がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    02 | 2008/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    第1ラウンド
    ウゥゥゥゥ~~!やいやいやいやいっ!ソコにるのはドコのタレだっ? 最近、ひょんな事から見つけてしまった生放送のTV通販番組にハマっています。TV環境によっては24時間見られるのですが、我が家はそこまでTV環境が充実していないので、24時間放送は見られませんが、見ようと思えばPCでも見られる番組です。どのチャンネルでも見られる録画の通販番組と違って、リアルに商品の売れ筋がわかるのも、見入ってしまう原因かもしれません。
     そもそも、めかぶが我が家へ来てからというもの、我が家の家庭環境もだいぶ変わってきました。まず第一に家を空ける事もなくなって、そーなると、当然、外食するのは極マレな事でして、何よりも一番の変化は服を買わなくなったって事でしょうか。犬にお金がかかるっていう理由もあるんですけど、まんず、お店に服を見に行く事自体がなくなってしまいました。
    【ねぎ的オシャレ堕落の方程式】
    犬がいると出かける、連れて行ける所ががまずないので、パジャマ状態で一日を過すたまに出かけても、犬がいると、爪で引っかかれたり汚れたりするので一張羅&お気に入りはもったいないので、タンスの肥やしになっているその一張羅も、だんだんと流行から遠ざかってますます着なくなるなので、流行にも鈍感にななるどころか、何が流行っているのかもわからなくなるしたがって毎日普段着で充分生きていける事に気がつくしかし、あまりにも洗いざらしのヨレヨレになってしまうので、さすがにグ~タラ婆でも着てるのが恥ずかしくなるので、たま~に土日のお買い得を狙ってユニクロへ走るゆえに、「My ワードローブ」は、ユニクロワンパターンなデザインになり、しかも綿素材の洗濯機ガラガラ洗いが出来るものばかりになる
    …と、なるワケです。そのユニクロも犬連れでは入れないので、たまたまネットチラシを見ていたら、ユニクロもオンラインで買える事を知り、私のように特大オンリーサイズにとって、お店では売り切れになっていても、ネットだと買える確立が高いので、カットソーなんかはオンラインの方が確実なのであ~る。したがって、ますます、家に居ることが多くなってしまうんですよねぇ…。
    出演:鳶職さんA で、そのライブ通販番組を見て、買うワケではないのですが、ひたすら見ながらツッコミを入れたり、生放送ゆえのチョットした失態を見つけては、一人バカ笑いをしているという、何ともワビシイ日々を過しております。そんな一人バカ笑いをしていると (正確には亭主がいるので、決してひとりぼっちでデンジャラスな人のように笑っているワケではない)めかぶは私がいかにも危なっかしいオババに見えるらしく、怖がって私のそばから離れ、夫の所へ避難して震えてしまいます。しばらくの間は、私がいくら呼んでも決して近づいてきません。犬すら怖がるデンジャラスババァとは私の事よ!
     改修工事の足場もついに我が家にまでやって来ました。午前中は、クレーンの滑車の部分が見えただけで、思った通りめかぶは吠える唸るを繰り返し、シッポは小刻みに震えるくらいに力が入って、大騒ぎして大変でした。午後になると、階下の足場を組み立てている時に、我が家のベランダ越しに普段では起こりえないニンゲンのヘルメット頭がスゥ~っと通り過ぎると、さすがにビクッとします。ずっと私の膝に上がっては、虎以上に迫力と怖さを持ち合わせた最強のオババを後に従えて、延々吠えているので、その声にビックリして鳶職の兄ちゃんやオジちゃんが、そのはずみで地面に落下しないかとハラハラします。まだ、今日が我が家へ鳶職さん達が来たのは初日です。まだ先は長いのです。終わる頃は、世の中は真夏です。今からこんな風では、この先、どーなるんだか心配のタネは尽きません。
    椅子のワンコ&ナマモノの犬
    スポンサーサイト

    気が気じゃない!
    この公園、ワンコいすぎ!しかも、ノーリードの多いこと!だからアタチ、ココきら~い! うーーーむ。またしても、この季節がやってきた!どーも、毎年、今頃になると心身ともに、「通常グ~タラ」から「ギガグ~タラ」になってしまうのです。チョビッとしかない私の思考は、清清しいマイナスイオンが溢れているならまだしも、オドロオドロしたプラスイオンが無数にウヨウヨしているせいか、何を考えてもマイナス思考になってしまいます。なので、いつも今頃の時期になると、ブログの更新も1ヵ月近くサボってみたり、な~んにもしないで、ひたすらグダァ~としてしまうのです。それがやっぱり今年もまた、花粉&桜前線のニュースと共に私の元へやって来ました。
     そんな状態の中、いつも思うのはもう今月で、ブログ止めっかなぁ!となり、んでもなぁ、せっかくココまで続けたしなぁ…という葛藤が交差して、延々グダグダウダウダ考えていると、いつの間にかカレンダーはゴールデンウィークになっている…、という具合なのですよ。
     ネタもなく、コレといった面白い話があるワケでなく、かといって新規に読者を増やすなどという気力もなく、ひたすらチンタラチンタラ更新しているのも如何なものか?と、自分に問いかけると、ココロのどこかで
    「そんなもん、止めてしまえ~~!どーせ、オメェのブログなんざ誰~も見てねぇっつーのっ!」
    ともう一人の私が言っているのが聞こえてきます。この春の到来と共にやってくる、このヤル気のなさ症候群、なんとかならないだろーか?ったく、ウザッたい!
