がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    花のお江戸は…
    ここはテラスで犬OK!です。ナントカかんとかナシゴレン・ランチ 江戸から帰って早一週間です。まぁ日帰りですから行ったのも一週間前ですが…。
     今回、久々に上京して感じたことは、日本はまだまだ犬連れで入れる所は海外と比べると発展途上国ですが、随分と様子が変わってきたように思いました。ほんの数年で様変わりしてしまう今の時代は、ちょっと離れてしまうと『浦島太郎』状態です。私が最後に東京へ行ったのは、ちょうど6年前でした。この時生まれた子供は小学生になり、ピカピカの1年生は中学に上がる年月です。その6年前の携帯電話は、液晶が白黒で着メロは単音の1オクターブと少しだけを、自分でチマチマと入力していた時代だったのですが、今はカメラ付きが基本になって、テレビ電話が当たり前なり東京⇔仙台を繋いで顔を見ながら話が出来るのですから…変わってしまうのは当然といえば当然です。
     今のお江戸はオープンカフェがアチコチにみられ、犬を連れて気軽に食事やお茶が楽しめます。やはりいろんな国の人が生活できるだけあって、一昔前とは考えなれない位に充実し、犬連れが肩身の狭い想いをすることが少なくなったように感じられました。が、その一方、名ばかりの政令指定都市の仙台は、まだまだ犬連れには否定的で、どこへ行っても『犬OK!』とはいかず、食事どころかお茶すら出来るお店がないのです。繁華街でもシャッターが閉まったお店も所々あるくらい、ビンボーな仙台はオープンカフェなど大してあるわけもなく、せいぜい外資系の世界展開しているカフェの店先にちょとしたテーブルと椅子が一つか二つ用意してあるだけです。雨が降ったら使い物にならず、空っ風の仙台での店先の一つ二つのテーブルで都会人気取ってお茶しても、ココロも身体も寒いだけです。
    高~いビルでゴハンが食べれんの? せめてパティオのように奥まった野外にテントを掛けてくれたら、まだゆっくりとお茶を飲む事もできますが、すぐ目の前は普通に通行人が歩いているのですから、気取ってお茶をするなんて夢のまた夢の田舎町なのです。郊外の一戸建てで個人が経営しているドッグカフェへ行かなければ、犬と一緒に食事なんて出来ません。それも、ごく当たり前な簡単な物ばかりです。「めかぶ」を連れて少し遠出をした時は、コンビニやファーストフードのドライブスルーで買うしか方法がないので、楽しさも半減されてしまいます。たぶん仙台に限ってのことではないとは思いますが…。
    アタチもストローで“おちゃ”したーい さすがに、雑誌で特集が組める東京・横浜・神戸などは、犬を飼っている人達には、仙台のような地方からすれば、まだまだ規制があるにしても天国のような地域なので、愛犬と一緒のショッピングや散歩にしても環境が整っているようです。そんな充実した地域は、ワンコ友達との『オフ会』も楽しいハズに決まっています。そして、ワンコOKで美味しい新しいお店の開拓にもチカラが入るのも頷けます。お店同士も良い意味でのライバル心も芽生えてくるので、イイ方向へ向いていくのは当然なのです。
     そんな話を帰って夫にすると、かなり興味を持ったようで「行きてぇ~!めかちゃんと一緒にオラも行きてぇ~!」を連発し、今度は自分も一緒に「めかぶ」を連れて花のお江戸へ行く準備を着々としている気配のある夫なのです。


    【2005/06/15 07:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    この「ハナシ」へのコメント
    from “tare”
    ねぎさぁぁん。もうトラバいただいたんで見られたとは思いますが、やっとこうちののろのろネットでUpしました。もう1週間ですか。早いねー。
    なんかすんごく楽しかったですよね~~~。家に帰って、ずっと話してましたよー、ねぎさん弁を真似しつつ♪なんか行く前には、「だいじょぶ?ほんとに女の人なの~?女の人のふりした男の人じゃないの~?ネットでの知り合いなんて危険!」とか言っていたうちの父も、話してきかせたら、いい人に会えてよかったねー、だって(笑)
    【2005/06/15 10:24】 tare [ 編集]

    from “ねぎ→tareさんへ”
    「tareさんのおとーさぁ~ん! ホントは“ねぎ”って、危険な怪しい“オトコ”だったんですよ~!若いオンナを食い物にして、生活してるんですよぉ~!」

    コメントを残そうと思ったけど、のろのろネットでは返事を書くのが、大変かと思ってTBにたのですよ。

    で、その“ねぎ弁”ってゆーの一回、聞きたいですぅ!
    おっかしいなぁ、私の言葉は国営放送のアナウンサー並みに、キレイな標準語を話しているハズなのに…。
    楽しかったですねぇ。広島はどーでした?今日あたり“みゆさん”と再会してるかな?今度は、横浜へ進出だね~!
    まんぞぉは、tareちゃんが仙台に来るのを、う~んと楽しみにしてんだよ!僅かな可能性に期待していますよん!
    【2005/06/15 11:38】 ねぎ→tareさんへ [ 編集]

    from “こうすけママ”
    おお~このたびはまんぞぉさまにお世話になりありがとうございました。お陰様で 自分のHPを開けるのが楽しみになりました!

    ところで お江戸では随分素敵なところにも行かれたのですね!私もお江戸の端っこに住んでいますが近隣にはドッグカフェも少ししかなく また 出来ても すぐ閉店してしまって もう少しなんとかならないかなぁ・・・と 思っています。

    お江戸に女優「めかぶちゃん」つれていらっしゃるの?
    すごい!報道陣の隙間からこっそり見せて頂きたいわ!やっぱり自家用飛行機かしら?
    【2005/06/16 07:03】 こうすけママ [ 編集]

    from “ねぎ→こうすけママさんへ”
    ヨロコンでいただけて、嬉しゅうございます。
    何かありましたら「PC・よろず承りマス!」でございます。ピンハネの元締めは私ですが。。。ガハハハハッ!
    すぐ、閉店も困ったもんですね。なかなか、お店の運転も難しいとは思うけど、もう少しガンバってもらいたいよね~!
    隙間からコッソリ見ないで、堂々と楽屋を訪れてください。
    【2005/06/16 13:40】 ねぎ→こうすけママさんへ [ 編集]


    この「ハナシ」へのコメントの投稿
    「文字化けしないための」お願い









    管理者にだけ表示を許可する


    この「ハナシ」へのトラックバック

    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。