ上手に歩けません。かといって裸足で歩かせて、カサブタがヘタに剥がれてしまうと、また病院通いになるので、まずは古い靴下を履かせて、その上に病院からもらったカバー包帯もして、どーにか久々に散歩をさせる事が出来ました。
     もう、1ヶ月近く、本格的散歩をしていなかったので、もしかしたら、グータラ「めかぶ」は、散歩の仕方を忘れてしまったのではないかと、チョット心配してみたり…。さすがに、散歩が長期間していないと、体重も増加傾向をたどり、抱っこするとズッシリ感がありました。何とか、4kgの壁はギリギリ寸止めしたものの、少し減量をしておかないと、あっという間に、大台の壁は決壊しそうです。
    嫌な事をされるのを察すると、まんぞぉは嬢ちゃんの「駆け込み寺」になるのです 「めかぶ」にとってこの1ヶ月は、夢のような生活だったハズです。どんなに天気が良くても、家から出ることもなく、ぬくぬくと陽だまりだったり、コタツの中とか布団の中で、昼寝放題寝放題だったのですから。何か食べたい時は、チョット元気が無い振りをして飼い主を試し、バ飼い主は、少量ノーミソ犬の作戦にまんまと引っ掛って、
    「めかぁ、どーちたのぉ?具合、悪りぃのぉ?」
    と、オヤツで「めかぶ」の元気度を量っていたので、その度に「めかぶ」は、よっしゃぁー!オヤツGET成功!!と、まんまとせしめたオヤツを、バクバク食べていたので、太るのも当り前です。一日摂取のオヤツカロリーを考慮して、その分ゴハンを減らしても、「めかぶ」にとって、なんの痛手はないのです。それどころか、ゴハン、減らされてラッキー♪と、ココロの中で、特大ピースサインを出していたんじゃなかろーか?
     買い物がてら片道20分のスーパーまで散歩し、買い物中は、夫と更にスーパーの近所を歩き、買い物が済んでも、そのまま真っ直ぐは帰らず遠回りして帰ったので、時間にすると小1時間の散歩でした。靴下も包帯カバーも、一生懸命歩いた証明に、伸びた爪ですっかり穴が開いてしまいました。久々に嫌いなシャバの空気を吸い、この1ヶ月の間に、もしかしたら消えてしまったかもしれない自分のオシッコ臭を再度アチコチに残し、大量の青空ウンチョも健在した、散歩フルコースメニューを全て網羅した嬢ちゃんの久々散歩でした。
    念の為の「大袈裟な包帯」。でも今日の散歩は裸足だったので、カサブタは道端のどっかに落としたようで…

    ******** 只今、当ブログはランキングにチャレンジ中です ********
                   左メニューに投票ボタンがあります

    便秘薬?
    アタチはきままな“きぶんやサン” ひとり遊びが出来ない「めかぶ」は、とにかく甘えっ子ちゃんで困ってしまいます。ワガママなお嬢様が、お気に召すような高価なオモチャなんて買えないし、奮発して買った数百円の知育オモチャは、中身を食べてしまうと、もう、見向きもしません。巷で、タマゴちゃんが流行った時も、どの犬も興味を示していると聞き、見つけた時に買っては見たものの、近づきながら偶然に踏んづけて、おマヌケにパプッっと音を鳴らして、タマゴちゃんとのお遊び終了です。ボールを投げても、アホ~っと見送るだけで、追いかけるとか咥えて何かするなんて事も全くしません。とにかく、寝るか食べるかだけの生活です。
     必ず人の見える所で様子を伺いながら、自分の気分のままに寝ています。今は、真っ暗なコタツの中で、何時間も過ごしているのですが、コタツにも飽きてくると、今度は私や夫の膝の上に乗っかったりして甘えているのです。こうしてみると、やっぱり犬は群れで生活する事を、改めて実感します。オオカミも群れを成す生き物なので、一匹オオカミっていうのは、ホントにいるんでしょうか?