     このヤル気のないこの時期にもう一つやってくるのが、あ~どれもコレも捨ててしまえ!症候群。確か、去年の春も、家の中の不用品一斉処分をしたのに、それでも使わない物が多々あるので、ジャマで仕方ありません。2、3年使わない物は、「もう使わない物」として処分しないと、ただでさえ狭い我が家は、圧迫感ばっかり感じてしまい、ただでさえイライラしているのに、ますますイラついてきます。
     今月に入ってから、我が家の集合住宅は修繕工事が始まり、毎日、作業着やニッカボッカのお兄ちゃんやらオジちゃんがたくさんいます。工事中は、一時的に駐車場も民間の駐車場へ移動しなければならず、クジ運の悪い私は、中でも一番遠い駐車場を引いてしまいました。今までがベランダの真下が我が家の駐車スペースだったので、只今ものすごーく、買い物した後とか荷物のある時はその遠さに難儀しています。オマケに小うるさい問題児めかぶがいたりすると、吠えまくって暴れまくるめかぶを抱っこして、荷物持って、んでもって家の鍵持って、まさに地獄です。まだ晴れていればいいのですが、雨なんか降ってたりしたら、もう私は発狂すると思います。
    ねぎってば、給料前だけど、「ソフトムリーク」買ってくれないかなぁ…。 修繕には数ヶ月かかり、建物に足場が組まれて本格的工事になると、職人さん達から部屋が丸見えになるので、今までのようなスンゴイ格好も出来なくなり、年中グ~タラ婆にとって何か対策を取らないといけません。
     その工事のために、ベランダに置いてある物を全て片付けさせられ、一応は全住民用のベランダの物を置く為の仮置き場はありますが、どーせ使わないんだから、去年同様、ベランダの物もあ~この際、どれもコレも捨ててしまえ!症候群が発症し、清掃工場へ持ち込んで処分しようと思ってました。が、現場で毎日出る廃材を処分するので、ベランダに置いてある物に限りタダで一緒に捨ててくれるという事になり、タダならなお更、このチャンスを逃すまい!と、小さな物置以外、ぜ~んぶ処分してしまいました。すると、身震いも伴い感動するほどスッキリした我がベランダ!日当たりや風通し、そして一番の問題が人間性にあるのか、我が家のベランダでは草花が全く育たないので、園芸用品も全て処分してしまったワケです。
     処分するにも工事の関係で期限があるので、月曜日の朝起きたと同時に、夫とベランダの物を片付け、セッセと玄関まで運んでいたら、普段にはない行動に急に不安になっためかぶは、ブルブル震え出し、かと思うとキャンキャン吠え、家中をグルグルウロウロ歩き回り、姿が見えなくなったと思ったら、一番の安全地帯であるベッドに上がって、自分でもどうしたらいいのか震えていました。
     小1時間ほどで全部終わり、スッキリしたベランダを見ながらお風呂にお湯を張り、朝ゴハンを用意すると、ついさっきまでの不安ブルブルはどこへ行ったのか、ヨロコビの食欲のブルブルに変わり、あっという間に完食出来る神経って何?
