がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    お泊りと乳がん(後編)
     あまり症例の無い難病に罹った父の亡骸を病院の霊安室に残して、母と家に戻ってきました。死因に至った脳内出血の解剖をさせて欲しいという、病院側からの要望を承諾したためすぐには父は家には戻れません。かなり周囲に迷惑ばかりかけていた父なので、最後くらいは役に立って欲しいと家族一同の意見でした。実家に母を下ろしてそのまま私は自宅へ戻り、玄関の鍵を開ける直前から私の気配を感じたのか、激しく吠える声が聞こえています。部屋に入ると勢いよく飛びつき、がるるるっしては身体中で喜怒哀楽を訴えてくるので、私は身動きがとれません。5分程でやっと落ち着きを戻した「めかぶ」は、安心したのか昨夜の食餌が消化されてないままの状態で嘔吐してしまいました。いつもは胃液だけの嘔吐物なのですが、今回は「めかぶ」にかなりのストレスを与えてしまったようです。家に残っていた夫に状況を話し、午前中に打ち合わせに出掛ける夫が家を出る前に、私は実家から頼まれた買い物を済ませ、私の用事と家事を終わらせて夕方までは「めかぶ」と眠ることにしました。「めかぶ」もかなり疲れているようで、「くーぴーくーぴー」と寝息を立てて私にピッタリとくっ付いて眠っています。
    大好きなくつちたのオモチャ 夫が打ち合わせから戻るのを待って、「めかぶ」を連れて実家へ向いました。チャーリーはすでに近所のホテルに預けており、問題は明日からの「めかぶ」の受け入れ先です。今までほんの4,5時間の留守番しかしたことの無い「めかぶ」を、丸一日以上ホテルに預けても大丈夫なのかとても不安です。ただでさえストレスを感じている「めかぶ」が、少しでも不安がらずに居られる方法をアレコレと私と夫は考えました。罹り付けの動物病院でもホテルもやっているのですが、入院中の動物の中に置くのも可哀相だし、病院嫌いになられても困るし、何もする事のない実家で私は明日・明後日の「めかぶ」の心配だけをしていました。結局、翌日の昼から1泊でいつもトリミングをお願いしているショップに預ける事にして、寂しい気持ちを紛らすためにも迎えに行く時間までトリミングをお願いしました。私は午前中に2食分のフードや飲み薬の指示を書いたりと、初めてお泊りをする「めかぶ」の準備をしながらも心配でなりません。私が準備をしている側で、「めかぶ」お気に入りの私の靴下で遊んでいるのを見て私はそれを持たせる事にしましたが、いくら何でも靴下そのままではビンボー過ぎるので、少しアレンジをして簡単なオモチャに変身です。お昼にショップへ連れて行き、後ろ髪を引かれる思いで実家へ向いました。
     涙よりも笑いが起こる通夜と葬儀・法要を済ませて、やっと「めかぶ」を迎えに行けると思うと気持ちは逸り、ショップへ今から迎えに行く連絡をした時に昨夜の様子を聞くと、私達が心配した程では無かったようで一安心です。ショップへ着くと「めかぶ」は最後の仕上げの段階でその様子がモニターに映っており、嬉ションを懸念して持参した紙オムツをつけてもらう「めかぶ」の様子は家と同じように、トリマーさんにお尻を向けて待っているのを見てつい笑ってしまいました。
     担当のトリマーさんに連れて来られた「めかぶ」は、一瞬「?」と変な“間”がありましたが、我に返ったのかいつもの「がるるるっ」が始まり、舐める噛むを繰り返して怒っているようでした。
     やっと落ち着いた時に、担当のトリマーさんからとてもショッキングな事を教えられました。「めかぶちゃんの前足の付け根に少し大きい“シコリ”がありますから、専門の先生に一度診てもらった方がいいと思いますよ」と言うのです。初ヒートが来てから今まで分からなかったオッパイも急に大きくなり、私も両前足に変な“シコリ”は気付いていましたが、「まさか…」と半信半疑でしたが私達より沢山の犬を扱っているトリマーさんの言うことなので、「やっぱり、そーなのかな?」とショックを受けました。「何も葬儀の日に…」と思いながら夫と車に乗り、その足で罹り付けの病院へ「めかぶ」を連れて行きました。何も分からない「めかぶ」は相変わらず思い出したように「がるるるっ」と舐め噛みを繰り返しています。父が死んでも涙一つ流さない『冷血娘(私)』ですが、「めかぶ」の最悪な結果が出たらどーなってしまうか想像もつきません。ドキドキしながら診察を受けると先生は「これは乳腺ですよ」と診断されました。犬はオッパイの数が決まっていないので、知らないと“シコリ”と間違う事も多いと言っていました。「めかぶ」は少し早熟なのか乳腺の発達が早いようで、「想像妊娠してる可能性もあるかもしれない」とも言ってました。「もし心配な時は月イチに耳の治療をする時に診ますから大丈夫ですよ」と言われて、やっと私と夫は安心しました。そのまま、もう一度実家へ向いお線香をつけて早めに自宅へ戻り、ここ数日の慌しさの疲れでこの日は一家で早々と就寝となりました。


    【2004/12/14 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この「ハナシ」へのコメント

    この「ハナシ」へのコメントの投稿
    「文字化けしないための」お願い









    管理者にだけ表示を許可する


    この「ハナシ」へのトラックバック

    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。