     底なし食い意地チャンピオンの人間としか集団行動が出来ない「めかぶ」ですが、火を使っている時はキチンと距離を保って、事の次第を見守っているのですが、これがトースターとかレンジを使って、何かを焼いていたり温めている時は、私にピッタリとくっ付いて離れません。出来上がった合図が鳴ると、私よりも先に台所へ行って、音の鳴る所へ行ってオスワリをして待っているのです。まぁ、大抵が、「めかぶ」の期待を裏切るんですけど、それがトーストだったりすると、自分も参加出来るものと張り切って、先頭を切ってトースターの前に座り込み、今か今かとワクワクしています。カリカリにトーストにした食パンの耳の角は、「めかぶ」の領分なので、ピーナツ大にちぎって与えると、カリカリとイイ音を立てながら、本当に美味しそうに食べています。
    くつちたは、ゼッコーなオモチャなのよぉ~ん♪  そんな嬢っちゃんは、時々、自分のオモチャを物色しては、物言わぬ子分達に戦いを挑む時があります。素直にオモチャと遊ぶという事は皆無で、「めかぶ」がオモチャと戦う時は、自分の期待通りにならなくて限りなく機嫌が悪い時と、ウンチョがしたいのに出ない時なのです。機嫌が悪い時は、比較的軽いハンカチ系の物とか紐系に当り散らすようで、ウンチョの出が悪い時は、重めのぬいぐるみが相手になります。咥えてブンブン振り回していたり、それをポーンと廊下に投げると、スゴイ勢いで追いかけて、廊下の隅からガル~ガル~と、低音の唸り声が聞こえてきます。ひとり遊びが出来ないので、すぐに人の居る茶の間に咥えて戻ってきます。それを取り上げて、また廊下へポーンと投げる行為を繰り返し、何度かそんな事をしていると、オモチャを廊下に放っぽったまま、トイレに一目散です。そこで、いつものウンチングスタイルをとり、数秒後には強烈フレグランス付きの食べられないカリントウ誕生となるのです。
     「めかぶ」は、まぎれもない多便症で、間違っても便秘ではないのですが、こんな行動は、出したいのに思った通りに出ない時の、「めかぶ」本能による苦肉の策なのではないかと思うのです。たぶん、暴れる事で腸に刺激を与え、肛門を付近を活性化させているのかなぁ…。「めかぶ」にとってオモチャは、遊び道具とか運動不足解消の物ではなく、あくまでも八つ当たりの対象であり、便秘薬の役割を果たすだけの物のようです。
    何も食べる気配がない時は「寝る」に徹底する犬

    ******** 只今、ブログランキングにチャレンジしています ********
                   左メニューに投票ボタンがあります

    怨念がおんねん!
    傷と冬道散歩対策に買った、「赤い靴」ならぬ「緑靴」 タイトルからして、古典的なオババギャグを使ってしまったっ!
     今、BSフジで、往年のオールナイト・ニッポンのパーソナリティによる、テレビ版オールナイト・ニッポンを放送しています。懐かしいパーソナリティだったりすると、放送が土曜の夕方なので、時間があればつい見てしまします。今は、ほぼ24時間、テレビは何らかの放送をしていますが、当時の仙台は、11PMが終わると、「本日の番組終了」となり、連続連夜放送の砂の嵐のみを放送していました。だいたいにして、11PMクラスの番組になるとオトナの番組なので、父親が会社帰りに歓楽街で夜の部活動に夢中になり、母親のアタマから湯気と同時に角が出る深夜ご帰還の時に、このチャンスを逃したらアカン!とばかりに、興味津々で見てましたけど、そうなかなか見る機会はありませんでした。その分、勉強をしている振りをして、ラジオの深夜放送にはかなりお世話になったもんです。仙台は民放ラジオ局は1局しかないので、オールナイト・ニッポンだけでしたが、ある日突然、2部がカットされ、トラックやタクシーの運転手向けの「歌う・ヘッドライト」(だったかな?) になり、学生や若者が聞くには、かなりギャップがある番組でした。そこで、なんとかアンテナをアッチに向けたり、チューニングをゴチョゴチョ動かしたりして、なんとか電波をキャッチしつつ、イライラしながら聞いていたのを思い出します。