     めかぶが我が家に来てからというもの、今まで静かだった日中が急に慌しくなり、いろんな人が玄関の近くを通るので、めかぶは気が休まりません。誰か近くを通るたび、吠えたり唸ったりと、番犬任務に大忙しです。今でコレですから、滅多に他人が来る事の無いベランダに、ニッカボッカの兄ちゃんやオジちゃんが通るようになったら、工事が終わるまでの数ヶ月間、どーなることやら…。
    グラビアアイドル、定番の「女(め)ヒョウ」のポーズ

    千利プー
    まんぞぉ父母と「まんぞぉ家のお墓参り」の道中図。当のまんぞぉは仕事で欠席。 最近、めかぶにチョットした発見がありました。
     一昨年っだたか、シャンプーした時に浴槽に入れようと試みたのですが、最後の思いっ切りが足りない夫は、めかぶがつま先をお湯に浸かっただで怖がってしまった事に怯んでしまい、湯船スレスレのエアスイム (空中遊泳) で終わってしまいました。それからといもの、いつもお風呂場でシャワーを使ってシャンプーするだけで、浴槽に再び入れる事はありませんでした。が、今年の1月だったか、私がお風呂へ入って入る時、夫と違って情け容赦のない私は、強行入浴を試みました。最初はやっぱり、つま先だけお湯についただけで怖がっていたのですが、無理矢理入れられたものの、適温の湯船がキモチ良くなってくたのか、数分もしないうちに顔以外ズッポリお湯に浸かれるようになりました。それどころか、お風呂から出そうとすると、出たくなくて怒るくらいにまでなっています。
    「な~んだ、めか、お風呂好きだったんだっちゃぁ~~!」
    長い時間、お湯に浸るのもどうかと思い、ほんの数分でお湯から上がらせたのですが、どーもそれが不満らしく、人も犬も寒い冬は、やっぱりシャワーよりお風呂の方がキモチ良いみたいです。
     先日も、ブロー役の私が一等先にお風呂に入っていたのですが、シャンプー役の夫がシャンプーの準備をするのにお風呂場へ入ってくると、自分だけとり残されたのがイヤだったのか、脱衣所で、クンクンフンフンと鳴いて(泣いて) いました。
    「めか、おとなしくそこで待ってなねっ!今から、アンタもシャンプーすっからねっ!」
    と言っても、ずっと不安げに鳴いていました。あまりにも、悲しそうに鳴いているので、仕方なく浴室へ入れてやると、お湯に浸かっている私の所へ来て、入りたそうにしています。
    「めか、風呂さ入りたいんだべが?」
    「んだがもよっ」(訳:そーかもよ)
    と言うと、
    「んで、またお風呂さ、入れてみっかっ?」
    「千利プー」の無防備な寝姿。となり、シャンプー役の夫が軽く下洗いをしてから、私が抱っこしてお風呂に入れると、めかぶはすっかり小原庄助状態になって、浴槽の縁にアゴを乗せて
    (あ~ぁぁぁ~、ごくらく、ごくらく!)
    と言う、仕事や人生に疲れきったオヤジのように、目をつぶりどー見ても恍惚顔になっていました。
    「なんだやぁ、すっかりオヤジの入浴と一緒だなぁ、めかは…。アタマに手ぬぐいを乗せたら、チョー似合うど~」
    と大笑いしていたので、他の住民が我が家の浴室の換気扇の下を通ったら、
    「まだ夕飯にも早い時間から、いったいこの家の中年夫婦ってば、お風呂でナニしてんだかっ…」
    と、変な誤解されそうです。が、単に犬をシャンプーするのに、寒いから一家総出で愛犬をお風呂に入れているだけです、ハイッ。正真正銘、それだけの事です。
     そして、もう一つの発見。
     柑橘系が苦手な犬が多いようですが、めかぶは柑橘系も大好きです。甘夏だってぜんぜん平気で食べられます。いつだったか、お昼ご飯にウドンでも食べようと、仕上げに柚子の皮を入れていたら、ノコノコやって来て、自分のがあるのかどうかを確認するワケです。冷凍ウドンの短いのが鍋に残ると、数本それがめかぶの分なのですが、その短いウドンにも余った柚子の皮と数滴の柚子汁をかけてみたら、躊躇することなくペロッと食べてしましいました。日本人でも子供の頃は苦手でも、年を取るに連れて、
    「あぁ、この柚子の香りとか醤油のこげたニオイ…、つくづく『日本人に生まれてヨカッタァ~~!』って思うよなぁ」
    ってしみじみとしたヨロコビを、このフランス原産国犬ときたら、もしかしたら「わびさび」がわかる千利プーなのかもしれません。あと何年かしたら、四畳半の土壁の和室に花一厘を生け、地味な掛け軸をかけ、切った炉に鉄瓶をかけ、おこした炭で静かに湯を沸かし、そのお湯でお茶を立て、ひたすらその沸く音を聞く…、そんな要素を持った犬だったら、かな~りスゴイよなぁ!
