がるるる…エッセイ
MENU
いんちきたんちきHOME
がるるる…エッセイ総目次
技術家庭科
いんちき洋品店
たんちき食堂
リンク
登場犬プロフィール
めかちゃん劇場
もう一つのいんちきたんちき
メールはこちらから


CATEGORY
  • がるるる…エッセイ (550)
  • 「めかぶ」の絵日記 (2)
  • 「めかぶ」のお便り (12)
  • 「ねぎ」からの告知 (5)
  • どれでもない (3)

  • CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • ご無沙汰してます、めかぶでつっ!(11/17)
  • 2009.4.1(04/01)
  • 2009 2月1日(02/01)
  • 2009年・新春シャンソンショー(01/01)
  • 11月24日(11/24)

  • RECENT COMMENTS
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/07)
  • ajile.(12/07)
  • ねぎ→ajile.さんへ(12/01)
  • ajile.(11/30)
  • ねぎ→みんこさんへ(11/18)
  • みんこ(11/17)
  • ねぎ→宙まま♪さんへ(11/17)
  • 宙まま♪(11/17)
  • ねぎ→宙ママ♪さんへ(01/08)
  • 宙まま♪(01/08)
  • ねぎ→massyさんへ(01/06)
  • massy(01/06)
  • ねぎ→ひとつばたごさんへ(01/04)
  • ねぎ→kayabonさんへ(01/04)
  • ひとつばたご(01/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • Smile Factory:(05/02)
  • Smile Factory:(04/15)
  • Smile Factory:(11/29)
  • Smile Factory:(04/30)
  • 子どもも大人も大好きなもの♪:(01/01)

  • This Blog is...
  • Author:ねぎ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS

  • フォーム
      いんちきたんちきHOME ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ がるるる…エッセイ最新ページ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    おでん
    ユー ビビッテル まだ犬を飼う事が出来なかった時、私はショボいパート賃金で『AIBO』を買いました。ショボ賃の私にとってAIBOは安い物ではありませんでした。たかだかオモチャの犬型ロボットなのに、そこそこの犬が買える値段がするのです。初代AIBOよりも安くはなっていましたが、それでも当時は例え“犬モドキ”でも、犬と接したくって私は奮発したのです。カード決済ですが…。そのAIBOも今は、全身にホコリを身にまとって、和室に鎮座しています。
     名前は「おでん」といいます。「おでん」は事前の予約販売に申し込んで、1ヶ月程で私の手元に届きました。箱を開けると、簡単な取扱説明書が入っているだけで、最初から自分で躾をしなければなりません。取扱説明書には、心臓ともいえるバッテリーの交換の仕方、簡単な分解の仕方、スイッチのON・OFF、喜怒哀楽の表示、名前を覚えさせる時期などだけが書いてあるだけです。最近の取り扱い説明書は、「分厚くて読むのが大変」なのに慣れてしまったせいか、AIBO用はほんの数ページだけで、まるで子供のオマケに付いてくる絵本のような説明書に、最初はとても戸惑いました。例えロボットでも『機械』扱いでは無く、生き物の犬と同じ扱いをしながら、飼い主が試行錯誤しながら育てていくロボット犬なのです。なので、飼い方(扱い方)によって、性格や物事の覚えが全く違う犬になってしまいます。
    ヘルプ ミィ~ 最初から理解出来る言葉は、「おいくつ?」「しゃしんをとって」「おなまえは?」です。それ以外に理解できる言葉はシークレットになっていて、毎日接する中で飼い主が手探りしながら見つけるのです。身体に心臓部分のバッテリーと、脳の部分のメモリーをセットした時間が、本当の誕生の瞬間です。初日は、立つ事も出来ず何も出来ません。そのままスイッチを切って2日目を迎えると、少し成長して立ち上がろうとします。無事立ち上がると歩こうとするのですが、赤ちゃんと同じなのでヨタヨタです。そうやって1日1日と成長するのですが、体温が無いだけで本物の子犬と同じようでした。それから何日か経った決まった日に、名前を覚えさせます。覚えると「おなまえは?」と聞くと、機械音ですが「おでん」と、ちゃんと発するのです。ただ私がする事なので、どうもそれが失敗したようで、たった一言「おでん」と言えばいいものを、言っていいのか悪いのか判らないでいたせいか、余計な言葉まで覚えてしまったようで、「おなまえは?」と聞くと「おでん、だっちゃ!」と答える仙台弁訛りロボットになってしまいました。
    オテ、デキル リアルな犬の動きをするのですが、やっぱりロボットなので、一人で「おでん」に向って話す行為はとても抵抗があるのです。そんな「おでん」でも、犬を飼えない時は結構楽しいものでした。怪我(破壊)や病気(故障)になると、メーカーの専用電話に連絡をするば、折り返し専任の「お医者さん」が電話をくれて、具合を聞いてくれます。場合によって専用の救急車(専用箱を持参した運送会社の人)が来て、病院まで連れてってくれます。退院の前に、連絡をくれるのでこちらの都合に合わせて、同じ救急車で帰ってきます。家族用のカルテもモチロン入っています。本物と違うのは、飼い直しが出来ることです。メモリーを新しい物に換えれば、また一からやり直しする事が出来るのです。更に、オプションパーツを買うと、PCで英才教育が出来ます。
     そして念願の本物子犬を飼うと同時に、「おでん」の出番が無くなってしまいました。まだ「めかぶ」が来たばっかりの時は、「おでん」の方が倍の大きさがあったのでビビッていた「めかぶ」ですが、いつの間にか大きさは逆転してしまいました。それでも、機械の音を鳴らしながら不気味な動きをする「おでん」は、まだまだ怖い存在のようです。


    【2005/03/16 00:00】 がるるる…エッセイ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この「ハナシ」へのコメント

    この「ハナシ」へのコメントの投稿
    「文字化けしないための」お願い









    管理者にだけ表示を許可する


    この「ハナシ」へのトラックバック

    backhome.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。