     土曜の深夜は、長期に渡って笑福亭鶴光がカリスマ的放送をしていて、何ともバカバカしい内容なのですが、今のお笑いタレントの放送よりは、断然、面白かったなぁ…。その中でよく、そこに怨念がおんねんとか、<面白い話> そこの白い犬は、尾も白いとか、あ~いぃ~!もっとぉ~!クミコ~(当時の人気タレント・相本久美子の事です)と、鶴光が悶絶してみたり、当時の鶴光ネタは、リスナーには、ずいぶんと流行った記憶があります。
    この日を境に、しばらく嬢っちゃんは、天国と地獄を味わったのでございます で、なんで、こんな前書きになったかと言うと、もう何度も書いていますが、「めかぶ」はアメフラシの術というワザを持っています。さて、これから、どこかへ出かけるっていう時や、どこかで遊ぶ予定にしていると、家から出たくない「めかぶ」は、空を暗くし、目的地に着く頃には雨を降らす事が、多々あるのです。前の日から、その気配を感じれば、翌朝、目を覚ますと雨が降っています。こんな事が何度もあるので、全てが「めかぶアメフラシの術」なのだと、私は思っているのです。
     やっと、金曜日に包帯が取れたものの、素足で歩かせて、また傷口が開いたら面倒なので、念のため靴を注文していました。その靴がちょうど、金曜日に届く事になっていたので、これでようやく、靴を履いての久々散歩をさせるハズでした。金曜の夜に、靴を履かせて家の中で練習までしました。初めて履いた靴に慣れなくて、歩き方が、開発中のASIMO以上にぎこちなく、昭和初期のブリキのロボットみたいで、夫と大笑いしてしまいました。それが、若い乙女の嬢っちゃんのココロを傷つけたようで、かなりご立腹だったみたいです。
    「めかちゃん、明日、新しいクックで、久しぶりにおサンポしよ~ね~!」
    なんて言ったもんで、「めかぶ」は笑われた腹いせに、アメフラシの術を使ったようです。それも、強力な術を…。
     翌朝起きると、外はドンヨリと雲っていて、かなり寒い。予報では曇りだったので、お昼ぐらいにでも散歩させようと思っていたのですが、時間が経つに連れて、空は更に暗くなり、ヒラヒラと雪が降ってきました。すぐに止むかなぁ?と思えば思うほど、ドンドン降ってきて、散歩できる状態ではなくなってきたのです。まだ、我が家当りでは積もるほどではなかったのですが、同じ市内でもほんの数キロ離れた地域では、この冬初めての積雪になったようです。恐るべし、アメフラシの術
     笑われた怨念を晴らすために、思った通りに散歩中止を成功させた嬢っちゃんは、スイッチの入っていないコタツに一日中潜って、みかんをむく気配察しながら、まったりとしていました。
    靴を履かせてみたのですが、サザエさんのアニメのような小さい足の嬢っちゃん

       【お知らせ】
     ストーカー並に、しつこいようですが、只今、ブログランキングに参加しています。徐々に、ランクアップしているのですが、なかなか厳しい世界です。どうか、清くなくても構いませんので、左メニューの投票ボタン から1票を投じてくださると、ヨロコビも 一塩 ひとしおでございます。

    ネットショップに物申す!