    お茶よりお菓子専門ですな、この“千利プー”は。

    丸坊主
    車や警官がいないのを確認して、「走れ~めかぁ~!」 お彼岸が近づいてきたせいか、多少、風は強かったりしますが週末からイイ天気です。飼い主に合わせておデブ化した嬢っちゃんは、誕生日の翌日からダイエット中です。ドライフードを多少減らし気味にして、その分、何かしらの具材とコンニャクで豆乳ゼリーを作り、お腹はマンプクだけどカロリー控えめなゴハンを、セッセと食べています。その効果なのか、抱っこした時のドッシリ感が減ったような気がします。
     冬の寒さから開放されたのも相成って、この週末は我が家には珍しく、一日に複数回の散歩を実行してみました。散歩以外に、コレといって出かけることのないめかぶは、散歩だけが一日のノルマとして課せられます。散歩を済ませれば、その日一日は、もう何をしても自由な身なのです。が、冬によくある飼い主のナマケ癖怠慢がおデブ化に拍車をかけてしまったので、今、そんな冬の雪ダルマ状態になってしまった「運動不足」と言う名の利息を払うべく、出来る限り冬の怠慢を相殺をしようと思ったワケです。
    オヤツがもらえるいつもの場所!なのでたまに先客がいるとチョ~不機嫌になる 土曜日に、午前と午後に散歩しためかぶはそれなりに、楽しんでいるようでした。
    「そっか、そっか! 一日2回のサンポがそんなに楽しかったのかっ!」
    と、先天性単純のーミソ構造な私は、
    「んだらば明日は、早朝・午前・午後の3回ダァ~!」
    と決め、キモチ良さそうに寝ている犬と亭主を叩き起こし、
    「ホレ~~ッ!起きろ~~~っ!!朝メシ前の1回目の散歩さ行くどぉ~~!」
    と、前日の安直思いつきを、キッチリ有言実行です。いつもの散歩コースは、30分~40分コースで、車の少ない早朝は、それに公道ラン(公に言ってはいけないのですが)が何度か含まれています。なので、普通の散歩としても小型犬にしてみれば、十分なんですけどね。朝ゴハンを済ませてから、午前中2度目はコースを変えて、やや短め30分コースの散歩を、
    (さっき、サンポしたばっかなのに、なんでまたすんのっ?)
    と文句タラタラでも、しっかり完歩。
    このピンクいのって、たべられんの? はてさて、午後はドコを歩こうかと考え、行った先は農業園芸センター。車で10分の所で、四季折々の花が楽しめる、市営の農業及び園芸を研究する機関ですが、一般に開放されています。今の時期だと、チューチップやパンジー、クロッカスなんかが咲いていそうなんですけど、チョコッとばかし早かったせいか、な~んにも咲いていませんでした。花壇は、ものの見事に丸坊主でした。せっかく行ったので、しかたなく園内を散歩していたら、いろんな種類の梅の木があって、この週末の暖かさで、ほんの少しだけ咲いていました。花壇が見事な坊主だったので、数輪の花が咲いている梅の木でも、他に見るものが無いせいか、人が集まっていました。みんな、春が待ち遠しいんですねぇ。
     園内を歩き回って、芝生の上を少し走らせると、朝からの疲れがあるのか、走る姿にまったくキレがありませんでした。どっから見ても、仕方なく走っているようです。小1時間ほど遊んで車に乗ると、もうグッタリしているおデブちゃんでした。正直、朝から張り切って散歩しているニンゲンのおデブ婆もグッタリです。めかぶは家に着いてすぐに足を洗い、私がパッパッパ~と乾かすと、いつもならスイッチが入っていないコタツにはガンとして入らないのに、最後の気力でノソノソと入って、晩ゴハンの気配がするまで爆睡していました。
     4歳にしてグ~タラ犬が、初めて日に3度の散歩をさせられたんですから、疲れるのも当然ですけど…。あまり疲れさせても可哀相なので、今日の散歩は、公共機関にはよくあるように月曜・休みにしました。しっかし、なんとまぁ、適度という言葉を知らない飼い主なんだっ!
