がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    あまくり~ちょーだい!
    あんなにあったのにぃ… 私は『天津甘栗』を見つけると、「あっ『てんつあまくり~』だぁ!」と大きな声で読むので、夫は恥ずかしいのだそうです。私は日本人なので、『てんしん』とは学校で教えてもらっていません。『てんしん』と言ったら『点心』の方が私は納得できます。それに中国には行ったこともありませんし、未だに『天津丼』も食べた事もありません。PCにインストールしてある辞書も“てんしん”で変換すると、“天津”の漢字は出ますが意味の部分になると“あまつ”と出ています。ホントは『あまつあまぐり』と読めばいいのですが、そーすると本当に知らないと思われそうなので少し見栄を張っています。
     時々、無性に甘栗が食べたくなってスーパーで買うのですが、やっぱりスーパー用です。美味しくありません。私は甘栗にはちょっとウルサく、甘栗だったらどこのでもイイっていう妥協もせず、必ず「いんちき…」管理人御用達の指定店があり、ほとんどはそこで買います。その店は、ちょうど「めかぶ」のトリミングをしてもらっているお店の真向かいで、最近はトリミングをしてもらった日は必ず買います。有難い事に、いつも店頭と店内のカウンターに試食の甘栗が置いてあるので、一粒もらって車で待っている「めかぶ」にトリミングのご褒美として食べさせます。トリミングが終わって迎えに行くと、毎回“がるるるっ”と暴れて落ち着かせる為にも、甘栗はお助け食品です。「めかぶ」も幼犬用ではなく、普通のオヤツが食べられるようになって、初めて甘栗を小さくして与えてみたら一度で味を覚えてしまいました。食べさせたら最後、きりが無くいつまでも「あまくり~!」と脇の下から顔を出してねだります。私も食べ始めたら、きりがないので自分にブレーキを掛けながら食べるようにしていますが、年期が増すごとに“てんつオババ”は、ブレーキパッドもオイルも消耗して効き目が悪いようです。
    強い味方のくりわり君 そして「めかぶ」は、コタツに潜って寝ていても、甘栗を“くりわり君”で皮を剥いた途端に、コタツに頭をゴン!とぶつけてまでも慌てて出てきます。ドッグフードは残しても、甘栗は別腹のようで「オシマイ!」と言っても信用しません。「アタチがコタチュにもぐったらば、また、たべるんでしょ!」と思ってるみたいで、私から離れずジッと私の『手』ばかりを目で追っています。スルドイ野生の勘です。
     やっぱり甘栗は、煎り立てが美味しく出来たてを食べると幸せでいっぱいです。1日、2日と時間が経つと味も落ちてくるので、フライパンで乾煎りをするとどこにいても、タタタタッと台所に現れる「めかぶ」です。
     蛇足ですが、私は包丁で野菜を細かく切る時に何故か、三三七拍子のリズムになっています。それでいつも笑われるのですが、栗を甘栗に煎っていたオジサンも三三七拍子のリズムになっていて、お仲間を見つけたみたいで、とてもうれしかったです。


    【2005/02/01 10:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この「ハナシ」へのコメント

    この「ハナシ」へのコメントの投稿
    「文字化けしないための」お願い









    管理者にだけ表示を許可する


    この「ハナシ」へのトラックバック

    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。