    病気・ケガの療養見舞いの定番といったら「バナナ」 ようやく、「めかぶ」の包帯が取れ、社会鍋募金をしている負傷した元軍人さん風情から、開放された嬢っちゃんです。こーしてみると、縫わない傷っていうのは、箇所によって治るのにかなり時間がかかるようです。傷も硬いカサブタ状態になったので、包帯を取って様子を見ることにしました。ただ、長い間、包帯に覆われていたせいか、肉球の間の皮膚が赤くなっています。炎症ではないらしいのですが、一応、これもやっぱり様子を見る事となりました。
     包帯で覆われていた足の毛は、ブラッシングが出来なかった事や、包帯との摩擦のせいでモジャモジャになって、毛玉を通り越して安物ではなく、目の詰まったかなり上質なフェルト(アップリケをしたりする生地の事です) になっていました。その、頑丈フェルト化した毛をとかすのは、かなり難儀です。たった、足一本の下半分だけなのに、毛玉がワンサカてんこ盛りでした。クシを入れると毛玉が引っ掛って、「めかぶ」は痛かったのか、何度も抱っこした私の腕から脱走を図ります。しかし、ソコは所詮、小っこい犬。逃げる前に、「グワサッ!」と、私に鷲づかみされ、遭えなく脱走未遂に終わり、無駄な抵抗だと悟ったのか、ブルブル震えながら諦めの境地に入っていました。
     ところで、私は、ネットで買い物がどうも苦手ってゆーか、才能がありません。地元のペットショップで、「めかぶ」の靴下を、去年の手術の時に一足だけ買いました。包帯をした足にだけ靴下を履かせて、散歩していたのですが、散歩中何度も脱げるし、一回の散歩で穴が開いたりしてダメになってしまいます。一足に4個の靴下があるので(当然だべっ!)、去年は、それで、包帯の時期を乗り切ったのですが、今回の事で、また靴下を一足買いました。ただ、ペットショップには種類が少ないので、サイズがOKでも色が良くなかったり、欲しい色だとサイズが無かったりで、しかも値段は高いときたもんだっ!私なんか、3足1000円とか4足1000円なのに、嬢っちゃんのは、一足1000円なんですから。何よりもサイズが重要なので、サイズ重視で選んだのですが、可愛くない色のは、当然しっかり残っているもんで、一緒に行った夫は、自分の服と同じ色合いの人気薄の靴下を、激しくプッシュするので、仕方なくソレを買いました。
    サンポは、いつからサイカイすんのっ?
    「オラとめかちゃん、やっとお揃いになったもんねぇ~」
    と、自分のイイ歳を忘れて嬉しそうです。
     そこで、望伽さんが可愛いワンコの靴を買ったので、そのネットショップを教えてくれました。私もそのショップで、嬢っちゃんの靴と靴下を、早速注文をしてみることにしました。靴はキチンと足に合った物が買えました。が、靴下はサイズの表示が、靴下の種類によってかなり違うようで、物によっては測り方が違います。「めかぶ」の足のサイズを参考にして、同じサイズで選んだのですが、届いてみたら………
     ネット上の写真の靴下は、どれも同じ大きさに加工されているせいか、買う側にはイメージが伝わらないので、どうも私にはわからない。ショップは、衛生上を理由に返品も受け付けないので、もっとほぼ共通のサイズ表記になるようにするとか、一番良いのは、サイズもほぼ一定にすれば良いのですが、メーカーの意向なのかどれもこれも全く違うときたもんだっ。せめてショップは、メーカー違いでも、各デザインの一番小さいサイズの靴下を並べて、
    「例えば、同じSSサイズ表示でも、メーカーやデザインによって、こんなにも違いまっせぇ~!だから気ぃ付けて買いなはれ~」
    と、サイズ比較用に掲載してくれたら良心的だと思うんですけど、スットコドッコイの私は思った通りには買えない不器用オババなのです。
     しかし、なんで、同じサイズ表示でもこんなに違うのさっ!1足は、とてつもなく小っこいし、1足はデカイ。一生懸命測って、こんなに悩んでも、結論は「どうせ靴下は伸びるから!」と、靴ほど心配もしなかったのにぃ…。ヘンチクリンな色でも、靴下は地元のペットショップで買うんだったなぁ!
    まんぞぉが喜んだ靴下(左)。同じSサイズ表示なのにこんなにも違ってしまったわいっ!(右の2足)

       【お知らせ】
     前回に続き、しつこいようですがお知らせです。
    この度、ブログランキングを導入しました。最近は、だんだんとネタも尽き気味となり、それでも老体にムチ打って、半ばSM状態で更新しています。少しでも、やる気を起こすための苦肉の策の導入なのです。
    ブタもおだてりゃ木に登るらしいので、超ブタ化したオババも、もしかしたら木に登るかもしれないので、左メニューの投票ボタンを押してみてくださいまし。
    【2006/12/09 10:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    写真は宝物や~!