    見事なまでの丸坊主な花壇。あと10日もしたら、何か植えてあるのになぁ…

    白い日
    写真上:味見に自分で買ってみた「マカロン」ホワイトデーバージョン。写真下:仙台人がいう「マコロン」はコレなのだっ!! 今日はホワイトデー。
     義理チョコを貰うのも良し悪しで、今年は数年ぶりに義理チョコを1個を貰ってきた亭主。いつも、お返しを買うのも私の役目で、巷では3倍返しなんて騒いでいるので、3~4人連名で500円前後のハート型チョコ1個に対して、
    「んだばアンタ達で、コレ、みんなで食べてね!」
    と、一つだけを渡すわけにもいかず、なんともコッチの立場からすれば迷惑なイベントですがな。まぁそれは、当時勤めていた会社の話でして、しかも亭主曰く、
    「まったくもって、かなりムカつくオンナだべさっ!」
    と常々言っていた事務員も一口絡んでいるらしく、財務大臣仕入れ部長 (私ですね) にとってはなお更、買いに行くのもバカバカしい。なので、ムカつく事務員500円チョコは、それ1回だけ貰ってから
    「オレに対して、義理チョコなんぞに無駄なお金とエネルギーを使うなら、その分、募金と仕事に使え!」
    と、義理チョコ禁止令を出して、我が家はしばらく平和な時が続きました。が、男ばかりの今の会社に、最近、女の子が二人入社してきたせいか、またしても、我が家に義理チョコが復活しました。まぁ前の会社と、人も体制も全く違うので、ここはおとなしくチョコを頂き、亭主を含め3人のオヤジからという事で、忙しいオヤジ達に代わって私が、ホワイトデーのお返しをチョイスしたワケです。
     そもそもバレンタインデーは、聖バレンタインが、ローマ皇帝クラウディウスが出した恋愛による結婚禁止令に違反した男女を救うため、2月14日に殉死した事によって出来た日らしいのですが、ホワイトデーなんていうのは、30年前に全日本飴菓子工業協同組合によって、仕組まれたイベントで、それに加えて今じゃ、ジュエリー業界だの、なんだのかんだのまでが便乗しているので、腹中では密かに、ホワイトデーのお返しを期待しているイマドキの女の子に対してのお返しは、ホント大変です。
    「スゴイいろのピンクでつねっ!アタチにも、一口おくれっ!」 夫が、
    「オラ、めかちゃんから、バレンタインに何~んも貰わなかったから、オラもめかちゃんに、お返しは無いんだも~ね~!」
    と、面と向かってめかぶに言っていたのが聞こえてきたので、
    「あいや~なんだべぇ~、毎日“めか”から、朝な夕なにキッチリと定時『チョコ』貰ってっちゃぁ~~」
    と言うと、
    「あ~、んだが!オラ、毎日『ウンチョコ』貰ってったなぁ…。んだげど、まだ食った事はねぇなぁ…」
    と、亭主は笑っていました。
     一昔前までは、デパ地下のお菓子コーナーやホワイトデーの特設会場には、男性の姿はほとんどなかったのに、夕方にもなると、最近はケータイ片手に、電話の相手が会社の同僚なのか先輩なのか、話ながらお返し選びをしている若い男性で溢れていました。時代って、やっぱり変わるもんですねぇ。
     オンナ友達どころか、ボーイフレンドすらいないめかぶは、世の中のそんな風習も無関係だし、ましてや他犬にオヤツを分けてあげるなんていう優しいココロも持ち合わせていないので、バレンタインもホワイトもめかぶの辞書には載ってないのです。
    (もらえるものは何でももらうけど、まちがってもゼ~ッタイにアタチのオヤツはあげないのね~ん!)
    アタチのモノはアタチのモノ。だれかのモノもアタチのモノ。天下はアタチの下で回ってるのね~ん!

    500円で安心
    最近「かぶりつき」を覚えたのですが、噛めません 朝、ボォ~っとしながらテレビを点けていたら、サッカーくじの配当金が、現在積もり積もって6億円だと夢うつつな私の耳に入ってきて、一気に目が覚めました。確立はジャンボ宝くじ・1等&前後賞の当選よりもかな~り低いですが、外れて当然、当たれば一人バブル!なので、ビンボーな私は一発当てようと、販売期限ギリギリの今日の昼前、コンビニのtoto券販売機の前に立ち、何の知識もないのに恐る恐るタッチキーを押し、一攫千金の夢を1枚買ってきました。発表は9日です。発表後に我が家が、月に2回、めかぶをトリミングに出すようになったら、6億円をGETしたと思ってください。
     話は変わって、年末に夫が忘年会の景品に、ノベルティグッズを持ち帰ってきました。見るからに、ショボイ物だったので、
    「んなモンさぁ、ゴミになるだけだっぺさ~。それにしてもショボイなぁ、もう!」
    と、年末の最終ゴミ収集日までには、サッサと捨てようと思っていたのですが、捨てるまでのほんの2,3日の間、その考えが変わってしまいました。
     貰ってきたのは、500円玉をすごろく風に1枚ずつ貯めていくと、「上がり」のゴールまで貯めると3万円になるノベルティグッズでした。たまたま、財布に500円玉が2枚あり、振り出しからその500円玉をいれていくと、根っからのビンボー生活をしている私は、なんとなく気分だけリッチなった感じがしました。小銭貯金なんて子供の時にしたっきりなので、妙に懐かしかったのかもしれません。それ以降、チョット買い物をしては、セッセと500円玉をお釣りにもらうような小銭の出し方をし、ほんの2日で3千円ほど貯まりました。4日目のゴミ収集日の朝には、4千円が貯まったせいで、捨てるに捨てられなくなってしまったのです。どうせなら、もう3万円を貯めようと、お正月になってもセッセと500円玉すごろくをしていたのですが、ふと
