がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    無視・無視・無視
     我が家へ迎えてから1ヶ月位経って、段々と小悪魔の要素をジワジワと現し始めた「めかぶ」です。「躾」は初めが肝心と、心を強く持って「めかぶ」に接してきた私と夫でしたが、段々と私達にも慣れてきたせいかイタズラや無駄吠えの頻度が多くなってきました。やはり「めかぶ」の方が一枚上手なのか、私達がどこか甘やかしているのを密かに感づいていたのだと思います。
     飼育書を読むと「躾」や「社会生活」を身につけるには、丁度良い時期を迎えました。「めかぶ」はシャツやズボンの裾に噛み付くは、サークルから出して遊んでほしいらしく飛び跳ねてキャンキャン鳴くは、とにかく気に入らないと「犬吠え」にはまだまだ修行が足らない無駄吠えをし、とにかくヤンチャ度が日増しに悪化してきました。鳴いている時は、絶対に好きにさせてはいけないと本にも書いてあったので、静かになるのを待ってから「めかぶ」の望みを叶えるようにいていました。
     何が気に入らないのか、私の方が段々と我慢の限界のラインを越えそうです。叱っても全く反省の気配も感じられなくなったある日、私はリビングに「めかぶ」を残してドアを「バタン!」とやや強めに閉めて寝室へ行きました。この時初めて「めかぶ」も事の重大さに気付いたのか、ガラス越しに見える「めかぶ」はドアの前にちょこんと座り、私が戻って来るのをジッっと待っています。私も意地があるので、そう簡単には戻れません。15分程の冷戦の末、私が戻ると「めかぶ」はゴメンネ、ゴメンネ、と言ってるのか私の側から離れず、ここで許すと「めかぶ」のことですから、すぐに忘れてしまうハズなので更に無視を続けたのが、かなり堪えたのか効果テキメンでした。
    ごめんね!謝るからひとりにしないで それでもお調子者「めかぶ」はすぐに図に乗ってくるので、私は先手を打って「無視」をするのです。
     部屋を出たり、背中を向けて「めかぶ」を突き放したり、「めかぶ」の挑発にはまったくの無視をしました。冷戦の時間も回を増す事に長くなり、そっと様子を見に行くと待ちくたびれたのかドアの所で眠ってしまい、私はどこかマヌケな気分です。
     私と夫は協定を結び「行くよ」の合図で、部屋を出て行くようにしていました。
     「めかぶ」は、私達に無視されるのが一番ツライらしく、同じことで怒られるのが少しづつですが減ってきたようです。


    【2004/09/04 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この「ハナシ」へのコメント

    この「ハナシ」へのコメントの投稿
    「文字化けしないための」お願い









    管理者にだけ表示を許可する


    この「ハナシ」へのトラックバック

    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。