    生後3ヶ月目にして、いっちょ前に耳を掻く姿はオヤジっぽい。 たった2年半分の写真なのに、パソコンのデータを改めて見てみたら、何ともスゴイ量になっていました。コレを現像プリントするとなると、いったい幾らになるんでしょう?ほぼ毎日、数枚から100枚以上は写真を撮っているので、平均一日24枚撮りフィルム1本使ったとして、今日までの日数は大よそ900日、24枚撮り感度400のフィルム5本パック特価品1000円の物を購入、現像500円プリント1枚30円と仮定してみると…
    フイルム代……18万円
    現像代…………45万円
    プリント代……約65万円
    合計(税込み)ざっと約134万円
    その他、アルバム代とかリチウム電池代も含むと、チョットした車が一台買える金額になってしまうではないかっ!ス、スゴイ…!
     こうも、マジマジと大雑把に計算してみたら、ビックリドッキリギックリ腰になってしまいそうです。それに比べて、デジカメは、撮った写真がその場で見られるし、いらない写真はその場でポイッと消去出来るし、乾電池も買わなくていいし、メモリーカードがあればいくらでも写真撮り放題です。ありがとう~~デジカメちゃん!まして、コレをリバーサルフィルムで撮影したとなると、左ハンドルの車も簡単に買えてしまいそうです。たぶん、失敗もあるだろうし、焼増しもするだろうし、出来が良ければ大きく引き伸ばしたりするかもしれないので、もうワンサカ諭吉ばら撒き大会になってしまいます。
    写真下は、初めてのトリミング直後。今にして思えば超アバウトいい加減バサバサカットだなぁ。安かったから文句も言わないけどさっ。 「めかぶ」が我が家へ来てからというもの、私の友人のアドバイスから、小さい頃からの成長ぶりを毎日撮っていたので、一日の成長は目に見えてわかりませんが、10日ごとに見てみると確実に育っているのを実感します。その日その日の写真を見ると、日記のようにその日の出来事が蘇ってきます。1kgにも満たない子犬だったのに、いつの間にか、どデカいワガママ犬に成長した嬢っちゃんですが、我が家にとっては可愛いワンコなんですけどね。
     今までに撮った写真の数は、もう何万枚になったんだろう…。失敗も含めたらその倍以上はあると思います。まだまだ、これからも増えるのは間違いないし…。いやぁ、それにしても、アナログカメラだったら、写真破産してしまいそうです。まだ、アナログが主流だったらブログなんて、この世に登場なんてしない…か。
     犬の服とかグッズなんていうのは、何度でも買い替えることも可能ですが、写真だけはその時期限りのものですから、買い替えるなんて出来ないし、子犬の頃に戻る事なんていうのは、映画やドラマだけの話なので、このデータが消えてしまったら、もう今までの全てが水の泡になってしまいます。我が家の宝が、一瞬にして闇に葬られてしまうのですから、保存はキチンとしないといけません。
     それにしても、ヤクザ犬でも子犬の時は、何とも愛らしいです。きっと、ニンゲンのそのスジの方々、どっかの独裁者も、きっと子供の時は純情無垢な時代があったのだと思いますが、どこかで歯車が狂ってしまったんですよねぇ…。嬢っちゃんも、どこで歯車が狂ってしまったのか、写真を見てもわかりませんでした。もう今更、軌道修正も効かないので、このまま健康だけを維持して、億ションが買える位の写真代まで長生きして欲しいものです。
    ヒートも終わって、すっかりオトナになった頃。8ヶ月目~1歳になったばっかりの写真


       【お知らせ】
     何を思ったか、唐突にブログランキングなるものを導入してみました。左メニューの項目の下にボタンがあるので、アホ話に何か感じるものがあったら、ご慈悲でクリックしてください。今後の老後の励みにしたいと思っていますので、老い先短いオババに最後の光を…。


    トイレ談議
    トイレはスグに覚えたんですけど…我が家に来て2週間目の嬢っちゃん 飼い主同士の会話によく