    「順調に3万円貯まったら、ソレをなじょすっぺ(訳:どうしましょう?)?」
    たかが500円玉、されど500円玉。コレが我が家の「めかちゃん貯金」という疑問が出てきてきました。何か食べ物に使ってしまうのももったいないし、かといって、欲しい物も無いし、果たして、いつ3万円に達するかもわからないので、夫と協議の結果、めかぶの誕生日まで貯めた分を、今後の予測不能な事態に備えて、ココはひとつ地道に貯金する事にしました。
     思えば、去年の夏、めかぶが手術することになったのが発端でした。犬の病気やケガは、いつ何時そんな事態になるかわかりません。病院によっては、そんな不意な出費をカード払いで支払いをさせる病院も少なくありません。幸い、めかぶの病院の先生は
    「お金の心配は後にして、まずはめかぶの健康を先に考えればいいんだからっ!」
    という、獣医の赤ひげ先生的なところがあるので、正直、突然手術をする事になった我が家にすれば、そんな一言に助けられました。いくら動物保険に加入しているとはいえ、それなりに出費はかさみます。それと、もしも死んだ時の事を思うと、市の一般動物火葬に出して、他の動物と一緒に灰にさせるのも考えてしまうし、せめて我が家なりに、ちゃんと送ってあげたいなぁと考えてしまいます。そーすると、差し当たって一番必用なのが、現金なんですよねぇ。
     コレを機に、少しずつでも「めかぶ貯金」をしなければ!と、思ったワケです。そこで誕生日の朝一番に、手堅く株価の高い安定した銀行に口座を作り、年末から貯まった500円玉を預けてきました。さすがに3万円までは貯まりませんでしたが、出費が多い年末年始にセッセと500円玉を貯めてたせいで、変に生活が苦しかったんだよなぁ。夫も
    「オラ、めかちゃんのために節約するぞぉ~~!」
    と、張り切ってはいましたが、果たしていったいどのくらい貢献したんだか、本人は知っているんだろーか?
     めかぶが今後、大病もせず、ただただ天命を全うしてくれれば一番の飼い主孝行なんですけど、コレばっかりは凡人にはわかりません。ただ、去年の病気が発覚した時、私も夫も、いずれ来る別れに対して、真正面から考えたのは確かでした。たかが500円玉ですが、そんな安心があるのと無いのでは、キモチ的に違うような気がします。
     まっ明日、6億円当たれば、そんなみみっちくてセコい事なんか、だ~れもしないもんね~~。
    この平和な顔を見るために、飼い主は必死なのです。あぁ、憧れの6億エ~ン!

    ズングリちゃん
    「クンクン、何だコレは?初めてのニオイなのね~ん♪ (実は、誕生日直前にクッキーを焼いみたのです) 先日、病院で体重を測定したら、4.12kg になっていたズングリめかぶです。ずっと、3.8kg 前後をキープしていたのに、飼い主のチョットした油断と怠慢がこんな結果になってしまいました。
     出がけにウンチョもしてなかったのも、多少は増加につながっていたように思います。だから、麻酔をかけられた時に、おケツから顔を出していたんですけどね。小型犬ですから、当然1回の排泄で200gも減るワケではないですから、やっぱりドッシリちゃんになっていたんです。
     万年デブ症な私が、めかぶの事をアレコレ言うのもお門違いなんですけど、飼い主のコントロール次第では何とでもなりそうなので、節制もなく誘惑に弱く自分に甘い私と違って、めかぶの場合は、コチラが少し鬼になれば、すぐに元の体重に戻れる範囲です。
    テレビの文字に注意!まるで我が家を見透かしているような…。 そろそろフィラリアの薬の季節も近くなり、3kg台用と4kg台用では1錠当りの薬代も違うので、物価高騰の折ですから、めかぶにも少しは家計に貢献してもらわないと…。
     不幸中の幸いとでも言うべきなのか、めかぶは、誕生日のスペシャルゴハンを食べると、次も同じ様な物が出てくると思うのか、ほとんどドッグフードを食べなくなります。朝に出したゴハンを半分以上残すので、夜は残したフードにトッピングだけをを少し足して与えて、やっと完食するか数粒は残してしまいます。減量にはちょうどいいのですが、褒められるような習慣とは言えません。
     何日か前に、夕飯のおかずにピリ辛コンニャクを作るのに、コンニャクを下茹して乾煎りをしていました。コンニャクがナベで、カラピリカラピリと水分が無くなった音を出すと、その不思議な音に反応して、めかぶがノソノソと台所へやって来ました。ずっと、小首をかしげて不思議そうな顔をしてジッと見ているので、
    「なぬっ?めかちゃん、コンニャクば食いだいのすかっ?」
    と言うと、耳をピクピクとさせてシッポをブンブンし始めて、何かを期待しているようでした。犬にコンニャクなんて食べさせてもよい物かどーか迷いましたが、たぶん食べないだろうと小さくした物を差し出すと、軽くニオイを嗅いで、何の躊躇もなくペロっと食べてしまいました。
    「あいや~~!アンダ、コンニャクまで食うのすかぁ~!」
    と驚くいたのもつかの間、もっと食べたいようで、ウルウルさせてナベの方を見ています。小さいのをもう1個食べさせて終わりにしましたが、本犬は満足していないようです。ネギやチョコほどは身体に悪くはないと思うのですが、石灰とかが使われているので何かあったら大変ですから。何の味もないコンニャクがオイシイとは…、不思議な犬です。あれで多少は、胃腸の掃除になったんでしょうか?