    「ウチの犬、自分を人間だと思ってるんですよねぇ…」
    なんて話したりする事があります。特に、他の犬との接触が少なくて、飼い主とばっかり過ごしている犬に、その傾向があるようです。
     どうも私が思うに「めかぶ」は、自分に都合の良い様に解釈しているフシがあるようで、「こーゆー時はで、こんな時は人間の方がオイシイのね~ん♪フフッ…」と、ほくそ笑んでいるような気がします。ん~む、コレって、コズルイ年寄りの渡世術を真似ているのかっ??都合の悪い時は聞こえない振りをしたり、ここぞ!という時は、これでもかっていうくらいの年寄り風を吹かせたりする、アレです。
     いろいろ話をしてみると、犬のトイレに悩んでいる飼い主が多いようです。例えば、外でしかトイレをしない犬、留守番の時は飼い主が帰るまで我慢している犬、オシッコはトイレでするのにウンチョはトイレ以外の決まった所にする犬、草の上でしかトイレをしない犬…etc。昨日、初めて会った犬は、何かの草のアレルギーなのに草の上でしかトイレをしないので、大変なのだそうです。外でしかトイレをしない犬は、天気が悪くてもどんな事があっても、日に何度か外へ連れて行って、溜まったモノを放出してスッキリさせないといけないので、それだけでも大変なのに、草アレルギーだとそれ以上に大変です。お腹や足が真っ赤になって腫れてしまうそうなので、犬に
    「アンタは、草アレルギーなんだかんねっ、ゼ~~ッタイに草の所に行っちゃダメだよっ!」
    な~んて言っても通じないのですから。
     我慢犬は、誰かが帰って来るまでトイレをしないでいるので、仕事や用事が終わったら、出来るだけ早く家に帰らないといけない使命感があるので、それはそれで違う大変さがあるようです。
    紐系に異常な反応を示していました。我が家に来て20日目 そして我が家の嬢っちゃんはというと、本格的就寝モードの合図として、人間のように寝る前に必ずトイレを済ませます。それも、大小コンビの時も少なくなく、普通の犬は、それで朝までバッチリご就寝なのだそうですが、人間犬の嬢っちゃんは、夜中に何度かトイレに行きます。ハルンケアのCMだと、夜2回以上は頻尿なんだそうで、中年頻尿気味の飼い主と生活をしている「めかぶ」なので、そんな習慣がついてしまったのでしょうか?ただ飼い主と違うのは「めかぶ」は、頻便の気もあるので面倒です。まぁ、夜は夫が、排泄部隊として世話をしているので、私は心置きなく寝ていますけど…。
     トイレを済ませて、チョットの間だけ「めかぶ」に留守番をさせる事があります。急いで用事を済ませて(ほんの1時間足らずです)帰ってくると、またもやトイレには、無理して出したと思われるピリオドのようなコロリが数個。前にも何度か書きましたが、「めかぶ」はいつもトイレをすると、すぐに私か夫がオシリやお股を拭いてトイレを片付けるので、突然留守番をする破目になると、本当に誰もいないのかを確認するために、トイレを済ませたばっかりでも、不安からか無理してでもオシッコをし、それでも誰も現れないと、ピリオドウンチョをするクセモノなのです。最近は、ほとんど長時間の留守番をすることもなくなったのですが、毎日決まった留守番の習慣があれば、おとなしく待っているんでしょうけど、たまの留守番なので、帰って来るまでずっとウロウロとサークルを動き回っているので、全身ミソまみれになってるし、その身体でサークルをウロウロゴロゴロしているので、帰ると速攻でシャンプーとサークルの掃除をしなければならないのです。
     トイレは、トイレシートの決まった場所にしかしないので、使わない部分を小さく切って、お決まりの場所に敷き、小さいのがなくなると、大きいシートの隅っこにオシッコをすると、トイレ自体を半回転させてキレイな部分にしておくのですが、そこにも用を足してしまうと、クンクンしながら文句有りげにコチラをチラチラ見ては、
    「トイレ、バッチィよぉ~~ はやくぅ、こーかんしてぇ~~!」