     で、先日の歯石除去中に、先生にそんな話をして
    「先生~、犬にコンニャク食べさせても大丈夫なんですかぁ?」
    と聞くと
    「まぁ、バガスカ食べさせなければ、別に大丈夫だぁ。めかぶのダイエットになるっちゃ!アハハハ~~」
    と、一笑されたものの特別問題もなさそうなので、トッピングにコンニャクを使ってみようかと考えてます。
    「アンタらも、せっせとコンニャクたべて、アタチのフィラリアまでダイエットしなよねっ!」
    って、一喝吠えされそうです。

      久々に「たんちき食堂」更新しました。
    4歳の誕生日プレゼントは、「ねぎ特製・カボチャとバジルのクッキー」なのだっ!


    4歳ダァ~!
    ボロ雑巾から普通の犬に戻ったでありまつっ! 日曜日は、怒涛の耳毛&歯石除去へ病院へ行き、月曜はトリミングに連れて行き、どうもそれ以来、私はめかぶに避けられています。
     完全に麻酔が切れて、飲食が出来る時間になってから少し咳き込むようになり、夜中はずっと咳き込んでいました。
    「めか、ナヌしたの~~?大丈夫すか?」
    と声をかけると、ベッドで一緒に寝ていてもススススス~と、茶の間で作業をしている夫の所へ行ってしまいます。何か、声を出したいときに咳き込むようで、ノドに違和感があるのか声も出せず、咳き込みを繰返すばっかりでした。朝になっても咳き込みは治まらず、思い起こせば、病院から帰ってきてから一度も吠えたり唸ったりもしてなかったので、何かあったかっ?と、様子を見るのに、めかぶのキライな玄関のチャイムを鳴らすと、
    (おぉ!そーだった!アタチは吠えても多少は許される犬だった!)
    と思い出したのか、いつものように激しく吠える事ができました。が、また吠え終わると、咳き込みます。月曜日は、トリミングの予約を入れていたし、前日の病院でボロ雑巾のような顔になっているので、4日の誕生日には、どこもかしこもキレイサッパリ子になる予定だったのですが、場合によってはトリミングは延期しないといけません。
     一度、吠えさせたのが良かったのか、それから何度かめかぶの本能をワザと刺激させては、吠えさせたり唸らせたりたりしているうちに、ノドの違和感が少しずつなくなってきたようで、咳き込む回数も減ってきました。一応、電話で病院に確認してみると、麻酔の時に、ノド奥まで入れた管の違和感が残っていて咳き込むのだそうで、変な空気 (麻酔の事です) を吸ってから記憶がないめかぶにしてみれば、その空白の40分の間に何があったのかなんて知るハズもなく、
    さほど、去年と代わり映えのしない「祝い膳」(なんだか急に、ノドが“いづい”のね~ん!)※いずい…訳:違和感がある。靴を右左履き違えた感じ
    と、ひとり不安になっていたかもしれません。
     先生からも、トリミングは大丈夫!と言われたので、予定通りトリミングをしに出かけると、だんだん目的地に近づくにつれて落ち着きはなくなり、大好きなオヤツにも目もくれず、ずっと不安な声で泣いています。車を止めて、抱っこされて向かった先は
    (やっぱ、案の定、ココだったか…。“飼い主にだまされる”とは、この事かっ…)
    と、めかぶは諦めの境地ですが、抵抗しても無駄なのは承知しているので、どこかガマンしているようでした。
     日曜、月曜と立て続けに、朝ゴハンを食べ、落ち着いた頃に私に抱っこされて家を出て、車で向かった先は、病院だのトリミングサロンだのと、ドレをとってもめかぶにとってキライな所なもんですから、家に戻って来てからというもの、何かを警戒しているのかめかぶは食べ物絡み以外、決して私には近づいてこないのです。すっかり、悪役の嫌われ者になっちまったもんだ…
    「な~も、憎ぐてオメェに、こんなごどしてんでねぇんだどぉ~」
    と、ドラマ「おしん」で、行く先々で意地悪役がおしんに言ったようなセリフを、私もめかぶに向かって言っていました。
     そして誕生日当日の火曜日は、決まって夫が出かける日なので、めかぶは仕方なく私と家にいますが、いつものように私の三段腹に乗って甘える事もなく、朝だって、いつもなら寝ている私の首に乗っかかってくるのに、昨日、今日は全くそばにすら来ません。微妙に距離を置いて、冷たい視線で私の様子を伺っているんですから。よっぽど奥深くまで根に持ったもんだなぁ…。それにしても、なんで私だけが悪者になるんだか…、まんぞぉも共犯なのにさっ…。
     んでもって、アンタは今日が4歳の誕生日なんだよっ!全部、今日に向けてのイベント?なんだがんねっ! by ねぎ&まんぞぉ
    偶然にも、今朝の「はなまるマーケット」で、旬のメカブ特集をしてました!


    置き土産
    このあと2時間後に、自分に起こる悪夢を知らず、平和な時 ここの所、散歩はサボり気味だったので、めかぶを抱っこした時に微妙なドッシリ感がありました。これ以上ないっていうくらいのとっておきな顔をすると、そんな飼い主の弱点を熟知しているのか、何かしていても自分に関心を仕向け、目の前にある食べ物やオヤツは「キッチリ貰うもんね!作戦」が成功するワケです。しかも、1ヶ月前に切った毛が伸びたせいか、2割増ししたような体型もこのドッシリ効果に加担しているのです。
     誕生日前にトリミングしようと予定を立てているのですが、耳毛の手入れは年末にしたっきりで、病院へ行けば治療中の鼻水とヨダレで顔はグジュグジュになるので、いつも耳の手入れの治療は、シャンプーやトリミング前に行くようにしていました。耳の毛も、かなりボーボー状態で、もしかしたらいつぞやのように、麻酔をかけて奥の毛を取らないといけない状態なのかも知れないなぁ…と思いつつ、ならば、どうせ麻酔をかけるなら、ついでに歯石も取った方がいいなぁ…、とアレコレと考えてしまいます。前回、歯石を取ってから1年と少し。歯磨き担当の夫の磨き方が悪いのか、食意地がはった犬の性分なのか、確実に歯石が蓄積されています。どっちにしても、病院へ連れて行かないといけないので、誕生日前にどこもかしこも、キレイサッパリさせる事にしました。
    昨日の散歩で見せる「得意気」な顔 診察の結果、歯石が原因の歯周炎の初期だそうで、当然即刻、麻酔を使っての歯石除去となり、私の予定とは違って、そのついでに耳毛を取ることになりました。処置には多少時間がかかるので、お昼に予定がある我が家は一度家へ戻り、午前の診察が終わった時点で再度連れて行って、ゆっくり処置してもらう事にしました。
     めかぶの歯周炎は、部分的に歯茎がうっすら紫がかっていました。まだ、この程度なら、レーザーで焼いただけで、すぐ治るそうなので問題は無いのですが、コレをそのまま放っておくと、当然、歯周病になり、やがていろいろ病気が発症する原因になるのだそうです。怖いですねぇ…歯周病は。歯磨きメーカーが、必死で歯周病予防の商品を売るワケですよねぇ…。やっぱり、キチンと歯磨きを真面目にして、年に1回は、ちゃ~んとオーラルケアをしてあげないといけないようです。高齢犬になればなるほど、それ以上にケアが大切なんだと、先生が言ってました。診察が終わった時間なので、他に診察待ちの患者?も居ず、めかぶを処置をする先生と、アレコレ話をしながら、そんな事をいろいろ教えてもらってきました。
     30分ほどで処置が終わって、めかぶを抱き上げようとした時、オシリの穴に異変がありました。
    なんで、おケツに梅干があんのっ?
    って思い、よくよく見てみたら、麻酔で筋肉がゆるんだせいで、朝からおメドに残っていたウンチョが、今まさに世に出ようとしていたシロモノでした。助手のお兄さんが、その生まれる寸前のウンチョを取ってくれたのですが、若いお兄さんには、生まれていないウンチョを取るのに慣れていないせいか、少しオシリの毛についてしまいました。そのオシリを洗っている間、先生が診察台を片付けていると、小さなウンチョがコロリと1個。
     家を出るときに「もしや?」と思って、再三、あんなにトイレを促したのに、ガンとして用を足さなかったのが、こんな所でやらかすとは、まったく、もう!アンタぐらいだよ、ウンチョの逸話が数え切れないくらあるのは。
     歯石を取っているときに、抜けそこねた乳歯が1本ありました。それと、やっぱり体重は、ついに恐れていた4kg を越えていました。が、梅干ウンチョで、もしかしたらギリギリ4kg を割ったかも?
    落ち武者 or ボロ雑巾

    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。