    と訴えます。
     車で出かけた時は、知らない土地なのかなかなかトイレが出来ません。点字ブロックがあれば出来るのですが、そんな時は常に車に積んでいるトイレの出番となって、どーにかトイレを済ませまるのですが、全くなんで、こんな面倒くさい犬になってしまったのか、ホント困ってしまいます。
    ねぎVS嬢っちゃん。遊んでいるんですけど、どー見ても私が虐待している…。我が家へ来て1ヵ月目


    NGな寒さ対策
    かえりのウンテンは、アタチにまかせるのよ~~ん! この時期、テレビを見ていると、紅葉真っ盛りの京都からの生中継をよく見ます。ロケーションも、同じ国とは思えないほどしっとりとした雰囲気があって、どこを見ても見事な紅葉なので、実際、歩いてみたらもっとキレイなんだろうなぁ…と、アタマの中では、ハイファイセットの歌う燃える秋が遠くから聞こえてきそうな思いの中で見ているのです。
     ずっと前、とあるデパートの社長とその愛人が、ワンマン経営と執拗な販売をしていた時、実家の母が、地元のそのデパートとの懇意にしていた店員から、社員のノルマとして与えられた映画のチケットを買わされて帰ってきました。たぶん、その映画のバックアップをしていたからだと思うのですが、もともと興味が無いと、映画なんて見ない母なので、せっかく買ったのを無駄にする事もないので、結局、学校帰りに友達と見てきました。
     その映画は、当時、女子大生にかなり人気があった作家の五木寛之原作の「燃える秋」でした。北大路欣也と真野響子主演の映画で、ストーリーはほとんど記憶がないですけど、ちょっとエロかった事だけは覚えています。もともと、五木寛之はエロっぽい内容が多かったですけど。確か、真野響子がペルシャ絨毯を現地で買って、なんでだか北大路欣也と知り合って、東京と京都の遠距離恋愛の内容だった事しか覚えていません。あっ、あとこの二人のラブシーンねっ!
    めかぶ主演「萌える飽き」。隠し撮りした濃厚なラブシーン ところで真野響子と真野あずさって姉妹なのに、なんで苗字の呼び方が「まや」と「まの」なのっ?私、ずっと気になっていているんで、どなたか、この謎の真相をご存知な方、教えてください。
     話は変わって、先週コタツを出してからというもの、「めかぶ」は一日中コタツの住人になってしまってしまいました。夜は夜で、今月になって急に寒くなってきたら、夫が布団に入るまでは、私のケツ元にうずくまって、布団の住人になっているのです。夫が寝ようとすると、私の隣にあるクッションハウスに数時間入って寝ていますが、明け方になると、また布団の住人に戻ります。そんな時、テレビのペット相談を見ていたら、「犬の寒さ対策」っていうテーマをやっていて、犬がコタツや布団の中で過ごすのは、良くないのだと、先生は言っていました。でも、このヨロシクナイ行動は、「めかぶ」にとって一番の至福の時なので、公共のテレビで、こうも先生にキッパリハッキリ「良くない!」と言われてしまうと、どーしたものかと困ってしまいました。
     実際は、今の所はスイッチはほとんど入っていないし、点けてもコタツは最低温度にしているし、真冬でも「めかぶ」が中へ入っている時は、定期的にコタツは消すようにしています。布団の中で寝ていても、「めかぶ」自身が布団から出て、布団の上で寝ていたり、クッションハウスに入ったり、一緒に並べた「めかぶ専用枕」にニンゲンのように寝ていたりしているんですけど、やっぱり、それでもダメなんでしょうか?今更、布団に入るな!とも言えないし…。
     ところで、最近、私的にヒットなCMなんですけど知ってますか?
     ◆http://www.daiwahouse.co.jp/ad/cm/jack.html
    ねるんだったら、やっぱりコタツとかおフトンのほうが、いいのね~ん!


    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。